フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007/05/19

足掛け3年、「竜馬がゆく」読破!

全く自慢は出来ないが先日あしかけ3年もかかって、司馬遼太郎原作「竜馬がゆく」を読み終わったところ。

司馬さんの作品は以前にいくつか読んだことがある。大河ドラマ「新撰組」を見ていた年に久しぶりに司馬さんの作品「燃えよ剣」(主人公:土方蔵三)を読み、その際にちょっと関わりで出てくる坂本竜馬を知りたいと思った。「坂本竜馬」は有名な名であり竜馬を尊敬する男性もよく聞く。だが、学校で習った歴史上の人物にその名は無かったと思う。(私の世代の教科書だけかな?)

しかし、この本実に長く単行本で5巻、文庫本で8巻もある。読書の本はほとんど図書館利用の私。いい訳だが、私は読む時間が取り難く寝る前の布団の中での読書が主流なため遅々として進まない。そのため延滞返却は当たり前となってきっと図書館ではブラックリストに載っているかも(><)!督促状やまた予約が入って返却を迫られることもある。文が長く、登場人物も多いので途中ちょっと他の本へ移ってしまうこともしょっちゅう。私のミーハー癖で、映画やTVで話題になるとその原作が気になりそちらに浮気ばかりしてしまい、一向に読み終えられない。心の底では読み終えなけりゃと思いつつ・・・。

さすがに今年に入ってもういい加減読破しなけりゃと図書館へ行くと貸し出し中で借りられず、予約を入れてもちっとも借りられない状態が続いていた。「まだでしょうか?」と催促をしたら、きっと読んでいる人が返却しないのでしょうね、他の市の図書館からわざわざ借りてくださり連絡が入った最後の2巻!

これには恐縮しきりとなり、なんとしてでも読み終えようと必死になる。幸い4月から夫とやっていた早朝ウォーキングは無くなり一人でのウォーキングのため自分のペースで歩ける。コースも農道で車も人通りも少ないからその時間を利用して読書するようにした。まるで二ノ宮金次郎みたい(といっても私は働きながらではないけど)。ウォーキングの時間は結構読書の時間に有意義に使えるな。そのおかげでついに先日やっと読み終えられた。

最後の章は竜馬原案の「大政奉還」が成功し、これからの日本を引っ張っていく人選をしいよいよと言うところでの竜馬と中岡慎太郎が暗殺されるシーン。わかっていても涙がこぼれきてしまう!歩きながら泣く姿を人に見られなくて幸いだった。

どんな本を読んでも映画やTVを見ても大概の人が感じるようにその主人公に感情移入してしまうが(現に私は相反する土方歳三にも同じだったが・・・)、それを差し引いたとしても「坂本竜馬」と言う人は男性からも女性からも好かれる性格の持ち主で、この時代では思いもつかない本当に大きなことを考えそれを実行し、日本を変えた人物だと思う。世の男性が憧れるというのも本当に頷ける。女としてはそばにこんな人が居たら絶対恋すると思う。

司馬さんの「竜馬」は関連の膨大な資料をかき集め調べつくしての史実を重視して創作したと思うが、どこまでが真実でどこからが創作なのか全くわからない。まだ生きていらして質問できるならそのあたりを是非聞いてみたい。読者が感じる以上に司馬さんは坂本竜馬に壮大な愛情を注いでいたのだけは間違いないだろう!

長い本で決心は要るけど、まだ読んでない方是非いつか読んでみてください。

2007/05/13

GWは家族麻雀三昧?!

長男が大学に通うようになって、家族の特に私の1日のサイクルがだいぶ変わってしまいました。2時間以上かけての通学のため、息子を起こし食事を用意、食べさせ送り出すため、早朝ウォーキングが出来ない(;;) 今は家族を全員送り出してからになりました。それでほぼ1ヶ月。それぞれのサイクルも定着し始めたところです。

長男がある日、父親に「麻雀教えてくれない?覚えたいんだけど。」と一言。大学の友達から麻雀の話が出たに違いない!父親はやはり高校、大学時代に麻雀にはまった時期があるらしい。二つ返事で「任せろ!」ってことになり、さっそくネットオークションで麻雀牌とテーブル(折りたたみ)のセットを競り落とし丁度GW前に自宅に届いた!

麻雀はご存知のように4人で行うゲーム。父親と長男だけでは出来ないわけで、母親の私と次男も借り出される。といっても、私も次男もゲームは嫌いではない、むしろ大好き。長男と共に私たちも教わることになる。さあ、一体覚えられたでしょうか?

続きを読む "GWは家族麻雀三昧?!" »

2007/05/09

ブログを休んだ訳

一ヶ月、ブログの更新を休みました。ネタ切れ?一言で言えばそうです

一方で、ブログをやり始めてから半年周期くらいに起こる「ブログの意義」への煩悶・・・でもあります。しばらく、携わることを休もうって!

ブログは一般的に簡単ホームページだとか、個人日記だとか言われます。先日の<クローズアップ現代>では月のアクセス数が何万件にも昇ると言うアルファブロガーを取り上げていましたが、別世界の方はともかく、私の中では、常にインターネット上の公開された場なのだからただの個人の日記に終わらせるのではなく、その記事によって問題を投げかけたり、どこかに出かけた旅ではその歴史を自分も勉強し読んでくださる方へも伝えたい、おこがましいかも知れませんがそんな少しでも有意義なブログにしたいと考えているんです。(自己満足かもしれませんが・・・(--;)!

一時ブログ作成にはまったときは、記事のために出かけたり体験したりと言う時期がありました。そしてブログに関わる時間が多くなり、他の時間をおろそかにしてしてしまう事がしばしばでした。そのためやらなけりゃいけない仕事がたまってしまうことも度々でした。

私はこれを仕事にしているわけではない、あくまでも趣味の範囲なのだから!とある時期を境にして反省し、やらなければいけないことを優先し余裕のあるときにブログに携わろうと決心しました。そしてブログのために何かをするのではなく、自分がしたいとおもう事をして何か感ずることがあればブログ記事に取り上げよう!そう考え直しました。

そのため、せっかく私のブログを訪問していただきコメントまで入れてくださるうれしい皆さんへの速いコメント返しや皆さんのブログを訪問がすぐに出来ないことが多くなります。

こんな私のサイクルをご理解頂き、末永く(そうなるかな?)お付き合いくださるようにあらためてお願い申し上げますm(_ _:)m

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31