« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/20

捨て猫の行く先は?

先日、恐れていたことが起きた。それはまた捨て猫を見つけてしまったことだ(。>0<。)!

早朝ウォーキング中、遠目に農道脇の畑の端に黒いものを発見。まさか?いやな予感。近づくとやはり子猫だった。目が合ってしまった。どうする?すでに捨て猫3匹も飼っているし・・・。子猫は私が拾った子猫の中では一番大きく成長しているようだ。甘えて、鳴きながら寄ってきた。すぐには判断できず、拾わずにウォーキングを続けた。Uターンしてまたこの場を通るから、それまでにいなくなっていることを祈って・・・。

しかし、戻ってきた時もその子猫はまだ同じ場所にいて、盛んに鳴いている。立ち止まって思案していると足にすり寄ってきた。捨て猫にありがち(拾った3匹の猫たちもそうだったように)な目やにがたくさん付いている。もう、どうすることもできなくその子を抱き上げてしまった。

これ以上は飼うわけにはいかないが、憐れな子猫を見捨てることもできない。今回こそ里親探しをしようと固く心に誓いながら・・・。

子猫は風邪をひいているらしく、くしゃみはするし鼻水もふんだんに出ている。我が家に連れ帰っても他の猫とは一緒にできない。体も洗ってやりたいがやめておいた。

毛の色はもちろん、ひげ、肉球、爪とどこをとっても黒い真の黒猫。オス♂だ。体の大きさから生後2か月弱くらいか?歯が結構はえているので仔猫用の乾燥餌を与えるとお腹がすいていたようで唸り声をあげながらガツガツ食べた。ミルクは用意しなくてもよさそうだ。

我が家に連れてきても落ち着かなく盛んに鳴いている。落ち着かせようとなるべく抱いていてあげた。疲れてやがて目を閉じるが、ちょっとの物音で目を覚まし、するとまた鳴きはじめるという状態をその日は繰り返していた。猫用トイレはすぐ利用できるようになったし、お水も上手に飲めるのにびっくり。(母親もしくは人間から哺乳瓶でミルクを飲んでいた状態から皿の水を舌で舐めて飲む動作は子猫にとってはじめは難しくてできないのが普通)捨てられる直前まで親子で人間に飼われていたのでは?と思った。その夜、私がその子を抱えて添い寝してあげた。

Dsc00206_2  翌日、いよいよPCで里親募集ポスターを作成した。それが、これだ!

まずは掲示板のあるスーパーマーケット2軒に貼らせてもらいに行く。

いつもは貼ってある掲示物を割りと楽しみに眺める側だったのに、逆の立場になるなんて・・・。掲示期間は2週間。はたしてもらってくれる人が現れるのだろうか?貼る段階になってとても不安になってきた。なんとかして里親を見つけなければ!!!

たいして期待もしていなく、お風呂から上がり寝室に入って何気に携帯を見たら着信履歴に2本入っていた。もちろん登録してない知らない人からだから番号だけ残っていた。

こんなに早く反応があるとは思っていなかった。うれしい~。さっそく、返電をしてみた。やはり欲しい方からの電話だった。とりあえずは子猫を見てから判断することとなり、明日見に来ることに。

問い合わせがあってうれしいのだが、「見せてください!」の一言でまた不安が広がる。もし、気に入らなかったら?もし、初めて猫を飼う方だったら、猫の習性や育て方を知っているかしら?拾われた先でこの子は幸せに暮らせるんだろうか?いっそのこと我が家で飼った方が幸せになれるんじゃないの?などと心配が尽きない。

続きを読む "捨て猫の行く先は?" »

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »