フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 2013 富士登山にチャレンジ⑦ | トップページ | 2013 富士登山にチャレンジ その後 »

2013/09/25

2013 富士登山にチャレンジ⑧

126

なんとか七合目に着いた。富さんが「もうこれ以上歩いたら明日以降本当に歩けなくなるから止めましょう!それに10時までに間に合いません。馬を呼びますから。」そして夫の両足をテーピングでグルグル巻にしてくれた。

今風に言えば、「じぇ、じぇ、じぇ~~~!!!(゚ロ゚屮)屮」 馬のお世話になるなんて人ごとに考えてたら我がファミリーに縁があるとは・・・

確か七合目からは3万円だったはず・・・お財布を確かめてしまった(;;;´Д`)ゝなんとか入っていたが・・・

富さんが「もう少し下りたら半額で済みますから。」と知り合いの山岳ガイドさんを呼んで(たぶんたまたま近くに仕事でいらしたと思われます)その地点まで夫を両脇から抱えてくださって下りてくださった。坂道を大の大人を抱えてって大変だったと思う。息子が夫の荷物も持って私たちはそのあとをついていった。七合目と六合目の間に岩からの落石防護壁の様なものがあり、そこでしばらく待つと下から馬が上がってきた。私は迷惑をかけてしまったことに心が痛み、気持ちを表すためわずかだがチップを渡すと「仕事ですから」と頑として受け取らない。無理やりポケットに押し込んだ。夫は馬に乗ることも大変だったほど!

六合目にも馬の駐留所があった。そこで支払いを済まし、私と息子は先に下山するよう言われた。時刻は9時を回っていたと思う。五合目のレストハウス街に着くと、あわてて土産物など購入した。

店から出てくると、夫は馬の駐留場のベンチに座って待っていた。足はまだ回復していなく私と息子で抱えてなんとか駐車場のバスまで移動。10時まではギリギリ間に合った。

他のみんなは私たち家族に何があったか知らないらしい。それにしても私たちよりも年齢が上と思われる方やご夫婦もチャンと元気でいらしてる。すごく恥ずかしくなる。夫も同じ、自分が情けないと言っていた。

出発直前、富森ガイドがバスに乗り込み挨拶をした。「無事、下山できたことをうれしく思います。冬には北海道・ニセコでスキーのインストラクターをやってます。スキーをする方はまたそこで会えると良いですね。是非、いらしてください。」

127

バスの中だったのであらためて富さんにお礼を言えなかったのが残念。富さんは笑顔を満面にバスが見えなくなるまで両手で手をふり続けてくれた。

「ありがとうございました!」心の中で叫んでいた!

バスはこの後、山中湖の「紅富士の湯」という温泉施設に寄り登山の疲れと汗を落とし、昼食をとって岐路に着いた。

その時は夢中で写真を撮り忘れたのが、夫が馬に揺られ下山しているところ。すごく残念だ(´,_ゝ`)プッ その後、家に着くまでには何とかゆっくり歩けるように回復したのでご安心を!

« 2013 富士登山にチャレンジ⑦ | トップページ | 2013 富士登山にチャレンジ その後 »

レジャー」カテゴリの記事

コメント

▽浜辺の月さんへ
高山への挑戦、甘く見ており反省してます。
富士登山、来年すぐかはわかりませんがリベンジはしたいと思っております。
あっという間に冬が近づき、初心者の私たちは冬山への挑戦はするつもりはありませんが、年内には関東地方の比較的手軽な山歩きはしてみたいと思っているところです。

大変でしたね。
下山は脚に負担がかかるものなのですね。
沢山の人が富士登山にチャレンジしていますが
やはり日本一高い山の富士山ですので、色々と
大変なのですね。
↑のちゃぐままさんへのお返事コメントに書かれて
いますが、近いうちに富士登山のリベンジもされる
そうですね。
頑張りますね。
登山は無事下山して帰り着くまでと誰か言って
いましたが、本当にその通りですね。
再チャレンジの富士登山がいい結果でありますように
祈ります。

▽ちゃぐままさんへ
テレビの報道等では気軽に富士登山ができる様だったので簡単に挑戦してしまいました。
高山病も甘く見ていたし、夫が下山に弱いってことも以前経験していたのになんとか大丈夫じゃないくらいにやはり気を抜いていました。

日本一の富士山、そう簡単には登らせてくれませんでした。
夫も私も体調を万全にして近いうちに富士登山のリベンジをしたいと思っています。

「世界遺産の富士登山」とい美しい言葉の裏には、このような過酷な試練もたくさんあるいことでしょう。
でも、ガイドさんが適切に対処してくださって本当によかったですね。
やはりガイドさんは、「命」のガイドさんなんですね~。
ご主人様が、家に着くころまでには回復されていたという記事で締めくくられ、本当に安心しました。

マチュピチュ、私は行きませんでした。空から見た写真ではどう見てもトイレがありませんから・・・。
夫は高山病になった時に心細そうに電話をかけてきたのです。もう高い山には行かないそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013 富士登山にチャレンジ⑧:

« 2013 富士登山にチャレンジ⑦ | トップページ | 2013 富士登山にチャレンジ その後 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31