フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« バラ賛歌 | トップページ | シャガール展とモネ展 »

2007/06/25

どでかいアザミ?!

 6月のはじめ頃、ウォーキングでいつものコースを少し延長して歩いてみた。すると、見たことのない珍しい植物に遭遇した。

Namae_003 高さ2mはあろうと思われる。幹か茎かわからないがけっこう太い。葉も大きく一番下の長さは1m以上はある。ギザギザした葉にトゲトゲした蕾?花?それはまるでアザミを10倍位大きくしたような植物だった。人が植えたようで10メートル以上連立して生えていた。

「一体何?これは蕾らしいけど、どんな花が咲くんだろう?」植物名は気になるがその花が咲くのを見届けてからネットで調べようとその日は帰路についた。

それから2週間してその場を訪れてみたが、以前と変わらない蕾。蕾を触ってみたら固くて先のトゲも指先に固く痛い。これは蕾でなくすでに花なのかもしれない。What_name_2

まだあきらめきれずにさらに1週間後(6/23)、再度そこを訪れた。花かも?と思ったのは やはり蕾で正解。その蕾の2~3から紫の花が咲いていた。その姿は初めの印象どおり「アザミ」そっくり。でもこんな大きなアザミは聞いたことがない。そこでこの花の写真を撮って家につくと早々に、私がよく利用させていただく花の名を教えてくださるサイト「ジョイフルノート」へ写真を添付して問い合わせた。

本日(6/24)、PCを開き早速「ジョイフルノート」へ。予想よりはるかに早く回答が返されていた。そして、その植物の名が判明!!

アーティチョーク」。 なんだ、その名は幾度か聞いたことがあるが田舎者の私にはそれがどんな形をしているものかさえ知らなかった。ましてや食用の植物がこんなに大きいものだなんて絶対に想像できない。

Kanban_6 でも、この答えを聞いて納得できる部分がある。「アーティチョーク」で検索して、どんな料理に使うかと調べてみた。ウィキペディアによると別名「ちょうせんあざみ」。やっぱりアザミの一種だった。フランス料理やイタリア料理でよく使用されるとその他のサイトでも書かれている。実はこの近くに<Chef's Garden Farm>と書かれている看板があった。素敵に手作りされているので関係があるとは想像もせず偶然写真に収めていたのだ。その下にたくさんのイタリア料理やフランス料理ののレストランの名が載っている。それらのレストランにルッコラやその他の野菜をおろす契約をしている農家らしいのだ。それなら、そのレストランに下ろすアーティチョークでもあるのだろう。

因みにこの植物のどこを食するのかご存知?若い蕾を茹でるか蒸すかして食べるようだ。でんぷん質が多く、食感はいもに似ているそうだ。この植物を知ったからにはいつかアーティチョークを食べてみたい。

この写真を見てすぐに「アーティチョーク」だとわかった方は相当な料理通ですね、尊敬してしまいます(^^)/!

« バラ賛歌 | トップページ | シャガール展とモネ展 »

植物」カテゴリの記事

コメント

▽男爵様へ
アーティチョークって、珍しいというだけで日本人にはあまりなじめないかもね。
珍味というあたりかな?私も見たことも食べたこと無いけど・・・。

男爵さん、そんな珍味を求めて命をすり減らすより無理せず昔からの日本食を摂りましょ、長命を目指して
(^☆)/!

 なーんだい・・・いつの間にか更新していたんだ!
 気が付かない男爵様が悪いのかな?
 何々・・アザミが10mだと・・!
 異常気象でそんなに大きくなったのかな?
 そんなことは無いね!
 アンテークショーク・・・あれ間違ったかな!(^^)!!
 アーティチョークか、食べたくてもいわきでは無理だね!
 アーティチョーク料理を探して旅に出ようかな!
 でも、難しそうだね!
 それまで命が持つか?

▽ピーコさんへ
このアーティチョークは日本ではまだあまり浸透してませんね。都会の一部だけでしょ。田舎のスーパーでは扱ってませんから。

軽井沢では1mにも達するアザミが見られるの?結構大きいですね。
これからの季節、軽井沢はますます過ごしやすい季節ですね。植物も盛んに繁茂して花々が楽しめますね。
しばらく軽井沢に入り浸りになるのかしら、ピーコさん?!

▽げんちゃんへ
男爵さんはユニークなブログ内容で楽しそうなので私から書き込みをして、ブログをはじめた当初からのおつきあいです!セクハラまがいの内容が女性に顰蹙を買いそうなのに、逆に女性の気を引くことになり女性の男爵ファンが多いみたい。母性本能をくすぐるのかな?憎めない人柄で惹きつけるみたい。
その男爵さんのコメントの後を追って、やまちゃんのコメントが入ることがその他のブログでもみられ、やまちゃんは自身で「男爵さんの金魚の糞」だと書いていたことがありました。先日はその金魚の糞のようにげんちゃんからも男爵さんあとにコメントが入っており、私がそのことを書き込んだら、やまちゃんが「金魚の糞2代目」はげんちゃんに引き継いだといっておりましたね(笑)今後、男爵さんコメント見つけたら2代目、ひとつ宜しくね(爆笑)

▽たま吉さんへ
東京にお住まいのたまさんなら、アーティチョークをご存知で、食されたこともあるでしょうね~。
どんなお味でしたか?

私はアーティチョークがどんなものかさえ知りませんでしたから・・・。なんせ、アボカドも2年前にはじめて食べたしだいですから・・・f(^^;!poropori
ほんと、いなかっぺ丸出し~~(XX;)

▽chaguままさんへ
洗練されて都会的なchaguままさんが、アーティチョークをお嫌い?以前に食されてあまり好まないのか、それともアーティチョークが手に入らないためですか?
意外です、結構食されているイメージがありましたから。

それって、文化刺繍って言いませんでしたか?その刺繍は昔姉がやっていたのを記憶してます。
朝鮮あざみの乾燥した実を使っていたかどうかは全く覚えてないけど、出来上がった作品を毛羽立たせてはいました!

植物の名はわからないとすごく気になります。その気持ちはここ数年ですごく強くなったし、そのおかげでずいぶん覚えました(でも、すぐまた忘れるのですが・・・)

年をとったということでしょうか?(笑)

こんにちは!
「アーティチョーク」は料理に使うことは知っていましたが、材料名にそれがあることだけでパス!
今度初めて知ったのは「朝鮮あざみ」と同一であるということです。一つ知識が増えました。
ずーーーーっと昔の記憶をたどれば、日本刺繍か何かで、朝鮮アザミの実を乾燥させたぎざぎざのもので、刺繍の上をこすって、猫の毛を毛羽立てているのを見たような気がします。なにせ子供の頃のことでしたが…。
それにしても、「?」から始まった、根気強い「追跡調査」が素晴らしい!
ウォーキングも、転んでもただでは起きない…ですね(^m^ )

おはようさんです。
名前と実物が結びつかなかったですよ。
「巨大アザミ」としか見えませんでした(^^ゞ
調理されて出てきたものだけ見ていてはいけませんね(苦笑)
勉強になりました。

おはようございます。
すごい植物ですね!写真を見てもすぐにはわからなかったけど、文章を見たらすぐ「アーティチョーク」だとわかりましたよ!エッヘン。

でも、最近はこんなでかい植物やら、女子高生蟹など、珍しいものが目立つようになってきましたね。

ところで、2代目を引き継いだって?いつの間にかそういうことになっていたとは、知りませんでした。

タム姉さん!親分のところへ挨拶に行って参りやす。

まあ、びっくりです。
アーティチョークって、名前は知っていましたけど、スーパーで見たこともあるんですけど、アザミの一種だったとは。驚いちゃいますね。
軽井沢でもアザミはよく見かけます。大きい物もおおくて、1メートルぐらいのはよく見かけるんですけど、これほど大きくはないですね。ということはアザミの実は食べられるってことでしょうか?
不思議な食べ物ってあるものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どでかいアザミ?!:

« バラ賛歌 | トップページ | シャガール展とモネ展 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31