« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/13

四万温泉1泊の旅③

1泊旅行から帰ってすでに2週間も経ってしまった。四万温泉spaの旅日記はまだ完結していない・・・。思い出して、2日目を書こうcoldsweats01

2日目

昨夜は寝付かれずあまり熟睡できた気がしなかった。私も早起きのほうだが、4時には起きるという友人が起きだしたのをきっかけに私も床から起き上がった。そう、温泉宿に泊まったら朝風呂も楽しまなければ・・・。人が少ない時間を狙ってゆったり入りたい。先に起きた友人はまだ制覇してない露天のない大浴場へ行くという。私は露天風呂に魅力を感じるので昨夜も入った露天のある「清流の湯」へ。もう一人は旅の前日に夜遅くまで働いていて寝不足だからまだ寝ているという。5時前だったと思うが、すでに一人入浴していた。しかし、間もなくその人は上がり、一時「貸切風呂」状態になり、ちょっと贅沢な気分。雨のピークは過ぎ、今朝は小降りになっていた。チェックアウトあたりに上がっていることを期待するが・・・。冷たい朝の風にあたりながら露天の湯を堪能する。川の水の色は昨Dsc00136 日とは違いきれいだった。まさに清流だ。朝風呂をじっくり味わい上がると、大浴場へ行った友が入ってきた。朝から二番風呂をするらしい。先に部屋へ帰ると、もう一人の友人が起きてきた。彼女もお風呂へ行ってくるという。朝食までに時間があるので、TVをつけ、旅行鞄の中身の整理などしながら、朝のニュースを見ていた。

Dsc00138 朝食をとりに昨夜の食堂へ。外は明るく、天気の回復が予想された。昨夜の食事が素敵だったから、朝食はどうかしら?期待してしまう。「お粥もありますよ!」朝がゆなんてなんだかすごくリッチな気分。さっそく、お願いした。朝食も品数豊富でこれまた満足。(お粥にさらにもちろんご飯もでた)

朝食後に売店へ。お土産を購入する。知人に旅行の話をしたことと家族に迷惑をかけたので我が家への物と結構な量となり大きめな手荷物が増えてしまった。ま、楽しんだ分仕方がない。チェックアウトを済ますころには雨があがってくれた。

続きを読む "四万温泉1泊の旅③" »

2008/07/07

四万温泉1泊の旅②

*ブログ記事はいつも下書きなし、思いつくまま直接インプットしている。そのため毎回文章をコンパクトにできず、今回も然り・・・(TT;) 長くなったので②として前回の続きを書くことにした。

宿泊旅館:四万やまぐち館

四万やまぐち館は四万川のすぐ脇に建っている。チェックイン後、部屋に案内される。どんな部屋かな?って言うのも楽しみなものの一つ。部屋はやはり川側だった。階が上階なので部屋からは川向こうの木々が見えるが、川を見るには窓に寄り下を見下ろす位置だ。しかし、川の流れる音は終始聞こえる。窓側の床にはソファーの他に冬時には炬燵を設置すると思われる掘りごたつのスペースもあった。まあまあってとこでしょ。さらに一番の楽しみ、宿のお風呂はその川べりに別々の2つの露天風呂と露天の無い大浴場が1つ。あと貸切風呂がいくつかあり魅力だが、仲居さんに「それぞれのお風呂も素敵です。貸切風呂に入る必要がないほどですよ~!」と言われ、なるほどまずは宿自慢のお風呂に入ってからということに。夕食まではたっぷり時間があるから、部屋で休憩してから大浴場に向かった。

夜7時までは女性用は「お題目風呂」。岩風呂で内風呂と露天風呂がある。梅雨寒で内風呂で体を温めてから体を洗った。いよいよメインの露天風呂へ。内風呂より湯温が熱い。そばの川の音は迫力があった。雨のせいで流水は濁り激しく流れていた。それでも、顔にあたる川風の冷たさが気持よかった。つい長湯をしてしまい、風呂から上がってもしばらくほてりが弾きにくかった。風呂からあがり、ホテル内を探検して夕食の時間となった。指定された場所での夕食。窓辺でラッキーscissors。お風呂も良いけど食事もすごかった。Dsc00137 とにかく品数が多い。うれしいことに献立が書かれた栞もくれた。その栞を見ながら確認して食べた。(写真にはないがこの他に<煮物:じゃがいも饅頭、大根、道明寺麩、椎茸、ブロッコリー>、五目ごはん、味噌汁、お新香、<水菓子:白玉ぜんざい>も出た)どれも適度な味付けでおいしかったが、量が多く一部残してしまいご飯もほとんど入らなかった。見た目も味も素敵な料理その陰に板場でのご苦労がしのばれた。ごちそうさま、大満足だった。

                                                                                                                                                                                                      

続きを読む "四万温泉1泊の旅②" »

2008/07/05

四万温泉1泊の旅

6月末に一泊で中学時代の友人2人と四万温泉に行ってきた。群馬県の奥まった温泉地とは理解していたが予想以上にひなびたところでそんな点が逆に良い思い出の旅となった。

1日目

梅雨時の計画だから仕方がないのだが、初日から雨。東京駅前から四万へ直行のバスを利用するため東京駅の「銀の鈴」前で待ち合わせ。八街から特急で来た私は皆より一足先についた。朝食がまだだったので、近場で取ることに。銀の鈴ゾーンは昨年の秋に改装され「GRANSTA」という名称のお洒落なフロアに変わっていた。その中のベーカリーカフェで済まし待ち合わせ場所へ。その「銀の鈴」も新しくなり4代目となったそうだ。ほどなく、友人二人と再会した。

 Onnsenngou 東京駅八重洲通りのバス停を8:45出発。外は本降りでバス停までのわずかな距離でも傘をさしてもかなり濡れた。バスは席数の1/3の埋まりぐあい。どこを見ても中高年(自分も含む)だった。都内は洞爺湖サミットに備え警戒が厳しく、街のあちこちに警察官の姿を目にした。雨でけぶる中をバスは定時に発車した。運転手さんが途中の休憩SAや停車地の案内をしてくれる。おかしかったのが、出発してだいぶ経ってから「先ほど言い忘れましたが、シートベルトをお締めください!」とのアナウンス。そうなんだよな~、6月からどの車も後部座席もシートベルト着用が義務付けられたんだっけ。客もまた運転手さんもその規制に慣れていないのだ(笑)

バスは関越道に入った。天気が良ければ車窓から景色を眺めながらも楽しいものだが、曇ったバスの窓ガラス越しにはぼやけた風景ばかり。女3人旅は終始たわいもないおしゃべりで過ごした。私以外は皆旅慣れていてバス中で食べるおやつ、飲み物を用意してきていて、そんなことはいっさい思いつかなかった私はもらうばかりで恐縮した。群馬県に入って、渋川駅前、中之条駅前を通過しさらに周りが徐々に山に囲まれた道を上り、いよいよ四万温泉郷に入るとセンターラインの内細い道幅ととなり、対向車とはやっとこすれ違えるほど。その細さに山奥に来たことを実感した。まもなく終点の四万温泉についた。道がすいていたのか3時間。予定時刻より30分も早く着いた。外はやはり本降りの雨が降っていた。

続きを読む "四万温泉1泊の旅" »

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »