フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 聖書を読んでます! | トップページ | 6月のウォーキングコースB »

2006/06/15

手塚治虫の旧約聖書物語

手塚治虫の旧約聖書物語 Kyuuyaku_2

日本テレビとイタリア国営放送RAIテレビによって企画・制作されたTVアニメ「旧約聖書物語」は、故手塚治虫が全体の構成・制作の総指揮をした最後のTVアニメです。’84に制作が始まり、その間に手塚氏が亡くなり(1989)、かつて虫プロに在籍し手塚作品に精通した出崎氏が引き継ぎ’92に完成。イタリアで放映された時は質の高さに絶賛された。手塚ファン、美術作品からキリスト教に興味を持った方々やあらゆる年代の人々に読んでいただけたらと思います。(この書に載せられた、編集部の文章を要略←タム)

手塚治虫と言えば、私が小学生の頃「鉄腕アトム」「リボンの騎士」「ワンダースリー」「ジャングル大帝レオ」などのTVアニメで親しみがある。でも、晩年にこのような壮大なアニメを制作されていたことは知りませんでした。これ以外にも「世界の歴史」を手塚氏が15巻にまとめ漫画化されているそうです。

手塚治虫の聖書物語」はTVアニメは26話分ですが、本としては3巻にまとめられており、貸し出しもされておらず一辺に借りられたことはラッキーでした。

第1巻 天地創造

①天地創造 ②カインとアベル ③ノアの箱舟 ④バベルの塔 ⑤父アブラハム ⑥ソドムとゴムラ ⑦イサクとイシュマエル ⑧アブラハム、イサクを捧げる

第2巻 十戒

⑨ヨセフの夢占い ⑩ヤコブ一族の再会 ⑪モーセの誕生 ⑫砂漠の火 ⑬モーセとファラオ ⑭エジプト脱出 ⑮十戒 ⑯イスラエルの裏切り ⑰約束の地

Kyuuyaku_3 第3巻 イエスの誕生

⑱エリコ ⑲初めての王 サウル ⑳サウルの敗北 21ダビデ王 22ソロモンの王国 23バビロン捕囚 24奴隷からの開放 25砂漠の預言者たち 26イエスの誕生

私はクリスチャンでも何でもありませんから、聖書に書かれていることが全て事実だとは考えにくいですが、いずれにしてもこの旧約聖書を読んで、「人間とはいかに愚かなのか!」を何度も何度も思い知らされます。人間の弱さ、醜さ、傲慢、裏切り、妬み、驕り・・・・数え上げたらキリがないほど。それは今私たちが生きている現実にも引き継がされている・・・。人間生きている事が「原罪」って確かにそうかもしれません。そんな人間をなぜ神は産んだのか?まだその答えはわかりません。引き続き、「新約聖書」を読もうと思います。

« 聖書を読んでます! | トップページ | 6月のウォーキングコースB »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

▽ミーシャさんへ
博学のミーシャさん、聖書もご存知だったんですね。磯村さんの書物や高校の先生の一言も聖書に興味を抱かせたのですね。
西洋(ヨーロッパやアメリカ等)を知るにはまずそこに浸透してる宗教・キリストを知らないと深くは知ることができないかも知れませんね、確かに。今年に入って、絵画や小説からすごく興味が出ました。まだ、イエスの成した業を知りません。新約聖書で勉強します。歴史を知るためにも・・・。素敵なアドバイスをありがとう。

▽阿武さんへ
阿武さんが時々取り上げるお近くの寺々の「教え」。仏教にご興味があるんだろうなって感じてました。今度は聖書に?阿武さんが聖書に興味を持たれたきっかけはなんでしょうか?知りたい気がします。

▽たま吉さんへ
私は何度も言いますが、もちろん信者ではありません。そして、聖書を読んで信者になろうとも考えてません。常識として「聖書」を知っていれば、何かと理解しやすいかな?と言う思いから読んでいます。
心の肥やしってとこかな?

▽はちさんへ
私だって、去年まで「聖書」を読もうなんて思いもしませんでした。
なにかきっかけが必要です。無理矢理でなく、必然と思えば読めばよし。必要ないと思えば読む必要も無い。
でも、私だって人に教えるほどの重みのある読みができるか全然自信ありません。
感じたことは伝えますが・・・。

▽山口ももりさんへ
言い忘れましたが、トラックバックだけでなく毎日のように「出会い系」のお誘いメールが入ってきます。PCの迷惑メールに登録しても次から次へ。すでに1000件をはるかに超えてます。まるで受け取り人が男性と思っている・・・勘違いして。まるで、私がインターネット上のどこかに出会い系のメールを募集してるみたいに・・・。嫌になります。毎朝の仕事はまずメールからそれらの迷惑メールを登録し、除外する仕事から始まります。いい対策法があったら知りたいです。

非科学的な記述の多い旧約聖書。でも、出てくる人の名は実際いた人なのでしょう?違いますか?イエスだって本当にいた人なのですから・・・。ちょっと、どこまでを信じてよいのか判断に困りますが、とりあえず聖書に書かれていることだけは理解しておこうと思います。ももりさんと同じでいつか手塚漫画の世界史も読んでみたい。聖書を読み終えたら次は「ゲド戦記」を読む予定。ジブリが夏休みにアニメで公開するそうですので・・・。あ~~また歴史小説が追いやられてしまう・・・(泣)

▽塾長へ
塾長に「聖書」は似合わない(爆)
でも、塾長は仕事にラジオにパーソナリティでと、本を読む暇はある?読むとしたらどんな本かな?

▽トムジェリさんへ
私も断片的にしか知りませんでした。十戒で有名な海の割れるシーンはこう言う理由があり割れるんだとか、ノアの箱舟の作り方も決まっていたり。ノアも含めここに登場する人物全てがアダムとイブ(エバと記述されている)の子孫である事もはじめて知りました。
人間って何世紀経っても同じ歴史を繰り返し、醜く弱いものだと考えさせられました。


▽ショウジアンさんへ
手塚治虫には本当に親しみが沸きます。その頃には感じなかったけど、漫画を通じてメーッセージを送っていたんだなぁと大人になって感じます。
次回は「世界の歴史」見つけて、読んでみようか?そんな気がしてます。

▽ミッチさんへ
本来は、きちんと旧約聖書を読むのが良いのですが、じっくり読むのは時間の余裕のあるときにして大体の内容を知るため漫画にしました。解説にも有るように本場のイタリア国営放送で放映され、絶賛された映像なのだそうだからそれを信じて読みました。合間に関連の壁画や絵画が載せられてあり、その説明も懇切丁寧でこの部分もとても良いし楽しめた本でした。
ミッチさんは聖書に関わりが合ったのですね。「信じる」確かに旧約の中にも科学的に有り得ない話が出てきます。それはそれとして、実際の現実の中で役にたちそうな部分や教えを受け入れて自分の生き方に取り入れていけばよいのではと私は考えました。
俳句をいつも見てくださってありがとうございます。俳句の作り方も勉強したいと思いながらなかなか時間が取れません。思いつくまま、へたくそな句を載せてます。しばらくはこのままで勘弁してくださいね。

▽浜辺の月さんへ
本来なら、ちゃんと旧約聖書を読むべきなのかもしれません。でも、ゆっくり時間をかけられないのです。だから、漫画にしました。大体のことはわかりました。「人間の弱さ」をあらためて教えられました。
この本、絵も綺麗ですし、特に気に入った事は合間に関連の絵画や壁画など載せていること。とても丁寧な解説でわかりやすく、宗教関係の美術の見方を教えてくれた気がします。見つけたら是非読んでみてくださいね。

タムさんは文学少女ですね。
学生の頃はわたしも本を読みあさってたけど、社会人になってからは年に1・2冊
くらいの本しか読まなくなってしまいました(^_^;)
旧約聖書面白そうですね。時間ができれば
読んでみたいな。
手塚修虫さんの本ならなんとなく読めそうな
気がするよ・・
ノアの箱舟やバベルの塔、モーゼの十戒を
な~となく知っている程度でしょうか・・(^_^;)・・・
ということは男爵さんと同じレベルだな(^^)

聖書?

自慢じゃないけど
一回も読んだ事ありません。
っつーか 触った事すらありません。

聖書って何が書いてあるの?

コメントありがとうございました。自分のメールアドレスでいやらしいメールが人に送りつけられていることがわかったショック。どなたかに迷惑かけてないでしょうか。わたしは決してエロ勧誘はしませんよ。旧約聖書、これほど面白いフィクションはありません。事実である必要なんかゼーンゼン無い。人間だけがフィクションを作り出せるんですもの。フィクションは創造です。手塚治の世界史読んでみましょう。ホント、「ダ・ヴィンチ・コード」は難解でしたが、歴史に関してるってことだから、そりゃあ、やっぱり、読んどかなくっちゃ。もう少しで終わりです。

ダ・ヴィンチ・コード・・・。
確かに、キリストのことは何にも知らないかも。
聖書に関心は出来たけど、読む・・・という行為には発展しない根性なしです。
ここで学びます。

私も信者ではありません。

私なんて煩悩が多すぎてとてもとてもそういう境地にはなれませんて(苦笑)

私は聖書は読んだ事がありません。最近のビジネスホテルには、あんまりないみたいだけど、昔泊まったホテルには大概新訳だか旧訳だかわかりませんが「聖書」と「仏教」の経典がありました。どっちもパラパラとめくっただけでした。最近聖書を読みたくなってきました。この本なら退屈しなさそうなので探してみます。

タムさん、こんばんは。
私はキリスト教徒ではありませんが、歴史好きなもんですから、聖書を一度だけ読んだことがあります。もうン十年も前の話だけどね^^
元NHKの磯村さんが書いた本に、なぜユダヤ人はエルサレムを聖地と思っているかと書かれていました。理由は「聖書に書いてあるから」なんだそうです。それを読んで聖書を読んでみようと思いました。その前に高校の先生が聖書は宗教書だと思っている人が多いかもしれないが、あれは歴史書だよと言っていたのも気になっていたんです。
読んで見て、歴史書だということは本当でした。ただ、キリストの奇跡とか科学的にあり得ないような箇所も沢山ありました(笑)でも、時代が今と違いますからね。日本でも科学や医学の発達がしてなかった時代には、神がかり的なことをしてましたし。歴史書は当時の人の立場になって(難しいね)考えないといけないわけです。
今日の記事を読んで、そんなことを思い出しました。

こんばんは~~、タムさん。
お久し振りです。
手塚治虫の「旧約聖書物語」は、知りませんでした。
手塚治虫の後半の作品で知っているのは「火の鳥」でしょうか?
手塚治虫の「旧約聖書物語」読んでみたいですね~~。
今度、市の図書館か県立の図書館へ行ってみようと思います。
う~~ん、今読みかけが4冊あるけれども、後回しにしようかしら~~。
いい情報をありがとうございました。
余談ですが、男爵さんと、やまちゃんのコメント面白いです。

タムさん、今晩は!!先日オーストラリア戦に敗れてから私の体調もおかしくなり吐き気がして顔が真っ青。どうも夜遅くワインを飲みながら応援したのがたたった様で・・・・しかも負けてしまってね。クロアチア戦はなお侮れないけど絶対勝ってもらわなければと体調を万全にして応援します。
手塚治虫の「旧約聖書物語」ももりさんの所で見ました。「鉄腕アトム」「リボンの騎士」「ジャングル大帝レオ」などは有名すぎるほど有名でよく知っていますが「旧約聖書物語」は知りませんでした。というよりアニメには抵抗があったからかも知れません。今日本の文学作品でもアニメになったのもありますが手っ取り早く理解するにはいいことかも知れませんが・・・・・・聖書にはもともと興味がありました。子供時代に日曜学校に長く通い自然と讃美歌やキリストについては学びました。青年時代には教会に通うことを何度も考えました。父が亡くなる寸前、聖書を読んでいたこと、娘がキリスト系学校に通ったことなどふれる機会がいっぱいあったのに未だに聖書をきちっと読んだことがありません。「信じる」ということがいまいち私のなかで受け入れられなかったのかも知れません。神の存在自体?です。でもきちっと読まないで何をや語らんですから死ぬまでには目を通したいと思っています。タムさんの文章なかなか説得ありますよ。この俳句、語調も良くて気持ちがとてもよく伝わってきます。

「鉄腕アトム」「リボンの騎士」「ワンダースリー」「ジャングル大帝レオ」・・・懐かしいですね~
柏市の通学路には「鉄腕アトム」の看板も有りますよ~

テレビで懐かしのアニメ特集前に有りましたが~皆懐かしい手塚さんのアニメが上位にランクしていましたね・・・

▽男爵さんへ
いつ更新するかと待ってました。仕事が忙しいのか、夜の部が忙しいのか?って思ってました。
モルモン教ってキリスト教の一派で敬虔な宗教なんでしょう?我が家には時々「エホバ」の勧誘がきますが、お断りしてます。やはり、冊子を置いてきます。今まではまともに読んだことないけど、これからは読むかもしれません。入信するわけでは絶対無いけど、どんな事を書いているかだけは知ろうかななんて興味から・・・。私のブログで勉強するには忍耐と時間が必要だよ、なんせ、文章がやたら長いから・・・(苦笑)

▽やまちゃんへ
男爵さんの金魚の糞?なるほど、男爵さんも○○の切れが悪いのかもね!
これからは、やまちゃんを別名「金魚のフン」と呼ぼうかな(爆笑)

こんばんは、やまちゃんです。
ありゃ!また男爵さんの後ろだ!
月さん、阿武さん、そしてタムさんとこでも‥。
金魚のうんこだね!
今日は、遅いからまた後で。
オヤスミ。

 タム姉様今晩は!サボりから脱出です!旧約聖書ですか?難しいなー。男爵様は「十戒」しか知りません。それも映画ですけどね。いわきに来てから、モルモン教徒の勧誘者が何回も来ます。若くていい青年が2人一組で自転車で来ます。パンフレットが大分たまっているけど、読む暇がありません。タム姉様のブログで勉強しようかな!これは却下かな!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手塚治虫の旧約聖書物語:

« 聖書を読んでます! | トップページ | 6月のウォーキングコースB »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31