フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008/06/10

時計草も開花

時計草も開花〓

今朝、ゴミ出しに出て何気なく我が家のフェンスを見上げたら、時計草が咲いていた。昨年から植え付けていたが、ツルは伸びても昨年中に花を付けることは無かった。
だから、今春も新たに伸びたツルだったが、期待は全くしてなかったのでびっくり!きしくも今日は「時の記念日」。神様が、合わせてくれたのかな

深沢亮子ピアノリサイタル

先日、次男の高校で毎年恒例の芸術鑑賞会が行われた。近年は落語会、ジャズバンドの鑑賞会だったそうだが、今年度は何と創立100周年を迎えるに当たり、世界的ピアニストの「深沢亮子」さんのピアノリサイタルが企画された。全校生徒はもちろん、希望の保護者も無料で参加できるという案内が届き、こんなチャンスはめったにないと参加希望を出しこの日を楽しみにしていた。

実を明かせば、次男はこの4月から県立東金高校に通学している。高校自体は歴史があり今年度100周年を迎えるが、その土地の前身が徳川家康の鷹狩りの際にお泊りになる「東金御殿」<今でいう別荘か?>があった所で、さらに高校前の池は、はじめその近辺にある寺の御朱印池で灌漑用水を溜めるための人造湖でもあったが、御殿からの景観を良くするため池を改造して作られた「八鶴湖」(一周800m)があり、春には池の周囲に植えられた桜が見事で毎年桜祭りも開催される歴史と風光明媚な場所なのだ。

話が飛んでしまったが、その鑑賞会に出演の「深沢亮子」さんは、音楽やピアノに精通している方ならご存知だと思うが、かなり有名なピアニストだ。私は名は存じていたが、演奏を聴いたことはなかった。今回、驚いたことは、その「深沢亮子」さんが東金出身であること、さらに次男の通うこの東金高校に在籍していたということだった。正直なところ、この高校については、次男が通えるレベルの高校だという程度で深く考えたことはなかったが、そんな世界的アーチストが生まれたことこの地の歴史を合わせて次男は素敵な学校に入学したのだなととてもうれしく思った。

ところで、その「深沢亮子」さんは、3歳からピアノを学び、小学生の頃から東京まで往復5時間かけてレッスンに通ったという。そして、小・中学で数々のコンクールで優勝している。東金高校在籍中、留学試験にパスし、17歳でウィーン国立音楽大学に留学、首席で卒業。ウィーンでデビューリサイタルを開催。通算8年余りの海外生活をされ、日本に帰国。その後、精力的に世界中で演奏活動をして、国際的地位を獲得。現在も演奏活動をされながら、いくつかの著名なコンクールの審査員をされている。

続きを読む "深沢亮子ピアノリサイタル" »

2008/06/01

♪バ~ラが咲いた、バ~ラが咲いた♪

Dsc00124  昨年、念願だったバラの苗を購入しアーチ下に植えた。(2007/6/19 「バラ賛歌」の記事)

バラを育てるのは大変だと聞いたことがあり自信がなかったが、バラの土や肥料を撒いてあとはそのまま放りっぱなし。少しづつではあるが苗は伸びているとは感じていた。初めて過ごす寒い冬でも何もしないままだった。ところが春を迎えるとまず蔓が一息にぐんぐんと伸び出した。先端はアーチの反対側まで達した。伸びるたびにアーチに巻きつけるようにしたそんなある日、先端に蕾を見つけた。なんと嬉しいことか!念願の子供を授かったみたいな気がした。それからは毎日のようにバラの木を観察すると、あっちにもこっちにもあるある蕾が!「ヤッター!!」。バラはチャンとこの地についてしっかり成長してたんだ。花目をいくつも見つけてやっと認めることができた。それからは一日千秋の想いで蕾が開花するのを見守った。先週の日曜日、初めての蕾が一番先に開いた。これまた感動した。色は白に近い淡い淡いピンク。そして、日を追うごとに花の数が増している。当分、楽しめそうだ。こうなると、他のバラを育てたいと欲が出るが、何せ狭い狭い我が家の庭。新しい苗を植えるスペースがほとんど無いのが残念ではある。

最近は歩いていても車で通る際も、よそのお庭を眺めていて一番目に止まるのは「バラの花」ばかりだ。「ミニバラもいいな~。」「こんな色も素敵だな~。」なんて、バラにかぶれている私なのだ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31