フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 純情きらり | トップページ | ペパクラ「こいのぼり」 »

2006/04/16

佐倉チューリップ祭り (第18回)

Huusyato_hana 昨日(4/15)去年に引き続き「佐倉チューリップ祭り」に出かけてきました。駐車場が満車と予想されるのでJRを利用し、駅前からの無料送迎バスを利用して。バスを降りてから会場まで田んぼの中の細めの道路を10分弱くらい歩くのですが、あいにく東日本に寒気がおりやや強めの北風が冷たく、「早く会場について一旦風除けの屋内に入りたい」と思うほど。ところが着くと目の前の色とりどりのチューリップの花に感銘を受け、すっかり寒さを忘れてしまった!

今年で18回目を迎えたこの祭り。今年は昨年よりも25種類3万本を増加し59種類45万本に増えました。佐倉市観光協会では将来的に「100万本のチューリップ」を目指しているそうですから毎年楽しみになりそうです。

でもなぜ佐倉でチューリップ祭りなの?佐倉は幕末に江戸筆頭老中としてハリスとの日米修好通商条約交渉に身命を賭した佐倉藩九代藩主「堀田正睦」(ほったまさよし)が、江戸城内で「西洋堀田」と呼ばれるほど海外事情に明るく洋楽を積極的に取り入れる先進的な土地柄であり、「西の長崎、東の佐倉」と言われたほど蘭医学が盛んで現在の順天堂大学院の基となった私立蘭方位兼医学塾「佐倉順天堂」がありました。そのためオランダとの関係は意外と深く平成元年修好380年を記念し、この祭りが始まったとパンフレットに書かれてました。平成6年にはオランダで製造された本格的風車も設置されました。本格的水汲み型オランダ風車で動力は風力のみ、愛称は「リーフデ」(日蘭交流時のオランダ船名から)です。この日は風がありあの大きな羽がゆったりとクルクル回っていました。

途中、オランダ娘の衣装をまとった人を見かけた。結構中高年風の方二人だった。一緒に行った夫が「あれがオランダ娘か?冗談じゃないよ、イメージが狂うよ!」って。私も確かにもっと若い方にオランダ娘をやらせれば良いのにって思った。勝手に会場の係りがやっているんだと思ったから。ところが会場を回っているとあちこちにオランダ娘がいるし年齢も様々。小さい子供のオランダ娘も。このオランダの民族衣装はレンタルで貸し出していると後で知った。その中で4~5歳くらいの女の子が両手を合わせその手のほうに首をかしげてポーズをとり写真を撮られているのは実にかわいい光景だった!

Aka Sukinairo Huusya Mizo_mizutamari Madara 入場や送迎は無料で毎年規模を拡大して行く方向だと言うがスポンサー集めもたいへんだし入場料を取ればいいのでは?と去年のブログでも私は心配しましたが、案の定来年からは「入場料の有料化」が決定しているそうです。今年から駐車場の有料化を実施し、あとは「チューリップの堀取り販売」に頼っていると現状の厳しい運営を訴えています。イベントが大きくなるほど予算もかかるのは当たり前ですよね。早速、好きな色や形のチューリップが選べる掘り出し購入を決めた。あいにくこのところの多量の雨で苗の列と列の間に雨水が溜まっていたため、購入の際「長靴」も貸し出してくれたのはありがたい。植え替えても長持ちしそうな蕾の苗を見つけるのに大活躍しました。好きなチューリップは¥500で6本持って帰れます。これだけあると6本に絞るのは結構たいへんです。でもこの恒例イベントがなくならないためにも協力はしなけりゃ!是非「100万本のチューリップを」の夢が叶うように、観光客の立場からも祈りたい!佐倉市観光協会の方々がんばってくださいね!

« 純情きらり | トップページ | ペパクラ「こいのぼり」 »

植物」カテゴリの記事

コメント

▽mokaさんへ
mokaさん、このイベントは終了したけど今月の30日まで見られます(花が終わり次第終了)22(土)23(日)のみ京成佐倉駅南口⇔会場の送迎バス運行をするとのこと!(9:30~4:30)チューリップ3本¥500の引換券を買った方のみの往復乗車が可能だそうです。
今週中くらいならまだ見頃だとは思いますよ。

▽ミッチさんへ
それってアムステルダムのキューケンホフ公園の?私も知り合いに見せてもらったことあるけど本当に素敵ですよね、その公園。
購入してきたチューリップに背の低い八重の種類があるけどその日に植えて次の日にしおれかかってきて水を与えたらまた立ち上がってきました。他のものは今日開きだしました!

俳句をたしなむ方だったんですか?素敵ですね。初恋の方だったのかしら?俳句作り、ど素人できちんと勉強してないけど、季節ごとにがんばって作っていこうと思います。また、ご指導くださいね!

佐倉のチューリップ祭りって結構聞きますね。でもタムさんのブログでその由来も知り勉強になりました。私の友達がオランダから風車とチューリップの絵葉書送ってきて、余りの美しさに感動したのですが、それにそっくりね!!やはり原種の赤、白、黄が目立ちますね。変り種のチューリップはきれいだけど長持ちしますか?これだけのチューリップを維持していくのは大変だと思いますので有料化は当然だと思いますね。100万本だなんて想像を絶しますがさぞ見事でしょうね。夢が叶うように祈っています。いつか観光客として訪れたいので。
俳句の件ですが、かつて「別れゆく 君への距離に 梅が散る」という句に感動したことがあります。こんな句を作る人だったのかとその違和感に・・・と言った方があたっているかも知れません。私の好きな人でした。

タムさん、こんにちは
タムさんの記事を読み、あまりの綺麗さに出かけようかなとネットで見たら、昨日で終わったのですね。残念。今年はタムさんの写真で楽しみ、本物は来年に持ち越します。有料になっているかしら。
佐倉は歴史のある素敵な町ですね。
タムさんの出かけたところはそれにまつわるいろいろなお話が聞けて楽しみです。

▽浜辺の月さんへ
たくさんコメントくださり、ありがとう!

ひっそり咲く花はとても可憐で風情がありますが、同類の花の群もこれはまた迫力と鮮明さに見ごたえありますね~。チューリップは特に色がはっきりしているものが多いのでその印象は強烈です。

近年は交配によって様々な種類のものがあるのにも驚きました。
UPした花は色が同系だったので違うものも後で加えておきたいと思います。

▽やまちゃんへ
新潟の県花が「チューリップ」なんですか?それだったら、ここと同じようなイベントがあってもおかしくありませんね~。
調べてみてください。

▽男爵さんへ
チューリップのイメージは赤ですね、確かに。でも今は色も様々、形も様々(八重のもの、ふちがチリチリしてるものetc.)と多種多様です。でも昔からある形のチューリップのほうが親しみが沸きます、私も。

▽キッコさんへ
TVで報道されていたんですか?知りませんでした。今年は記事にもかいたように風のある日だったため羽が回っているのを見ました。ゆったりと音もなく素敵な光景でした。
毎年数を増やしてます。協会の方のご苦労を考えてしまいます。だから、入場料有料化は全く同意します。ただでこんなに素敵な場所を提供するなんて勿体無い!

▽ショウジアンさんへ
そうでしょ?あけぼの農業公園に似ています。長島一茂さんが来るって聞いてましたが残念な事に前日でした。

イベントは16日で終了だけど、30日まで花が終わるまではこの場で見ることができるそうです。今度は車で出かけようかしら?もっとチューリップの苗が欲しくなりましたから・・・。

▽ピーコさんへ
年々規模が大きくなってます。
だから見ごたえは確かにあります。裏ではたいそうご苦労があるみたいですけど・・・
100万本目指してがんばって欲しいです!

ピーコさんのお庭に50本?結構たくさん植えられたんですね~。そして、お得意の絵を書かれたのですね?それはHP上で拝見できるのかしら?是非みたいですね。
ps:ふうちゃん、転勤なさったんですか?学校が変わられたの?それともまた教育委員会関係へ戻られたの?いずれにしてもご本人は慣れるまでしばらく落ち着きませんね。

綺麗ですねえ・・・・
思わずため息・・・
これくらいあれば本当に素敵。
我が家の庭にも、チューリップ咲いてますけど、やっぱり庭のチューリップとは、比べものになりませんね。
それでも今年は、50個以上は植えたはずなんだけど、規模が違いますね。
この時期チューリップは本当に綺麗です。
それでという訳じゃないけど、チューリップの絵を描いたわ。
ふうちゃんの、転勤通知に使ったのよ。

本当に似てる~柏市あけぼの山農業公園と・・・
佐倉では桜と思いましたが~西のテンボス~東の佐倉市ですね~
千葉テレビニュースではあの市民名誉賞のお父様の作文とかで~長嶋一茂さんが来てコメント申し上げていましたね・・・
柏市の方はチューリップの間にパンジーが混ざって咲いています・・・

先日朝のTVで中継しているのを見ました。
59種ものチューリップが咲き誇っている景観は見事ですね!!
風車に帆を張るのに人が風車の上までのぼっていましたよ。驚きました\(◎o◎)/
これ程の規模のチューリップ畑を見れるのは圧巻でしょう。
どの写真もアングルがいいですね(*^^)v

 男爵様が生まれて(何十年前かは忘れた)初めて覚えた花は、チュウリップと水仙でした。最近まではチュウリップは赤だけと思っていました。赤がいいな!

こんばんは、やまちゃんです。
佐倉市のチューリップに対する思い入れはハンパじゃないですね!
ちゃんと歴史もあります。
そんじょそこらの取ってつけたような観光施設とわけが違います。

ところで、新潟県の花は確か「チューリップ」だったかな?
調べておきます!

こんにちは、タムさん。
綺麗なチューリップ!!
何故佐倉なのかという訳もなるほどと勉強になりました。
西の長崎、東の佐倉ですか~~。
将来的には100万本ですかーー、規模大きいですね!
大分も緒方で50万本のチューリップフェスタ、今やっていますが、今年は行けないと思います。
こちらの佐倉の、タムさんの写真を拝見して楽しみます。
ありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐倉チューリップ祭り (第18回):

« 純情きらり | トップページ | ペパクラ「こいのぼり」 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31