フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 向田邦子 暮しの愉しみ | トップページ | 秋到来 »

2011/08/29

阿修羅のごとく 

 この夏に読んだ最後の本は向田邦子の「阿修羅のごとく」だ。

30年ほど前にNHKで放映した作品で、タイトルとその時に使用されたトルコの音楽だというすごく印象に残るフレーズと音のテーマ曲だけはしっかり覚えている。しかし、内容は全く忘れてしまっていた。

阿修羅とは?

ウィキペディアによると

「興福寺宝物殿の解説では、「阿修羅」はインドヒンドゥーの『太陽神』もしくは『火の神』と表記している。 帝釈天と戦争をするが、常に負ける存在。この戦いの場を修羅場(しゅらば)と呼ぶ。

姿は、三面六臂(三つの顔に六つの腕)で描かれることが多い。

奈良県興福寺の八部衆像・阿修羅像(国宝)や、京都府三十三間堂の二十八部衆像・阿修羅像(国宝)が有名。

日本語では、争いの耐えない状況を修羅道に例えて修羅場(しゅらば)と呼ぶ場合もある。激しい闘争の行われている場所、あるいはそのような場所を連想させる状況を指す。」

日常争いを好み、怒りの生命の象徴で争いの絶えない世界もさすとか・・・。有名な阿修羅像の少年のような顔からは想像できない神だ。もっとも、三面持つ顔の一つは怒っている顔でもあるが・・・。

前置きが長々となってしまったr(^ω^*)))

借りた本はまさに台本をそのままのせている。はじめは抵抗あって読みにくいなあ~と感じたが、ストーリーが面白いせいかいつの間にか違和感が無くなっていった。(内田百閒の「ノラや」と同じ状態)

その当時のドラマの配役が載っていたので、本を読みながらその俳優たちがしゃべっているのを想像しながら結構楽しめた。

簡単に言えば四人姉妹のそれぞれの人生を辛辣に、でもユーモアを交えて温かく描かれた作品。その中で描かれる男たちは情けない者ばかり・・・・。

女から見た男が描かれていて、視聴者も男性は見るのがたまらなくなり、女性は我が身のように見たとあとがきに演出を担当した、かの和田勉さんが書いている。

パート1の最終回の台詞に「女は阿修羅だねぇ」「勝ち目はないよ、男は」とある。

今も世の中変わっていないなぁと思う。肉食系女子に草食系男子だもの・・・。

向田邦子さんが飛行機墜落事故で亡くなって今年で30年になったそうだ。7月下旬から始まった向田邦子さんのドラマ「胡桃の部屋」を見ている。

まるで向田さん自身の家族構成だし、、妻子のある男性を好きになってしまう主人公は邦子さん自身のようだし、父が失踪しいわくのある女性方に住みこんでしまったり、姉が夫の浮気に悩んでいたり、妹は玉の輿になりそうだったりと、ちょっと阿修羅のごとくに設定が似ている気もすし、相変わらず男どもは何をやってんだか??って描き方だ。

いずれにしてもドラマは最終回近くでこの先どうなるんだろう?とハマっている私だ。

「阿修羅のごとく」はNHKのオンデマンドで配信されていることがわかり、あらためて見直したいと考えている。

« 向田邦子 暮しの愉しみ | トップページ | 秋到来 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿修羅のごとく :

« 向田邦子 暮しの愉しみ | トップページ | 秋到来 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31