« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/28

晩秋の養老渓谷

千葉県にはあまり高い山がありませんが、関東では一番遅い紅葉を見られる名所に「養老渓谷」(市原市~大多喜町)があります。26日(土)に行ってまいりました。生まれた時から千葉県に住んでいるのに「養老渓谷」には今までにチラと立ち寄った程度で、紅葉の時期に本格的に出向くのは初めてです。

kurimata_no_taki_syoumen 自宅からはカーナビを利用して、1時間半弱で到着。この時期に訪れたのは初めてですが、毎年この時期はここの観光地は交通渋滞で悩まされていたようです。今年度からこの地域の観光協議会がその緩和のために「パークアンドバスライド実験事業」を実施。これは、大型の有料駐車場から2ヶ所の観光地へ無料シャトルバスを運行するものでした。私鉄小湊鉄道の駅前にも停車し、鉄道利用客も乗車できます。我が家もその駐車場に車を止め(1日¥300)、シャトルバスに乗る。「栗又の滝行き」と「梅ヶ瀬渓谷行き」がありますが、今回は「栗又の滝」へ。運行区間はフリー乗り降り、どこでも乗り降りできるそうですが、今回終点まで。15分程度で到着。今日は滝めぐりのハイキングコース(約4㎞)を歩く計画です。

そこから、しばらく遊歩道に入るまで道路沿いの坂道を歩く。道はカーブも多く観光バスがkurimata_2 すれ違うときはどちらかが待避所で待つというほど狭い。歩く人はそんな時体をガードに横向きに押し当ててジッとして行過ぎるのを待つ。そして、いよいよ遊歩道入り口より渓谷へ降りて行く。降りるといきなり左にゆったりとなだらかな「栗又の滝」が現れた。

滝の上から見れる遊歩道を見つけ、登ってみる。その途中に休憩所と見られる、横に長い東屋があったのだが、そこで酒盛りをしたのかアルコールの空き缶が飲み散らかしてごっそり置かれてあるのを見てがっくりする。自然を愛でに来て、ゴミを捨ててゆくなんて本末転倒。「そんな人たちは自然を愛す資格なんてない、ここに来てはいけない人たちだ!」思わず、近くの観光客に聞こえるように大きめな声で言ってしまった。

taki_ue このところ雨らしい雨も降っていないせいか、滝の水量は今一つ無く、水の流れの迫力はない。水の透明度はまあ、あるかな?minamo_4 肝心の紅葉指数はややまだ早かったか?ところどころに鮮やかな赤が見える程度でした。でも、空の青さをバックにすると一段と綺麗に見えるようです。いくつかの写真をご覧ください。

kouyou_2 kouyou_3 kouyou_4 また、水面に映った紅葉も一味違って素敵でした。minamo_3 youroukwikoku_032

のんびりと、紅葉を見ながら遊歩道を歩く。写真に有りませんが、「栗又の滝」以外に、「千代の滝」「万代の滝」「昇竜の滝」などありました。デジカメのバッテリーが上がり、換えの電池を入れるもなんだか調子が悪くなり後半は写真が取れなくなりました。とっても、残念。特に、遊歩道から上がり、水月寺までの間に「幻の滝」(一、二、三、四、五の滝)(*正式名は「小沢又の滝」)が有るのですが、そこの茶屋を開いている家族が、こちらに遊びに来た際偶然見つけて、東京からこの地に移り住み、この滝を見られるように開拓をして、お土産やと茶屋と恰好の滝見台を作ったとのこと。(1986年)この滝は水量も豊富で迫力あり、一つは高さも充分ありました。見る価値は、今回の滝めぐりの中では充分あると思うのですが・・・。こちらに出向いたときは是非「幻の滝」も見てみてください。

追記:インターネットで調べたら、「幻の滝」のなかの、最大の滝は「小沢又の滝」だそうで、あとのいくつかは自然のものでなく、ここを切り開いた人が人工的に水を引いて作った人口滝だそうです。滝のそばで見やすいようにと足場のポールと板を取り付けているんですが、最大の小沢又の滝の上にまで、川をまたぐ橋を架けてしまっていて、下から見ると景観が失われているのは誠に残念。

2005/11/26

千葉市立美術館「ミラノ展」

先日の勤労感謝の日に千葉市立美術館で12月4日まで開催されている「ミラノ展」を見mirano_ten に行ってきました。

千葉市立美術館開館10周年記念の展覧会だそうだ。私はこの美術館には初めて出向きました。

miranoten01 絵画・彫刻に関しては全くのど素人。でも、素敵な絵を見たりするのは普段から好きです。今回は、イタリア・ミラノにあるいくつかの博物館と美術館からの出品だそうで、68点の作品がありました。有名なレオナルド・ダ・ビンチの作品も2点ありました。それが、ミラノ展のパンフや美術館の入り口にも飾られている作品「レダの頭部」。はがきを一回り大きくした程度のたいへん小さい作品です。さすがにこの回りは人だかりで皆近寄って見入ってました。もう一つのダ・ビンチの作品は「キリストの頭部」。これも比較的小さい作品でした。

このミラノ展は、ミラノの歴史・文化・芸術を伝えようとするもので、ローマ帝国のキリスト教美術からルネサンスの名画、近現代美術までと幅広い作品となってます。

私は、やはりルネサンス時代の作品が良かったと思います。人物画は今にも動き出しそうな気がするほど。写真ではないかと思われるほどの作品もありました。夫と見に行ったのですが、出口付近でどの作品がよかったかと話し合ったとき偶然にも同じ作品だったので驚きました。

それは、カナレットスキアヴァーニ海岸を望む大堤の眺め、ヴェネチア」という作品。口ではうまく言えないけど、すごく細かくいくつもの船のマストや人々が色美しく描かれ、そして港にさしこむ陽の光の感覚などに感銘を受けたからです。出口に売店があり、この作品のA4サイズくらいのものと「レダの頭部」<これも優しい面差しが素敵>を購入し、今は部屋にカナレットの作品を飾っています。(後日、写真撮ってUPします。)

11月27日(日) カナレットの作品写真追加kanalet2

購入してきた複製画を自宅で撮影。夜だったため、写真の中央にある光はフラッシュの光です。やはり、生の感覚はうまく伝えられません。もっと、明るく夕日が港を照らしている感じが撮れてません、あしからず。<作品寸法110.5x185.5>

それから、この作品の正式タイトルは、実は非常に長く次に書いておきます(><;)

聖マルコの象徴、ライオン像を冠とする円柱とスキアヴァーニ海岸を望む大堤(モーロ)の眺め、ヴェネチア

2005/11/24

また、空耳ソングでヒット?!

genghis_khan 先日、「ジンギスカンキャラメル」の記事を載せたところ、コバさんと言う方からトラックバックがかかりました。さっそく、コバさんのブログを訪れるとその記事の中に「マイヤヒー」のあとは、ジンギスカンの「モスコウ」(注:モスクワのこと!)が流行っているという情報。これ、ずいぶん昔に流行った曲ですよね。リバイバルってヤツかな?同じく、ジンギスカンの「ジンギスカン」って曲も大ヒットしたと思うんだけど・・・。(息子たちの運動会のダンス曲だった事あり)

早速、そこに載せてあったURLをたどると?こりゃまた傑作空耳フラッシュ画像です。

我が家の家族に見せたとこ、バカ受けでした!

モスコウ空耳フラッシュ

2005/11/22

ペン回し

次男が中学校に入って早8ヶ月が過ぎた。違う小学校から入ってきた友達も増え、次第にその行動範囲も広がってきている。そうやって交友関係も広がって、その中から親友と呼べる友達を作って欲しいと親の私は思っています。

それとは関係ないけど、中学校に入ってシャーペンを使い出し、私が良く見る光景に右手010419_0722_0001_l__s だけで起用にペンをクルッと回すのを見かけるようになった!中学校で流行ってるらしい

そして、ただ1回転だけでなく、次々と各指を使ってペンを移動させていくという技まで覚えてきていた。授業中の暇なときに回していてできるようになったというが、授業そっちのけでペン回しに集中していたのではないかという疑念は沸くが・・・。また、ペンを何度も落として雑音を出し、先生からお叱りがかからなかったかとも心配する。一応、今日現在まで受け持ちの先生から我が家に電話はかかってきていないが。

先日、インターネット検索で「喫茶店」を探していたときに「ペン・カフェ」なるホームページがありナンだろ?と覗くと、お茶とは全く関係ない「ペン回し」の動画を載せたブログが出てきました。次男のやっていたペン回しってこれなんだって思った。ところが、いろんな技がありそれにそれぞれネーミングが付いているのを知ってその奥の深さに驚き。いろんな世界があるもんだと関心したしだい。

そのブログを覗いてみてください!見事です。それに男性の手にしておくにはもったいないような綺麗な手を持っている方です(笑)リンクされてるHPに海外の方もいましたよ。これ、基本だけどもちょっとできたら、カッコいいかもね!息子の心理がわかりました。

ペン回し喫茶店

http://blog.goo.ne.jp/marosan-1989/c/51c3de0b2b7a0e4d32c2da8ab84c24a9

2005/11/19

噂のジンギスカンキャラメル

先日、夫が仕事で浅草を訪れると聞いて、真っ先に浮かんできたのが「ジンギスカンキャラメル」。浅草は下町の代表地域。浅草寺をはじめ、仲見世・雷門・伝法寺等江戸情緒あふれる観光地なのですが、昨年暮れに私は訪れており、そんな事よりも巷で話題になっている浅草になぜかある「北海道物産館」で販売されてる<ジンギスカンキャラメル>TVのワイドショーで見た!)を食べてみたいと思い、買ってきてもらった。いつもながら、ミーハーな私。

*浅草は1日かけてゆっくり見たい場所です。仲見世をはじめ店が多く、それを見て回るだけでも楽しい所です。もう一度、時間かけていってみたいです、そのうち。しかし、今回、主役はジンギスカンキャラメルとさせていただきます。

kyarameru ジンギスカンキャラメルって?それがこの写真。ジンギスカンの味がするキャラメルって想像できますか?さらにその他にも、北海道ならではの名物の名を取り入れたミスマッチと思われるキャラメルがあるのにビックリしました。

さて、恐る恐る口に入れたそのお味は??まず~~い!と評判を聞いていたけど私には大丈夫でした!焼肉をつけたときのタレの味でやや油っぽさがある感じの甘ーいキャラメルって感じ。特においしくは無いけど食べられる。なんか、拍子抜けしちゃいました・・・(**)!

そのほかも食べましたが、夕張メロンキャラメルは想像つくけどそのままでおいしい。

サッポロビールキャラメルは、あけた瞬間ビールの匂いがプンプン。ビールの匂いのするそのままのキャラメル。

塩ラーメンキャラメルは、外側が塩ラーメンの塩味。中は普通のキャラメル。まあ、食べられもなくない味ですね。

まあ、私のようにミーハーで話の種に食べたい方はチャレンジしてみてくださいね!

楽天ショッピングでも販売してましたよ。

sonotano_miyage 一応、その他のおみやげは、これ。六花亭のホワイトチョコは品切れで、残念。もう一つ、トラピストクッキー素朴な薄味が大好きなもの。

アーモンドチョコ雪の調べクッキーはあっという間に子供たちの胃袋におさまり、食べられませんでした。

後日談:夫の同僚も同行した際、話題づくりに「ジンギスカンキャラメル」を1ケース(30ヶ入り)を購入したそうな・・・

2005/11/15

ロッテ、アジアでも頂点に☆

ロッテがまたまたやりました!11月10日より始まった第1回コナミカップ・アジアシリーズ2005に日本代表として千葉ロッテマリーンズが参加して、対サムソン(韓国代表)、対興農ブルズ(台湾代表)、対チャイナスターズ(中国代表)に連日大勝して、リーグ第2位のサムソンと決勝戦を11月13日に行い、ロッテは、日本シリーズでの4連勝の波に乗ったまま今回も4連勝し、初代アジア王に輝いた。

特にアジアシリーズの規定で5回以後10点差以上に点差が開くとその裏の攻撃終了後、コールドゲームとなり試合が終わる。お見事なのは、2日目の「対興農ブルズ」戦で11点差でコールド勝ちしたほど。その堂々と、のびのびした戦いぶりによりいっそうファンになりました!来年からは千葉ロッテマリーンズを断然応援します。そのため、生で試合を見てみたいものです。

2005/11/12

ロッテに続いてジェフも優勝!!

1週間前の事で恐縮です!

banner_champJ1・ジェフユナイテッド千葉市原」(私、ファンクラブに今年から入ってます)が11月5日(土)、ヤマザキナビスコ杯で念願の優勝を勝ち取りました!大きな大会での初タイトルです。うれし~~!

何年か前、子供が少年サッカーチームに所属しているときにチームの引率をして、初めてプロサッカーの試合ナビスコ杯予選(ジェフ対レッズ)を見ました!生で見るプロ選手の迫力やナイター試合のライトに照らされた芝生の青さ、サポーターによる統制の取れた応援合戦にたいへん感激しました。私の生まれた実家の隣町でもあるのでその日から「ジェフ市原」(*つい最近までこのチーム名だった)のファンになりました。その後、家族だけでも見に行きました。

その当時は、ジェフと言うチームはJ2降格するかしないかの瀬戸際で順位を争っていました。それがここ2、3年でメキメキと力をつけてきてトップ5あたりに上がるほど強くなりました。そして、今年はナビスコ杯の予選リーグを突破、決勝トーナメントで順調に勝ちあがりついに決勝に進んだんです。それだけでもものすごい成長です。決勝の相手チームは、日本代表の大黒や宮本もいる現在Jリーグでトップのガンバ大阪」強敵です。でも、先日の千葉ロッテマリーンズの日本一の流れが在るせいか負ける気はしませんでした。キックオフからTVに釘付けで応援。共に両者互角の戦い。一歩も譲らず、30分の延長戦に突入。それでも、お互い惜しいシュートはあるものの延長戦でも決着つかないまま。いよいよ、PK戦で勝敗が決まる事に!解説ではジェフはゲームの引き分けを想定してPK練習も力入れていたと言ったのでうれしかった!でも、どきどきするので下を向いて祈っていようかと始めは思いましたが、いやっ、ここまで来たんだから見届けようと思い返し見続けました。

ガンバの始めの選手がキーパーに阻まれ失敗。そして、ジェフは皆失敗することなく決めて5-4でついにビッグタイトルのカップを手に入れてくれた。ヤッタ~、そしてオシム監督選手の皆おめでとう~~。やっぱり、今年はプロスポーツの神様は千葉に風をおこしてくれたようだ。

この後、Jリーグの優勝争いもあるし(ジェフは現在5位/18チーム)、天皇杯も勝ちあがっている。どうか、この風を利用して精一杯戦い抜いてよい成績を残して欲しい

因みに、皆さんに覚えて欲しいジェフユナイテッド千葉市原の選手に、11月16日(水)に行われる 対アンゴラ戦 にも選ばれた 阿部勇樹(あべゆうき)選手に注目してくださいね!彼は「第二の中村」と言われるほど、フリーキックがうまいんです。もちろん、千葉県出身でジェフのユース出身のホープ選手ですから、ネ!

2005/11/10

11月11日は何の日?

落花生つながりのネタです。

yatimata_kitaguti 実は明日 11月11日は「ピーナッツの日」です。

全国落花生協会が1985(昭和60)年に制定。

新豆を使った落花生が市場に出始めるのがこの頃で、ピーナッツは1つの殻に2粒の豆が同居する双子であることから、11のぞろ目の日を記念日にした。

私が知っていたのは確か♪あなたも私もポッキ~♪の「ポッキーの日」でしたが、なんと検索で調べたらぞろ目の日のせいか出るは出るはその多さとユニ~クさにビックリ。

サッカーの日(11人対11人でするから)、電池の日配線器具の日というのもありました(笑)

理由やその他の記念日を知りたい方は見てください。自分の誕生日も調べられるかも知れませんよ!

記念日 11月11日

八街・秋の風物詩

botti これは、八街の秋によく見られる光景です。一体何だと思われますか?実はこれ、落花生を天日干ししています。八街は言わずと知れた落花生の名産地。10月は落花生の収穫時期です。掘り起こされた落花生を茎ごと積み上げてほぼ1ヶ月ほど野積みにします。こちらではこれを「落花生ボッチ」と呼んでます。私は八街に移り住んでからこの光景を目にするようになり、その呼び名も知りました。なぜかカワイイ呼び名ですね。どうしてそう呼ぶかは知りませんが・・・。

ところで、皆さんは落花生の花を見たことはありますか?とっても小さな黄色い花をつけまrakkasei_no_hana す。でも、その花が終わってからがこの植物の不思議なところ。私もつい最近TVで知りました。「落花生の郷」というHPに書かれているのを一部載せてみます。

開花

発芽から1ヶ月ほどで黄色い花をつける。落花生以外の豆は、花が終わったあと花の基部がふくらんで豆となるが、落花生は花が終わると花の基部がふくらみ地面に向かって伸び始め、土の中にもぐる。落花生の豆は、名前のように土の上で花を開くが、豆そのものは土の中にもぐって成長するという妙な性質を持つ。

不思議で意外でしょ?落花生」と言う字は読んで字の如しなんだとあらためて実感させられました。

rakkasei 落花生って意外と栄養価が高いのをご存知ですか?成分のほぼ半分をseibun1 占める脂肪分もリノール酸ですよ。たんぱく質も多いです。消化が悪いから食べすぎには気をつけながら食べたいものです。落花生というと乾燥した硬い物を食べる事が多いですが、こちら地元ではゆで落花生を食べますよ。柔らかくてこれならお年寄りにも良いと思います。作り方はまた「落花生の郷」のページに在りましたので、ご覧ください。

ゆで落花生の作り方」←ここをクリック

最後に、今落花生は新豆があがってきてます。この記事を読んで落花生が食べたくなったなら、是非「八街産落花生」をご指名していただけたらうれしいですね~~。品種はできれば「半立」。この種類を売り出し中みたいです。

安いからって中国産にしないでね~~、お願いします。

「マック」か「マクド」かどっち派?

ブログを休んだ後に、のんびりマイペースで続けますって宣言したんだけど休んでる間に記事にしたい事がたくさんたまってしまいすごく吐き出したい(ちょっと、汚い表現かな?)しばらくは時間が空いたらブログの記事UPが頻繁かも?でも、日常の仕事優先した後に書いてますからね、ご心配なく。

ebi_fireo また新聞ネタです!昨日の讀賣新聞(13)に「新日本語の現場・方言の今」シリーズが始まりました。先月、私が読んでた「新日本語の現場」(中公新書ラクレ)の新しいシリーズらしい!そのタイトルが「マック」か「マクド」かってモノ。これ見てすぐ思い出したのは私のブログ仲間ひろみちゃんがこのことブログの記事にしてた事。[マックは⇒マクド](9月14日付)←読んでみてね!

讀賣新聞総局・支局を通じ各都道府県の県庁所在地で調べたそうです。ハンバーガー店のマクドナルドを東日本、中国、四国、九州のほとんどで「マック」と呼ぶのに近畿の6府県と四国の徳島県では「マクド」と呼ぶことが多いとのこと!ひろみちゃんは沖縄で沖縄もマック」だそうです。このほかにおやつの定番「今川焼き」<これ私の大好物>が今は「回転焼き」「大判焼き」などと呼ぶ方が多かった。「パーマを『あてる」は近畿の5府県、青森、大分の計7府県。東日本、九州、四国の多くが「パーマを『かける』」と言うそうだ。

社会言語学の助教授がいうには「表現がきれいに分かれないことこそ現代の方言の特徴なんです。」って。情報社会の現在、ある地域の言葉や表現が、遠く離れた場所に突然持ち込まれる。「言葉や文化の発信源は特定の大都市に限られていたが、今は中核都市から周辺に広がるものも増えてます。」

このシリーズでは、身近な言葉を手がかりに『現代方言』のナゾを解き明かしたいとありました

ホントに現代の言葉ってどこから生まれて流行っていくのか?不思議だし知りたいものです。このシリーズを新聞で読み続けようと思いました。

なお、読者からの異論・反論も歓迎。ご意見・体験談も寄せてくださいとのこと!何か心あたりのある方は是非意見を出してみたらいかがですか?「新現代語の現場」取材班宛にどうぞ!

取材班 FAX03-3217-1679 メール t-nihongo@yomiuri.com

2005/11/08

秋のひまわり

更新が途絶えていた間も日課となっている早朝ウォーキングは続けてました。休みの日にはのんびり日中に歩く事もありまして、先月末にこのひまわりに気付きました!
なんと逞しい生命力なんだろう!

ここは、7月に紹介した例の「ひまわりロード」(勝手に私が命名したロード)です!8月末には地主さんに伐採されてしまったあのひまわりです。でも、下に落ちた種がまた新たな命を生み出したんですね。それも、まもなく冬を迎えようとしているこの時期に。温暖な千葉だからこんな事も可能なんだろうか?さすがに夏の盛りの時ほどには背が高くなく、花の大きさも三分の一程度ですが。周りを見ると、この他にも数本のひまわりの茎が伸びておりつぼみも見受けられます。

夏期に比べたらわずかの気温と陽を感じて健気に咲いているひまわりその事にひどく感動しました。本日も暗い中を早朝ウォーキングしてきましたが、ライトを当てるとこの花少々うつむき加減でしたが、ちゃんと咲いてましたよ。このひまわりに拍手。そして、あらたにエールを送られた気がします。  わたしもがんばろうっと!

200510271504.jpg

2005/11/06

ご無沙汰いたしました(^^)/

たいへんご無沙汰いたしました。また、ブログの更新を再開いたします。

bg_h_momiji2 心配をしてくださり、メールまで下さった方には本当にありがとうございました。私の体調や身近に起きた件に関する事とはいっさい関係ありませんのでご安心ください。ご心配おかけして申し訳ありませんでした。

実は、先月は私の所属する書道会の昇段試験に向けて、平日はもちろん土日にも練習日をもうけるなどたいへん忙しくしておりまして、作品締め切りの11月2日まで多忙でした!

また、この忙しさを機会に以前から私自身の反省点で<ブログにはまりすぎて他の日常の仕事等をおろそかにしてしまっている生活>を断ち切ろうという意図もありました。

日常のやらねばいけないことやもっと大切な事への時間を裂き、その中で余った時間を利用してブログに関わる時間を持とうと考え直しました。

したがって、今後は記事の更新とともにコメント返し、コメントくださった方のブログへの訪問やコメント書きも今まで以上に遅くなるかと思いますが、どうかご理解ください。そして今後もよろしくお付き合いくださいね。    <(_ _)>「お願いいたします!」

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »