フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 八鶴湖の花見 | トップページ | いきものの里 後篇 »

2010/04/22

いきものの里へ

四月に入っても天気が不順で晴れ間が少なく、世間では野菜不足からその高騰が続いていて私たちの食卓にも大いに影響が出ている。

そんな天気の合間を縫った貴重な晴れの日に以前から気になっていた場所を散歩がてら訪れてみた。

大草谷津田いきものの里

我が家から車で千葉へ向かう(現在八街市に住むが、八街市は内陸に位置するためいつくかの市や町と接していて、千葉市もそのひとつである)時に通る道路脇に「大草いきものの里」という控えめな看板が昨年あたりから目に着いた。先日ふっとその場所を思い出し出かけてみた。

Ikimono_no_sato_tizu

場所は若葉区大草と言うところ。ここ大草の谷津は都市の中に残された貴重な自然で、その自然を守り育て、次代の子供達に引き継ぎ、また一般の方々へも自然とふれあい学ぶ場として提供していて、土地所有者の方々の善意により自然観察路のコースを整備したとのこと。千葉市所有の場ではなく、谷津田保全のモデル事業として位置づけられ、ボランティアと協働で、水田耕作や森林の下草刈り等の自然再生活動や、生物モニタリング調査等の管理・運営を行っているそうだ。前置きが長くなったが、駐車場に車を止め、入り口を探す。というのも、駐車場は車の通りの多い道路脇出し、すぐそばは住宅街だったから・・・ほどなく、入口らしい山道を見つけた。

003

雨が続いた翌日なためその山道はところどころ大変ぬかるんでいてやや壁状になっている道の脇を木の枝につかまりながら通過した。そこを過ぎれば道の状態は安定していて歩きやすかった。

それにしてもさっきまでの都市の喧騒はうそのように別世界に入り込んだ。風の音、鳥の声。車の音など微塵も聞こえてこない。派手さは全くないこの散策路。誰もいないと思いきや数人の人とすれ違った。

002 入り口にあった木箱からもらったパンフレットから観察コース順に歩いてみた。

←画面をクリックすると少し大きく表示します

下の畑エリアから木の階段を下りると加入谷。「ゲーコゲコ、ゲーコゲコ」と騒がしいくらいの蛙の合唱が迎えてくれた。

そこは水田、小さな水路、あぜ道と懐かしい光景が目に飛び込んできた!八街は農業が盛んだがほとんどが畑地。田圃はごくわずかでこのような風景を目にする機会は少ない。私の実家のある袖ヶ浦市は稲作が盛んだったためこれを見たら子供の頃に田んぼ脇の水路やあぜ道で遊んだことを思い出しとても懐かしくなった。

005

007

あぜ道に降りて多量のオタマジャクシを写真におさめたかったが、「私有地のため立ち入らないでください」という看板があり残念整備された散策路どおりに進んだ。

011 細い木がぽつぽつと生えていて下にはびっしりと若い草が密集している所がありちょっと素敵な風景だなと思った場所があった。案内には「ハンノキ林」とあった。解説を読むと、休耕田のままにしておくとやがて「ハンノキ」が根付きこのような林ができるそうなのだ。「へ~そうなんだ!」と勉強になった。ちなみに「ハンノキ」は昔、武家屋敷の門などで目にする「閂(かんぬき)」に使用される木で、閂がなまって「ハンノキ」になったという説もあるとか!これまた、トリビア(雑学)だな~ここのハンノキは閂にするには細くてまだまだ年数が必要だけど・・・・

« 八鶴湖の花見 | トップページ | いきものの里 後篇 »

地域・文化・植物」カテゴリの記事

コメント

▽浜辺の月さんへ
月さんの住んでいらっしゃる場所はやはり田園地帯なのですか?私自身も八街に住んで15年以上もたち水田はあまり目にしない場所となりました。
特にこの「いきもの里」は谷津田と言って、回りを小高い山?丘?に囲まれている谷にある田んぼでこんな環境の田んぼはそれほど多くないと思うのです。
人の姿もなくひっそりとした感じがなかなか良かったです。
自然に見えて、ここを管理する団体の方の縁の下の力があってこその風景なのだと思います。本当に、除草や何かと目に見えないところでご尽力されていると思うと頭が下がります。

いきものの里、中々素敵です。
ハンノキ林は、そうやって出来て、ハンノキにはそういう謂れがあるというのは、本当にへぇ~~ですね。
こちらの田舎に行くと普通に見られそうな場所にも感じますが、タムさんのところで、都会で、それだけの管理をするのは大変ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いきものの里へ:

« 八鶴湖の花見 | トップページ | いきものの里 後篇 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31