« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/29

「ゲゲゲの女房」ついに終了(;;)

021 ←深大寺山門前にある「鬼太郎茶屋」

数年前私はあまりテレビを見ないというような記事内容を書いた気がするが、最近また見だしている私だ。その理由は連続ドラマを見始めたからだ。連続物はハマると先が気になってどこかで見るのをやめることはできにくい。

ということで、この春からはNHK朝の連続小説「ゲゲゲの女房」を見始めしだいにハマりついには毎朝のTV放映時間が待ちどおしいまでになった。

見ようと思ったきっかけは番組宣伝で調布の深大寺での撮影をしていたのを見たからだ。ミーハーな私は我が長男が通う大学のある調布が舞台だったこと、自分が2、3度訪れたことのある深大寺がロケに使用されるなどと言う極めて大衆的な理由からだった。

正直、はじめの頃、まだ主人公の布三枝が安来に住む独身時代はあまり面白いとは感じなかった。しかし、見合いして五日後に結婚式を挙げ夫がすでに住んでいた調布のボロ家に上京してからが面白くなっていった。

このドラマは私だけでなく皆も視ていたようで視聴率がここ数年では結構高くなっていったようだ。

なぜこんなに人気のドラマになったのか?一つにはこの物語は実際にあったことをベースにしていること。また一つには主人公の夫が漫画家水木しげるで誰もがしっている「ゲゲゲの鬼太郎」の作者だったこと。どん底の貧乏暮らしでも失望せず夫婦二人で明るく夢を追っている姿に見ているものの応援心を抱かせたこと。これらが大きな要因だと思う。

番組宣伝も兼ねてか、人気ドラマになったせいかこのドラマの主人公自身、武良布枝さんがたびたびTVに出演するようになった。その布枝さんがとても素敵な女性なのだ。インタビューに答える布枝さんは人気におごることもなく飾ることもなく控えめに素直に答える姿に好感を抱かされた。「自然体で過ごしてきました。」そんな言葉が印象に残った。やはり、ドラマの主人公どおりそのままな人なのだ。

先週の土曜日、そのドラマがついに最終回を迎えた。布三枝さんの実父の葬式の後、安来のどこかの丘で夕陽を見つめる水木(ドラマ内では「村井」)夫婦。そんなシーンで終わった。

来週からは彼らの姿が見られなくなるのだな~。寂しくなる。

今度カラオケに行く機会があれば、テーマ曲のいきものがかりの「ありがとう」を歌おうと思う。この半年、私を楽しませてくれたこの番組に「ありがとう」の気持ちを込めてヽ(´▽`)/

余談だが、このドラマ以外にハマりだしているドラマがある。それは韓国歴史ドラマ「イ サン」。吹き替えでなく、字幕版。BSのハイビジョン金曜午後10~12時まで。2話づつ放映。民が潤うための改革や文化面の充実を図った名君として名高い、朝鮮王朝22代王・正祖、イ・サン。500年の朝鮮王朝史の中でもっとも波瀾万丈な人生を生きたと言われる正祖大王の数奇な生涯を描いた歴史エンターテインメント時代劇。ハマった!!

2010/09/13

鼻から胃カメラ~♪

先月、生まれて初めての胃カメラの検査を体験した。散々ためらっていた胃カメラ検査だったが、今は鼻から内視鏡の管を通しての検査で想像していたよりも楽に受けられて助かったι(´Д`υ)アセアセ

そもそも夫の健康組合の健康診断と一緒に私も受けだしたのが2年前。胃のエックス線検査でひっかかり再検査を受けるようという指示が書かれていた。健康診断を受けた指定診療所ではほとんどの人が胃の再検査結果が出るという噂があり初めて受けた診断の年の結果には大したことないとそのままにしていた。

そして翌年の健康診断でまた再検査を受けるような結果が出た。2年連続だからちょっと不安になり再検査を受けないといけないと思いつつ、次は「胃カメラ」の検査を受けなければいけないということがネックだった。人づてに「胃カメラが飲み込めない!」「検査中、オエオエしてしまい苦しい!」などと聞いたことが頭に残っていて検査を先延ばし、先延ばしにしていたら結局次の年も受けず終いとなってしまった。

そして今年の結果は案の定またまた再検査の依頼付きの診断結果。゜゜(´□`。)°゜。さすがにこれはほおっておけない!!のんびり屋の私も心配になってきた!何事も早期発見が肝心だ(と言っても2年前から診断されていたから早期ではないのだが・・・happy02

でも診断された胃の診断名が毎年違うので私の中ではいつもの診療所はちょっと信用できず他の医療機関で受けようと決意した。

市内の懇意にしているクリニックに胃カメラ検査の予約をしに行った際、看護師さんに尋ねた。「胃カメラをの飲み込めなかったらどうしたらよいですか」「飲み込んでいる最中にオエオエしてしまいませんか?」そうしたら、看護師さんがこう答えた!「鼻からの胃カメラもありますよ!」と!鼻からもなんだか痛そうな気がしたが、麻酔をするので飲み込むカメラよりは楽だという。「そちらでお願いします!」即決で予約した。

そしていよいよ検査当日。もう覚悟は決めていた。検査の前に麻酔?を鼻から2度に分けて吸引。最後に筋肉注射(これも麻酔かな?)そして検査室へ。私は目をつむってしまった。鼻の奥にかすかに触れる感じはしたがあっという間に内視鏡が胃に到達したようだ。目の前のモニターを見ながら先生が解説してくれた。私も普通に話ができる。自分の胃で恐縮だが、想像していたよりもピンクがかった胃壁で綺麗に感じた。間もなくこれかな?と医師が言ったのは突起状の物。「ポリープですね、これ!」私にはすごく大きなものに感じ、「大きさはどれくらいですか?」と聞いてみた。「3ミリだな。」ちょっと安心。そのあと、そのポリープの表皮?を少々引っ張って採取。何にも痛みもかゆみも感じなかった。この組織を検査に出して良性か悪性かを調べる。一週間後に検査結果を聞きに来ることになった。

そして1週間後。「良性ですね!」あ~良かった(・∀・)イイ!

先生が言うには毎年の健康診断では胃部検診(バリウムを飲んでのエックス線撮影)は辞めた方が良い(例え微量でも被ばくするから)。それに変えてはじめから胃カメラでの検診をする方が体に負担はかからずはっきりと診断が下せる。今後、私のポリープの経過もみていく必要があるとのこと。

はい、ごもっとも。来年からはそうさせて頂きます。何より良かったのは、あの辛いバリウムを飲み発泡剤で膨らんだ苦しい胃の撮影をしなくて済むこと。下剤をその場で飲まされるので一目散に家に帰らなければいけないという使命から解放されるのも嬉しい。来年からの健康診断はおっくうでなくなるかも・・・と言っても、このポリープが悪さをしないでいてくれたらの話だが・・・(;´д`)トホホ…

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »