フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 2013 富士登山にチャレンジ③ | トップページ | 2013 富士登山にチャレンジ⑤ »

2013/09/13

2013 富士登山にチャレンジ④

富さんが「下山者に道を譲ってください!」と上から声をかけてきた。確か、吉田口ルートは登りルートと下りルートに別れているはず。不思議に感じていたら、上から下りてきた中年男性がいた。誰かに尋ねられたか、「血が止まらないんです!」と言う。よく見たら、頭に怪我しているようで応急処置をしたらしい白い布の上の帽子に血が滲んでいた。後ろから付添いの人も同行していた。登山途中の事故、実際にこんなこともあるんだと肝に銘じなければと思った。富さんが言うには、「岩にぶつけたんじゃないかな?」って。実際、下ばかり見てると横に突き出た岩があったりした。

095

098

7合目を過ぎると山小屋が乱立している!ちょっと景観はよくないが、休憩が取りやすくなるのも事実。8合目までの半ばあたりでガスはなくなり晴れてきた。山の天候が変わりやすいと聞くがまさにそうだった!このあたりで3000メートル地点と聞いてその場で皆で「万歳」をしたりした。 休憩を多くとったこともあるが7合目から8合目までは結構時間を要した。

7合目を出たのが15:20頃。8合目到着が17:00頃。私たちの宿泊する山小屋は本8合目にある。じゃぁ、8合目って何?って話だ!

地図を載せてみました!確認してくださいね!要するに、本8合目って8、5合目くらいってことかな(笑)

Photo8合目の気温は9度だった!動いているときは感じなかったが、休んでいると汗をかいて吸った下着がかなり冷たく感じた。寒い位!登山ガイドブックを見た時、下着は速乾性の化繊が良いとあったが今となっては後の祭りとなった

この後、足が相当重くなってきた。予定では明るいうちに宿につくはずが日が暮れてきて暗くなってきた。足が動かない。背中は冷たい。一分でも早く宿について足を伸ばしたいのに・・・。いつの間にか家族からもずっと離れたみたいで一番最後に山小屋に入ったのは私だったようだ!

7時をとっくに回っていた。先についたメンバーは食堂の席についていた。着いたと思ったら荷物を下すのもそこそこに夕食だった!定番のカレーライスは冷めたもの。山小屋だから仕方がないのか??いざ食べようとしたときに手先がジンジンしびれているのがわかった!食欲もないが無理して一口二口食べたが・・・。富さんが様子を見に来てくれたので「手先がしびれているんです!」と言ったら、「それは高山病ですね!」って!

ええっっっ・・・・・・アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!私の知っている高山病の症状って、頭痛、吐き気だから。富さんが言うには高山病って血液の循環が悪くなるという。だから、症状としてはしびれも現れるわけか食事は残して息子に食べてもらうことにした。

でもその時点では、頭痛も吐き気もなかったから高山病とは少々納得いかなかった。明日のご来光を見るための出発時間(AM2:00)までに症状が改善されなければ無理をせず登頂はあきらめなければいけなくなってしまった(u_u。)。 一応、この山小屋までの標高は3450メートルだそうだ!ここまで来たのに・・・・。

« 2013 富士登山にチャレンジ③ | トップページ | 2013 富士登山にチャレンジ⑤ »

レジャー」カテゴリの記事

コメント

▽ちゃぐままさんへ
>読みながら、私の心拍数があがってきたような感じです。

ちゃぐままさんって記事の内容に合わせての表現が素晴らしいですね。思わず唸ってしましました。勉強になります。

七合目から上は山小屋が乱立してます。世界遺産なのにその景観はいかがなものかな?と疑問に思います。
ただし今の様な入山数の規制もない状態ではそれでも宿泊数は足りないのかも知れません。早急な規制措置をしてきれいな富士山にしていってもらいたいものです。
ペルーというと「マチュピチュ」かなにかに出かけられたのでしょうか?
高山病、なめてかかるとひどい目に合いますね~。私の場合は翌朝にはケロッと治ってしまいましたのでツァーでなければそのあと登頂できたのにとちょっと残念でした。でも、またいつかチャレンジするつもりです。

読みながら、私の心拍数があがってきたような感じです。
写真の山の傾斜もかなり急。山小屋がチラホラと聞いて、ちょっとほっとしています。
3000mのところに山小屋が建っていること
自体が信じられないくらいです。資材はどんなにして運んだのでしょう。

高山病・・・。夫がペルーの旅に参加して、
高山病に。二度と行かないと言っていました。
タムさんは翌日はご来光を見れてるはず。
だってブログが後まで続いていたから・・・。
今日は④で止めておきます。明日のお楽しみに。

▽浜辺の月さんへ
ほんと信じられませんでした。高山病にかかる人はたいてい3000mを過ぎるとなるそうで、今考えると足が重く動きが悪くなったのもその影響かと思います。自分は大丈夫という根拠のない自信が水分補強を甘く見ていた気がします、今考えると!
さあ、この後はどうなったと思いますか?次の記事で詳しくお伝えします(^-^;

ああーー、ここまで来て高山病ですかー。
登頂出来たのか出来なかったのか、気に
なりますねーー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013 富士登山にチャレンジ④:

« 2013 富士登山にチャレンジ③ | トップページ | 2013 富士登山にチャレンジ⑤ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31