« 第17回佐倉チューリップ祭り | トップページ | JR福知山線脱線事故に思う »

2005/04/24

雑草という草はない

 日課と成りつつある?!私のウォーキングコースは、畑の真ん中をつっきる直線コース。つまり、農道を歩く。(きちんと舗装されている)たまに軽トラックが通ったり、犬の散歩をさせている人にすれ違う程度の最適コースだ。とはいっても、畑で農作業をされている方の脇を歩くときはうつむき加減となってしまう。働いている人の脇をのんびりとウォーキングしているのが申し訳なく感じるのだ。そんな時は、『ご苦労様です。』と声をかけ、そそくさと通りすぎています。そのコースの途中途中に桜やチューリップの華やかさの陰に隠れ、ほんとうにめだたない雑草たちの花もいま盛りで、よーく見かけるようになりました。『からすのえんどう」『おおいぬのふぐり』『ひめおどりこ草』『ナズナ』『母子草』等々。
 先日(4月22日、読売新聞朝刊)新聞の「編集手帳」に書かれていたことを思い出しました。
>三省堂の「新明解国語辞典」で「雑草」を引くと、普通の意味に加えて、いささか耳の痛い説明が載っていた。「知識が乏しいために、名前を言うことが出来ない、多くの草」だという。辞書が挙げた「雑草」の用例に、「植物学的には雑草という草はない」とあった。”名も無き草”の嘆きが聞こえるようで、少々後ろめたい。   と書かれていました。本当にその通りだと感じます!

ずいぶん昔に気に入った雑草の花があり、その名を調べるために購入した「人里の植物」という図鑑があったはずと本箱を開け、捜しました。その辺に生えている草ならほとんど写真付でのっている図鑑です。1985年発行でした。今日からのウォーキングに早速持って出かけようと思います!

 ちなみに、ここ数日鼻がジュルジュルすると思っていたら、私の花粉症の季節が訪れたらしい。(私はすぎ花粉症ではない)以前、血液検査で調べてもらい、「かもがや」の花粉アレルギーだといわれました。その図鑑にもしっかり「かもがや」の写真が載ってました(>_<)

« 第17回佐倉チューリップ祭り | トップページ | JR福知山線脱線事故に思う »

植物」カテゴリの記事

コメント

今日はいいウォーキング・コースがありますね。毎日、歩いていると四季の移り変わりがよくわかるのでは?
GWは連続して休めないので遠出ができないのが少々・・・
コメントありがとうございました。

YOUさん、コメントありがとうございます。YOUさんのお子さんの年頃が懐かしいです。親はまだ子離れできていないのに子の方はとっくに親から離れていってしまうのでさびしいです!
時にはたいへんだと思うこともある子育てですが、あとで思い返すとそれが子育ての核でもあるんですね。お子さんと1日1日を大切に接してあげてください。

返事が遅くなってすみません。コメント、ありがとうございました。いろいろアドバイスありがとうございました。
今、道を歩いているといろいろな花が咲いていますね。草の中にも花をつけているものもあります。それをみているといろいろなことがあってもがんばっていかないといけないと、と教えられます。

☆カヅ君へ

コメントありがとう!市原生まれですか?私はその隣の袖ヶ浦市出身です。今はピーナッツで有名な千葉・八街市に住んでます。ブログを読ませていただいて、しかっり大阪弁ですね!
大阪住まいは長いんですか?わたし、ブログにも関西弁にあこがれていることを取り上げてますように、関西弁の言い回しとか好きです。ちょっと、しゃべってみたいねん!な~んてね。一人息子さんのレオくんとの会話、どんどん載せてくださいね。場面が浮かんで、とってもリアルで楽しいので。

はじめまして、大阪豊新校のカヅと言います。かきみっくすさん経由で遊びに来ました。コメントの力強さとは違ってほんわかとしたブログですね。癒されます。実は私、市原生まれなんですよ。また遊びに来たいと思います。では、また。

☆はちさんへ

コメント、ありがとうございます。私もつい最近までは草だけの雑草なんてなんの興味も無かったんですが、ここへきて草の花たちが咲き出し、その色や形に目を惹かれるようになったばかり。みな、小さな花ですがよく見ると、かわいいし綺麗ですよ。昔、好きな雑草の花の名前(それは、にわぜきしょうです)を調べようと購入した「人里の植物」という図鑑があったのでずいぶん雑草の名を知りました。でも、また忘れちゃってます。そこで、図鑑を手にウォーキングをしようと考えました。

雑草は、はちのお散歩コース「土手」にもたくさん生えてます。ゆっくり犬と歩いていると、そんな雑草にも目がとまります。
健気な気持ちにもなりますよね。
でも、タムさん、雑草の名前よく知ってますねぇ。私は全然分かりません(+o+)

☆阿武さんへ

コメント、ありがとうございます。ふまれてもふまれてもまた立ち上がる雑草。こんな風に生きたいものですね。
 私も、名も無く目立たないけど、自分なりに精一杯生きて自分なりに満足して枯れていく そんな生き方をしていきたいと思ってます!
 阿武さんのブログ、またお邪魔させていきます。ラーメン情報待っておりますヨ(^^)/

☆katumiさんへ

ウォーキングがいろんな時間となり、楽しくなって来てます。図鑑を持って出かけてさっそく収穫有。キランソウという草を知りました。雑草には珍しく、濃い目の紫の花が葉の中心に集まって気がつけば割と目立つものでした。機会があれば、雑草とくくられてしまう花を写真付で紹介しようかな?そう、思ってます。

☆IKEさんへ

雑草から学ぶことって多くありますね。私もそう生きてみたいです。雑草といわれてしまう草の花は、派手さは無いけどよく見ると美しいものがあります。女性としてはこうなりたいものです。

 先日お聞きしたオーディオプレイヤーの中の楽曲で、IKEさんがほぼ私と同年代ではないかと思われますが?同世代としてまたお邪魔させてもらいますね、ブログへ!

こんばんは、ロビンソン札幌校の池田です。

チューリップの画像、きれいですね。たくさんのチューリップは迫力と綺麗さが入り混じっていて、見る人をひきつけています。
脇に入り乱れている雑草ですが、あまり注目されずに薬(雑草除去剤など)をまかれたり、引っこ抜かれたりされているようですが、たくましく生きています。
私も雑草に負けないよう頑張ります。

タムさん、先日はいろいろ勉強になり有難う!
ところで,テンプレートが変わって一瞬別の人のプログがと、思ったよ!ウォーキング習慣になると,ヤラナイト、何か忘れ物したようになるけど!でも日課でなくても,今は季節的にも歩く事、気持ちが良いからね!私はこの2日間ちょっと落ち込みがちだから,明るいテンプレートにかえてみようかな!

私もくくりでいったら雑草だと思います。でもその他多くの名も無き草のように生きる事に憧れます。そのように無心に生ききれるか。挑戦したいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑草という草はない:

« 第17回佐倉チューリップ祭り | トップページ | JR福知山線脱線事故に思う »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ