« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/31

夏キャンプ 2005 その4

25日(木) 4日目(最終日)

今回のキャンプの最終日の朝、雨は降っていないもの空は一面の雲に覆われていた。

最後の朝食は代わりの食パンを購入してあるのでホットサンド。中身はキャベツの千切りとtyousyoku_4nitime ハム。中側にマーガリンを塗り、間にキャベツの千切りとハムをはさんでマヨネーズをかけて後は両面をホットサンドプレス(焦げたのはご愛嬌ってことで・・・)で焼く。帰る日なので荷物もまとめとこうとおもって、出したものをしまい始めた。ランタンも元の箱に納めようと箱のふたを開けたら??エーーッ、こんなところに入ってたんだ、ここじゃ発見されなかったわけだ。なんと、その中に入っていたのは、2日目の朝に捜していた食パンでした。キッチン用品をまとめて入れた組み立て式のボックスの中にこの箱も入れてました。そんなものの上に食パンを置いといたので何かの拍子にスポンと箱にずり落ちてしまったのかな?偶然にもほぼ同じくらいの幅なので納まってしまった。それとも、最近富に物忘れの多いボケた私が無意識に入れたのか?(そんなはずはないと思うが・・・)bread

その状況を再現写真でどうぞ!rantanbox

←スポンと入ってしまい、なぜか 上のふたが軽く戻っ→ていた! (これも偶然? しまったの? それとも私が犯人?そんなにぼけるはずないが)

こうして、密室殺人ならぬ密室紛失・パンの行方事件は解決いたしました。

さあ、朝食の後は、荷物を片付け車に積み込む。その後は、大事な仕事・清掃が待ってます。お世話になったコテージを来たときのように綺麗にしていかなければ・・・。ほうき・雑巾・掃除機も置かれてるから皆で手分けして取り掛かる。忘れちゃいけない、風呂場もトイレも。シーツや枕カバーを集め鍵と一緒に管理人さんへ。ごみは分別して捨てて行kawa_sizennく。

キャンプに来ていつも思うのだが、ごみの分別の仕方は地方によってまちまち。ここも生ごみ以外のごみは、紙類もペットボトルもその他のビニール系のごみも皆一緒に捨てるようになっている。さすがに、缶とビンは分けていたが・・・。日ごろ、ペットボトルとその他のビニール系のごみ、生ごみ・紙等の燃えるごみと分けている八街市の分別に慣れている私はすごく気になる!まさか、ペットボトル、ビニール系も紙と一緒に燃やしていないかを?ダイオキシン問題とかにならないかなと。自然が多く残っている土地なんだから自然を守る意味でもごみ処理の仕方ももっと真剣に考えて欲しいな~~と思うんだけど?ごみ処理やごみの分別方法も国で統一させる必要があるんじゃないかと。地方財政も苦しいと聞いている。地方任せでは、ごみ処理問題など後回しにされそうだ。目先の事業にばかり目が行って。環境問題は、すぐには結果が出ないから意識が薄くなりがちだけど、1日1日の積み重ねが大切。この自然をいつまでも変わらぬように守りたいから。

おっと、なんだか硬い話になってしまいましたが、とっても大事なことだと思うから敢て書いてみました。

yamantyu_tshirts ←これは上高地で自分に買ったおみやげ 「海人(うみんちゅ)のパクリ?の山人

元に軌道修正します。素敵なコテージを後にして、帰路につく。松本インターへ向かう途中おみやげ購入の場所を探し走る。今全国的に広がってきた「道の駅」。その「道の駅、風穴の里」と言うところを見つけ、立ち寄る。ご近所、親戚、会社、友人(家族それぞれの)けっこう数も多いし迷ってしまう。結局、かなりの数となり、財政に痛い。インターに入る直前、ガソリンも入れる。この辺はまだセルフではない。しかし、ガソリンはただでさえ今は高いのに¥136/ℓはひじょうに高~~い。

そして、松本を後に。雨はまだ降っていない。以前行ってお気に入りの河口湖・西湖の中間にある鳴沢村の「ゆらり」と言う温泉施設に寄っていくことにしている。カーナビはこんなときこそ働いてくれ助かる。都内までは私の運転なので。甲府南で降りる。山梨に入る辺りから雨は降り出している。くねくねと登る道。精進湖を右に見る。そして、午後1時半頃に「ゆらり」へ着く。昼食をその前にある、道の駅・鳴沢でとる。そして、懐かしい「富士眺望の湯・ゆらり」へ。こちらを詳しく知りたい方はクリックしてみてください。この頃に雨はかなり激しく降り出していた。風はさほどでないのでまだ助かる。露天風呂にも行くが雨が痛いほどだった。時刻は午後3時。さあ、いよいよこれからが本当の帰路だ。雨は断続的に強く降る。最速のワイパーでも追いつかないことがあることも。だから、スピード控えめに慎重に走る。途中眠気がさし参る。それでも何とか顔をこすり、体を動かしがんばって、高井戸まで。そして、SAで交代。あ~これで眠れるー。都内は小やみだった。しかし、予想通り渋滞。神宮脇を通るといく夏を惜しむかのように蝉が盛んに鳴いているのが聞こえた。湾岸をとおり、東関道で佐倉でおり、我が家へ。午後7時を回っていた。我が家の夏休みもついに終わった。台風11号は丁度千葉に上陸したばかりだった。 <夏キャンプ 2005 完

*いつも長~~い文章にお付き合いくださりありがとうございます。 感謝 <(_ _)>                                              

2005/08/30

夏キャンプ 2005 その3

24日(水) 3日目nagano_028

朝から快晴。ヤッター待っていた天気だ。こんな日は朝から気分もルンルン。朝食作りも鼻歌交じりだ。今日の朝食はこれ!カレー大好きのの長男は今朝も夕べの残りでカレー食べてます。一晩寝かせたカレーはうまいとか?!3niti_tyousyoku

banndokoroootaki 本日もコテージをほぼ9時半出発。奈川ダムを超えトンネルを超え、上高地方面への道から左折し、ダムの上をまたぐ橋を渡る。上高地への道路より新しそうでやや道が広い。晴れてるとここかしこの山の上まで見渡せドライブも最高!私運転してます。ヘアピンカーブもなんのその。まもなく、第1目的地に到着。乗鞍三代大滝の一つ「番所大滝(ばんどころおおたき)」banndokoroootaki_takitubo  けっこう水の量もあり迫力満点。見晴らし台が近く少々水しぶきが・・・。マイナスイオンをたっぷりと浴びてきました。続いて、いがやレクレーションセンターを目指す。

お盆も過ぎて駐車場はガラガラ。客としては最高だな、ガラ空きは。まず、自転車をレンタルし、林の中を走る~~。ここは、比較的長いサイクリングロードが完備されているんです。秋のようなからりとした空気を切って走るサイクリングは最高に気持ちよcyicling_road かった!!上を見上げれば真っ青な空に鳥の声、蝉の声、川のせせらぎの音を聞きながら~~まさにサイクリング、サイクリング、ヤッホーヤッホーです。ちょっと休みながら1時間くらい走っただろうか?ぐるっと1周してきました。子供たちは物足りないみたいでもう1周するというので、大人は休憩することに。ここで、暇になったので、24日のモブログ記事を投稿したわけです。

帰って来た子供たちは、続いて駐輪場に隣接していたパターゴルフをすることに。夫は釣pater_golf 堀へ。私は子供たちの撮影係となってくっついて歩く。一応、18ホールありました。このときお天気雨が・・・。こんなときも二人の性格が良く出るからおかしい。兄は慎重派。そのため、比較的弱気な攻めを、弟はがさつでガturibori ンガン強く打つ。意外とそれでチップインしたりする。昔から運強いからな・・下は。でも、何でも考えずにどかどか打つから(一応、芝目を読むふりなどパフォーマンスに勤めるが)オーバーオーバーで激しいゴルフ。一方、兄は地道にやるタイプで安定はある。結局、安定性で兄の勝でした。

乗鞍はペンション街のようだ。あちこちにペンションの名を書いた看板がかかっている。一時はペンションブームもあったけど今はどうなんだろうと、人のことながら心配がよぎる。だいぶお昼がずれてしまった。しばらく走ると、乗鞍観光センターがあり、そこで昼食とする。私は昨日に引き続きそばにする。信州にきたらそばでしょうね、やっぱり。長男はなんとここでもカレーライス。ホンと好きだね~~。おなかがいっぱいになったとこで、お目当ての日帰り温泉にsukosi_kouyou よることに。観光マップで調べてあり、すぐお隣にある「ゆけむり館」へ。ほとんど観光化されてない古めかしい感じの温泉でよかった。お湯は乳白色。去年問題になった白骨温泉はこのすぐ近くにある。そこは白くにごらなくなっていたと聞いてるが、ここは問題ないんだろうな?ってちょっと頭をかすった。ここで、ゆっくり浸かり、あと休憩所でのんびり飲み物を飲んで、さあ、今日の予定は終了。また、コテージに戻ることにする。

yuusyoku_3nitime 今夜の夕飯は、スパゲティ。「ぺペロンチーノ」これは簡単ですぐ出来上がり。子供二人はこれでは足りないと思い、ご飯も炊いときました。またまた、カレーを食べる、今度は二人とも。あとかたづけは子供たちに頼んだ。さあ、ちょっと休憩の後、トランプ大会最終日

神経衰弱なんてされると記憶力がなくなってきてる私なんかはとたんに負け始める。今日も大富豪で盛り上がり。結局、最後は運の差で長男が負ける。そこで、今回の×ゲームは?

CCレモンの中に焼肉のタレを入れたものを一気飲みに!ためらう兄に、弟一言!

「焼肉食った後に、CCレモン飲んだと思えば同じだよ!」ってオイオイ!お前が焼肉のタレうれしそうに注いだんだろっ。。。

それで納得?したかのように長男は一気に飲みほした!「偉い!」その後、ゴホッゴホッって吐き出さないでね、お願いだから。

乗鞍観光センターで話をしてる人がいた。「明日はもっと台風向かってきてるって」っと。

明日は帰るだけだけど、雨風ひどくなったら車も運転しづらいし・・・・・ちょっと心配!

2005/08/28

夏キャンプ 2005 その2

23日(火) 2日目

コテージにして正解だった。寝際に雷のような音を聞いた。夜中に雨の音で目が覚めた。雷も遠くで鳴っている。かなりの量の雨が降っている模様。テントで寝ていたら、テントを打つ雨の音と雷の閃光がテント越しに映って寝られなかっただろう!

朝には小やみになっていた。上高地に行く予定だがどうしようかまだ迷っていた。朝食を作る。ホットサンドにしようとパンを捜すが見当たらない?あれ?どこを捜してもない。不思議。荷物を降ろしたときには見出しだからはっきりあったことを覚えているのだが。仕方なく、普通にご飯を炊くことに。いつもの休みの日の朝食と変わりないメニュウ。

9時半に野麦峠を出発。雨は降ったりやんだり。幸い風はない。3~40分で沢渡(さわん ど)到着。上高地は夏場にマイカー規制がかかり、ここまでしか車の乗り入れはできない。駐車して、ここからバス(一人片道¥1000)で移動とおもったが、タクシーも1台大azusagawa正池まで¥4000で、4人だと同じ計算だ。タクシーで上高地に行くことに。運転手に台風情報を尋ねた。2つの台風のうち、一つはそれ、もう一つが日本に向かっているという。タクシーに乗る間も雨は降っている。ところが上高地に着いた頃、不思議と雨が上がる。雨雲が低いとこにあったのか?梓川が目の前に広がる。意外と幅広く流れもけっこうある。水は昔と変わらず澄んでいる。大正池の焼けた木?が年々減って今は7本しかないと言う。寂しい光景だった。意外と人は多かった。川沿いの遊歩道を歩き、河童橋を目指す。その両脇にそkappabasiびえているはずのアルプスの山々は雲に隠れ上のほうが見えない。残念。上高地の魅力の光景なのに・・・。河童橋が見えた。すると、そのすぐ下にかもが数羽戯れている。人なれして逃げない。餌付けされてる?それとも、観光客がkamochildren 与え続けたから?子供たちはそちらによって行く。すると、一人の女の方がパンらしきものを与え始めた。かもは一斉にそちらによって行った。子供 がポツリ。「看板に餌を与えないでって書いてあったよ!」って。 azusagawa_kamo

みやげ物屋に入る。ざーっと見るが、帰る日でないのでいまひとつ真剣に探せない。その中に沖縄のTシャツをパクった?「山人」(やまんちゅ?!)て物が気に入り自分に買ってしまった!さあ丁度、昼。ここの食堂で昼食を摂る。運賃が入っているのか、全般に高い。まあ、しょうがないのかな?kamikouti 河童橋を渡り、反対側の遊歩道を歩き、バスターミナルに向かった。ここでは、観光客に混じり、バックパックをしょい、登山靴を履いた中高年の方が目立った。これから登るのかまたは下山してきたのかはわからないが・・・。実は私もいつかはそんな中に入って日本アルプスを縦走したいと願っている。帰りのバスが走り出すとまだ沿道に駐車場に入れない観光バスがずらっと順番待ちをしているのに驚いた。道は古いのか狭く、バスとバスがすれ違うのもハラハラするほどぎりぎりなのだ。こんな天気でこれだけなんだから、晴れた日はもっと混むかと思うとぞっとする。それだけ、自然が破壊されていくのではないのかと・・・。

curry_rice

本日の夕食は、キャンプでは定番のカレー。長男が野菜を全部切ってくれた。しかし、脇に立つとその包丁さばきの危なっかしさにドキドキ。一応、指や手を切ることもなくすんだけど・・・。男の子でも日ごろからちょっとでも料理をさせなけりゃと反省。「生きる力」のいったんだものね、調理は。

次男は好きで自分でけっこう作ったりするが、作った後といったら・・・・。これも問題。

その後、これも我が家では定番のトランプ大会。ばば抜きに始まり、ページワン、七並べ、そして次男がやっと覚えた 大富豪・大貧民。けっこう盛り上がった。ここで眠くなり、お開き。×ゲームは明日の結果とあわせて行うこととする。

夏キャンプ 2005

8月22日(月)~25日(木)まで、長野県の上高地・乗鞍高原方面にキャンプに出かけてきました!

22日 1日目kote-zi

4時だいに起きる予定が皆起きてこず。私はせっせと朝食のおにぎり作り。結局、6時前の出発となる。時々、小雨が降る。京葉道路から首都高へ。出発が遅れたこともあり、両国近くから渋滞に入る。そこを抜けると車は多いものの比較的流れており、まずまず。新宿では都庁の建物を見た。近くにまるでエンパイアステートみたいなビルが建てられてる最中だった!まさに東京というビルの乱立する森だ。高井戸からいよいよ中央道。道はすいている。途中、SAでトイレタイムと小休憩、ガソリンも入れた。あとは松本までノンストップ。しだいに高い山が現れてくるも雲がかかりその姿ははっきりとしない。松本には11時前についてしまった。R138を走る。カメラのSDカードが欲しかったので、ジャスコを見つけ購入。昼食は宿に向かう途中のどこかで摂ることにし、ひたすら野麦峠を目指す。ダムが見え、勾配もしだいにつき、曲がり道・トンネルと多くなってきた。トンネルの半ばで上高地方面と野麦峠方面に分かれる。マイカーは左へ。我が家以外は皆、上高地方面に進んで行った。対向車もほとんどなく、道沿いには何もない秘境へ向かう感じ。結局、食事する場も見つからないまま、キャンプ場へ着いてしまった。チェックインにはまだ早い。管理人に交渉すると、許可がでコテージの鍵を渡された。よかった~!コテージは綺麗にされてて、ロフトもあるしGOOD。荷物を降ろし、休憩。入り口近くに蕎麦屋ありこれもラッキー。そこで、昼食を摂る。ざるそばとデザートに長野名物・五平餅も頂く。その後、とにかく朝が早めだったので、コテージに戻り皆昼寝をする。天然クーラーでさわやかな眠りにつく。

この日は、朝が早くその日の予定もない移動日だったから1日がすごーく長く感じられる。この地は携帯は圏外。カーラジオも雑音が多く聞き取れない。家から携帯TV(&DVD&CDプレイヤーも兼ねる)を持ってきたはずと取り出すとなんと、AC電源がない!||||||||||||||(* ̄∇ ̄)ガーン||||||||||||||||  行きで聴いてた台風情報も知りたかったし、暇だから好きな音楽でも流したかったのに~。我が家は陸の孤島状態になってしまった。夕方4時ごろ、皆起きてきて、コテージの下に川が流れているので外に散歩に行くことにする。

turiasi seseragi yasuragibasi kawaasobi nagano_camp_jo_sita_kawa

お風呂に入り、夕飯タイム。例により、バーベキューで。焼きそばはやめ、本日しろいご飯で。デッキで食べる。終わってから、焚き火(直火は禁止だから、この道具で炭をおこす)雰囲気でランタンも出してみました。yakiniku nagano_yakiniku takibi takibi_2 ranntann

2005/08/27

我が家のキャンプ事情

我が家の夏のメーンイベントはここ何年かキャンプです。10年近く前にセダンの車からワンボックス型のワゴン車に買い換えてからはじまりました。丁度、アウトドアブームも始まっていて、家族でいっきに盛り上がり、キャンプ用品一式を揃えてしまいました。

初めてのキャンプでは、テントやタープ貼りをシュミレーションはしましたが、少々四苦八苦。炭で火をおこすのも慣れておらず手こずり、おまけに炭の分量も多すぎて火加減が強く、せっかくのバーベキューの肉や野菜も真っ黒焦げに。今となっては良い思い出です。

でも、キャンプは天候によって左右されがち。雨の日はテント周りに雨水の通り道を作っておかないとテント下が水浸しになったり、風の強い日は最悪です。風がテントに当たったときのものすごい音、不気味です。夜はいつテントが飛ばされるかとおちおち寝てもいられません。実際、タープはすっ飛ばされました。私は強風の日のキャンプはもう2度としたくありません。晴れた日のキャンプの夜なんて、星も綺麗で最高なんだけど・・・。こればかりは、細木数子さんでもわからないでしょうね、予約は2~3ヶ月前にするから・・・。

また、便利なキャンプ用品の新製品が出れば買い足してきましたから、徐々に荷物も増えてます。車に荷物を詰め込むと、人間はやっと乗っている程度しか余裕がありません。今回の旅先は、キャンプでは今まで行ったことない所で、私の好きな長野県にしました。そのため、少々長距離になること、天候にも左右されたくないという思いも強く、荷物が少なくてすむコテージを捜すことにしました。例により早速インターネット検索。そして、設備がよく割安なコテージを見つけました!利用された方のHPで紹介されてました。

nagano_camp_kannbann お薦めのコテージ   野麦峠オートキャンプ場 コテージ ←クリックしてみて!

設備の一つ一つをていねいに写真つきで紹介してくれて判断するのに助かりました。すぐに決定し、予約を入れました。この方、千葉の方で、行程まで記載されていて、ラッキー。我が家もその行程を参考に予定を立てられました。

我が家の旅先: 長野県

宿泊地:     野麦峠オートキャンプ場 コテージ

行程:3泊4日 1日目:千葉・八街⇒長野県・野麦峠、2日目:上高地、3日目:乗鞍高原、4日目:野麦峠⇒松本市内でおみやげ購入⇒河口湖・鳴沢村「富士眺望の湯 ゆらり」⇒千葉・八街

ゆらり」*数年前、富士五湖方面にキャンプに行った時、雰囲気や作りに家族全員が気に入って、いつかまた来たいと思ってました。今回、帰り道にあるため寄ってきました。

この計画で8月22日(月)6時に出発しました。nagano_kotezi

2005/08/24

乗鞍高原から

今、正午前ですが、長野県の乗鞍高原にいます。気温21度。さわやかで快適です。子ども達は2週目のサイクリングロードにでてます。お天気は3日にしてやっと青空出ましたが、山の天気はかわりやすいのでと゛うなることやら・・・200508241131.jpg

2005/08/21

ちょっと、出かけてきます!

camp 22日~25日まで、旅(半キャンプ*コテージに泊まるため)に出かけてきます。

旅先は、長野方面。どこかは今のところ内緒。圏外でなければ、モブログで投稿しま~~す!

2005/08/20

夏の終わり?

今日、ウォーキング途中に例のヒマワリラインが無くなってました。
これらを育ててきた地主さんが切り倒したのでしょう。わたしに元気をくれたヒマワリたち。なんだかちょっとさみしくなりました。
思えばもう20日。夏休みもほぼ終わりに近い。

吹く風も朝はいくぶん冷たくなってきています。200508200547.jpg

2005/08/19

気持ちよい朝ですよ〜(^_^)V

今、ウォーキング中。さっき朝日が顔出してきました。
今日はよい天気になりそうです。
気持ちいいです。丁度、デジタルオーディオプレイヤー平原綾香の「ジュピター」雰囲気バッチシで〜す。\(^_^)/200508190512.jpg

2005/08/17

地震 お見舞い

haiku_zisinn昨日の地震は、こちら千葉でもたいへん揺れ、ビックリしました。

携帯に速報のメールが入った(登録してるため)ので、見ると

宮城県で震度6弱とあり、さらに驚きました。すぐに、ブログ友達の

顔 いやあったこと無いので、ことが頭に浮かび、メールを送りました。

昨日の夕方と、今朝と次々に無事の返事が届き、ひと安心しました

最近、富みに地震が多い気がします。9月1日防災の日が近いので

あらためて、防災グッズの点検をして、備えようと思いました。まずは3日分。

夏休みの思い出 その3

私が小学校の頃の夏休みの思い出をつづってます。その3の話。

水泳(学校のプール)swimming

夏休み中は、学校のプールは解放されてました。今ほど、レジャー施設がありませんでしたのでほとんど毎日、友達と学校のプールに通いました。確か、浮き輪等は使用禁止でした。では、プールの中で何をして遊んだのかな?一番覚えてるのは、小さい小石か何かを投げ入れてそれを取り合う競争だったかな?プールの底を しっかり目を開けてはいずりまわって捜した思い出があります。水にもぐった時、外の音がさえぎられブクブクという音が耳に響いているそのときだけ一瞬、孤独を感じる、不思議な感覚。見つけてその石を手にし、水の上に顔を出したとき、また、いつもの喧騒が戻る。休憩時間はプールの周りの陽射しで熱くなっているコンクリートの上にうつぶせに寝ると、冷えた体に丁度良い暖かさで気持ちよかった。

スイミングスクールなんて無い時代、学校で水泳を教わった。なぜか、私は水泳選手候補に選ばれた。夏休み中に水泳大会があるため、選手に選ばれたものは午後3時~5時まで毎日練習をした。午前中は友達とプールに入り、また、午後にも練習とあり、濡れた水着を着るときはそのときだけ気持ち悪かった。種目は、バタ足と自由形だ。ビート板での練習は疲れる。自由形は好きだったかな?それを終え、帰りに駄菓子やさんで友達とアイスを食べるのが楽しみだった。いつだかの年、50M自由形で1位になり、小さいが「たて」をもらった。金属でできていて少々重みがある。そこに水泳選手の姿が刻まれてるもの。swimminng_race 今も実家にあるはずだが?今度見てみよう。

余談だが、今では考えられない水泳の種目があったと思う。それは、名称忘れたが、息継ぎせずに一息でどこまで泳げるかと言う競技(これは女子だったかな?)と「もぐり」でどこまで泳げるかと言う競技(これは男子?)これは、皆、興味津津、プールの淵を囲むようにとりまいて見守ったものだ!1番遠くまで泳いで水の上に顔を出した子には全員から拍手がおこったと記憶している。子供の立場からだと、その子がプールから上がり戻っていく姿を尊敬の目で追っていた気がする。

2005/08/16

ピースバトンを回したい!タム編

peace_button

1.ブログタイトル

「ひなたぼっこ」

2.ブログURL

http://tyui-kal.cocolog-nifty.com/hinatabokko/

3.ニックネームorハンドルネーム

タム

4.住んでる地域(非公開可)

千葉県八街市

5.どんな平和教育を受けたか。

何も受けてません。いくつかの戦争映画を見たり小説を読んだくらい。

6.平和に関する思い。

原爆はもう2度と使用されては欲しくない。やられたらやり返すの繰り返しが、テロ・戦争を長引かせ、根絶させられない原因だ。この考えをなんとか打開させられないだろうか!

7.回す人(何人でも可)賛同できなければ止めるもよし。

westwindさん http://mononoke-denpatou.txt-nifty.com/blog/

ととさん    http://toto-cat.cocolog-nifty.com/everyday/

ピースバトンを回したい!

先日、デマカセットさんと言う方から、トラックバックがかかってきました。

趣旨は、大きく「ブログから世界平和を」、その第1歩として、ピースバトンを回したいということです。

私も常日頃、ブログ(インターネット)は世界とつながっているんだから、ブログを通して何か役に立つことができないかを考えてはいました。そして、8月を向かえ、毎年の事ながら、今年はブログと言うものを持ったのだから、漠然としか考えていなかった「戦争と平和」について載せて行こう、みんなにも考えてもらいたいと思ってヒロシマ・ナガサキについての記事を扱いました。でも、それだけではまだまだ小さい動きです。だから、今回の企画は、同じ平和を願うもの同志がつながりあってもっともっと大きな輪となり、ものすごいパワーが集まり何かを動かせるかも知れないとおもったので、この趣旨に賛同し、参加します。

まずは発起人のデマカセットさんのことから、本人のブログよりここに載せます。

ピースバトンを回したいという日記がありました。
しかし、よく考えると発案した本人が答えないとまずいですよね?!
というわけで、僕のピースバトンを書きます。



一、ブログタイトル
→リルラリルワ

二、ブログURL
→http://plaza.rakuten.co.jp/intintint/

三、ニックネームorハンドルネーム
→デマカセット

四、住んでいる地域(非公開可)
→長崎

五、どんな平和教育を受けたか。
→小・中学校が被爆校であったため、
 ひたすら原爆・戦争の悲惨さ、平和の大切さを教え込まれた。
 それはとてもいい経験になっていると思う。
 8月9日は登校日。毎月9日は平和集会でみんな集まる。っといった感じ。


六、平和に関する思い。
→核兵器の廃絶とこの世から戦争がなくなることが願い。
 そのためにも原爆・戦争の恐ろしさ・悲惨さをもっと多くの人がわかってほしいと思う。
 まだまだ僕も、完全にわかっているわけではないが・・・
 さらに詳しい思いはコチラ


七、回す人(何人でも可)賛同できなければ止めるもよし!
タムさんkuroi-mazinさんへ!


と言った感じで回していただければいいかなと思います。
とにかく多くの人が8月の日をもっと意識して暮らしていってほしいですね。
みなさんの協力や意見をお待ちしております

2005/08/15

ゆにおんさ~~ん、どこですか?

       尋ね人・WANTED

わたしの「ヒロシマに続いてナガサキも・・・」にコメント残してくださったゆにおんさん、コメント返ししたいし、あなたのやってらっしゃる活動に賛同し、興味もありますのでこれを見たら

是非URLもしくはメールアドレス教えてください!!

ゆにおんさん、(^/o\^) オーイ!コッチ!!

皆様への報告  

8月16日 ゆにおんさん自首?!され、出てまいりました。

この件は、無事解決いたしましたことをご報告させていただきます。

お騒がせ致しました。ご協力くださった方、特に通報?!してくださった

カヅ君”様、ありがとうございました。後日、表彰?されるかも??しれません。

       以上       八街警察署長 の近所に住む?? タム r(^^)ポリポリ

2005/08/12

夏休みの思い出 その2

dotgeiball

私が小学生だったときの夏休みの思い出の一コマを書いてます。その2の話。

部落対抗子供会ドッジボール大会

夏休みになると、部落(地域)対抗の子共会ドッジボール大会があるため、部落のこどもたちは練習モードに入ります。田舎だったせいもあるけど、子供会の役員さんなんて、今ほど関わってこなくて、自分たちで自主的に練習してたと思います。

あの頃は、学年に関係なく日ごろから低学年も高学年も一緒に遊んでました。だから、いつもの遊びの延長だったみたいで、和気あいあいで練習してました。今おもうと、高学年のお姉さんはすごく優しくて指導力あったな~って。はっきりは覚えてないけど、小さい子達の面倒を良く見てくれた。ボールのよけ方とか受けの練習とか、「腰低く~~」って言葉はいまだに耳についている。

そして、ある年の大会。優勝はできなかったけど、惜しくも準優勝すごくうれしかった

でも、その大会が終わってしまうと、なんだか張り合いがなくなって、ちょっと寂しさをかんじながら残された夏休みを過ごしてました。

今は、外で遊ぶ子供の姿が少ないし、学年を超えて遊ぶ姿もあまり見かけなくなってしまいました。TVやTVゲーム、ビデオ、PCとインドアで楽しめる遊びが増えてしまったから??

人と人との関わりが少なくなってきて、社会に出て対応できなくなる若者が増えるのが心配だ。

ヒロシマに続いてナガサキも・・・

ehon01_ano_natu 先日、「原爆」の記事を書きました。その日は、この地球で初めて原爆が落とされた日だった「原爆記念日」でしたから。でも、原爆ヒロシマだけでなくその3日後、ナガサキにも落とされました片一方の記事だけでは、不公平です。だから、8月9日には間に合いませんでしたが、あえてもう一度原爆のことを取り上げたいと思います。

平和記念式典はTVでチラッとでしたが見ておりました。1945年8月9日午前11時2分。60年後のその時刻、黙祷を致しました。

その日の夕方、その平和記念式典のニュースとあわせ、長崎の高校生が自主的に「核兵器の廃絶と世界平和の実現」を目指す一万人署名活動をしているという報道がありました。次の時代を担う若者が自ら運動を起こしていると聞いて、たいへんうれしく、また感動させられました。

そのことをもっと知りたいと思い、長崎市のホームページを訪れてみました。HPには署名運動のことは載っていませんでしたが、中に「平和・原爆」という分野があり、そこに長崎市独自の「平和学習プログラム」が組まれ、平和教育に力を注いでいるようでした。そんなことが積み重なって、高校生自ら運動を起こすきっかけになったのではないかなと思い、こんなことは被爆地だけでなく全国的にされるともっと大きな力になるのではないかと思うのです!

長崎ウェブシティー URL:http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/

また、その活動を伝える新聞社もありました。(広島の平和記念式典の日に長崎の高校生が訪れており、その地でも署名活動をしていたことに対しての記事が一部載っております)

中国新聞・社説  http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200508070047.html

2005/08/10

細木数子さんという人。

またまた、TVネタから。細木数子さん 好き?嫌い!!、二部に別れる方だとは思います。

夕べ、「細木数子のズバリ言うわよ! 3時間SP」見ちゃいました。最後まで見るつもりはなかったのだが、9時台に入って、今どきの女子高校生100人とのやり取りに、ついはまってしまった。次男も一緒に見ていて、「こんなの見て、面白いの?」って尋ねたら、面白いと言う。「どこが?」「このおばさんの答えが、すごい。おもってもみないことを言うから!」って、この子この番組の面白さがわかるんだ!と感心、感心。

まさに、わたしの言わんとすることに近いので驚いた。『占い』ってあてにならないって馬鹿にしてます、私。でも、細木さんの占いよりも、相談者へのアドバイスにとっても納得させられてしまう。その考えや発言に「なるほど」「うんうん」「そうだ、そうだ」と思ってしまうことが多々あるからだ。細木さんは、人生相談のカウンセラーのようなのだ。時には、恫喝。そのあと、優しく諭すようにフォロー。メリハリで惹き付け、その手法は実に人間の心理をついてうまいのだ。話術のうまさに加え、納得させる言葉にも重みさえ感じてしまう。

底辺にあるのは、先祖を大事にすること、父母を大事にすること、今ある自分は一人で生きてきたわけじゃない、感謝の心を忘れてはダメ。昔からの道徳心を、実に上手に説得してしまう話術にはまってしまうのは、私だけ??

2005/08/08

秋の気配

haiku_akinokehai 俳句ブログ を見つけました。まだ。サイドバーに貼り付けられません。

というか、貼り付け方よくわからないのです。とりあえず、記事に投稿しておきます。

昼間は盛夏真っ盛り。でも、夕方にはヒグラシの声を聞くことあります。散歩をすれば、小さいいが栗やまだ青い柿を見かけるようになりました。秋は知らず知らずに近づいているなとじました。

2005/08/07

運転免許更新の後のお楽しみ

誕生日は過ぎてしまって、気になっていたのが免許の更新。本日、やっと更新に出かけてきました。千葉県だと、運転免許センターは幕張にあります。幕張メッセのすぐ近くです。

今までは、ゴールド免許だったのに、今回は違反運転者講習で、2時間びっちり受けさせられました。一旦停止違反とシートベルト無装着違反。d( ̄_ ̄ ) アウト!

しかし、毎日同じことを説明しているだろう免許センターの講師の方は、たいへんだろーなーとかよくあきないなーなんて、自分の反省などそっちのけで心配してしまった!Mへ( ・_・)はりせんあたーっく!( ・_・)_W☆(ノ゜⊿゜)ノぐぇっ←これ、私です。たいへん早口の方で、「2時間の講習ですが、(とここで時計を見る)少々早いですが、今からならランチに間に合いますね!ここまでにしましょう!」ここで、後ろのほうから拍手が・・(*^^)//。・:*:・゚'★,。・:*:♪・゚'☆パチパチ 無事、新しい免許証を受け取りました。

丁度、お昼前でしたので、幕張のホテル街で「ランチ」を食べていこと考えました。以前行ったことのある、幕張プリンスのサンドイッチとケーキバイキングに。そこは、最上階(50F)で見晴らしが良い。すぐそこに決めた。すぐ下には幕張メッセや商業地域が広がり、幕張海浜公園続きの海岸、ロッテのホーム、マリンスタジアムもある。

何枚か撮って来ましたので、ご紹介します。本日の私のランチ&デザート。そして、上から見た幕張の様子です。

sandwich_cake_viking_1 cake_viking cake_okawari makuhari_prinnce_50f_yori marin_stagium interhigh_yotto

ぼやけてますが、今千葉県で高校総体開かれており、ヨット競技が行われてました。

2005/08/05

原爆

*昨日は、私のブログの悩みを書きました。そうはいっても、私は私。伝えたいこと・伝えなけりゃいけないこともある。小さい力ですが、私にできることはやっていこうと考えてます。 心配をしてくれた方、コメントまで入れてくださった方、ほんとうにありがとうございました。これからも、必要とおもうことは続けていきます。よろしくお願いします。    

明日、8月6日は「原爆記念日」です。この地球で初めて原子爆弾が使用された日です。その恐ろしさと悲惨さは想像以上のものだったとおもわれます。

昨日、NHK「クローズアップ現代」で<いかに原爆を伝えていくか>をテーマとして報道してました。子供たちに「原爆をしってますか?」と尋ねると「知らない、わからない」と答える子が多く、広島の小学校小6のあるクラスでさえ、「原爆のことを両親、祖父母や誰かから聞いたことがありますか?」と尋ねると、クラスの1/4位しか手が上がらなかった。原爆の恐ろしさが風化しつつあるのを聞いて、たいへんショックを受けました。

次に載せるのは、インターネットで「原爆」を検索し、あるサイトから引っ張ってきたものです。

gennbaku_dorm

「相生橋を見て、その名前を覚えてほしい。」

8月6日AM8時ごろ、北東より1万m以上で2.3機のB29が広島上空に侵入した。

(当時はB29が世界最強・最高の銃爆撃機で、4個のプロペラがついていた

現在このシリーズはB52まであり、B52はアフガニスタンの爆撃にも使用された)

先頭を飛行し、原子爆弾「リトルボーイ」を搭載していた機体には、機長の母の名前

「エノラゲイ(Enola Gay)」がペイントされていた。

高度が1万m以上だと対空地上砲が届かず、さらにその高度ゆえ地上から気づかれずらかった.

相生橋上空でプロペラを全て停止し、急降下した。

上空8.500mまで急降下し、T字型の相生橋を標的にリトルボーイを投下した。

(リトルボーイは全長3m、半径70cm、4t)エノラゲイの乗員は10名あまりであった。

43秒後相生橋の南東、島病院(現:島外科)の上空567mにてアンテナが作動し、

上部と下部のウランが100万分の1秒で反応し、中性子、放射線を

撒き散らしながら3秒以内にウラニウム235が爆発し、ピカッ!と遠くまで光が届いた。

私をはじめこれをご覧のほとんどの方が、戦争を体験しておりません。でも、正常な考えをお持ちの方なら、誰もが戦争の悲惨さ・愚かさはご存知だと思います。争いからは何も生まれないでしょう。だから、次の世代にも伝えていかなければ・・・。私たち世代なら、次の世代よりは戦争のことを聞かされ知っているはずです。お子さん、お孫さんにこの機会に戦争のことを話しましょうよ。そんなことも私たち世代の役割だと思います。

本日、TBS系列で「ヒロシマ -その時 原爆投下は止められた-」

 が放映されます。

録画しながら、見てみたいと思ってます。

2005/08/04

ブログって何だろう!

最近、ブログの件で悩んでます。私にとってブログは何なんだろうと!!yasi01

ブログを立ち上げた頃は、自分の言いたいことが世間に公表することができるととっても楽しみでした。でも始めた頃は、誰が私のブログを見てくれるのか?コメント欄に「0」がいつ見てもありました。誰も見てはいないんだ!と落ち込んでました。そのうちに、わかるとできるWEBアイランドを通して、ポツッ、ポツッとコメント付きました。その時の感動は今でも忘れません。ムーミンパパ、はちさん、阿武さんありがとう。とってもうれしかったです。また、YKさんは、見てくれる人の増やし方のアドバイスをしてくださいました。ただ、記事を載せて待ってるだけでなく、他の人のブログを訪問し自分もコメントを書きこまなけりゃと。早速実行すると、そのお返しで私のブログを訪れる方が増えて来ました。YKさんにもたいへん感謝しております。

そして、はじめてから5ヶ月少々が経ち、まるで昔からの友達のような感覚でコメントのやり取りをするまでになったブログ仲間たち。みんな良い人だと思いさえしました。でもそんな中で、だんだんその方たちが見えてきた気がするんです。この方とはちょっと合わないかな?とかそんな人だったの?て!!それは私自身にも見えてきました。自分の嫌な面、いやらしい面が強く出てきたのも否めません。私は好き嫌いがはっきりしていて、嫌だと思うと拒否してしまう。それって良いのか?悪いのか?

私の中には、くそまじめな部分があってお友達はみんな誠実な人だと思いこんでしまうんですね。そうでないとわかると、裏切られた想いが募り逆に反発してしまう。もっと、軽い関係に考えていればそれほど悩んだり、反発することもないのに・・・。

あんなに楽しみだったブログ。今、私にとってブログって何なんだろうって考えてます。yukata_onnna

[出口]   λ........トボトボ                            

2005/08/02

夏休みの思い出

          最近、歳kakigooriをと るにつれ、昔のことがとても懐かしく思い出されます。

今は、子供たちにとって夏休みの真っ最中。自分の子供の頃の夏休みはどうだったかな?しばらく、私が小学生だったときの夏休みを思い出し、つづってみますね。

ラジオ体操

昔は、夏休み中、毎日ありました。私のうちは小学校に近かったため、会場は小学校でした。首に蚊取線香の箱の紙で裏打ちした出席カードをぶら下げて・・・。そうすると、当直の先生が眠そうに寝癖の頭のままで出てきて、ラジオをセッティングしてました。そう、昔は男の先生が学校の警備を兼ねて?泊り込んでいましたね。歳がばれる~~モウダメ _| ̄|○  ラジオ体操が終わると、カードにハンコを貰うため我先にと並びました。そうするdaichiB と、当直の先生がアクビをしながら印を押してくれました。そして、朝日を背に浴びながら、また家路につくのでした。

次回は?子供会ドッジボール大会のこと、カキコしましょうかね?

2005/08/01

半井小絵さん

本日8月1日の讀賣新聞朝刊、「あのこ」<29、教育、12版>に気象予報士、半井小絵(なからいさえ)さんの記事が載っております。以前にも、この方の件、振れた事ありますが、NHK夜7時のニュースでお天気担当(月~金)されている方です。

女の私から見ても、なんか感じが良いというか好感持てます。ちょっと目がタレ気味で少々斜視気味?!なんだけど惹かれちゃうんです。娘に持つならこんな感じのお嬢さんがいいなって!彼女は、以前「日本銀行」にお勤めされていた才女なんですよ。頭が良さそうなとこもあこがれちゃう。民間の女子アナはなんだかすれている感じが嫌なんだけど、この方は素人っぽいとこもいいのかも知れません。

またまた、私の得意分野で検索してみると やっぱりありました。「半井小絵」さんを取り上げたサイト。

半井小絵さんのページ

http://www.geocities.jp/virtual_nono_org/sae.htm

半井小絵さんを応援するスレッド(2チャンネル)

http://science3.2ch.net/test/read.cgi/sky/1094650067/l50

ただし、2チャンネルだけあって、少々セクハラ表現や問題発言有!

そこはご承知ください。おおめに><見ましょう!

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »