フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« おまえなしでは生きていけない 視聴感 | トップページ | とってもおしい役者 原田芳雄 »

2011/07/23

おまえなしでは生きていけない 視聴感②

ずいぶんと間が空いてしまって恐縮だがキリが悪いので今頃最後の「夏目漱石編」の視聴の感想を書いてみる。

夏目漱石編

夏目漱石役を鶴見辰吾さんが演じていた。有名な漱石の写真に見る口髭を蓄えあの頃の着物姿を見たら実に雰囲気があっていた。

漱石はイギリス留学から帰国した後神経衰弱の精神病に陥っていた。そんな時に野良猫が迷い込んできた。妻は追っ払おうと何度もしたが漱石はいとも簡単に「家で飼えばいいじゃないか!」と言う。猫が好きでない妻はしぶしぶ飼うことにする。その猫は全身黒い黒猫だった。妻が懇意にしているあん摩師がその猫を見てこういった。「黒猫は珍しさから福猫だから大事にした方が良いですよ!」それを信じた妻は積極的に飼う決心をしその猫には毎回鰹節を削ってご飯にかけてあげるほどだし、もちろん漱石にも黒猫は福猫だと告げた。猫を飼うことからヒントを得て「吾輩は猫である」を書き発表するとそれが好評を得た。教員だった漱石は翌年には「坊ちゃん」を書く。これまた人気を博した。まさに例の野良猫は「福猫」だったのだ。

やがて教員を辞めて朝日新聞に入社し、職業作家として本格的に小説を書くようになる。「虞美人草」「三四郎」などを発表。その後、「門」「こころ」「それから」なども執筆。

今の早稲田大学構内辺りに大きな庭を持つ家に引っ越す。TVではその直後くらいに黒猫の具合が悪くなり始めた。そんな福猫を呼ぶ際に「ねこ~、ねこ~」と呼んでいたのは滑稽だ。まさに「吾輩は猫である」の冒頭に「吾輩は猫である。名前はまだ無い」とあるが実際そうだったのだ。猫好きの私としてはこの件は全く納得できないが・・・・。

現代のようなペットの病院が無かったから滋養のあるものを食べさせようとするも食べさせることもままならずやがてその黒猫は死んでしまう。猫は綺麗な箱に入れられ庭に埋め立派な墓石ならぬ墓木を建ててやって、そこに漱石自ら猫に送る俳句を書いてやった(その句は忘れました)。そして月命日には必ず墓の前に おかかご飯とシャケの切身一匹をお供えして・・・。

何十年前に「吾輩は猫である」を読んだ記憶がある。確か結構長い小説で途中で投げ出してしまった!あらためてまた「吾輩は猫である」を読んでみようと思う、最後まで。

今は先日書いたが、内田百閒の「ノラや」を読んでいるが案の定百閒がノラを思い出して涙を流すたびに私もこみ上げてくる・・・それでも最後まで頑張って読み続けよう!!

「猫」って私にとってもかけがえのない家族で可愛くていとおしくて今回紹介した芸術家たちと同じで、おまえなしでは生きていけないって存在であるのは間違いない。

« おまえなしでは生きていけない 視聴感 | トップページ | とってもおしい役者 原田芳雄 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

▽浜辺の月さんへ
いつもいつもコメントありがとうございます。
確かに猫という生き物は私や家族にとってかけがえがないのですが、同時に難点もあるのです・・・(トホホ(ノ_≦。))
それは、①家じゅうの壁、柱が爪とぎで傷だらけ・・・②餌代はもちろん家中で飼っているため猫用トイレ砂を多量に使用する・・・すなわち家計に結構ひびくのです。
③家族で泊りがけで出かけられない

これらが無ければいうことはないんですけどね・・・(><;)

今は涙を飲んで最後まで飼いきろうと泣く泣く覚悟を決めてます。

こんにちは、タムさん。
お元気ですか?
わたしも元気です。
PCをありがとうございました。
昨日の夜、タムさんのブログを数年前からピンポイント的に
読み直していました。
特に猫ちゃんズの記事をよく読ませて戴きました。
マロちゃんを拾ってくるところくらいから猫ちゃんズの記事を
読みました。
タムさんもまさに猫ちゃんズが、タムさんにとって、「おまえなし
では生きていけない」存在達なのでしょうね。
あらためて猫ちゃんズ、タムさんのようないい人、そしていい
タムさんのご家族に飼われてよかったと思いました。
猫ちゃんズと、タムさん、これからもお幸せに~~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おまえなしでは生きていけない 視聴感②:

» IKEA家具のことならおまかせください [Witch House]
IKEA(イケア)正規取扱店 Witch House です。代行購入、搬入、設置まで、トータルコーディネイトいたします。 [続きを読む]

« おまえなしでは生きていけない 視聴感 | トップページ | とってもおしい役者 原田芳雄 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31