フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 夏キャンプ 2005 | トップページ | 夏キャンプ 2005 その3 »

2005/08/28

夏キャンプ 2005 その2

23日(火) 2日目

コテージにして正解だった。寝際に雷のような音を聞いた。夜中に雨の音で目が覚めた。雷も遠くで鳴っている。かなりの量の雨が降っている模様。テントで寝ていたら、テントを打つ雨の音と雷の閃光がテント越しに映って寝られなかっただろう!

朝には小やみになっていた。上高地に行く予定だがどうしようかまだ迷っていた。朝食を作る。ホットサンドにしようとパンを捜すが見当たらない?あれ?どこを捜してもない。不思議。荷物を降ろしたときには見出しだからはっきりあったことを覚えているのだが。仕方なく、普通にご飯を炊くことに。いつもの休みの日の朝食と変わりないメニュウ。

9時半に野麦峠を出発。雨は降ったりやんだり。幸い風はない。3~40分で沢渡(さわん ど)到着。上高地は夏場にマイカー規制がかかり、ここまでしか車の乗り入れはできない。駐車して、ここからバス(一人片道¥1000)で移動とおもったが、タクシーも1台大azusagawa正池まで¥4000で、4人だと同じ計算だ。タクシーで上高地に行くことに。運転手に台風情報を尋ねた。2つの台風のうち、一つはそれ、もう一つが日本に向かっているという。タクシーに乗る間も雨は降っている。ところが上高地に着いた頃、不思議と雨が上がる。雨雲が低いとこにあったのか?梓川が目の前に広がる。意外と幅広く流れもけっこうある。水は昔と変わらず澄んでいる。大正池の焼けた木?が年々減って今は7本しかないと言う。寂しい光景だった。意外と人は多かった。川沿いの遊歩道を歩き、河童橋を目指す。その両脇にそkappabasiびえているはずのアルプスの山々は雲に隠れ上のほうが見えない。残念。上高地の魅力の光景なのに・・・。河童橋が見えた。すると、そのすぐ下にかもが数羽戯れている。人なれして逃げない。餌付けされてる?それとも、観光客がkamochildren 与え続けたから?子供たちはそちらによって行く。すると、一人の女の方がパンらしきものを与え始めた。かもは一斉にそちらによって行った。子供 がポツリ。「看板に餌を与えないでって書いてあったよ!」って。 azusagawa_kamo

みやげ物屋に入る。ざーっと見るが、帰る日でないのでいまひとつ真剣に探せない。その中に沖縄のTシャツをパクった?「山人」(やまんちゅ?!)て物が気に入り自分に買ってしまった!さあ丁度、昼。ここの食堂で昼食を摂る。運賃が入っているのか、全般に高い。まあ、しょうがないのかな?kamikouti 河童橋を渡り、反対側の遊歩道を歩き、バスターミナルに向かった。ここでは、観光客に混じり、バックパックをしょい、登山靴を履いた中高年の方が目立った。これから登るのかまたは下山してきたのかはわからないが・・・。実は私もいつかはそんな中に入って日本アルプスを縦走したいと願っている。帰りのバスが走り出すとまだ沿道に駐車場に入れない観光バスがずらっと順番待ちをしているのに驚いた。道は古いのか狭く、バスとバスがすれ違うのもハラハラするほどぎりぎりなのだ。こんな天気でこれだけなんだから、晴れた日はもっと混むかと思うとぞっとする。それだけ、自然が破壊されていくのではないのかと・・・。

curry_rice

本日の夕食は、キャンプでは定番のカレー。長男が野菜を全部切ってくれた。しかし、脇に立つとその包丁さばきの危なっかしさにドキドキ。一応、指や手を切ることもなくすんだけど・・・。男の子でも日ごろからちょっとでも料理をさせなけりゃと反省。「生きる力」のいったんだものね、調理は。

次男は好きで自分でけっこう作ったりするが、作った後といったら・・・・。これも問題。

その後、これも我が家では定番のトランプ大会。ばば抜きに始まり、ページワン、七並べ、そして次男がやっと覚えた 大富豪・大貧民。けっこう盛り上がった。ここで眠くなり、お開き。×ゲームは明日の結果とあわせて行うこととする。

« 夏キャンプ 2005 | トップページ | 夏キャンプ 2005 その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

▽やまちゃんへ
長野って、高い山があちこちにそびえててそして清流も多いから昔から大好き。本当は登山をしたいんです。でも、私以外あんまり興味なさそうで、一度上高地の素晴らしさを見たら考えが変わるかも?ッと思ったんだけどあいにくの天気できれいな稜線を見せることできず、残念。昔、ちょっとワンゲルに入っていたことあっていつかはまた山登りを再開したいと考えてるタムなんです。

こんばんは、やまちゃんです。
上高地は素晴らしく美しいところですね。
私も4回行きました。
11月は紅葉もすっかり終わり雪が10センチ位ありました。当時はまだ交通規制は無かった時代です。
うわッ!古!!
あと、5月、6月、8月に行ったけど、四季それぞれに美しい穂高連峰が観れました。
いずれも「明神池」まで行きましたよ。

29日に頂いたのに返信が遅れ、m(_ _)m。

▽はちさんへ
テントは確かにワクワクするけど、本文に書いたように天候が悪いと最悪。夏だけのキャンプなら割高だけどコテージかバンガローの方が安心です。
はちさんちなら庭が広そうだし、いつでも友達呼んでバーベキューOKじゃない?

▽男爵様へ
男爵様は、けっこうこだわりがあるんだね!固めの布団?せんべいぶとんですか?(笑)

盛岡にいたころより夜更かし多くなってるから、寝不足気味なのでは?PCの使用と寝不足が重なってが原因でしょうね、お大事に。

▽IKEさんへ
一度は北海道でキャンプしてみたいです。
IKEさんはキャンプしないんですね、意外!
1泊でバンガローやコテージに泊まってみたら?デーキャンプでもいいかな?
キャンプの宝庫でしないなんてもったいないですよ~~。

こんばんは。ロビンソン札幌校の池田です。

お久しぶりです。
キャンプは楽しかったでしょうか?
お疲れ様でした。
ここ北海道もキャンプをする人達で、いっぱいです。
私は仕事の休日が少ないので、キャンプは不可能に近いですが、一度でも楽しさを味わってみたいと思います。
タムさんの楽しいレポート、ありがとうございました。
明日からキャンプに行きたくなるような感じになりました。

 男爵様が10年若かったらキャンプをしてもいいかなって考えてる。今は少し固めの布団でないと寝れないよ。ベットも駄目!でも今は疲れるのか、良く寝れるよ。目の充血が無くなったみたい。

はちは、コテージしか経験ないです。
テントに泊まる自信がないです。
自分たちで支度して片付けて、なかなかいい経験です。
バーベキューしたくなってきたわん。

▽惑星さんへ
メールもらって返事しなくてごめん。今夜あたり出します。
天気がいまいちだったけどそれなりに楽しめました。
やっぱり、いつもと違うところで作る料理や野外で食べるって、なんだかワクワクでさらに楽しくておいしいです。

キャンプでなくても、捜せばバーベキューができる施設はあるはずですよ!道具もレンタルできるとこでね。楽しいですよ~、是非。

パンの件は、後日ブログに書きますから、お楽しみに。落ちがつきましたよ!

▽☆星☆さんへ
私はミーハーだからあっちこっち見て歩きたいタイプなんだけど。旅はその人その人のやり方でいいんじゃないですか?キャンプ場を捜せば、その中には無料の露天風呂がついてたり、釣堀があったり、遊歩道が完備されてたり、陶芸や物作りを開いてるとこもあるから、そんなとこを選んでも、同じ場所でそれぞれの楽しみができます。
私は個人的にキャンプ場(コテージでない)を選ぶとき、お風呂がある(できれば無料)、コインランドリー&乾燥機があるとこを選びます。
シャワー施設だけじゃ味気ないし、何泊もするとき洗濯物が乾かないときはべんりだから。

炭のおこし方は、こつを得れば簡単。今、炭とは別に炭に火をつけさせやすい着火剤なるものが売ってますからそれを利用すると簡単です。
是非、チャレンジしてみてね(^^)/

タムさんの旅行、楽しそうです…が、大変そうです・・・・私は体力ないので1ケ所が精一杯かなぁ~
良い空気吸って元気になりましたか?
バーベキューって墨の燃え盛る炎が無くなり残り火でする事をテレビで見ましたよ…楽しそうで一度やってみたいです…
9月か10月に又天ヶ瀬に行けたらちょっとやってみたいなーでも準備が大変そうなので、相棒に聞いてみて…だなぁ
ちょっと2人とも夏バテしているしね…まだまだわかりません、予定は未定です。

タムさんおかえりなさい!台風が来たりしたの?大変だっただろうけど、楽しかった?
日ごろのごちゃごちゃを、忘れて楽しい時間が過ごせたのなら、よかったですね。
キャンプ楽しそうだけど、私は、病院あるし…いつか、きっと、と思う惑星でした。
そうそう、パンはどこいったの?結局あったの?気になる惑星です。惑星もパン買って帰ろ~。

▽ミッチさんへ
ミッチさんとこにコメント入れに行こうと思ってたとこです。先越されちゃいました。(>∇<*)
ミッチさんが描いた水彩画「梓川と河童橋」
見てみたいですね。PCでは見られないのかしら?
外で食べる食事ってなんておいしんでしょうね、空気のせい?自然のせい?
そして、焚き火の火を見つめるときも至福のときですね!
子供たちはいつまでキャンプに付き合ってくれるやら?夫婦だけじゃつまんないし~~。

▽シロクマさんへ
そう、最近ヒツジさんからもコメントいただくようになり、うれしい限りです。ご夫婦で別々に頂くパターンは初めてです。ご夫婦共通のPC趣味・ブログと理想的な関係ですね!あやかりたい。
 
天気はあいにくでしたが、同じことの繰り返しの日常から一時逃れて、見るもの聞くもの食べるものと新鮮な空気を感じてきました。

ヒツジさんが、コテージに泊まりたいって、そしてさらに運転すると意欲に燃え始めたようですよ~、行ってきてください、是非。。。

▽ももりさんへ
ももりさんが山女だと聞いてとってもうれしいです。でも、もう充分味わいすぎてやめてしまったんですか?また、やりましょうよ。
本格的な登山はまだな私。毎日1時間のウォーキングは続けてます。近いうちにサークルみつけてまた山登り始めたいんです。ご指導ください!

▽ガ・ちんこ塾々長さんへ
早速返信ありがとうございます。
私くそまじめで面白くない人間だけど、そのギャップから面白いユーモアのある人にあこがれます。そんな人が大好きなんです。
投稿塾の常連さんたち、楽しいです。もちろん、寸評を入れる塾長も。
これからも隅のほうにお邪魔させてもらうね!
よろしく。よろしく~♪

秋のリベンジ、必ずかないますように。我が家は出かけるのはムリポだから。

家族での恒例の夏キャンプ!!写真と詳しい文章で目に見えるようですよ。可愛いコテージにしかもその下の気持よさそうな川や景色、私もそこにいるような気持になり、癒されるようです。本当によくまとめてあり感心しました。私が水彩画で描いた梓川に河童橋。とっても懐かしいです。非日常での食事もとっても美味しそう。家族の暖かい輪が感じられて、ご夫婦の子育ての一端が垣間見えるようで感動しました。トランプは、わが家は正月の行事でツウ・テン・ジャックを競ったことを思い出しました。それからヤングママだった時からずっとエレクトーン教室で親しくなった2人のお母さんとその家族でタムさんのようにキャンプしたことなど思い出しました。食事を作ったり、語り合ったり・・・・楽しかったですね。でもね、その3家族のうち、2人40代と50代で亡くなって・・・・・ごめんなさい。縁起でもなくね。逝く夏に楽しい思い出を有難う!!

▽のらリンの姉さんへ
ホントにどこ探してもなくて、鍵はかかってるし窓等も壊されてないんだから、これはあの人しかいない?!って、半分疑ってました!
子供と一緒に!!

管理人さんしかいないって!!ゴメン<(_ _)>
マスターキーか合鍵はあるはずって!!

動機は?
すごく田舎だから久しくパンを食べてなくて、それだけ欲しくなったって!!子供と一緒にいろいろ想像してました。ばっかみたい!!

落ちはあるんだけど、ブログで紹介するからもうちっと、待っておくんなさいまし・・・のらばぁば。(たまさんの呼び方採用いたしました!
Aha!)

(ノ゚Д゚)おはようタムさん
朝から お祝いのメッセージありがとう
記事ず~と読んでいて私が気になったのは
朝食のパン。 ドコ?(T-T ))(( T-T)ドコ?
何処に行ったの~?
鴨に持ってかれた~?( ^▽^)

どうもはじめまして。
先日は当塾ブログに書き込みありがとうございました。

さて、
我が家も先日、上高地に行きました。
と、行っても通過しただけですが。
その反対側の新穂高に行ったんですよ。
あいにく、雨で真っ白で何も見えませんでした。
今度は紅葉の時にでもと、リベンジ心が沸きましたよ。

テント生活の経験から、激しい夕立なんかのとき、あ・あ・あ屋根があってうれしいって実感します。又山へ行ってみようかな

タムさん こんばんわぁー
とととぉ、すぐ下のテーマにコメントを入れているのは....うちのヒツジ君ではないかぁ~
それも思いっきりカミンング・アウトしてるしぃ~
ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ
それはそーと、タムさん家族は上高地の自然を満喫したみたいでよかったです。
前の写真も見ましたが頼もしい息子さん達に囲まれて、タムさん一家も安泰ですね(*^_^*)
クマも見習って頑張らねばぁーーーと日記には書いておこうぉ~
でも食い意地が張っているクマは野外でのBQ&カレーを見てお腹が鳴ってしまうのでしたぁ~マル

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏キャンプ 2005 その2:

« 夏キャンプ 2005 | トップページ | 夏キャンプ 2005 その3 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31