フォト

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/

最近のトラックバック

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/23

雪のおきみやげ?!

おとといの積雪は八街ではおよそ15~20センチくらいでした。次の日、前日の雪かきも虚しくさらに積もってました。その日は日曜日。早朝よりあちこちから道路の雪かきをするガラガラ、カラカラという音が聞こえてました。我が家の雪かきは皆よりちょっと遅くなってしまった(><*) 近隣のお宅がほぼ端に雪を寄せ終えたころ、始めました。

昨日はまだ凍っていなかったので力をそれほど入れなくても雪をすくえましたが、今日はちょっとたいへん。プラスティックのスコップでは太刀打ちできない。鉄製のスコップを出してきて、力任せにそれこそ「♪おかーちゃんのためなら、エンーヤコーラッ!♪」って感じで地面にほぼ平行にたたきつけるように何度も打ち付けてやっと氷がはがれる。      事情は違うけど雪国の方はこんな事を毎日やっていらっしゃるなんて、本当にたいへんだと感じました。

休みの日は、いつも日が昇ってからウォーキングに出かけます。今日は10時過ぎに出発。昨日とは打って変わって、冬晴れ。途中ほとんど人や車の行き来のない部分があり雪がけっこう深い。夫が一言発する。「Tanto(ダイハツ)のCM見たいに倒れて見てーな!」って。「これくらいの積もりじゃ、頭、痛(いて)ーかな?」そういって前を歩いている。私はちょっと立ち止まって、それをこっそり実行してみた。「気持ちい~よ、全然痛くないよ!」それを聞いて夫もすぐさまバサっと倒れた。立ち上がったら、後姿は真っ白でおかしかった。まるで二人とも子供に返っていた。「相合傘の絵、描こうか?」「ばっかじゃない?」冗談か本気かわかんない会話。「絶対どっかのカップルはやってるな、こんな事!」<実際、ここに馬鹿な中高年バカップルがやりましたが・・・f(^_^)ぽりぽり

yuki_no_004

しばらく歩くと道をふさぐものが・・・。 竹林の脇の道なんですが、雪の重みでこんなにしなってしまうとは?驚きですビ(゚ロ゚*)ビックリ!何本かゆすって雪を落としてみましたが、とても全部は落としきれずくぐって通過しました。しなやかだけに雪には弱さを見せる竹なんだと思いました。                    

降りしきる雪の中の景色もよいが、晴れ渡った雪景色は雪がいっそう白さを増し美しい。yuki_no_002 yuki_no_001

そして本日は、少々風が強かった。ちょっとした地吹雪が起こる 上の雪が飛ばされてまた新たな場所に積もる。その雪はさらさらで、触ると気持ちがいい。手で押さえても固まりにくいyukidaruma_2yukidaruma物でした!

団地内にkamakuraこんなかわいいオブジェが。 

そして土曜日に引き続き、息子が友達と作ったというかまくらがこれ。友達んちの塀を利用しての力作か?

我が家に帰yuki_no_005ってくると玄関前に上からポタポタと水がやたらに垂れて来る。雨どいが壊れたかな?って上を見上げるとなんと「つらら」が垂れ下がってるじゃない。スキー場では見たことあったけど、千葉で見たのははじめてで感激。まあ、かわいい「つらら」では在りますが・・・。

友輝君が帰国しました!

昨年9月に同じ千葉県内に住む(茂原市)今井友輝くんのことを新聞で知りました。彼は「拡張型心筋症」と言う難病にかかり、生き延びるためには心臓移植しかなく、アメリカでの手術のための費用・渡航費・滞在費を含め6000万円が必要で、メディアを通して募金を募っていました。その後、TVでも取り上げられ、それを見た千葉ロッテ球団関係者が協力を申し出て選手をはじめロッテファンにも協力を募り、その輪が広がりついに目標額を達成。

11月初旬に渡航、12月21日にドナーが見つかり、22日に無事手術終了。術後の回復・静養をしていたその「友輝くん」がなんと!22日夕方に帰国したそうです。

少しでも役に立てばと友輝くんのことをブログで取り上げて、「友輝くんを救う会」へのご協力をとサイドバー(左上)にもリンクを貼っておりましたが、このところそのHPへの訪問はご無沙汰してました。というのも、手術して何ヶ月かはアメリカで経過を見ると思ってましたから・・・。ところが、その友輝くんの回復力が予想以上に早かったらしい。

今朝の新聞を読んでビックリ。「えっ、もう退院できたのーっ??」

彼の生命力は、ものすごいものがあるなって。この病気になってからなんどか危篤状態になったこともあり、その度に一命を取り留めてきて、つい一月前に心臓移植の大手術を終えたばかり。現代の進んだ医療もあるか?子供だから回復力も早いzoukiteikyouのか?最終的には友輝くん自身のがんばりが大きかったんだとおもいたい。

帰国後も、しばらくは都内の病院で経過と静養をするそうです。このまま順調に行けば、春にはランドセルをしょってあこがれの小学校へ通えそうだな~。そんな姿をはやく見てみたいものだ。

思いが強いと必ず「夢」は叶うもの

2006/01/21

冬景色

今年の冬は真に寒い。
これは2、3日まえの畑の霜柱です。この日の朝は思いのほか冷えたようです。数日前の大雨の水分が残っていたらしく、高さ4、5センチありそうです。
そして本日は予報どおりの雪が降る。早朝より降り始め、宵の口過ぎまで降っていました。
200601190918.jpg 関東では7、8年ぶりの大雪との事! 先日の積雪と比べても本日の方が本格的な「降り」で、1日中絶えることなく降り続きました。そんな雪の中を歩いて写真撮ってきました。dantinai

これは住んでいる団地内。yuki_no_hana

落葉樹の林に「雪の華」が咲きました。yukigesiki_1

「畑の雪景色」今回は樹木にも降り積もっています。yukigesiki_2

ここだけだと、どこかヨーロッパの冬景色みたい。

yukigesiki_kirinoki  桐の木越しの雪一面。(私としては構図ちょっと考えて撮った1枚)

今日のうちは道路の状態は、シャーベット状ですが、明日の早朝の凍結を考えて午前中に2,3日分の買出しを済まし、夕方には玄関周り、階段、駐車場前の雪かきをしておきました。雪かきは本当に重労働ですね。雪がまだ降っている中でしたのでその後から降り積もってしまったので効果は薄いかな??雪の降り続いた今日だけで、団地内の知人が車をぶつけたと言い、夫の同僚の息子さんも車で事故ったそうな・・・。明日はどこへも出かけずジッとしていよう。のんきな次男は、友達と公園で雪合戦やかまくら作りなどしてビショビショになって帰って来た。中学1年になっても、まだ子供。困っているのは大人ばかりなり(>。<)

2006/01/16

読者審査員「決定通知」

ketteituuti うれしい知らせが届きました。讀賣新聞社からです。

1ヶ月ほど前の讀賣新聞に一面を使用して読者審査員募集の広告が載ってました。

それは2005年(1月1日から12月31日まで)に讀賣新聞に掲載された新聞広告の中から選りすぐりの作品を見て読者が審査をするというものです。

その読者審査員決定通です。

この広告大賞には縁があったようです。普段それほど広告に意識を持って見入る事はありませんでした。ある日の新聞広告がたいへん気に入り、それを捨てずに自分の部屋に貼っておりました。ところが偶然にも前年度(2004年)の広告大賞(←をクリック)が発表されたときにビックリ。なんと私が部屋に張ってある広告作品だったからです。それは、「山の神様がくれた水。サントリー天然水<南アルプス>」だったから。

この写真が今でも私の部屋のパソコンの上に貼ってあるその広告です。2004年4月25日(日)の日付です。suntori_koukoku <性格が大雑把なのでセロテープで雑に貼ってあり、シワも付いたままで失礼します(=。=;)>

審査日が2月4日(土)なので、仕事のないフリーな日であるし、讀賣新聞本社などめったに訪れられる場所でもない。また2005年はどんな素敵な広告が掲載されたかも興味あるし、その上謝礼が出ると言うのも魅力。なんと1万円なんです。と言うことでインターネットから申し込みました。

申し込みの中に、「2005年の広告で印象に残っているものは?」と言う質問がありましたが、その日までは意識も薄かったので、実を言うとあわてて12月あたりの新聞を引っ張り出してきてざ~っと見て、これは我が家の息子たちにも2005_koukoku 受けそうなゲームソフトの広告がカッコいいなっておもってその作品について書いたんですが・・・。

本当はもっと素敵な作品があったかもしれませんけどね!

謝礼が出ると喜んでばかりは居られません。審査にはおよそ3時間を要するということですし、優柔不断な私は迷いに迷ってそれ以上時間もかかるかも知れません(><*)

とにかく、2月4日が楽しみな私であります。

2006/01/10

冬の青い実

himawarisita 積雪のあった日の前日、同じウォーキングの道中で小さな青い球がポロポロと落ちているのを見ました。はじめBB弾だろう!って思ったんです。見かけたのが、以前話題にした「ひまわりロード」。そのひまわりの下に植えられていた「竜のひげ」という1年中生えているよく見かける草の周りです。最初はその草の周りにバラバラと落ちていたのを見たのですが、良く見るとその草の中にも青い粒があるのを発見しました。

私は植物(草花や樹木)に疎く、この「竜のひげ」という植物は草だけのイメージでした。だから、その時点でもまさかこの青い物が実だとは信じられません。誰かが青い粒をばら撒いたのかな?なんておもったりもしてました。

「え~っ、ひょっとして竜のひげに実がなるの、まさかぁ?」そう思い返し、

ちょっと半信半疑で草の中を舐めるように見回すと、粒が固まっている箇所があり探ってみると、なんと茎らしき先に完全になん粒かくっついているものを発見しました。この時点でやっと「竜のひげ」に実がなることを認めたしだい。

そうなると私の性格から「竜のひげ」って植物を調べたくて居ても立ってもいられなくなる。ウォーキングをサッサとこなし家へ急ぐ。そして、すぐインターネットで捜しまくることに。

ありました!やっぱり、「竜のひげ」には青い実がなるし、6月頃には小さな花が咲くこともわかりました。次の日に写真を撮ってきましたが、あいにくの積雪で大半が雪に隠れてしまい、まとまって実のついたものは取れませんでした。aoi_mi それでも唯一、2つ実がついたものがこれ。この写真の上でクリックしてね。拡大されて青い実が見えますから。

「竜のひげ」の事は、このホームページに写真がありました。竜のひげ」の文字をクリックしてみてください。

この道上ではずいぶん植物のことを勉強しました!特に今回は、こんな寒い冬にもめげずひそかに小さな実をつけている植物があることに、なんだか素敵な宝石を見つけたような気分に当たるな!ッて気がして、私の中ではすごく得した気分になってます。

皆さんは、竜のひげに青い実がなり、花まで咲くのをご存知でしたか?

2006/01/07

千葉・八街にも積雪☆

今朝目覚めて1階のリビングへ降りていくとき、玄関のドア越しにやけに外が白っぽい。センサーの電気が付きっぱなしになってしまったか?とドアを開けると一面真っ白。雪が積もってました。千葉の八街ではこの冬はじめての積雪です。

昨夜の天気予報では寒気が日本を多いつくし、関東でもところによっては雪が降るといってましたが、積もるほどだとはおもいませんでした。ただし、積雪1センチほどか?本日の早朝ウォーキングは次男が部活で早く出なければいけないので取りやめで、親ばかで学校まで送っていく事に。雪はすでにざくざくと凍っていました。

genkansaki スタッドレスタイヤなどなく普通タイヤなのでおそるおそる運転する。前の車がUターンしたのでどうしたの?って思ったら、その先の坂道の下ですれ違う車同志が接触した模様。雪に慣れてないってこと丸出しだ。仕方なくマイカーもUターンして迂回路。さすがにメイン道路では皆慎重にかなりゆっくり走ってました。なんとか無事に到着して、我が家にも帰ってこれた!(´。`;)ホッkinjo

朝食後、せっかくの雪景色を満喫しよう!(大量の積雪で苦労されてる地方の皆様、ごめ んなさい<(; _ _)>)とデジカメ抱えて、散歩がてらのウォーキングへ。朝一に触ったとき、さらさらしていて意外にパウダースノウでした!

sanpomiti_ato 朝日があたり、雪が反射してキラキラ輝きとってもきれい。中学への指定通学路なので足跡は、自転車、徒歩、そして農道でもあるので軽トラックのタイヤの後。自然に私は人の足跡の無いところばかりを歩いてしまう。普段は感じないけど、足跡を振り返ると意外に歩幅があるんだなぁ、ほんのわずか外また(ホントに微妙な角度ですから、まともなガニ股を想像しないように・・・)なの?なんて観察もできたf(--)

畑は何もあとが無く美しい。千葉はここ数日どんよりとした寒い日が続いており、朝から青空を見たのは久しぶり。いっそう雪景色hatake3が綺麗に見えるようでした。hatake1 hatake2

最後に、 昨年末から今年にかけて大雪に見舞われて不自由をされておられる皆様には心よりお見舞い申し上げます。雪かき・雪おろし等毎日たいへんだとおもいます。また、交通網も麻痺しがちですし、雪道はたいへん危険ですね。お体お大事にしてください。雪のない生活の千葉ですので、雪に新鮮な感覚を抱いてしまいます事をご理解ください

2006/01/01

2006年 賀 正 

motiyaki2 motiyaki 明けまして おめでとう ございます

今年もよろしくお願いいたしますkaomozi_ozigi 

2006年 元 旦  タム

皆さん、お正月をどうお過ごしですか?

我が家は今年はじめて、新年を迎えたばかりの神社に初詣に出かけました。出向いた神社は近所の「八街神社」。<氷川神社系?:灯篭に氷川神社より分納と刻まれてました>TV等で新年明けたばかりの神社をお参りする姿が映し出されますが、生まれてこの方その時間帯に初詣をしたことがありません。関東は元日の天気が良くなさそうと言う予報だったので崩れないうちにと言う考えもありこの時間帯を選びました。

hatumoude2006 町の小さな神社なので初詣客もまばらだろうと予想していたら、意外やたくさんの方が訪れており参道に行列ができてました。並んで待つこと30分弱。ちょっと寒かった~。家族で横一列に並ぶ。鈴を鳴らしお賽銭をohuda_kumade投げ入れ、二礼二拍手一礼の後、手を合わせ祈る。私はyatimata_zinja 年一年の家族 の無事を祈ってきました。社務所前で「家内安全」の札と「熊手」を購入し帰路につきました。新年明けたばかりの冷たい空気の中お参りするのも身がしまる想いでいいものだと感じました。

続いて夜が明けてから、元旦の朝食をすましちょっとゆっくりした後、我が家恒例「新春ボーリング大会」に出かけました。夜中の初詣が幸を奏し、この時間帯ではまだ全然混んでいなくすんなり始められたのはラッキ~。ここ数年夫と肩を並べるほど上達していた長男ぜっ不調。この年齢の女性としてはスコアに自信があった私もこれまた調子悪い。次男は力はあるbowlingもフォームが安定せずボールが⇔と定まらず・・・。。夫以外の3人は納得の行かぬ まま2ゲームを終える。調子悪い組は戦力が失せ、3ゲームまではやる気がせずギブアップする。夫だけは調子よく、今年も夫の勝利となった!!(なんだか不満(`⌒´メ)ムカ!)休み中に再度挑戦しようか?なんて思ってます。

我が家に戻ると楽しみな「年賀状」が届いてた!さて、みんなの近況はどうなのかな?

我が家はほぼ毎年こんな感じのお正月を迎えてます。今は足の悪い義父がおるため不可能ですが、8080-onsenyuki 将来はお正月を温泉地で過ごせたらな~なんてのが小さな夢ですね、私は。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ