フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« プラド美術館展 | トップページ | 不気味な草 »

2006/05/14

第22回讀賣広告大賞

Koukoku_002 2月に行われた「第22回讀賣広告大賞←<HPで詳しく見れます>の読者審査会に参加した記事をUPしましたが、このほどその大賞が新聞で発表されました<讀賣新聞5月3日付

残念ながら、私の印象に残った広告は大賞作品にはなりませんでした┏(-_-;)┓ガックリ。今回の受賞作品はシリーズ部門が多いようですが、私の審査した中にはシリーズ部門はありませんでした。だから、この発表ではじめて見る広告が多いですね。

金賞のアップルコンピューター社のIPOD、銀賞の資生堂の口紅、その他B’Zのいなば物置とかけた作品は見た記憶があり、資生堂のキャッチコピーと文字の配置などいいなぁと感じたのは覚えてます。唯一、この新聞発表には載ってなく「讀賣広告大賞」の部門ごとの受賞作品の文化・教養部門」の最優秀賞<SEIKO株式会社>←クリックはその部門で私の押した作品が受賞しているのが救いかな?写真もキャッチコピーもなかなかいいと思いませんか?

私が良かったと思える作品は写真にありませんが、確か日本たばこ株式会社のイラストとそこに添えられているコメントがユニークで面白いものだったんだけど・・・。ただし、第22回の新聞広告(私が審査した作品のみ)は「これはすごく良い作品」って思えるものは無かったと思う。HPを見たら、次回からは

『「読売広告大賞」は、優秀な新聞広告作品を読者自身が選考し、顕彰する“読者本位”の広告賞です。23回目を迎える今年は“読者本位”はそのままに、より時代性を捉えた広告賞を目指して賞体系などを一新。今年も「読者が選ぶ広告の部」と「読者が創る広告の部」の2部門を実施します。』とあります。来年に期待しましょう!

次回の読者審査員募集は2月末の新聞に載り、4月に審査を行うそうですので讀賣新聞を購読されて参加してみたいと思われる方は気をつけて新聞を見てみましょう!謝礼も出ますよ(笑) 

最後に、何気なく見ている新聞広告。これからはちょっと意識して見てみて下さい。素敵な作品に遭遇するかも知れません。

« プラド美術館展 | トップページ | 不気味な草 »

TV・ラジオ・メディア」カテゴリの記事

コメント

▽浜辺の月さんへ
写真の加工はトリミングの自由切り取りでできますよ、簡単に。

記事にもあるように今回は「これは!」って作品がなかったように思います。でも、味をしめてまた来年も参加したいなって考えてます。

こんにちは、タムさん。
お久し振りです。
22回広告大賞の受賞作品を載せた新聞をよく、これほど横長く撮れましたね~~。
画像編集は苦手なわたしですので、よく撮っていると思います。
そうですね、seikoの写真とキャッチコピーいいですよ~~。
タムさんが選ばれただけありますね~。
本当に広告って何気なく見ていますが、こういう企画はいいですね。

▽ショウジアンさんへ
読者審査会は2月の上旬に讀賣本社で行われました。発表まで3ヶ月とは遅いですね!あの時の感想が薄れてます・・・でも、これで病み付きになりまた来年も応募しようかなんて・・・考えてます。

▽ミーシャさんへ
ミーシャさんは雑誌の編集者にお勤めしてたの?わぁ~、素敵。カッコイイ!
「暮らしの手帖」?それとも主婦向けのその他の雑誌かな?
21回の大賞作品、サントリー天然水はこの読者審査員を知る前から、新聞広告で気に入っていてそこを取っといてPCの前に貼ってあります。2年も経ったので紙が焼けてだいぶ黄ばんでます。
今日の讀賣朝刊見た?ミーシャさんを思い浮かべる記事がありました。後でそちらに伺いお話します。

今回は見逃しました^^
新聞は広告を見ているだけでも世の中が分かるといわれるほど、時代を反映してますし、いろいろなことが伝わってきますね。
一面に出ている広告など、やはり目を通します。
西南学院大学の「ある国では、日本もかなり異文化です」なんて、面白いなァ~
以前、生活情報紙の編集の仕事をしてましたので関心はあるのですが。
第21回のサントリーの受賞作の下に書いてある広告代理店サン・アドの人たちとはよく仕事を一緒にしました。なつかしいなァ^^

銅賞~キャノン株式会社の一部
特別作品賞~松本引越しセンター&イナバ物置
ぐらいしかわかりませんね~?
「文化・教養部門」の最優秀賞<SEIKO株式会社>も良いと思います~

読者審査会に参加ご苦労様でした・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第22回讀賣広告大賞:

« プラド美術館展 | トップページ | 不気味な草 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31