フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 6月の素敵な言葉 | トップページ | どでかいアザミ?! »

2007/06/19

バラ賛歌

昨年の春辺りから夫も草花に興味を持ち始めガーデニングを始めた。夫と共に近くのホームセンターで苗や種を購入した際、バラも咲かせてみたいものだとバラを絡ませるアーチを購入した。バラの木を育てて自宅をバラ園のようにしている方をTVや新聞Arch等で見たことがありちょっと憧れのバラなのだ。その日、苗木はバラ園でも訪れた際買おうと購入しなかった。ところがその年は手が廻らなくバラを手に入れることは無いままだった。そして、今年こそはと思っていながら何やかやでとうとう6月を迎えてしまい、購入しようとしたらもう花のピークはとっくに過ぎてしまった。たまたま他の苗を購入する際、だいぶ値引きされているツルバラが鉢ごと売られているのが目に入った。そのバラも花は終わっていた。値段は魅力 だし、来年を楽しみに待てば良いかとその場で購入した。凝り性の夫はバラ専用の土と肥料を買うことを提案した。家に戻ると早速しまいこんでいたアーチを組立てた。予想より 大きいものだった。一番下の段まで庭に植えRose込み、苗木も鉢から庭に植えかえしたらそれらしくなって、私の頭の中は、アーチを埋め尽くすバラの木と満開に咲く花がすでに描かれていた(笑)。今からそのときが楽しみだ。無事に育って欲しいと願う。

(6/19追記)今朝、庭のそのバラとアーチを写真に撮ろうとしたら、なんとバラが一輪咲いていた。うれしい!色はちょっと物足りない薄いピンク。(見本の写真よりだいぶ薄い感じだが・・・)何とか根付いて成長を祈りたいものだ。

6/17日曜日の朝、付けっ放しにしたNHKのTVで「小さな旅」(たぶん関東甲信越だけの放送)が始まった。時々しか見ないのだが、タイトルが「東京バラ賛歌」と出て、この日は是非見たいと朝食の後片付けもそこそこに食い入って見てしまった。

3人のバラにまつわる人が紹介された。

NHK「小さな旅」6/17 <東京ばら賛歌>へのリンク

一人目は入澤嘉代さん。東京目黒区に現存する日本最古のバラ園を守っていらっしゃる方。満91歳。明治時代に始めたお父様のバラ園を引き継ぎ今現在も大切に守っている。使命か生きがいがそうさせるのか91歳と思えない。しゃべりもしっかりしていらっしゃった!後継者が心配だが、その地域に住むバラ支援者がお手伝いをして、公共施設(学校や公園等)にバラ園のバラを挿し木にして広めていると言うこと。是非絶えさせないでいただきたいものだ。(駒場バラ園)

二人目は中村忠夫さんと奥様。以前は国立競技場をはじめ名だたる運動場などの芝生の管理を任されていた第一人者。ところが40代に大病を患い、仕事を断念せざるをえなくなった。一時、生きがいを無くしたときに奥様が趣味で育てていたバラを見て、バラに生きがいを託してみようと前向きになったそうなのだ。お元気になられてバラ作りに没頭。かつて芝生のエキスパートだった中村さん、それを活かして独自の育て方を編み出し、今では多くの種類を育て2万株のバラ園を経営、バラの販売も行っている。中でも印象に残った中村さんの言葉:「芝は絶えず水や栄養を探して根をドンドン伸ばしていく。バラは一般的な育て方は充分な水をたっぷり与えると言われるが、私は芝と同じ育て方を試してみた。すると鉢の中でバラの根がしっかり伸び、根だらけになりそうなると強くて丈夫なバラに育つんです。過保護は良くありません!」言葉は違うかもしれないが、こんな内容のことをおっしゃっていて、なるほどと思い知らされた!(ひかりフラワー)

三人目は渡辺佳子さん。お宅は正にバラ屋敷。バラに埋もれてしまって表からはお家が見えないほどだ。それほど大好きなバラの中で「のぞみ」と言うバラを特に大切にされている。バラの師匠だった方からその娘さんへの想いを託して改良されて作ったバラ「のぞみ」を引き継いだ。その少女は戦後、満州から引き上げる船の中で衰弱し亡くなったのだ。バラの師匠から平和への祈りを込めて開発したバラにその娘の名を付けたと聞いていた。師匠がなくなった後もその平和への願いを伝えたいと、その少女のことを絵本にしてユニセフ募金を行っているとのこと。現在バラ「のぞみ」は世界中に広まっているそうだ。すごく穏やかで素敵な女性に見えた。

« 6月の素敵な言葉 | トップページ | どでかいアザミ?! »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメント返しがたいへん遅くなりました。

男爵さん、男爵さんのサボり病が伝染したわけではないですよ~。私は免疫力が強く、体は頑強だからね(笑)
実はブログをはじめて3年を過ぎ、内容が重複することが出てきて、これからはどんなブログにして行こうか迷っているのですよ。どうでもいい内容の記事は書きたくない、私の中では。日々の中ですごく心に残ったこと、こころ動かされたことを話題にして行こうかしら?なので、自然とそんな体験がない間は更新しないのです。といっても、私の感動だから、他人の皆様には興味のない話題もあって、結局は自己満足の世界になる可能性は大なのですがね~(。。;)
そういうわけで急かさないでね、お願い!!

 あれー、タム姉さままたまた更新をサボっているな!
 男爵様のサボりが移ってしまったかな?
 今日は遅くに・・・いや早くにかな・・・来てしまったけど、この時間にはタム姉さまも夢の中だから何を書いても大丈夫だい!
 うむ・・でも目が覚めたら読むんだって!
 ヤバイよ、姉さまにも棘が有るって噂だからね!
 これはやまちゃんからの情報です・・・嘘です!
 やまちゃん・・ゴメン! 疲れたよー

▽ショウジアンさんへ
バラの本を夫が買ってきたのですが、読んでいると奥が深い。何でもそうですが、それを極めるというのは簡単には出来ませんね。
バラ屋敷にしようとは考えてませんが、その本を読んでいるうちに他のバラも欲しくなってしまいました(笑)!

▽のら姉さんへ
ホントにオヒサです!よく来てくださいました、感謝です。

夫が花に興味を出したのは私があちこち花関連のイベントに連れ回したのがきっかけです。それに年齢と共に回りに目が行くようになったんでしょうね~。まあ、飲む・打つ・買うのような趣味ではなく花作りの趣味なら少々凝っても許せます。何しろ形から入るほうなのでずいぶんと道具を買い込んできております(><;)!
何とか、このバラを活かしてガーデニングのヒロインにしたいと考えてます。

▽ミッチさんへ
私が書いた記事やコメントを覚えていてくださったのですね。とっても感激です。それほど読み込んでくださっていたことにミッチさんの温かさを感じます。ありがとうm(_ _)m

夫が買ってきたバラの本。読んでいたら奥が深いんだな~、バラも。(まあ、何かを極めるにはそれぞれ簡単ではないってことですが)
庭も小さいし、バラ屋敷になんて全く考えていませんが、もう少し他のバラも欲しくなってきてしまいました。その本のせいで・・・ハマってしまうかな(笑)

▽やまちゃんへ
うれしいですね~、私の記事を読んで今年は朝顔作りをしてるの?
もう、だいぶ伸びてきているんじゃないかな~。ホント楽しみだね、この夏は!お互い、お目当ての花を育ててがんばろうね。

ところでやまちゃんの2代目?!を勝手に引き継いだげんちゃんとはやまちゃんとこのコメント欄から端を発してのブログ仲間となりました。なんだか、はじけてるとこが誰かさんにそっくり。よく、笑わせていただいてます。

そちらの方でも、また楽しいブログ記事やコメントを頼みます。楽しみにしてますから、ね!

▽たま吉さんへ
バラの本等読んだら、ますますバラに興味が出てきて私の中では、他の種類のバラもいくつか欲しくなってます(狭い庭でどこに植えるスペースがあるって言うの?)
とにかく、まずは初めてのバラを枯らすことなく大きく育てたいもの。がんばってみます!
市の輔さん落語、いかがでしたか?
このところ、ちょっと絵画展周りを計画していて(期間限定なため)お初の寄席体験はまた先にいきそうです(TT)


あら~いいわねぇ。
このアーチがタムさんとご主人の愛情を注いだバラでいっぱいになること間違いなしだわ!
お庭のない私にとっては憧れよ~
ベランダで10年近く楽しませてくれたミニバラ(母の日に貰ったもの)が枯れてしまい
ちょっと淋しい我が家のベランダ…
タムさんちのバラの成長を見に来るわね♪

21日に志の輔さんの落語を聴きに行って来ましたよ。

こんばんは、やまちゃんです。
真夜中に目が覚め水割りなんか飲んでたら何故か「タムさん」を思い出してしまったよ!
タムさん!オイラの二代目は「げんちゃん」が引き継ぎました。でも了解はとっていませ~ん。
オイラも薔薇の時期をはずしていまいました。来年に期待です。
でもね!去年だったかタムさんの「朝顔」の記事を読んだことあります。
それに影響されてかオイラも朝顔のタネを蒔いて育てています。
楽しみだな~!
なんか、だんだん目が冴えてきました!

タムさん、結構大きく素敵なアーチじゃないですか。何も花が絡みついていないところが、また可笑しくもあり楽しみでもあります。タムさんが昨年のブログでご主人がガーデニングに興味を持って今度は薔薇を植えようと思っているけどさしあたってはどんな薔薇がいいかしらと私にコメントくれたことがありました。実は、ひそやかにどんな薔薇が育っているのだろうと楽しみにしていたんですよ。でもその後、ブログにも記事になっていないし、???と思っていました。家の近くに花を愛する一家がいて(庭を広げるために自宅まで改造したんですよ)今、その家にはとりどりの薔薇が咲き乱れ、アーチには何種類かの薔薇がとても綺麗に巻きついて咲いています。それを見ながら、突然、タムさんの薔薇のこと思い出したら、記事になっていたのでびっくりしました。今後を楽しみにしています。ちなみにわが家では主人が棘のある花を嫌うので薔薇はミニバラしかありません。

タムさんコメントありがとうございます
こちらこそご無沙汰いたしまして(_ _(--;(_ _(--;

何をするにもイメージって大事にしたいですね。
そうです来年(-ωー)再来年(=´ω`=)y─┛~~
アーチがバラで埋め尽くされる姿をイメージして
今はか弱いピンクのバラちゃんを 可愛がって上げましょう。・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ヨチヨチ
ご主人もいっしょにガーデニングなんていいですね~。羨ましいかぎり( - _ - ) 
家のパパさん口は出すけど手は出さない(-∀ー#)
ま~家のパパさんは「花より団子」なので(ノ∀`)・゚・。

薔薇という漢字も難しいのですが育てるのも大変ですね~一輪咲いてまた一輪・・・肥料の効果かも知れませんが?今の時期植物は育つのが早い感じですね~来年以降も本当に楽しみですね!

▽阿武さんへ
今メルガーデンへ行ってきました(HPですよ!)
店主のバラ屋敷も拝見してきました。正にバラ・バラ・バラですね。素晴らしい。そこまでは望みませんが(何せ我が家の庭は猫の額以下しかありませんから)アーチへは目いっぱい絡まって欲しいものです。
バラの講習会も開催予定で近くなら絶対参加したいくらいです。

阿武さん、素敵なお店とHPを紹介してくれてありがとうございます。お気に入りに登録しておきますね!
感謝!

▽chaguままさんへ
返しもしないのにまたコメント入れてくださってありがとう!
chaguママさんのお庭にもバラはあるのかしら?機会あったら、cyaguままさんとこのバラも見せてくださいね、きっと!
それにしても、なぜバラって惹かれてしまうのでしょうかね?自分でもわかりません、不思議。魅惑のバラですね。

近隣に小さなバラ園があるのです。昨日他の用事でその前を通り過ぎたらバラが咲いてるのがチラチラと見えました。今度の休みに夫を誘って見に行ってみようっと!

▽男爵さんへ
出た、男爵節!
げんちゃんも言ってるように↑ちょっと棘があったほうが魅惑的なんじゃないのかな、女性は!
手の方はもう大丈夫ですか?完治したでしょね、女性には手の速い男爵さんのことだから、手の治りも速い(爆笑)
夜のウォーキング続けてますね。私もがんばって続いてるよ。お互いがんばろう、継続は力なりってね!

▽げんちゃんへ
俊ちゃんの歌が浮かぶとはげんちゃんはその世代かな?も少し若いか、お子さんまだ小学生くらいですものね。

男爵さんの後付いてきたんですね、かつてはやまちゃんがそうで、自分で金魚の糞見たいって言ってましたから。2代目引き継いだの、げんちゃん!(笑)

▽mokaさんへ
mokaさんもバラを育てているんですか?一輪咲いたと思ったらその同じ枝先に2~3の蕾がありまた咲きそうです。夫の提案で買ったバラ専用土と肥料が効いたのかな?そんなに早く効果が表れるものなのかしら?いずれにしても無事に育って欲しいと願ってます!!

タムさん、先ずは一輪からですよ。来年が楽しみ、バラの園になるのを待ってますよ、忘れずに。

♪君はバラバラ ハートは 赤いバ~ラ~♪
田原俊彦の歌が頭に浮かんできました。
あ、頭から離れない!

本格的ですねー。すばらしいバラ園が出来そうです。
その時は、是非アップして下さい。

>棘が無けりゃ、バラだって女性だって・・・・

少し棘のある女性がお好きなんでしょ!男爵様!

 綺麗な花(バラ)には棘がある!
 綺麗な人(女性)には逃げられる!
 逃げられたのは誰ですかって?
 知りません!
 手が勝手にキーボード上を走り回って、書いてしまいました。
 犬に噛まれて狂ったのかな?
 でも、バラは分かりやすくて、親しみやすいですね!
 棘が無けりゃ、バラだって女性だって・・・・
 以上意味不明

こんばんは!
だんだん本格的になってきましたね。
はまり込んだら抜けられませんよー。
写真のアーチを見ながら、『私の頭の中は、アーチを埋め尽くすバラの木と満開に咲く花がすでに描かれていた』の文章と同じことを想像していました。
華やかなバラ園。楽しみにしています。

私の近くに脱サラしてバラの花を専門に扱う園芸店を開いた人がいます。メルガーデンと言うお店ですhttp://www14.plala.or.jp/melugarden/index.html
バラは花の中でも特別なもののようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バラ賛歌:

« 6月の素敵な言葉 | トップページ | どでかいアザミ?! »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31