フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« ゴミ拾い | トップページ | ブログを休んだ訳 »

2007/04/09

富民と農民工~リッチマン・プアマン

日曜日の朝、NHKのBS衛星放送を見た。みんなのアンコールと題して最近放映した番組の中で反響の多かった番組を再放送する番組を何気なく見てみた。しかし、それは現在、猛烈に経済発展している中国の想像しなかった一面を見せられハッとし、格差が叫ばれている日本の現状をはるかに凌ぐ中国と言う大国の陰を知らしめていた。

激流中国」シリーズの中の「富民と農民工」というタイトル。始まってすぐ、家族のために農村から都会に出稼ぎに出てきた農民が、わずかな日当のために重労働をしている姿が映し出される。このうちの同郷の二家族にスポットを当てていた。

一人は娘の高校の学費を稼ぐために出てきたAさんと息子、もう一人はまだ幼い息子(現在7歳)を郷里に残して出てきたBさん夫婦。Bさん夫婦はまだ2歳だった息子が機械に手を挟まれて複雑骨折をしてその後遺症で動かない右手を再手術するための費用を稼ごうと出てきていた。しかし、今は出稼ぎ労働者が溢れすぎている都会。仕事に炙れることが多く、朝早くから仕事を待っていても仕事がない日が続いていた。自然、夫婦の間も収入がないことが元で喧嘩も起きる。Bさんは外に出て行ってしまい、妻は泣きじゃくる。

一方、まだ20代後半の若い社長夫婦。もともとエリートの父親(共産党幹部)を持ち、一流の大学を出て、3年後、父親のコネ?!(放送では後押しでといっていたような・・・)会社を興し、あっという間に大会社に成長。不動産投資でさらに富を得、株投資もする。巨万の富がさらに富を生む。一戸建ての家を即金で購入する。同じ市内にいくつも物件を持ち、賃貸でさらに儲けるという。

親たちの出稼ぎで郷里に残されている子供たち。この地は農地も乏しく現金収入はほとんどないところだそうだ。出稼ぎ労働者を親に持つ子供たちがほとんどなので学校は寄宿制となっているが、食事は1日2回、おかずは漬物だけだった。夜間にはマイナス20度にも達する宿舎は暖房もないらしく子供たちは互いにくっつくようにして1枚の布団をかぶって寝ている。ある日、学校で「我的将来」という課題の作文を出された。皆、そろって「いい大学に入ってお金をたくさん稼いでママ、パパを楽させたい!」と書いたものが多い。「私は何が何でも科学者になりたい。だから一生懸命勉強をして、そして親を楽にさせたい」と読み上げているうちにその娘が涙声に・・そして泣き出してしまう。席を切ったように、周りの子供たちも泣き出した!!見ている私も涙が溢れて止まらない。

出稼ぎ労働者は1年に旧正月の時しか郷里に帰れない。そのときが来た。子供におみやげを買おうとおもちゃ売り場にやってくるBさん夫婦。一番安いものも高くて買えない。想うように収入も稼げていないようだった。夜行バスで故郷に帰ると子供は道端に立ち待っていた。子供を預けられたBさんの両親もそれほど若くない。Bさんの母親の具合が悪くなる。近くの診療所の医師に見せると血圧が異常に高い。すぐ大きな病院へ行けと言われるも母親は行かないと受け付けない。医療保険制度もきちんと作られていないようで、個人で8割負担だとのこと。子供の手術代もまだ稼げていないのに、無駄なことに金を使わなくて良いと言い張る母親。息子は「俺が借金をする、母さんの体が心配だ!」まるでドラマのようだ。番組ではその後どうしたかは伝えていなかった。

一方Aさん方では、高校に通う娘は成績優秀で成績表を見てAさんは喜んでいた。娘も良い大学に入りたいと考えている。しかし、次年度の学費もまだ稼げていない。そこで、息子の嫁に相談を持ちかける。嫁にも出稼ぎに出てもらいたいと・・・。孫はまだ2歳。承諾したお嫁さんが出稼ぎのために実家に子供を預けようと出向き、実母に子供を渡そうとしても察しているように嫌がり泣き叫ぶ子供・・・。

旧正月も終わりまた都会に皆が出稼ぎに出る日。Bさんも息子に別れを告げようとしても息子は離れない。18歳のAさんの娘でさえ、父親に抱きつき涙を流している。子どもなら誰だって両親と離れて暮らしたくない。このシーンでもまたまた涙が溢れてきてしまう。

これはドラマでも映画でもない紛れもない中国の現実なんだ!この番組を見る前から漠然と世界のどこかでは信じられない壮絶な生活をしている人は居るだろうと頭では想像できても、このように具体的に現実を見せられると今までの想像はいかに甘いものだったか!と反省させらている・・・実感として心底こんなたいへんな生活をしている人がいるんだと胸に訴えてきた!中国も余りに国が大きすぎて隅々まで対応できないんだ。また、国民よりも経済発展を優先してきたツケが廻ってしまったか!

番組の中でも映し出された都会のビルにかかった電光掲示板「皆が豊かになる社会」の文字が虚しい(TT) 他国では有るが貧しい人たちが1日でも早く這い上がれるような政策を打ち出して欲しい・・・心よりそう願ってしまう!この2組の家族は氷山の一角だが、それを加味したとしても、NHKに電話してこの2家族に幸せになってもらいたいと寄付したいらいだ!(;;)

日本の格差是正が問題になっているが、その非ではないもっとすごい格差が起こっている中国。よくわかりました。そして、あらためて日本はそれに比べたらまだまだ幸せな国なのだと感じました。NHKさん、良い番組をありがとうございました!

« ゴミ拾い | トップページ | ブログを休んだ訳 »

TV・ラジオ・メディア」カテゴリの記事

コメント

▽やまちゃんへ
お久しぶりです!と言うか、私がブログを離れていました。季節も春から初夏へ・・・そこで、桜の季節からから新茶の季節へ衣替え。

お茶犬はかわいいけど、それよりこのお茶色が気に入って変えて見ましたよ!

毎度、返信コメントが遅くなり申し訳ありません!
▽ミーシャさんへ
ミーシャさんの博識には常に感心させられ、また勉強になります。ミーシャさんがおっしゃるように「悪」と呼ばれる国はありますが、そこに住む国民は皆同じ人間。その国の上部で行っている政治家たちが「悪」を引き起こしているのですよね。またそこの教育機関を通して植えつけられる洗脳も客観視して見ると、その国の国民たちは気の毒ですね!

何度も言いますが、日本の国の政治にはまだまだ不満が多いですが、上に述べたような国々に比べたらまだ幸せなほうだと感じます。

▽ミッチさんへ
ミッチさんの言うように世界のどこかで私が書いた中国以上に苦しんでいる人たちが、余り他の国に知られることもないまま、また自分たちの苦しみを訴える場がないまま暮らしているんですね。

あらためて、神の存在って有るのか疑ってしまいます。そして日本に住む自分はなんと幸せなことか、もっともっと感謝しなければなりません。

世界のどこかで苦しむ人たちのために手を差し伸べるために一介の私たちは何をすれば良いのでしょう!どこかに全世界で苦しむ人たちを助ける統括する機構がないものだろうか?ひとつひとつ独立したところは見たり聞いたりすることはありますが・・・。私にはどうしたら良いかわかりませんネ(--;)・・・・??

▽はちさんへ
格差にもいろいろあるけど、このTVでは所得格差ですね。
これはとっても悲しい現実ですが、「お金」は人が暮らしていくにはたいへん大事です。
「お金」があればほとんどの事が可能になるからです。
新聞に載る凶悪事件はほとんどお金が絡んでいます。

お金より大切なものは確かにあります。でも、人が生きていくにはやはり一番がお金なのです・・・実に悲しくなります。

貧しく苦しんでいる人たちがいるのを他国の私たちはどうすることも出来ません。その中から私たちが学べることは、世界の国のどこかに苦しんでいる人たちがいることをまずは知ること、そして今の自分に当てて、贅沢を慎みお金を大切にすることしか出来ません。心が痛いですが・・・。

▽トムジェリさんへ
日本にもジワジワと忍び寄る所得格差。心配です。

一方ではブランド品を手にしながら、子どもの給食費や税金を払わない親もおり、日本人の心はどうしてしまったのだろうか?

お金も心も失った人間ってどうしようもないですよね(~~+)

せめて、私たちだけはきちんと義務を遂行して、権利を勝ち取るよう努めなければ・・・。give&takeは最低限です。そうして、政府や行政に立ち向かわなければ・・・

私たちだって、ちゃんと年金をもらえるようにしないとね\(~~)/


こんばんは、やまちゃんです。
暑かったですね。
テンプレ変えられましたね!
カワイすぎ~~!
また来ま~すッ!!

ミーシャさん、ミッチさん、はちさん、トムジェリさん、返しが出来なくてごめんなさい。連休中か明けまでには返信したいと思っております。もうしばらくお待ちくださいね。(;^_^)「ちょっと、待ってね!」

4/15以降の返しのコメントが遅くなりまして申し訳ありません<(_ _;)>

▽浜辺の月さんへ
4月のNHKBSは中国がテーマで何かに付け中国を特集した番組が放送されました。このアンコール番組以外でも、中国の映画やテレビに関わっている新鋭の放送人(中国人)数名がそれぞれに中国の現在を撮った映像を放送する番組があり、その中にやはり今の教育現場の現状を伝えるものを一部見ました。私が書いた上の記事は特殊な地域で起こっていることではなく、地区は違っていると思いますがやはり農村に住む家族は子どもを両親か親類に預け出稼ぎに出ており、学校に通える近い場所に住む子以外は学校で寄宿していました。多分、中国の地方の多くで行われている現実なのでしょう!

日本の政治にはまだまだ不満がありますが、このような国の様子を知るとまだ増しな国なのだと思います。この瞬間にも世界のどこかで苦しんでいる人たちがいるということを頭の隅に置いておき、今の幸せに感謝しなけりゃと反省しております!

中国の光と影・・・とても勉強になりました。
でも、それは日本にも言えることだと思います。
日本テレビ系列の「ニッポン貧困社会、生活保護は助けない」という番組で、
「年収300万未満の世帯=日本人の3割◇貯蓄ゼロ=二人以上世帯の22.8%貧困層に転落する人々が増え続けている。生活保護受給者の数も増大中だ。特にいま社会保障研究者が問題視するのは、ホームレスのように「目に見える貧困」ではなく老人や母子家庭などの「見えない貧困」だ。所得格差が急速に進む日本では貧乏人の子供は貧乏人に…という“貧困の再生産”が起きている。最近起きた餓死・衰弱死事件の背景を追いながら、生活保護制度の周辺で見えない貧困が拡大する現状を描く。(番組サイトより)」というのを放送していました。新聞でも読みました。

今時、日本で餓死者が出るなんて・・・「そんなのあり?」 と、わたしはショックを受けたのを覚えています。働き盛りの男性が病気で働くことができず、生活保護も受けられず餓死です。いったい日本の政治、お金の使い方はどうなっているのでしょう!
母子家庭で、自分が病気のため、働けない状態にあったため、小学生の子どもを抱えて、収入5万の貧窮きわまった生活。ご飯は一食で、しかも子ども優先で自分はまともに食べていない状態が続くのにもかかわらず、生活保護申請も受け付けてもらえない・・・など色んな立場の方が出ておりました。

日本から外国へ色々救済援助することはいいことだけれど、自分の足元はいったいどうなっているのかと言いたいです。
この餓死と隣り合った人が日本に沢山いるのです。
豊かになったと言われる日本にですよ!
これから高齢化社会が進んで行くというのに、いったい日本の将来はどうなるのかと心配になります。


見ていないけど、貧困は大きな問題です。
いずれ日本も、もっと格差が広がるのだと思います。
ゆとり教育も終わりを告げ、また学力でも差が出てくるでしょう。
うちの娘たちは、まさに「ゆとり教育」世代で、お勉強大嫌いです(~_~;)
娘にもドキュメンタリー見せたいと思います。

温首相が来日しました。氷を溶かす旅だそうですが、とてもしたたかな顔を持っていると思いました。庶民首相として日本においてもいろいろパフォーマンスを見せていましたが、あれは自国民に向けてのメッセージの様な気がしました。尖閣諸島や東シナ海の油田問題などどうも私は中国が余り好きになれません。でも国民は別です。中国は急速に経済が発展しているので格差が広がり、その是正が間に合わないようです。勿論、国のトップは承知で何とかしようと思っているのでしょうがね。私は、この番組を見ていませんが、想像できます。でも、北朝鮮の飢餓状態にある子供達も可哀相です。しかも言論の自由もなくその実態を公表することも適わず・・・それからアフガニスタンなどのように生まれながら戦渦の中で育っている子供達やストリートチルドレンになって暮している子供達もいます。気の毒な人達は世界中にたくさんいると思います。まだNHKが取材して世界に公表できた分、私達も知ることができますが、一党独裁の体制だと口に出すことも出来ませんね。旧東ベルリンもそうでした。中国も天安門事件以来変わったと思います。タムさんのように他の国の問題でも自分のことのように意識を持つことって大切だと思います。そういう人々の結集が国を変えていくもとになるのでしょうから。私も世界の気の毒な人達を知りながら、何をしてよいのかわかりません。せめて物資やお金を送ることぐらいしか出来ないのです。

タムさん、おはようございます。
国のイメージというものは、その国の歴史や、その時々の政権で判断しがちですが、どの国の人々も国民は同じなんですよね。例えば、北朝鮮の「将軍さま」は非道な独裁者ですが、人民は私たちと同じ人間。身近にいたら仲良くなれると思います。
昔から、共産圏の国々は一党独裁で、独裁者が存在してますね。そして、ソ連ならロシア民族が、中国なら漢民族が出世して良い暮らしが出来る。今の多民族国家の中国では、人口の94%が漢族、政府が認定している民族が56あり、漢族の他の55民族が少数民族です。中国全土の人口は約13億人で、世界人口の約5分の1です。世界の5人に1人が中国人! 数年前まで、中国には1日1ドル以下でクラス貧民層が3億人いると言われてました。
先日、私は四川省の青年のお話を民放で見て、やはりブログに書いたばかりでした^^ 四川には、「チベット、回、羌(チャン)族」などの少数民族が約8300万人も住んでいるそうです。電気も水道もない地域をテレビは映してました。すごい地域格差ですね~
監視、スパイ、盗聴など・・・東ドイツもそうでしたね。「プラハの春」という本でで知りました。共産国は戦争で死ぬ人よりも、粛清と言う名の元で自国の独裁者に殺される人の数の方が多いです。毛沢東もそうでした。

こんばんは、タムさん。
お久し振りです。
タムさんのリッチマン・プアマンの記事、おおーーと少し納得しました。
残念ながらわたしはこの番組は見ていません。
実はタムさんのブログへ来る前に山口ももりさんのブログへ伺いました。
ソ連紀行を拝読しました。
その中で、ソ連へ出掛けられたももりさんの話があの素晴らしい絵と共にアップされていました。
その中に当時ソ連はやはり監視、スパイ、盗聴などを国を挙げてしていると、ももりさんは書かれていました。
実は、わたしもタムさんと同じで、若い頃は共産主義、社会主義の社会って理想的な社会なのでは?と思ってました。
その国々の情報量がその当時、相当少なかったのも事実です。
そして、わたし達を指導した学校などの先生達はある意味共産主義、社会主義を奨励する人々も多かったです。
いわゆる本も共産主義などを賞賛するものが多かった記憶があります。
あまり本を読む方のわたしではありませんが、影響はかなりありました。
でも、実際は共産主義、社会主義は個人のプライベートもない、貧富の格差が相当あるという事実が、ももりさんのブログと、タムさんのブログの記事を読んで、なるほどと分かりました。
本をあまり読まないわたしですが、タムさんの言われていた、大地の子と、ももりさんが言われていた、子供向けのユーゴスラビアの内戦の様子を書いた本を出来れば、時間はかかっても読んでみようと思ってます。
ユーゴスラビアの内戦の本はソ連のとは違いますが、ユーゴスラビアも社会主義国だったと思います。
タムさん、為になり、考えさせられる話をありがとうございました。

▽chaguままさんへ
私は若い頃は共産主義や社会主義こそ素晴らしい社会なのでは?と考えていました。でも、大地の子を読んだ時に中国ではたいへん密告が多いのを知りました。そして、現在の中国を知るようになるにつけ、毛嫌いしていた資本主義の国はとりあえずこれほどひどい社会ではないなと思えるようになってます。
chaguままさんは、実際に中国に行ってその目で中国の光と影の部分を見ていらっしゃるのですね。それはますます中国と言う国を実感できたことでしょう!

丁度今、中国の温家宝首相が来日して、日中の互恵関係を強くしようと唱えていて、またメッセージの中に「人民の格差を是正するよう努める」と言う言葉も入っていて(実際、現在の中国は「調和の取れた社会、皆が豊かになる社会」をスローガンに掲げているそうです)うれしくもありますが、一体何年何十年かかるのだろうと言う懸念も浮かび、今すぐ是正されることは不可能だと思うととても気の毒に思います。

机上の空論に終わらぬように願って止みません(~~)

▽げんちゃんへ
訪問ありがとうございます。私の方がご無沙汰いたしました。

新聞も大きな記事程度しか読まなくて、後はTVニュースからの知識しか知らない私ですが、発展する中国の影でこれほど虐げられた生活をしている人が数多くいることに驚きました。

これをきっかけに新聞の国際面にも目を通すよう努めたり、硬いけどNHKのTV番組もよくチェックしてよい番組を見、見聞を広めないといけないなと感じました。

まだまだ問題の多い日本と言う国ですが、まだまともな生活が出来るような社会なのだとあらためて思いました。

▽やまちゃんへ
中国と言う国が現在どんな状況なのかを知ることが出来た良い番組だったと思います。
丁度、中国から温家宝首相が来日してます。もちろん国挙げて「調和の取れた社会、皆が豊かになる社会」をスローガンに掲げているそうですから、首相をはじめ関連のお偉いさん方は現状をご存知だとは思いますが、このTV番組を見せたいくらいです。きっと、実感として切羽詰まった状況が伝わると思いますが・・・(~~)
>せめて世界中の人が人間らしい生活ができないものか!?
同感です!最低限、まともな暮らしが出きるような世界になるよう各国で検討してもらいたいものです!!

こんばんは、やまちゃんです。
私はこの番組は見ていませんが一言コメントさせてください。
経済成長が著しい中国では貧困地区にまで手がまわらないのでしょう。

日本の高度経済成長期とは比べものにならないほどの
国土の広さ、人口の多さがそれに拍車をかけますます格差が広がります。
北京オリンピック開催に躍起になって国の威信をかけていますがそれが終わったら国力ともいえる鉄鋼需要は落ちて格差社会の歪が湧き出る気がします。
どこの国でも光と影の部分がありますがせめて世界中の人が人間らしい生活ができないものか!?と、思います。

▽ピーコさんへ
ピーコさんのおっしゃるように中国は共産主義ですよね。でも現在の中国はまるで資本主義のようです。勉強不足で今の中国がどうしてこのように変容していったのかは知りません・・・(_ _;)

貧困の農村を見せられた時、大国中国なのに21世紀のこの時代にまだ日本の戦中、戦後みたいな生活を強いられている人々がいることが信じられません。

それも富裕族とはまるで天国と地獄のような違い。

日本でも戦後生まれの人より戦前生まれの人の方が確かに打たれ強いと思いますから、どこの国の人でも人間は強くなるのですね。この家族を始めその他の貧困層の人たちも苦しい時期をなんとか乗り越えて欲しいものです。その間に中国も変わっていくことを願って止みませんね!


おはようございます。
日本とは比べようもない格差なんですね。そもそも一言で格差と言っても経済格差、所得格差、消費格差、資産格差等がありますが、日本における格差は豊かさの中の格差でしょうからどちらかと言うと所得格差の意味合いが強いでしょうか。
それに比べ中国は貧富の差がありすぎますね。
急速に発展してるのでますます経済格差があるように思います。
いろいろと参考になりました。
今後もよろしくお願いします。

こんばんは!
私は全部は見られなかったけど、胸を締め付けられる番組でした。
経済特区をテレビで見るたびに、いつも「?」と思っていました。
内陸の桂林に行ったとき、水墨画のような風光明媚な景色は裏腹に、ホテル以外はかなり遅れていたし、食堂なんかは、誇りっぽくて小屋みたいでしたよ。外から見る限り、食べるものがあるのだろうかと思うくらいだし、表に料金表らしきものと、奥にいびつな鍋が見えました…。
体制からすると、みんな公平にと思うのですが、いびつに発展し、それがますます拡大化しているように思います。

私もテレビ見ていました。
格差社会・・・日本の比ではない中国の現実は、見ていてつらいです。中国って共産主義じゃなかったの?って問いただしたくなってしまいます。現実は資本主義よりもっと凄い格差社会だったのですね。日本でもこれほどではないけど、だんだん格差が広がっているように思います。これを直すのは大変ですよね。
真剣に働いた人が報われる社会・・・どこかの政治家が選挙になると唱える文句は、何となく空々しいですが、そうなる社会がやってくる日が一日も早くなるようにと、祈るような気持ちで見ていました。これは、持っている人間が寄付するとかしないとかの問題ではないと思います。社会の仕組みそのものを変えなくてはダメなのだと思うのです。
ただね、そういう大変な国の人々は、とにかく強い。
生活力も、やる気も、日本人が忘れてしまった強さをすべて持っている。こういう国はドンドン発展するのだなあと、しみじみ思います。
先日、インドの発展の話をやはりNHKで見ましたが、日本はアジアの国々においていかれるなあと思いながら、見ていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富民と農民工~リッチマン・プアマン:

« ゴミ拾い | トップページ | ブログを休んだ訳 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31