フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 人気の動画 | トップページ | 旧友と »

2008/03/30

朝ドラ「ちりとてちん」終わるも・・

昨日「ちりとてちん」の最終回だった。正直なところ、このドラマを見始めた時のワクワクした気持はだいぶ前から失せ、最近はこの話がどうなるのかとただ見ていただけだった。せめて、最終回は締めとして気分よく終わって欲しかったmmmm。

自分が何をしたいのか?わからず故郷を飛び出し、偶然飛び込んだ先が落語家の家だった。次第に落語に惹かれていき、入門する。修業時代から初高座に上がるまでとその時々の悩みや苦しみ、その間の恋愛模様。不器用ながらも何とかクリアして前進してきた主人公喜代美。何で何をさせてもダメなんかいなと思うくらいの喜代美が一つ一つこなして積み重ねた落語の修業はなんのため?自分が母親となったとたん、母という存在が偉大な者だと気づき、直接母親に誤ることはあり得る。でも、それで13年間の落語家としての積み上げを捨ててしまうのは納得がいかない。ドラマとして「大どんでん返し」を狙ったのかも知れないが、見ているものがそれで「え~っ!!」とは思っても感動するのだろうか?

6ヶ月ほとんど毎日という長丁場の朝ドラ、話を引き延ばすのは大変だとは思う。そのため、主人公以外の登場人物にもスポットを充てることもやむをえないかも知れない。私はもっと主人公の悩みや心の葛藤を丁寧に描いて欲しかった。特に題材とした「ちりとてちん」落語家を目指す過程をじっくり描くか、もっと落語界を紹介してほしかった。

今考えると前半3ヶ月までは楽しみだった。しかし、年が明け後半に急展開。喜代美が憧れの「草々」さんと一気に結婚してしまった辺りからなんだかつまらなくなってしまった。ここ1か月は周りのだれかにスポットを当て過ぎた。そのため、その人たちの葛藤も薄っぺらいものに終わった。

そんな中気に入った箇所もある。まずはオープニングのアニメーションとテーマソング。それから、草若邸。また、その邸を改築して出来上がった「ひぐらし亭」も素敵だった。

ある情報では草若一門の中で静かに人気を得た弟子は四草役の「加藤虎ノ介」さんだという。辛辣なのにどこか憎めない役柄と鋭い眼光。着物の上からでも胸板が意外に厚そうでこの人体を鍛えてるな~と感じていた。そう言われれば私もちょっと気になっていたのだ。おばさま方に人気で「ちりとてちんの<四(四草だけに)>さま」と呼ばれているとか??

« 人気の動画 | トップページ | 旧友と »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメント入れてくださった皆さんへ

本当にいつもいつもコメント返しが遅くなり申し訳ありません。
これからはまめに自分のブログを見るようにしてこまめに書き込むよう注意していこうと思います。

▽たま吉さんへ
たまさんとこが正解かもしれませんよ。私は何回かドラマに裏切られた経験がありながら、喉元過ぎればで同じ結果を繰り返してます。
入れ込みすぎなく、気楽に見ればよいものをとは思います。所詮、作りもののドラマはこんなものなのですね。しばらくは社会派ドラマ以外は他のドラマは見ないつもりでおります。
その分、もっと有効に時間を使おうっと

▽ピーコさんへ
ピーコさんは年が明けたころから見たのですね。
確かに、ドジで不器用な主人公って自分に照らし合わせて近いと親しみが湧きますよね~。それはわかります。でも、その中でも少しづつ成長を見せてくれると見る側も感動を覚えますよね。主人公・喜代美はおかみさんとしてもがんばってきたじゃないですか!
私としてはこの結末は納得がいきません。わかりきった結末でもやはり落語家としての成長記として終わって欲しかった。視聴者の「え~っ!」て言うことだけを期待しただけの内容のない結末だったと思う。
私としては今まで見てきた時間を返して!!っと思うくらい。無駄な時間を過ごしてきたようなもの。
これをきっかけに当分朝ドラは見ないし、一般の作られたドラマは見ないと思います。
見るとしたら、社会派ドラマか、史実に基づいたドラマか評価された文芸作品をドラマ化したときくらいかな?

▽男爵様へ
私の方も、すっかり更新を怠っています。この返しもすっかり遅くなりました。
朝ドラに裏切られたので、当分見ないと思う。
TVもよく選んでみなくちゃ、無駄な時間を過ごすことになりますから・・・。
そちらのブログへも近々遊びに行きます。もう少々お待ちください。

▽ミッチさんへ
ミッチさんがブログを再開されると聞いてたいへんうれしく思います。でも、お体の調子もありますから無理をせず、体を優先してブログを続けてくださいね。

GWにこちらにいらっしゃるのですか!私もお会いしたかったですね。次回の来訪時に期待しております。

「ちりとてちん」は期待してみたドラマだっただけにガッカリでした。すごく無駄な時間を過ごしてしまった気がします。当面、朝ドラは見ないと思います。

ドラマをはじめ、これからはTV番組もよく吟味してから見なけりゃ。その分、他のことに有効に時間を使えますしね。今回の件で教えられました(苦笑)

タムさん、お久しぶり。こちらにお邪魔するのは5ヶ月ぶりかしら。迷い迷ったあげく、ブログ再開しました。そのことをタムさんに一番先にお伝えしたくて伺いました。メール有難うございました。腰椎すべり症の痛みも幾分和らいできましたので連休に房総半島に寄り、孫にも会ってこようと思っています。千葉なのでタムさんにもお会いしたかったのですが今回は急だったので時間がとれず残念!!

タムさんのブログ、相変わらず真面目に取り組んでいますね。猫ちゃんも大きく成長してまるで一幅の絵になるような写真ですね。
「ちりとてちん」は、まさにタムさんの言われるように後半は拍子抜けでしたね。何だかガタッときました。ふるさとを捨てて、あんなに苦労して自分の生きる道を見出したのに母親として生きるなんて・・・・
最後の喜代美の安らいだ笑顔がすべてを物語っているのでしょうけどね。私としては物足りないものでした。
今後もゆっくり、悩みながらやっていきますのでよろしくね。

 ご無沙汰です!
 いつも来るときはご無沙汰ですみません!
 男爵様「朝ドラ」を見ないので話に参加できないけど、好きな人は何回も見てるらしいですね!
 再放送もあるみたいで!
 またまたテンプレート換えました!
 ブログも20日振りに更新です!

ちりとてちん、我が家では、後半の部分をずっと見ておりました。(タムさんが、つまらないと思ってしまわれた頃から見てたのかも)
そうですね、確かに、せっかく積み上げたキャリアが無駄になったような、おしまいはちょっとビックリしました。もったいないきがしますものね。
私としては、主人公の劣等感のような感情がすごく理解できて、納得できたんですよ。普通の女の子っていうところに親近感を感じておりました。

関東では最低の視聴率だったそうですね。>ちりとてちん
タムさん毎回観てたのですか。。
我が家は朝TVを点けないので、観たことがないのですよ(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝ドラ「ちりとてちん」終わるも・・:

« 人気の動画 | トップページ | 旧友と »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31