フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 黒滝ハイキング 亀山湖→黒滝 | トップページ | 年賀状 2011 »

2010/12/22

映画「武士の家計簿」

楽しみにしていた映画を見てきた。

005

「金沢藩士猪山家文書」を読み解いた磯田道史氏の著書「武士の家計簿<加賀藩御算用者>の幕末維新」(新潮新書刊)が原作の映画だ。

そろばんバカと言われるほど仕事に熱心で生真面目な御算用場に勤める下級武士、猪山直之。記帳された資料から米の横流しを見つけ上司に告げるも慣例だからとその件をもみ消されてしまう。下っ端はどうすることもできない。

一方、妻から猪山家の家計が借金に見舞われていることを告げられ、算用の腕を生かし一念発起、「猪山家家計立て直し計画」を宣言。見栄や世間体を捨てて家財を徹底的に売り払い家族全員で質素倹約に努めた。

この映画はそんな倹約だけを強調しているのではなく、家族の絆をも描いていた。

以前見た藤沢周平の「山桜」や「たそがれ清兵衛」、「隠し剣鬼の爪」等でも感じたようにこの時代は現代から比べるとなんと無駄の少ない生活何だろう。また着物を着ての立ち居振る舞いや親に対する尊敬の念と言葉づかい。どれをとってもこのころの日本人の生活ってあらためていいな~と感じる。今の日本人は自分も含めすっかりそんな精神を忘れてしまっている。とても残念なことに思う。

豪華だった職場に持っていく手弁当が倹約により握り飯一つ、ふかし芋、お新香になり同僚や下の者にも同情されるほど。それでもそんな世間体を気にせず堂々としている姿にあっぱれである。

そんな倹約に倹約を続け、いつしか膨大な借金もなくなる。そして代々の「御算用者」は自分の子供に小さい頃から家計簿を付けさせ算用術を身につけさせていった。

派手さは全くない映画。でも、古き良き日本人の慎ましさを改めて認識させられ反省させられる。また、自分の仕事に誇りを持ち人になんと思われようと迷うことなく一筋に力を注ぐ、生きていく姿はじわじわと見ている者に伝わってくる秀作な映画だと感じた。

004

« 黒滝ハイキング 亀山湖→黒滝 | トップページ | 年賀状 2011 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

▽やまちゃんへ
いつもユーモアのあるコメントありがとうございます。
年末年始に映画を見に行かれたのかしら?それともこれから見る予定があるのかな?

このところ日本映画も時代劇の作品が多くなってますね~。
ここ数年は欧米の映画よりも日本映画を見ることが多くなりました。やはり年のせいかな
今年もよろしくお願い致します。

▽男爵様へ
男爵さん、最近4本も見たのですか!それも時代劇ばっかり!最近は日本映画も時代劇ばやりですね~。
やはり日本人の心がわかるのは時代劇ですかね~。
男爵様はその中で良かった映画、お薦めの映画はありましたか?感想を聞きたいところです。

こちらこそ今年もよろしくお願い致します。

 お元気ですか・・!
 今年も残りわずかですね。
 テレビは残り時間の秒読みに入っています。
 映画ですが、男爵様は最近になって4本見ました。
 時代劇ばっかりです。
 でも年をとったから時代劇じゃないですよ。
 史実と事実を見たかったからです。
 映画・・いいですね!
 遅くなりましたが、来年も宜しくお願いいたします。

こんばんは。
おもしろそうな映画のようですね。
正月のオススメの一本!^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「武士の家計簿」:

« 黒滝ハイキング 亀山湖→黒滝 | トップページ | 年賀状 2011 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31