フォト

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/

最近のトラックバック

« 高徳院(鎌倉の大仏) | トップページ | 染井野のイルミネーション »

2005/12/15

長谷寺

高徳院を出てまた長谷駅方面に戻り5分ほどで、長谷寺正面に出る通り。長谷寺まで50M位の距離なのだが道がそれほど広くなく、駐車場に入るための大型観光バスと出て帰る乗用車がすれ違うのにすれすれ。その上、両脇を観光客が歩いているのだから危険極まりない。みやげ物の店先に待避してやり過ごす。やがて、正面に浅草浅草寺の雷門にある提灯のような長谷観音」の提灯が山門に下がっているのが見えました。

長谷寺

hase_kannon 観音堂には、高さ9.18mの巨大な本尊、「十一面観音像」が安置されている。木造としては日本最大級で、「長谷観音」の名で親しまれていhasekannon-douる。養老5年(721)に、徳道上人(とくどうしょうにん)が1本の楠の霊木から2体の観音像を造り、1体を奈良の初瀬(はせ)に創建した長谷寺に、もう一体を有 緑の地で人々を救うようにと海に流したところ、三浦半島の長井の海岸に漂着した。この観音像を鎌倉に遷して創建されたのが、鎌倉の長谷寺だと伝えられている。

観音菩薩は、三十三身の姿に変わって私たちに救済の手を差し伸べてくれる現世利益の菩薩。ところが、長谷寺の像は、左手に蓮華を、右手には錫杖(しゃくじょう)を持つ独特な姿で、観音と地蔵の両方の慈悲を兼ね備えたありがたい菩薩なのです。

総門をくぐると池があります。池の上に突き出たもみじの枝の紅葉が水に映り見事でした。hase_ikeueno_kouyou ところどころに黒いコードと照明が置かれ、この時期、毎夜ライトアップされるそうです。また、それも美しいんでしょうね。他のブログで長谷寺を記事にされてる方があり、私が訪れた前日の夕方、日テレの夕方のニュースワイドショーのお天気コーナーでこのライトアップされた紅葉を木原sikon_no_botan実(お天気キャスター)さんが現場から伝えていたそうです。

総門前と、池脇に綺麗な花の鉢が置かれてました。「シコンノボタン」(紫紺の牡丹)だそう です。

長谷寺と言えば私の中では鎌倉の長谷寺と思っていましたが、奈良県に第一の長谷寺があったんですね、勉強になりました。鎌倉の観音堂はかなり高い位置にあり、休憩のための椅子やテーブルも数多く設置されていまhasedera_yori_mieru_hama す。そこの見晴台からは、由比ガ浜や三浦半島、うっすら房総半島らしきものも見えました。

写真には撮りませんでしたが、弁天堂の中では写経をしている観光客もあり、その先の弁天窟は、大人が腰をかがめるほどの洞窟で、壁に彫られた様々な神様がありました(七福神?)。弁財天の前が一番ろうそくの数が多く笑ってしまった!探検気分で洞窟を1周してくるのも楽しいかも知れません。

yuigaham 長谷寺を後にし、長谷駅へ戻る。長谷駅は海に近いので、最後の最後に由比ガ浜に行って見ました。3時半を回っていましたが、もうこの時期では夕暮れの雰囲気。風も少々冷たくなってきました。江ノ電で鎌倉駅へ戻る。おenoden みやげは、今回は定番の「鳩サブレ」。江の電の鎌倉駅売店で購入して、帰りました。

« 高徳院(鎌倉の大仏) | トップページ | 染井野のイルミネーション »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 タム姉さまは、よく鎌倉に行くみたいだね。男爵様も行って見たい場所の一つだよ。又の記事を楽しみにしています。話変わって構造計算の問題だけど、一部所だけでは絶対に偽造なんて出来ないよ。これは名前が挙がった全部の会社、機関が分かっていて、その上で進めている。俺は知らない、俺は聞いていないなんて、子供でも騙せないよ。実際問題として平面的に広い建物は簡単に崩れない。格好いいけどノッポビルは基準を満たしていても敬遠した方が良いね。じゃ、また!

こんにちは!!

長谷寺・・・行きましたよ。写真を拝見していてしっかり思い出しました。景色のいいところですよね。あそこに座って私たちも景色を眺めていたのを覚えております。
由比ヶ浜も綺麗ですね。すっかり冬の海の景色?でしょうか。
人のいないうみって風情があっていいですね。
余り出かけるのが好きでない私ですが、鎌倉はまた行きたいです。

オイラもゆっくり奈良か鎌倉を廻ってみたい。何もかも忘れて。

長いコメントしたのですが、送信をクリックしようと思ったら勝手に画面が変わってコメントが消えていました。私もご主人と同様に鎌倉の大仏は修学旅行以来です。与謝野晶子の歌も久々に思い出しました。長谷寺は私の行きたい所の1つです。山門の前の松ノ木や紅葉した木々など風情のある所ですね。それに観音堂の荘厳で立派な様子に魅せられました。「長谷観音」は公開しているのですか?それから「シコンノボタン」(紫紺の牡丹)とありますが( )の部分は違いませんか?「ノボタン」という名前だと思います。わが家にも「ノボタン」があり好きな花の1つですがピンクもありたまたまこれは紫紺なんだと思います。由比ガ浜もよく聞きますが初めて見ました。昼間見るのとはまた趣きが異なると思いますが夕暮れの誰もいない海もいいものですね。ともかく1連の鎌倉の散策にお陰様で知り得た事がたくさんあります。本当に有難う。

15日に賀状を投函し、明日は窓拭きです。窓の多い家なんです。

坂東三十三箇所観音霊場巡り をしているオデですが。
まだ神奈川県内の観音様はどこも訪れてないんすよね。

今度、ゆっくり鎌倉を巡りますわ。
鎌倉だけに三箇所あるんだよね。

 タム姉さまの所も、気温がマイナスになることがあるんですか?男爵様は寒いのが好きですよ。寒さは男女を近づけるんです。(本当かな?)体にも良いですよ。小さい時は寒くなると外で走り回っていました。夜はパンツ一枚で布団の中。首と肩を守っていれば良く寝れました。今は・・・少し無理かな!

▽男爵さんへ
男爵さんの意見を聞いてよかったです。やっぱりその道の専門の方に聞いた方がわかるし、説得力がありますね!知らぬ存ぜぬでは押し通せませんよね!
私は地震が最大の苦手。電車、地下鉄、エレヴェーターに乗ってるときはいつも「ここで大地震が起こったらどうしよう?」って考えてしまいます(><;)グラッとしただけでビクッってします。確かに平屋が安全かも?私は家の中で地震になったら、出られないときは2階に上がっておきます。大体1階がつぶれてるから・・・(**)

▽ピーコさんへ
昔を思い出してまた鎌倉へ出かけてみてください。
私はまだ見ていないお寺が残ってますから、まだあしげく通うと思います。江ノ島まで手を伸ばしたらまだまだ鎌倉制覇には時間が掛かりそうです。

▽阿武さんへ
お忙しくてまとまった休日が取れないと思います。鎌倉ならとりあえず、1泊で見ることは可能でしょう!是非、足を伸ばしてみてください。

▽ミッチさんへ
ご指摘ありがとうございます。植物も良く知らないのに、勝手に解釈してしまいました!牡丹の花は知ってますが、その新種かなにかだと思ってました。「のぼたん」と言う種類があるんですね、早速訂正を入れますね。ありがとうございました。
それから、「観音堂」の観音様見られますよ。たまさんが言ってるように穏やかなお顔をなさってますよ!

▽塾長へ
レス遅くゴメン。塾長は観音様めぐりをしてるのかな?鎌倉に3つあるって一つは長谷寺だよね!あと2つの観音様はどこにあるのかしら?

▽男爵様へ
千葉ではめったにマイナスにはならないけど、氷がはったり霜柱も良くたってます。地表上は冷えてるみたい。とにかく、千葉県民にとってはこの程度でも寒くて寒くて・・・。夜は素足で寝てたけど、今年は足のひび割れがひどくクリームをつけてから靴下を履いて寝てます。年取ったナァ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86678/7631675

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷寺:

« 高徳院(鎌倉の大仏) | トップページ | 染井野のイルミネーション »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ