フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 鎌倉 アジサイ巡り④ | トップページ | 環和辞典から② »

2006/07/24

環和辞典から①

夏休みに入ったというのに日本列島は今日も前線が停滞し雨が降り続いています。各地の海の家は閑古鳥が鳴いているようです。

ここ何日かの集中豪雨で被害にあわれている地方の方々には心よりお見舞い申し上げます。

さて、そんな天災も地球温暖化の影響もあるという思いは否めません。熱波や干ばつ、そして集中豪雨、ここ数年世界のどこかで頻繁に起こっている天災それに伴う災害。神がいるとすれば私たち人間が破壊している地球環境に天罰を与えているように感じられる。

せめてこれ以上その環境を悪化させないため私たち一人ひとりがその保全に努める必要があります。6月30日に「環和辞典なるもの」という記事を書きました。私はそこに載せられた環境保全に関する言葉を全部は知りません。おそらくそれをお読み頂いた方の多くも分からないと思います。そこで私自身も勉強をするという意識で言葉の意味を紹介し、シリーズ化をしていきたいと思います。

これを読んでくださり、ひとりでも多くの方が環境保全に意識を持って保全に努めていただければと思います。

みどりの地球をいつまでも大切に守っていきましょう、皆さん!

トップランナー方式

自動車や電機機器などの省エネ基準の目標値を、すでに商品化されている製品のうち、エネルギー消費効率がもっとも優れている機器性能以上の水準に定めること。二酸化炭素(CO)排出量を抑えるためには一層の省エネ化が必要なことから、平成10年に改正された省エネルギー法に導入された。

京都議定書

1997年12月に京都で開催された気候変動枠組条例第3回締約国会議(COP3)で採択された議定書。先進各国は2008年~2012年の期間における温室効果ガスの削減数値目標(先進国全体で1990年比5%、各国ごとでは日本6%、米国7%、EU8%など)を設定した。2005年に発効。地球温暖化対策のための国際的枠組みとして、法的な拘束力のある「数値目標」が定められた点に歴史的意義がある。温室効果ガスの対象とされているのは、CO2、メタン、一酸化二窒素、HFC、PFC、SF6。2006年4月現在、アメリカ合衆国やオーストラリアは未だこの議定書に締結していないという問題もある。

環境技術

CO削減に貢献する技術のこと。現在、幅広い業種の企業が環境技術を使った様々な製品を開発・提供している。例えば省エネルギー性能を発揮する家電製品、低燃費で走る自動車、断熱性を向上させたサッシやガラスを使った住宅整備、通気性のよい新素材を採用したスーツなど。

今日のお勉強はここまで!次回までにこの3つは覚えておいてくださいね!

« 鎌倉 アジサイ巡り④ | トップページ | 環和辞典から② »

TV・ラジオ・メディア」カテゴリの記事

コメント

▽男爵様へ
環境保護は確かにひとりだけでは解決しない。世界中の人が意識を持って取り掛からないと効果がないです。でも、実際問題は全ての人に環境を守らなければいけないという意識を植え付けるのは不可能。でもこうしている間に環境はどんどん悪化しているのが現実です。必要性を感じる人たちだけでも実践してその速度を遅らせることだけが限度かな?
悲しいです。
多量のゴミが出る解体作業、根気良くつづけていって下さいね。お願いします。

▽ショウジアンさんへ
まずは知ることが大切ですね。知っていただいて、その方だけでも実践していってもらいたい。そしてその輪を広げていって欲しいと願ってやみません。

▽たま吉さんへ
メディアでもどんどん悲惨な現状を映し出しもっともっと訴えていって欲しい。
根気良く続けてひとりまたひとりとその大切さを知ってもらえば、その輪も広がると思うけど・・・でも本当に気の遠くなる話ですが
┏(_ _|||)┓

▽ミーシャさんへ
大国はどっちもどっちですね、地球規模で考えるのではなくて国益ばかり。
危険な話かも知れないけど、神が人間たちに徹底的にバツを与えてくれないと目が覚めないのではないかしら。
いっそのこと私はそうなってもよいと思う。
地球の全てを洗い流してしまって、ノアの箱舟のように神が必要と思うもの(人間、動植物そのた)だけ残され一からやり直す。それ以外に全世界の人々が全て環境保護の意識を持つなんてことは有り得ません。

目覚めよ、さらば救われる!
ってちょっとキリスト教かぶれかな、私?

▽浜辺の月さんへ
ほんとうにアメリカは戦争ばかり仕掛け、理不尽な大義名分のでっち上げばかり。それで世界のヒーロー気取り。

世界のリーダーになるのなら、世界規模での考えを押し出して欲しい。
環境保全は一国だけでなく世界規模での取り組みが大前提。効果は期待できないのです。

そんな救世的な国は現れないのか?ため息ばかりが出ます。

▽ももりさんへ
ももりさん、「マドリッドのルカ」は楽しく
(現実のことだから不謹慎ですが)読ませていただきました。ルカさん、ももりさんたちの説得に応じて本当に良かった!夢多き乙女だったのね、ルカさん!私だったら現実的な性格から収入のないすごいことばかり口走る男ははなから目にかけないけどね(笑)

作品集Ⅲは綺麗なガラス絵が素敵。絵の中だったら「夢多き作品」は大歓迎。しばし、目で楽しませて頂いてます!

「ルカ」読んでくださったのね。ア・リ・ガ・ト。ルカには後日編もあるけど・・・今は幸せです。皆様のコメント、楽しく読みました。男爵様もここでは真面目なのね。わたしのところではハチャメチャよ。ミーシャさんも、浜辺の月さんも、やっぱりあなたが真面目だから。作品集、アマゾンから買ってくださったのですね。有難うございました。

こんにちは、タムさん。
環和辞典からで、知っていたのは京都議定書だけですね。
でも、ブッシュさん、締結していないのね~~~。
そんなアメリカが中国には文句言うのはおかしいですね。
言うのなら行動で示さなければ。
近頃アメリカ合衆国があまり好きではありません。
一番排気ガス排出量が多い国は確かアメリカ合衆国だったですよね。

タムさん、こんばんは。
京都議定書、昨日のことのように覚えてます。
中国の大気汚染の実態や環境破壊が著しく進行しているのは間違いないことですが、それを米国が指摘するというのも可笑しかった。石油資本をバックに大統領になったブッシュさん、調印出来なかったんですね。地球のことなど考えてません。

これだけ地球温暖化が取り上げられあちこちで叫ばれているのに
人間は喉下すぎればなんとやらで…
日本もこのまま温暖化が進めば雨期が長くなる。
降水量もがぜん多くなる。
日本のこの四季が崩れる。
真剣に考えねば!
京都議定書、アメリカも考えてくれないとねぇ=3

本当に被害を受けている九州や西日本の方へ心よりお見舞い申し上げます・・・
トップランナー方式,京都議定書,環境技術この三つの授業~勉強に成ります・・・
2時間目も宜しくお願いいたします~

 タム姉様、最近はマメにブログを更新しているみたいだね。
 男爵様も見習わないと・・・・と思っています。
 でも、この「思って」の後が続かないんです。
 しかし、環境保護については、仕事柄人一倍気を使っていますよ。
 但し、一人でやるより皆でやる方が怖くない・・・・じゃなくて、皆でやらないと駄目ですね。
 タバコ一本でも、空き缶一個でも、チリカミ一切れでもごみ化させてはいけないんだね。
 解体破片の分別は気力、体力、知力が必要なんですよ。
 高度な判断力で根気良く分けるんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環和辞典から①:

« 鎌倉 アジサイ巡り④ | トップページ | 環和辞典から② »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31