フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 都電荒川線に乗って② | トップページ | 歌舞伎観劇 »

2009/08/23

都電荒川線に乗って③

Dsc00793 音無親水公園の上に架かる橋、ちょっと素敵なデザインだったので撮ってみた。これは「音無橋」と呼ぶそうだ。

最後の飛鳥山公園にも行きたいが、今回どうしても訪問したい場所があり時間の関係で飛鳥山公園は断念した。

王子からひと駅先にある「旧古河庭園」。東京メトロ南北線の「西ヶ原駅」で下車。そこから少々歩いてその庭園についた。

「旧古河庭園」

Dsc00810 和洋の様式が調和した大正時代の庭園。元は陸奥宗光の別邸でその長男が古河家の養子になりその屋敷となった。中に入るとまずは黒っぽい石造りの洋館がその存在を示す。洋館内の見学は事前にはがきで予約をしないと見られないそうで残念だ。しかし、その姿といい、色といい非常に美しい!Dsc00796

屋敷の手前から庭にはいる入り口があり、そちらへ。

西洋式の庭園は屋敷のすぐ前にあり、ここはバラ園だ。季節的にすでにバラは終わっているのでこれまた残念である。

Dsc00798 Dsc00799 高台に洋館とバラ庭園。そして高台を降りると純日本庭園が広がる。心字池や枯山水、園内に茶室や滝までもある。

夏は緑一色だが、HPを見たら秋は紅葉と常緑樹の色のコントラストが素晴らしい!これは季節を変えて訪れると一層美しい庭園を感ずることができそうだ。見終わって、見晴らし台の東屋で休憩しながら食べたアイスキャンデー(売店で販売)はおいしかったな~。普通のキャンデーより長くて安くてお得。他にバラのアイスクリームもあった。

売店の方に秋バラの季節もよいですよと勧められた。ほんと、ここは時期を選んでくるのがお勧めだな。

Dsc00800 Dsc00804 Dsc00808

HPを見てください!その良さがきっと伝わりますから!

「旧古河庭園」を紹介するHP:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/view034.html

帰りはすぐ目の前にコミュニティバスの停留所があるのに気付き、王子駅前も停車するのでそれに乗った。

知っていれば、往きも利用したのにな~。地下鉄より運賃は断然安いし(地下鉄¥160、このバス¥100)、降りたら目の前が「旧古河庭園」なんだもの・・・。

それと、このあたり滝野川には国立印刷局 滝野川工場があり、紙幣や旅券を印刷するそうで是非見学したかったのだが、2週間前の要予約だそうでこれも残念なことだった。

東京はまだまだ見どころ満載。これからも時々、お上りさんをしてあちこち探訪すると思う。

« 都電荒川線に乗って② | トップページ | 歌舞伎観劇 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

▽浜辺の月さんへ
月さんも本当によくこちらを訪問してくださり必ずコメント入れてくださってありがとうございます。

里の秋さんも月さんと同じ絵を描く趣味をお持ちなんです。何か縁があるのかもしれません。

掲示板の方も読ませていただきますね!

▽annさんへ
講習会は始まりましたか?新型インフル対策をばっちりして最後まで終えられるよう祈っております。

annさんもかつて行かれたのですね、旧古河庭園。季節を変えてまた訪れたいなと思う場所でした。
そして、次回はそのすぐ近くにある「国立印刷局」へも予約をして見学をしたいものです。いつになるかわかりませんが、いつかご一緒にどうですか?

精力的に歩いて、活動していますね。
古河庭園は、館内見学の予約をすると、中にも入れますね。バラの時期になると、観光バスのコースにも入っており、写真を取っている人も多いですね。
これからも、いろいろなところを案内してください。

タムさん拝見しましたよ~~。
素敵ですね。
詳しいことはタムさんの掲示板に書いています。

▽浜辺の月さんへ
すっかりご無沙汰しておりすいませんm(_ _)m
まとまった時間があるとき、またはとにかく今の感動を文字に表わしたい、そんなときにバーっとブログにアップしてます。だから、それぞれの記事を一度にまとめてアップする形になりがち。また、一つの内容を長々と書くため、いくつかの章に区切るため記事の数も増えるわけです。

荒川線をすべて制覇したわけではなく、きっと一つ一つの駅に降りるとそれぞれに楽しい発見や歴史があるのかもしれませんね。また、別の町に降りて旅してみたいです。

里の秋さんの作品は、私の掲示板からでもちょっと見られます。里の秋さんが寄せてくださった写真をクリックしてみてください。少し大きく拡大されますから。その絵はまさに「鬼子母神前駅」の風景。おまけに優しい色合いと絵のタッチで癒される素敵な絵ですよ。是非見てくださいね

「旧古河庭園」は素敵なところでした。今回の旅の中では一番よかったかな?
東京散歩は機会があればまだまだ続けたいです!

▽ちゃぐままさんへ
すっかり御無沙汰を致して居りまして申し訳ありません。記事は更新してもなかなか皆さんのブログへお邪魔する時間が十分に無くて・・・。

荒川線は結構駅の数も多く私はほんの二つの駅付近のスポットを紹介しただけ。まだまだ見どころはあると思われます。

以前、千葉県に住むのだから千葉を紹介したいとは思っておりいくつかは記事にしたことはありましたが、やはり日本の中心にある歴史のある東京の方が見どころはわんさか。その魅力に勝てず、またそれに関連した散歩本も多くついついそちらに出かけたくなります。旅大好きな私はいまのところ日帰りしかできませんので千葉の隣の東京に出向いて楽しむことが多くなります。
手元にある散歩本を片手にまた秋の散歩に出かけると思います。


荒川線沿線だけでもこれだけの楽しみがあるなんて、やっぱり東京は広い!
ガイドブックを片手にすれば、限りなくチョイ旅が楽しめますね。
洋館も洋式庭園も当時の息吹が感じられて、今よりずっと上昇志向のエネルギーが感じられます。

是非残しておきたい建物ですね。

こんにちは、タムさん。
お忙しいタムさんが記事をたくさんアップしていて
ちょっと驚きました。
一つ一つの記事が充実していて、読み応えがある
ので、今日、都電荒川線に乗ってシリーズを読み
終わりました。
都電荒川線、一日券でしたけ??
一日券で400円は安いですね~~~♪
こちら九州バス乗り放題は、9000円くらいします。
その代わり2日くらい有効だったと思います。
九州のこちらの方は田舎だから、交通費は断然
こちらの方が高いですねーーー(-。-)!
そちら都会は安くていいなーーって思います。
「旧古河庭園」綺麗ですね~~。
薔薇の咲く時期だったらもっとよかったで
しょうね。
もちろん、夏の緑の「旧古河庭園」も素敵ですよ。
↓の、里の秋さんの作品、わたしも観たかったです。
残念でしたねーーー。
また次の機会がありますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都電荒川線に乗って③:

« 都電荒川線に乗って② | トップページ | 歌舞伎観劇 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31