フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 東京散歩 神楽坂 | トップページ | 神楽坂から東京駅までウオーキング »

2010/02/13

東京散歩 神楽坂 続き

022

因みにこの寺は新宿山手七福神の一つだそうだ。毘沙門天は寅の年、寅の月、寅の日、寅の刻の生まれで「寅毘沙」とも言われたとのこと。狛犬(通常は神社の門脇左右にある)のような石像はなんだか「寅」のように見えるが・・・

毘沙門天って聞くと、昨年の大河ドラマ「天地人」の上杉謙信が信仰した神様だったな~、確か戦の時ののぼり旗に書かれていた文字が「毘」だったことが思い出された。夫は下ネタが好きで「あれは「へ」って読まないか?」って言うけど、その字は「屁」でしょ、全く!!そんなくだらない話をしながら、「善國寺」を後にした。

023

次は坂道を楽しむコースへ。神楽坂をそれ、続いて「地蔵坂」へ。左の写真の一番左に坂の名が書かれた看板がわかるかしら?

比較的広い道だがほとんど車も通らない。しばらく

024

行くと左手に「光照寺」がひっそりとある。地蔵坂に戻り、しばらく進むとお正月に必ずどこかでかかる「春の海」を代表作に、多くの筝曲を作った「宮城道雄」の記念館がある。しかし、日曜日は休館だ。

道を右に折れ、大久保通りも横切り次の道を右に行くと、今度は「朝日坂」。このあたり小さなお寺がいくつか密集している。地区名は「横寺町」。なるほど~。「尾崎紅葉旧居跡」があったはずが、見逃してしまいとっくに通過してしまったようだ。朝が早くおにぎり一個で済ましてきた私たち。昼食を早くとりたくて引き返さず進んだ。また、神楽坂にぶつかり本日最後の目的地、「赤城神社」へ向かう。

028

上野国(現・群馬県)赤城神社の分霊だそうだが、赤城神社は修復中で全体が膜でおおわれていていた。分霊のせいか小さな神社のようだが、写真には撮らず・・・。最終目的の本日のランチへ。そこからほどない場所の角にあるその名も「カド」という古民家レストラン。持っていたガイドブックに紹介されていたので決めたお店だ。

玄関が昔の玄関そのもの。靴を脱いで上がる。オープン直後で一番客となる。築??十年も経っているようだ。

025

うす暗い。テーブルは昔のお善台(個別テーブル?) 畳部屋で座って食べるのだ。

私はコロッケ定食(玄米ご飯)、つれあいはチーズ入チキンカレー定食にする。都内としてはリーズナブルで¥1000。

026

027_2

おしゃれじゃないけど、素朴で自然食って感じ。コロッケは中の色がちょっと黒っぽくてねっとりしていて普通のコロッケ以上にお腹にたまる感じ。聞いたら、冬のこの時期は里芋のコロッケだとか!まったりしていてそれはそれでおいしかった。つれあいのカレーも凄く煮込んであって「うまい!」と絶賛。つれあいは昼間から生ビールも飲みほした。神楽坂のランチって聞くと高級な日本料理や会席料理のイメージだけど、一般庶民にはこんな昼食が一番だな~。12時を過ぎるとお客さんが次々と入ってきた。

« 東京散歩 神楽坂 | トップページ | 神楽坂から東京駅までウオーキング »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京散歩 神楽坂 続き:

« 東京散歩 神楽坂 | トップページ | 神楽坂から東京駅までウオーキング »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31