フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年4月

2011/04/27

挙党いや挙国一致が先決だろうがッ!!

民主党の一部が管下しをまたまた画策し出している。先日の地方選挙の結果で民主党は惨敗した。その責任を取って管さんが辞めるべきだという。通常時ならそれもあり得るかも知れないが今は非常事態の最中である。

そんな族は今の日本の現状を、国難を本当に分かっているのか、私に言わせれば「バカじゃなかろか??」って言ってやりたい。

私は管さんやその政府を弁護するわけではない。確かに今回の震災への対応は後手後手の感は否めない。しかし、今こそ与党が結束してこの事態を乗り越えなければならないはずだ。与党内で政権の駆け引きをやっている場合ではない。管首相の手腕に不満があっても彼を支えていくべきだろう。

管さんもこの震災復興対策に臨時の機関をずいぶんと立ち上げていて収拾がつかないという批判もあるが・・・

仮に管さんを下して、新たな政府を作ったとして人事も変わりただでさえゴタゴタしているこの最中に益々混乱が生じるのは目に見えている。

また管さんに代わる首相って誰がいるのか?小沢さんか?自分の地元の岩手も甚大な被災地であるし小沢さんの手腕も発揮するべきだがその様子は現時点では見えて来ない。

今は執行部から出された謹慎の身であるという状態だから私は動けませんと執行部のせいだとしているのか?いずれにしても本当に自分の党を愛するならこの非常時に協力する姿勢を、力があるなら影からアドバイスなどして政府を盛り上げることも出来るだろうに・・・。自分が中心でないといられないのだろうか?

管さんへの責任はいずれ形に出すとして今はこのまま続行する形が望ましいと考える。

まずは与党内でいまこそ挙党一致しこの日本の事態を遅ればせながら良い方向に導いて行くのが本来の姿ではないのか?

また野党も野党で今回の選挙結果から国民は管政権を認めないと判断したのだから管政府は退陣すべきだと言い出す始末。

今は何が大事なのか??何を優先すべきなのか??自分たちの私利私欲、自分たちの政党優先ってどんな国会議員だ!

今は与党野党もない。挙国一致で一分でも一秒でも苦しむ国民を救うことを優先する時なのではないか?

今の民主党がかつて野党だった時代、政府の批判を繰り返した。野党の役目だと言えばそれまでだが、批判することは簡単。いざ与党になった時、国を動かせる立場になった時初めて「言う(批判)は安し、やるは難し」を実感したことだろう!

野党の皆さん、あなたの党が政権を取ったとして復興も含め、もっと素晴らしい日本にする自信はありますか?

私にはどの党が与党になろうともどんぐりのせい比べにしかならないと思ってしまう。

この人なら、この党ならという優秀な人材、国会議員がいないと思うから・・・。

今こそ、政党を精神的に脱し、国民に選ばれた人という意識を持ち、挙国一致でこの大変な状況を乗り越えなければいけないのではないのですか??

国難には挙国一致が先決だろうが!

2011/04/16

私たちが今すべきこと!

3月11日。あの日から早1か月以上過ぎた。

その間にも沈丁花は香りを放ちだし、こぶしが咲きそして終わり、桜があっという間に満開になりしだいに葉桜になりかけている。季節は何事もなかったようにめぐり植物も春が来たことを告げた。当たり前といえばそうなのだが、なんだか無常を感じるのは私だけだろうか??

自然の恐ろしさと普遍さを感じたこの一カ月だ。

最近の日課は朝はまずニュース番組を今まで以上に良く見るようになった。追加の情報を得ようと朝のワイドショーも見てしまう(午前中の家事の取りかかりが遅くなってしまうのだが・・・)

被災者の方々も夢中で過ごした一カ月を過ぎて冷静さを取り戻しこれからの生活を考えるようになるだろう!現実と向き合った時に悲壮感に落ち込むのではないだろうか?心配だ。第一次義援金の分配が決定したが地方行政の職員数が不足していたり被災者が県外に避難していたりして手にするまでは少し時間がかかりそうだ。

それにもまして自粛ムードと風評被害で被災地をはじめ全国的にもあらゆる面で消費が落ち込んでいると聞く。特に福島県は本当に気の毒だ。

震災直後は自粛が強かったが最近では政府からもメディアからも自粛よりも普段どおりの生活をして経済を回そうと呼び掛け始めているが・・・

今、レジャー関係、観光関係はキャンセルが多く危機に陥っているとか・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

私は買いだめはせずほぼ毎日スーパーに買い物に行き風評被害で泣いている被災地の農作物を購入するよう努めてはいるが、家庭の事情から簡単には観光地に泊りがけでは出かけられない。

だからせめて余裕のある方は、経済を動かすため被災者への間接的な応援のためにどうか観光地に出向いて欲しい。日本の経済をこれ以上減退させないよう努めて欲しいと願うばかりだ。

外国人の観光が大幅に減っている今だからこそ、被災していない私たちが立ち上がらなければいけない!日本人同志助け合ってこの国を支えていかなければならないと思う。

ひとりひとり今私たちができること、しなければならないことを実行しましょうよ!♪(o ̄∇ ̄)/

« 2011年3月 | トップページ | 2011年6月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31