フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« スタンプラリー制覇?! | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

2006/06/05

佐倉の史跡紹介

前記事の「スタンプラリー制覇」証拠写真です。それと、歴博歴史民族博物館の略称:地元ではこう言うのが一般的です!)のおみやげはこれ!

Stamp Rekihakumiyage

㊧スタンプラリー マップ兼台紙

㊨朝顔模様の手ぬぐい、携帯に張った「千鳥」の蒔絵、小さな埴輪たち PCの壁紙は歴博正面

Hottatei_mon 旧堀田邸 (千葉県指定文化財)

最後の佐倉藩主・堀田正倫(ほったまさみち)の邸宅で、明治23年(1890)に竣工した。明治44年には東宮殿下(後の大正天皇)の来訪時に湯殿が増築された。主屋・土蔵・門番小屋の建物と庭園が残されている。この建物は明治期における上級和風住宅の特色をよく示している。旧大名家邸宅の遺例は全国的にも珍しいものです。

正倫は華族として明治になり東京に住んでいたが、地元で国の基となる農業・教育の発Hattate_mitorizu 展に尽くそうと佐倉に邸宅を構え、周辺に農事試験場を作り、明治の千葉県における農業研究機関をなした。また、学問奨励のため奨学金を作り、佐倉中(現・佐倉高校)へ多額の寄付等もした。

入ってみてその部屋の数の多さに驚かされました。廊下部分の内側にさらに畳廊下もあります。見学はできませんが、2階もあるのです。きらびやかでは有りませんが、旧氏族らしい質素な美しさを見た気がします。なお、受付の方に写真撮影の許可を尋ねたところ、近距離でなければ結構ですというお許しを頂き撮影しました。(常識の範囲と言うことですね、きっと)

Agarima Hottatei_nakanoma

Kaidan Ieneikaraniwa Kyakuma Tatamirouka

また、庭園も広く、びっくりします。ここも質素な美しさと言う言葉が当てはまります。

Nokisitakara Niwakara Teien                            続いて、やはり佐倉の歴史では外せない医学機関だった順天堂記念館を紹介します。

佐倉順天堂記念館 

Juntendou_et_2  由緒ある順天堂の建物を保存するとともにその事蹟を後世に伝えるために関係資料を展示公開する記念館。

「順天堂」は天保14年(1843)に蘭医・佐藤泰然が蘭医塾兼外科の診療所として創設した。「順天堂」と言う堂号は”順天”(天道に従う)すなわち「自然の理に従う」と言う意味だそうです。当時の佐倉藩主・堀田正睦は、学問・武術奨励の「天保の改革」を推進しており、「西洋堀田」とあだ名されるほど西洋びいきであり、西洋医学を取り入れようと江戸で評判を得ていた泰然を招いた背景があります。佐藤家の家計図を見ると、優秀な弟子を養子に向かえ、また実子も優秀で皆それぞれ後世に貢献している人ばかり。例えば林薫(外務大臣)、松本良順(陸軍軍医総監)、佐藤尚中(養子・泰然の後継者)・・・。

Juntendou 館内には当時の医学蔵書、医療に使用された道具なども展示されています。中でも、手術道具は恐怖さえ感じます。のこぎりが生々しい。花岡青洲の医療は麻酔を使用するものでしたが、佐藤泰然は麻酔の安全性に疑問を持ち、危険性を判断し無麻酔で手術を行っていたと説明書きがあり、膀胱穿刺、帝王切開、卵巣水腫回復、Satoutaizen乳がん摘出などの手術がされていたそうです。私の体まで痛みが走るような気がしました。ほっとするのは、当時使用された診察券が 木札でできていた事。下足番では見たことあるけどね。とにかく、このような方がいたから現在の日本の医療技術があるんだな~とあらためて感謝の意が沸きました。

            

« スタンプラリー制覇?! | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今夜、またまたロッテ巨人に勝ちました。このところお得意様になってます。共にファンのショウジアンさんは複雑だね。

小出監督のこれまでを讀賣・北総版でつい先日まで1ヶ月あまりの特集組んで報じてました。
ユーカリが丘は私が見に行くワーナーマイカルシネマの1階にbay-fmのサテライトスタジオがあるのを知ってます。いつも昼の放送はここからやってるんでしょ?ミュージックサラダだっけ?井川恵美さんDJで。
佐倉といって思い出すスポーツ選手は第1に長島、2に高橋尚子(with小出監督)ですね。

佐倉・・・順天堂大学=小出監督でもマラソンや駅伝でも有名です
佐倉の岩名陸上競技場は有森選手や高橋尚子選手も練習地でした・・・
ゆうかりケ丘の駅周辺も可愛い電車「コアラ号」が走っています・・・bay fmのスタジオも有り楽しい所ですね・・・
長嶋監督でも超有名な歴史有る街です・・・
体育会系の人は知らない人が居ないと思います・・・

▽mokaさんへ
千葉市には何年か住んでましたが、灯台元暗しで名所と言うところを訪れたことがありません。その頃は子育てに夢中でそんなことに気が向く事もありませんでした。日本の歴史的にはたいした事なくても、捜せば史跡・名所はあるかもしれません。
佐倉は今回の訪問であらためて素晴らしい歴史を刻んできた街だったんだと気付かされました。ぶらり1日をかけて回るにも素敵な場所ですね。
次回は「歴博」訪れ、しっかり勉強してきたいと思ってます。

▽キッコさんへ
ご無沙汰してすみません。八街に引っ越してきて13年目。佐倉へは子どもとの遠足程度にしか行ったことが無く、興味もありませんでした。ここ1、2年、子どもも親と出かけることも少なくなり、親子ともども親離れ・子離れし始めてます。そこで私も自分の時間を持てるようになり、周りを見られるようになり歴史、植物等に興味を注ぐようになった次第。
佐倉は今回の重点的な訪問であらためて素晴らしい歴史のある街なんだと認識させられました。そして愛着が沸いてきてます。
ブログを通して郷土の良さを知っていただければ私としてもとてもうれしく思うのです。
何か機会がありましたら「佐倉」を訪れてみてくださいね。

タムさんお久しぶりです。
再びお元気に佐倉の名所・旧跡廻られてパワー発揮で良かったです。
観光スポット・スタンプラリー制覇で凄いです\(◎o◎)/
かつて記事にされていた事も含めて、佐倉には歴史の匂いを感じさせる場所がこれほど多いとは・・・・
丁寧な詳しい説明と、画像の処理が大変だったのではないでしょうか?
無麻酔の手術など今では考えられませんね、身震いしますね。
私もこのところブログ巡りも記事UPもマイペースです。
では、又

タムさんの楽しみな千葉紹介が又見れて嬉しいです。千葉は県庁所在地なのに歴史の香がせずがっかりですが、佐倉は歴史のあるいい町ですね。
今日、紹介の堀田邸も佐倉順天堂も名前を知っているだけなのでぜひ行ってみたいと思います。
昔の手術は聞いているだけで卒倒しそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐倉の史跡紹介:

« スタンプラリー制覇?! | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31