フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 千葉散歩 ~成東~③ | トップページ | 千葉散歩 ~成東~番外編 »

2006/04/01

千葉散歩 ~成東~④

来た道を少々戻り、ところどころにある案内標識に従ってすすめば「伊藤左千夫生家」にたどり着けます。

伊藤左千夫生家

Satio_kahi_seike 左千夫は元治元年(1864年)現在の山武市(旧成東町)殿台に生まれた。父は漢学者であり和歌にも通じていた。母は武士をSatio_seike先祖とする家の出身で、躾などに厳しい人ではあるが、末子であった故格別の愛情を持って育てられ、のびのびと幼少を過ごした。

↑歌碑「牛飼いが歌読む時に世の中のあたらしき歌大いに起る 左千夫」

東京に出て就職、その後独立、結婚し事業も順調な時「茶の湯」を学ぶと同時に和歌の 手ほどきを受ける。正岡子規を知り、師と仰ぐ。知り合って程なく子規がなくなってしまい、落胆。しかし、子規の継承者として立ち上がり「馬酔木」その後「アララギ」を創刊。門下に島木赤彦、斉藤茂吉等あり。また、小説も書き「野菊の墓」は夏目漱石などの激賞を受け、名作となる。

生家はこじんまりとしているが作りがきっちりして、住む人の人柄が出ているようでした。

Hasi_kahi Seike_setumeibun 私が学校で習い、好きな有名な左千夫の和歌は

「おりたちて今朝の寒さを驚きぬ露しとしとと柿の落ち葉深く 左千夫」

Satio_tyasitu 東京茅場町より移築した左千夫の茶室→         

« 千葉散歩 ~成東~③ | トップページ | 千葉散歩 ~成東~番外編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

▽ショウジアンさんへ
励ましていただきありがとうございます。
まあ、楽しみながらトライしていきます。
じっくりやってないけど、まだ就職もできないままです(><;)!

確かに若い人にはゲームでは勝てません~
時間かけても追いつく事は出来ませんのでマイペースです~競い合うゲームでは有りませんので~(多少有るかも・・・)
時間が有る時頑張って下さい・・・

▽ショウジアンさんへ
そうですね、無理をせず暇なときにやります。行き詰った時はショウジアンさんに尋ねようかしら?よろしくお願いします。

実を言うとかつて私はRPGのドラクエにko凝った事ありまして・・・いい年をして・・・
任天堂の「ファイヤーエンブレム」シリーズも好きでした。子どもに教わりながら(攻略の仕方等)のその辺のオバさんとは違う変わり者ですf(~~;)

GEORGIA CITYは力入れてやりますと時間が結構掛かります~無理をしないで下さいね・・・
無料ですので心配は有りませんが~得点稼ぐには時間が掛かります~
マイペースで行きましょう・・・

▽ショウジアンさんへ
まぁ、ぼちぼちと遊びに行きます。どうなる事やら・・・。

タムさんへ

確かに時間に余裕が有りませんとジョージアシティのゲームは進行致しませんが~マイペースで頑張って下さい~無料で楽しめますしパソコンの上達には良いかも知れません~全国の方々~子供さんから年配の方々までかなりの愛好者が居ます・・・

▽ショウジアンさんへ
これからもここ千葉を愛し、郷土を紹介していこうと考えてます。

サツマイモ好きですね~。男性はあまり好まないみたいですが・・・。

ショウジアンさんのブログ副タイトルに「ジョージアシティ・・・」昨日登録してみました。あまり時間がないから進めないかも知れないけどマイペースで時々訪れようかと思います。

九十九里=1里は4km・・・長さが4kmx99と成る長い浜辺が続いている説が一番だと思いますが・・・

九里よりウマイ十三里~
栗ヨリウマイ薩摩芋で関係有るのか・・・?
9里4里・・・タスと13里(マル十=さつまいも)
さつまいもの方が食べやすく美味しいですね・・・
千葉名産さつまいも「紅あずま」・・・
千葉の誇りですね・・・

▽キッコさんへ
さも前から知っているような書きぶりですが、訪れるために読んだガイドブックではじめて知り、訪れた後再度検索で調べて知ったりと私自身がそれをきっかけに勉強してます。でも、それも楽しいものですね~。それでいっそう訪れた場所への愛着がわき、忘れ憎い場所になってます。

▽阿武さんへ
阿武さんが高校生の時だと今から約40年近く前ですね?1970年前後?頃。「馬酔木」の本はだいぶ古いものでしたか?明治41年に終刊しているそうですから・・・。
ずいぶん貴重な本をお持ちだったんですね!
和歌をたしなむお爺さんだったのね、素敵です。

高校生の頃東京の親戚に泊めてもらったとき、「馬酔木」が何気なくおいてありました。中学しか出ていない大工のおじいちゃんでしたけど、「ふ~んこんな本を読んでるのか」とパラパラとめくったのを思い出しました。

”千葉成東”の紹介でなるほどと頷きながら、その地のいわれや散策を辿らせていただいています。
成東だけでも、これだけの歴史の址が残されているのに驚いています。
タムさん散歩どころか、歴史散策の細やかな調べと画像に、取り組み方の姿勢を感じています。お疲れ様です。
勉強しましたよ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉散歩 ~成東~④:

« 千葉散歩 ~成東~③ | トップページ | 千葉散歩 ~成東~番外編 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31