フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 富士五湖の旅① | トップページ | 富士五湖の旅③ »

2007/08/30

富士五湖の旅②

8月20日(月) 2日目 晴れ 

旅に出ても朝のウォーキングは欠かしたくない。増してや旅先の土地を歩くなぞ新鮮だしこれはやらない手はない!と言うことで、5時に起床。さすが高地、部屋の窓を閉め切っていても寒いくらい。カーディガンを羽織った。もちろん、寢ぼすけな夫も旅先と言うせいか一声で起きて一緒に出かける。ついでに洗濯物も売店近くのコインランドリーに投げ込んで行く。さすがに早朝なため利用者はおらず幸い。

Asa_no_yamanakako 完備された歩道を歩くつもりが夫の提案で岸辺を歩くことにした。歌のように静かな湖畔。鳥の声だけが聞こえる。朝日が山越に段々高くなってくると、なんと富士山の色が見る見る変わってゆく。ぼーっとした富士の山肌が次第に赤く染まっていく。なんと素晴らしい瞬間を見れたんだろう!早起きは三文の徳というが、それ以上の価値ある瞬間を得ることができ、早起きと朝日に感謝!!

朝日に染まる富士『赤富士』がこの1枚。Akafuji_1_2

帰ると息子どもはまだ御就寝。仕方なく、私が朝食を作る。夫に炭をおこしてもらい、ホッケを焼いてもらうことに。炭をおこすときに子供らが起き出してきた。魚は夫と子供に任せ、ご飯、味噌汁、目玉焼き、ウインナー、肉野菜炒め(夕べのバーベキューの残り物を利用)。朝としては豪華な食事だ。どこにでもあるメニューをさわやかな朝の外で頂くとなんとおいしいことか!!

夫の主義でキャンプの旅ではのんびり主義。あまりせこせこと詰め込んだ旅のプランはしない。今日は10時出発である。まずは鳴沢方面で「氷穴」「風穴」の見学。そして、数年前に訪れて家族でファンになった温泉施設「ゆらり」へ。午後は帰り道沿いにある「忍野八海」(これは私のたっての希望)を見学して早めの帰宅をする予定。

鳴沢氷穴と富岳風穴

富士山麓にはいくつかの溶岩洞窟があり、その中でも青樹ヶ原の鳴沢氷穴富岳風穴が有名です。まずは鳴沢氷穴を訪れた。1年中氷が耐えないので命名されたそうだ。入り口に氷穴内の気温0度の看板が。しまった!そうとは知らずノースリーブを着ていた私です。下に下がるに従ってどんどん冷えていく。人がひとり通れるくらいの幅でところどころHyouketu に灯りがあるものの薄暗い。おまけに天上も低く、一番低い場所は大人がしゃがんでさらに頭を下げるくらい(91cm)。ちょっとした探検気分だ。とはいえ、丁度人の数もピークのようで中は大渋滞だけど(~~)。氷柱があるはずだが、夏場で柱とまではいかないか?でも、確かに氷の塊が予想以上の量あった。全長153メートルの洞窟探検は終了。上に上がってきたら、とたんに夏の暑さが・・・。珍しさと興奮のせいか、寒さを忘れていた私はもう一度涼しさを求め戻りたい衝動に駆られた(笑)

続いて比較的近い場所に富岳風穴がある。Huuketu_iriguti こちらは氷穴よりも幅があり、しかも見学者も少なくゆったり見られた。風穴ではかつては繭玉の貯蔵庫と100_1534_2 して利用されていた。正に天然の冷蔵庫なのだ!また、玄武岩質の壁のため音が吸収されて通常の洞窟のように音が反響しないのだとか!「ア~ア~!」と大きめに声を出したが確かに響かない。お得意のカラオケ曲でも披露したかったが・・・残念(笑笑)。こちらは全長201m。次男が「結構楽しかった!」と言ってくれ、プランを立てた私としてもうれしい。

さて、程近くにある「道の駅・鳴沢」の敷地に隣接する温泉「ゆらり」へ向かう。この施設は数年前の朝霧高原でのキャンプの際立ち寄って家族そろってファンになった場所である。2年前の長野の旅の帰りにも立ち寄っている。真昼間のため利用客もそれほどでなく幸運だ。ここで我が家でも長湯の私に男性群から条件が出された。「かっきり1時間後に休憩場所に集合すること!」そうは言っても無理。私の心は「洗髪したり乾かしたりと女性は時間かかるし、どの施設に行っても全種類の風呂に浸かりたいんだから。」と思っている。悪魔の私内湯、壺湯、露天風呂、打たせ湯、薬湯(この日はラベンダー)、洞窟風呂(泡風呂)、釜の中のような低温サウナ、水風呂(最近やっと浸けるようになった!)・・・。この時間帯は富士が雲にかかり眺望できず。案の定、15分ほど遅れたら、ブーブー攻められた(><;)Osinohakkai_wakuike

そしていよいよ私が訪れたかった「忍野八海」へ向かう。富士山の雪解け水が何十年もかかって濾過され湧き出ている八つの池をまとめて言うのだそうだ。忍野村は昔ながらの農村で街中の道は狭い。駐車場を探して走る時は脇を観光客が歩いているので緊張した。みやげ物店の駐車場に止め、そこで遅い昼食をとる。湧き水の土地に来たらやはりザルそばでしょうね、やっぱり。その店で貰った地図を頼りにいくつかの池を目指す。この辺りの池までの道や周りの景色が素朴でなんとも言えずいいな。そして現れたのが、「湧池」(わくいけ)さすがに水が綺麗。湧水量は八つの中で一番多いYukidokemizu とか!池脇をもったいないほどの水が湧き、滝のように溢れている。水汲み場もあり、そばの売店ではペットボトルを販売。そこで飲むのは飲み放題で無料。手を付けると冷たさに10秒もつけていられず。飲むだけのみ、後はペットボトルに持ち帰る。(夜、夫は水割りのして飲んでいた

続いて、「濁池」(にごりいけ)。名前とは違ってこちらも澄んでいる。真ん中Osinohakkai_nigoriike2 の丸池は跡で掘った人工池だそう。でも深さ10メートルくらいあるそうで、中では何種類かの魚が泳いでいるのが透明でよくわかる。この後道沿いに「鏡池」があるがここは名前ほど澄んではいなかったし、「菖蒲池」は確かに菖蒲の葉はあるが沼化していた。その他の池は廻らずじまい。そぞろ歩くには雰囲気のある所だと気に入った。次回個人で訪れたら全てを回りたい。

さあ、コテージを目指そう。今夜は我が家の定番、カレーライス。男性人に活躍をしてもらおうか?!

« 富士五湖の旅① | トップページ | 富士五湖の旅③ »

レジャー」カテゴリの記事

コメント

▽はちさんへ
お互いに同じような日にちにお互いの県へお邪魔していたのかしら?愉快ですね(^^)

はちさん、いつかはブログ仲間でお会いしたいものですね。すごく楽しいかも?どこかで待ち合わせ、集合しましょうか?はちさん、その幹事を引き受けてくれるかしら?実現できたらいいですよね~!

ありゃりゃ、はちが千葉(ディズニーランド)に行ったころ、富士五湖あたりに来ていたんですね。
お会いできたかも…なんて思うのは、はちだけでしょうか?
お近くにいらっしゃる時は教えて下さい♪

▽ちゃぐままさんへ
私が撮った「赤富士」をそれほど気に入っていただいてありがとうございます。全くの素人でもう少し富士がはっきり写っていたらな~という要求もあるのですが、素人とカメラの性能もあるので限界かも(><:)
どうぞどうぞ、壁紙に使用してください。うれしいで~~~す(^^)/
実は私もディスクトップの壁紙は現在この「赤富士」そして携帯の待受け画面も同じなんですよ(^。^)

もいちどこんばんは!
デスクトップの画面が、すばらしく美しい赤富士で感激しています。ありがとうございます。
ブログで見た小さい写真より大きくなって、何倍もきれいです!上手に撮れましたね!
しばらく、タムさんの「腕」をお借りします。

こんばんは!
実に楽しい旅日記ですね。
旅の楽しみ方を知っているな・・・と感心しています。5時に起きようが4時に起きようが、決して損はしない朝の散歩。空気がさわやかでしょうね~。
初めて聞く珍しい所ばかりで、日本も広いなと思いました。
富士山さすがに美しいですね。事後報告になりましたが、デスクトップの背景にさせてもらいました。よかったでしょうか?
温泉の楽しみ方は私も一緒です。とにかく全部入らないと後で後悔しそうで、だからカラスの水浴びみたいになってしまうのです。
家と同じメニューでも、雰囲気が違うと全く味も違うでしょうね。とびっきりのカレーになったことでしょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士五湖の旅②:

« 富士五湖の旅① | トップページ | 富士五湖の旅③ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31