フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 佐倉の史跡紹介 | トップページ | ブルーリボン »

2006/06/05

ダ・ヴィンチ・コード

Davinch 先日、夢中になっている本があることを紹介しましたが、ブログを休んでいる間に読破。文庫本で3巻分ありましたが、面白くて最後の下巻はほぼ1日で読み終えたほど・・・。裏では足掛け2年にもなる読みかけの長編歴史小説本があるというのに・・・浮気で本気になっちゃう??(huhuhu...)そして、話題の映画も見てまいりました!

ダ・ヴィンチ・コード ダン・ブラウン 越前敏弥訳

イエス・キリストに子孫が居たという提案に賛否両論、問題にされていますが、それはさておいてこの本の面白さはまず幾重にも重ねられた暗号の解読の過程だと思う。なかなか解読できずにそれでも一つ一つほぐれてゆく。また、ダヴィンチの絵に込められた?とされる暗号もこじつけだと思ってもそうかも知れないって思わされる楽しさ。容疑者と疑われて警察から何度か逃れる切迫感。最後にどんでん返しの真犯人。これらだと私は思う。(まだ読んだり、見たりしてない方へ・・・ネタバレしたら、ゴメンナサイ)

日本人にはそれほど浸透していないキリスト教。唯一、キリストの誕生日「クリスマス」ではわけがわからなくてもお祝いしてますけどね!理屈はどうでも楽しけりゃって(苦笑) 私は聖書を読んだ事がありません。だから、キリストがどんな人?(神?)だったかも詳しくは知りません。そこで、今回の件をきっかけに「聖書」を読んでみようかな?って気になりました。昔、宣教で家に訪ねてきたクリスチャンの方が置いていった「新約聖書」があります。「旧約聖書」とはまた違うのかな?両方読んだほうが良いのかな?ご存知の方は教えてください。

はじめの目的は映画を見るために原作を読んだのですから、早速映画館のレディースデー(均一¥1000)を利用して見てまいりました!平日にも関わらず人気のせいかほぼ満席。映画は原作とちょっと違う部分はあってやはり時間の制限から原作をかなり割愛してます。いつもそうなのですが、映画はストーリー的に原作を超えるものは少ないと思う。この小説は暗号や何かが複雑で、原作を読んでるときも頭にはいりにくく何度も読み返した箇所がありました。見てる皆さんは読んで来ているのだろうか?心配になる、読んでなかったらわけがわからないんじゃ無いのって!唯一、映画で楽しめるのは映像。文字から想像している部分を実際はこんな物なんだって。この映画では、ルーブル美術館の一部、ロンドンの寺院、大事な箱や入れ物?・・・なんかかな。

本当にキリストに子孫があったのなら、現在の子孫はどこにいるのだろう?そして、それはごく一部にはわかっていることなのだろうか?なんだかが膨らみます。

« 佐倉の史跡紹介 | トップページ | ブルーリボン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

▽ショウジアンさんへ
そうなんですか、だんだんショウジアンさんの正体がぼんやりわかってきましたよ~。因みに生まれた年は違いますが、私は原監督と誕生日が一緒。(ジャンルは違うけど、ハセキョンこと長谷川京子さんも同じです)だいぶ上ですけどね~、私の方が(泣)
でも、気だけはすごく若いつもり。なんせちょっと前まで子どもと一緒にTVゲームを楽しんでたおばさんだから・・・(><;)

確かにゲーム感覚で推理する映画ですから・・・多少知識が有ったほうが良いですね~東京タワーが出来た当時昭和33年は長嶋4打席4三振のデビューでした~(まだ生まれていません)巨人現監督(原)が生まれた年ですが~数々の出来事が有りましたね・・・
正体は・・・月光仮面かも(笑)

賛否両論ある中、キリスト教に関わりの少ない日本人に受けるのは不思議な気もしますが、原作を読むとキリスト教を離れても面白いサスペンスです。映画はやっぱり読んでからじゃないとわかりにくいと思います。
是非読んでから見ることをお薦めします。

ALWAYS,私も見ましたよ。すごく懐かしい!ところで、ショウジアンさんはALWAYSがわかるお年なのかな?いまだに想像がつかない、ショウジアンさんの正体(笑)

「ダヴィンチコード」
全世界で大ヒットを記録している小説「ダ・ヴィンチ・コード」が映画化され、5/20から公開されました~出演者もトム・ハンクス、ジャン・レノと名優揃い。果たしてブームは~期間延長もありで凄い数字と成りそうですね・・・
私も観たいのですが~他にやる事多くて・・・人が減ってきた頃にでも~行きたいですね・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」これもDVD発売されレンタルも開始されました~半年前に観ましたが~また観たいし・・・W杯終わるまでは無理みたい・・・

▽トムジェリさんへ
見に行くのですか!だったらこれを読まないほうがいいですね。でも、予備知識無くって、この映画を理解できるかな?できたとしたらすごいと思いますよ。原作も機会があったら読んでみてね。もっと、この面白さが伝わると思うけど?

▽ピーコさんへ
TBかけて下さったんですね、ありがとうございます。もう、今日当たり読み終わったかしら?
私は聖書も読んでいないし、キリストの何の知識も無い。このところ、美術館巡りもするようになり、海外の名画には確かに宗教画が多いので聖書は読もうかな?と漠然と考えてました。この本を読んでこれはちゃんと読まなきゃって意識が強くなりました。
でも、メインでのんびりのんびり読んでる本がまた脇へやられることに・・・。もっともっと時間が欲しいと感じるこの頃です。

▽阿武さんへ
そういってくださり、たいへんうれしく思います。近々またお邪魔させていただきますので、よろしくお願いします。

▽山口ももりさんへ
「ソドムの街」深い絵ですね。哲学的な絵は難しい。でも、ももりさんの伝えたい事はほんのちょっぴりわかる気もします。ブログで書かれてる文の端々からもそれは伝わってますし・・・。お会いできずに残念でした。
ももりさんのおっしゃるように私、聖書を読んでみますね。旧約も新約も。確かに美術館めぐりしても、名画鑑賞をしても宗教画は数多く出てきます。作品を味わうためには基を知ってなくちゃね、絶対。お薦めですぐにでも読みたくなってます。ありがとうございます。

聖書を読もうかなっていうこと、大賛成。でも、実は、信者さんのための、聖書なるものは全く難解で読めません。わたしも、聖書ほど面白い文学・・・この、文学って断っていることが肝心、信者ではありませんので・・・のお勧めは、絵本とか、漫画、今ジョージ秋山の聖書2冊は既刊。あと4巻出るとか??周囲の歴史とかも含めて、聖書ほど面白い文学はありません。旧約聖書がダンゼン面白い。そして、聖書の知識があるとないとでは、以後、ヨーロッパの美術をみたり、旅行をしたり、映画を見る時に得るものがちがうと思います。このことブログに描きたくなりました。

私も、お友達から聞いて、「ダヴィンチコード」って本を読もうって言う気になっています。絵を見てくださったんですネエ。有難うございました。あの絵についても、展覧会についても、イロイロ話せばなっがーいお話もあるのですけど、何事も、修行中の身であれば・・・有難うございました。

タムさんからコメントこないとなんとなく淋しいです。コメントが来るとなんとなくうれしいです。だからたまには来てください。

こんばんは!

私も読破しました・・・・と、あとちょっとかも・・・最後で実は止まってます。どんでん返しがありそうで・・・・
暗号が面白いですよね。
私は中学校がミッションスクールでしたので毎日礼拝でキリストのお話やら聖書やらを読みましたけど、日本人にはやっぱりちょっと縁遠いかもしれませんね。
ただ、ふうちゃんに言わせると、為政者が歴史だの宗教だのを利用するのはよくある話だそうで、あり得るかも・・・と言ってます。
映画はまだです。娘と行こうかなと思ってますが、彼女が読み終わるのがたぶんまだだいぶ先になりそうですので、忘れた頃になるかもしれません。

今日はタムさんの記事は
斜め読みしておきますね(^^)
というのも、今週の金曜日にダ・ヴィンチ・コードを
見に行くように映画館に予約を入れているからで~す(^^)
母は原作を読んでいますが、わたしはな~んの情報も入れてません(^^)
わたしの母は子どものころから文学少女で、
本を読むのが大好きで、そのためかいろんなことを良く知っています。
でも、その子どものわたしはというと・・・・・・・(^_^;)
金曜が終わったら、またゆっくりと
タムさんの記事を読みにきますね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチ・コード:

» ベストセラー2 [落葉松林のデッキの上で]
今夢中になって読んでいるのは例のベストセラーです。 「ダビンチ・コード」 テレビ [続きを読む]

« 佐倉の史跡紹介 | トップページ | ブルーリボン »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31