« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/14

願かけ

今年の正月は喪中ということで初詣でも控え静かに過ごした。箱根駅伝も珍しくほぼ全中継を見ていたくらいだ。そんな中、次男の高校受験が間近に迫ってきた。親としては大変心配だが何もできないのが歯痒い。やはり最終手段として神様仏様にすがリたくなるものだろう!喪中なのだが、入試合格の願だけは別に捉え、天国の両親には了承してもらいお参りしたいと考えた。

そこで次男に学業の神様が祭られている「湯島天神」参りを提案した。ところがあっさり断られた。「俺、そんなの信じてないから!」と一笑にふされてしまった(><;)・・・。                実は1年前にも同じことを長男に言われた。長男の大学受験が心配で同じように天神様に願をかけに行こうと提案したら、「行かないよ。」って。兄弟そろって現代っ子というか現実主義でなんだかさびしく味気ない。仕方なく長男になり替わり親がお参りした。お守りと湯島天神の名が入った鉛筆も購入し、試験当日に持たせた。それが功を奏したか長男は現役合格できた。そこでまたお礼参りまで済ました去年だ。私の気持ちとしては去年はお参りしたのに今年も同じようにしないと逆に次男が受験に失敗してしまうのでは?という強迫観念が沸くのだ。かくして、今年も子供になり替わりお参りしてきた。これも親の気休めなのだとは思うが・・・。(苦笑)

湯島天神

Dsc00018 正月の初詣客の足も落ち着いてきたと思われる平日に出かけた。昨年は三が日に訪れたから人手がすごく境内に入るのも入場制限をされて入ったものだったが、さすがにそれほどの参拝客ではなかった。

と言っても、湯島天神の関連グッズ(お守りやお札、絵馬等)を購入する売店は列ができていたが。私は本人の名をDsc00017入れてくれる合格祈願札、試験場に持たせるお守り、定番の絵馬を購入。さっそく代筆で希望校を明記し合格祈願の絵馬をぶら下げた。回りの絵馬を見たら代筆のものがけっこうあった。よく見ると、記入した人の名つまり代筆なら代筆者の名が書かれていた。「息子が希望校に入れますように  母」とか・・・。ひょっとして私間違ったかき方をしてしまったかも・・・(~~;)。本人の名を書いてしまっYusima_bairinたから・・・。いまさら書き直せないのでそのまま置いてきた(笑)

境内の梅林はつぼみも固くまだのようでした。行きも帰りも「男坂」の参道を通った。湯島天神の入口は3か所あるようだが、去年も同じ参道を通ったのでそのジンクスから全く同じ道を選んだ。

その帰Turuseり道沿いにある和菓子屋「つる瀬によってみた。この店はNHKやTBS「はなまるマーケット」で取り上げられたことがあるお店。その情報が貼られてあった。その店で一番の人気商品「ふく梅」と豆大福を購入した。価格は高め。でも、せっかく天神様をお参り」したのだからその記念にと奮発してしまった。中身はこれですよ。ちょうどよい甘さでおいしい一品だった。

Dsc00023 帰って長男に、「去年にならってあなた(長男)の合格にあやかりたいから、次男(○○○)の合格を祈願しに湯島天神に行ってきたよ!」と告げたら、「でもお母さん、俺が高校入試の時は湯島天神に行かなかったよね?」

恐れ入りました!確かにそうだ。長男には親の気休めや浅はかさを見透かれされていた(爆笑)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »