フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013/11/30

猫屋敷の住猫たち②  新住猫たち

野良猫「チャツー」を可愛がったため、2011年9月下旬より子猫を連れて我が家の庭に住み着いた「チャツー一家」。

そのいきさつは前記の記事「猫屋敷化への物語」で書いている。

Dsc01756シッポナ♂ 2歳4か月 (2011年7月28日生まれ)

チャツーに追い出されているのを見て気が気でなく夢中で捕まえて救う?!生後2か月くらいの時だった。私が母親代わりになって夜も抱えて一緒に眠ってあげた。そのあと救世主「ヒナ」のおかげでシッポナもさみしい思いをしなくて済んだと思う。写真は左がシッポナ。後ろは兄弟の「フク」。シッポの先が折れ曲がっているのがわかるだろうか?名の由来だ。顔も三角形でカマキリ型?お猿顔ともいえる。面白い顔をしてる。

チャツーのことは母と思っていないようで、いまだにヒナに甘えに来るのを見かける。トラの縞模様が鮮明でアメリカンショートヘアの様な模様もある。性格は癖がなく、良い子だ!

Dsc01758チャツー♀ 年齢不詳?けっこう年齢がいっているのでは?と噂している。

目つきがちょっときつい。野良で百戦錬磨生き延びてきたから逞しいし気も強い!でも、人間にはすごく甘えてくる。

先住猫どもからは恐れられている。一声、「シャー」とかけようものなら皆避けて逃げ出す。チャツーも孤独を愛する。

Dsc01759フク♂ 2歳4か月(2011年7月28日生まれ)

フクだけにプクッとしている。非常に怖がり。慣れたとはいまだに全面的に人間を信用していない感がある。常に疑いの目をしている。それでもフクの中でも安心エリアがありその中では甘えてくる。声が弱弱しい。いまだに母離れができず、チャツーの後をついていることがままある。シッポナとは血がつながっているのでよくじゃれ合って遊ぶ。白めにあたる部分はけっこう濃いオレンジ。可愛い顔をしている。

003_2ナッチ

♂ 推定2歳?か月

2012の夏休みに入ってすぐ我が家に現れその日から家にもぐりこんでしまった。体の大きさはシッポナ、フクとほとんど変わらない。たぶん彼らと同じくらいの年齢だと思われた。物おじせず、他の猫がたくさんいようが全く怖がらなかった。夏に現れたので「ナッチ」と名づけた。野良が長かったせいかとっても食いしん坊。よく食べる。おかげで来た当時から比べると丸々と肥えた。また、よく鳴く猫でいつもぶつぶつ鳴きながら歩いている珍しい猫。でも心優しい面も見受けられる。他の猫を可愛がるとすぐそばに寄ってきて自分の存在を鳴いてアピール。甘えん坊&子供っぽい。

002ハロウィン♀ 推定2~3か月

私の病気が出てまたまたウォーキング中に子猫を見つけてしまい拾い上げたばかり。しかもまた「茶トラ」猫だ。それがハロウィンの日だったのでその名をつけた。里親を探そうとしたのに夫が「この子は可愛い顔をしているのでそのまま飼う」と言ってきかない。と言っても、私の奥底には同じような気持ちがないわけではなかったので認めてしまった。

今回はナッチが父性を出してすごく可愛がる。よく舐めてあげるしふざけて遊んであげるし・・・すっかりナッチになついて寝る時もほとんど一緒。この子もナッチと一緒で物怖じ一切しない。そして食いしん坊。人の食べるものをなんでも欲しがりちょっと食い意地が張っている。この癖直したいのだが・・・。美人さんになる予感。

2013/11/29

猫屋敷の住猫たち

猫屋敷と化した我が家。寒さが苦手な猫たちは最近、それぞれに暖かいところを見つけて日中はほとんど寝ています。

すっかり遅くなりましたが、その住人、いや住猫たちを紹介します(*´v゚*)ゞ

我が家にやってきた順に紹介していきます。

050マロ♀ 6歳

2007年8月26日 ウォーキング中に見つけ拾う。生まれて2週間位で目ヤニだらけ、ノミだらけ。獣医から猫用ミルクを与えるように指示され悪戦苦闘して飲ませ、排泄させたりと必死に育てたのが懐かしい。

毛並みは我が家随一の触りごこち。クリーミーな感じ。

性格は神経質、気難しや。

015

Dsc01765

クロ♀ 6歳

マロを拾ってから2週間後位(2007年9月中旬)に団地内の公園に段ボールに入れられて捨てられていたのを保護。里親募集をかけようか迷っているうちに情がわいてしまい飼うこととなる。マロとは兄弟(姉妹)のように育ち今でも仲が良い。我が家で一番スリムでクールビューティーな猫。キャラクター「靴下にゃんこ」みたいに白い靴下をはいているが一本だけはき忘れている(足先が白いが後ろの一本だけ黒のまま)痩せているだけに寒がりで猫用ベッドの敷布団の下に潜り込んでいるのがこの写真。目がとろんとしているがいつもはもっと凛々しいんだけど・・・

045チャロ♂ 5歳

2008年7月 ウォーキング中に竹藪の中で鳴いているのを見つけ保護。かぐや王子?推定1か月弱位の大きさで離乳食をすぐに与えた。

単独行動が好き。風呂の蓋の上で寝るのも好き。隙を見てよく戸外へ脱出する。猫のくせに歩くとトコトコ音がする。起きているとよく家中をグルグルと徘徊している。

037ヒナ♀ 3歳(4歳に近い?) 別名タヌキ

唯一、夫が保護してきた猫。道路に出てきて弾かれるところだった!拾った時点で推定3か月位?拾った猫の中では一番大きい子猫だった。初めはシャムネコかトンキーニーズ見たいな血統種系の猫だと思った。いつの間にか体の色が茶系に変わっていき顔の周りも濃い茶色になりまるで小狸みたいになった。人間の白めにあたる部分はブルーできれい。

人懐こくて膝や肩に乗るのが大好き。猫じゃらしで遊ぶのも大好きで「遊べ~」と要求するのがしつこいくらい!クロとは仲良しで寒い日は一緒にくっついて寝ている。母性が強く小さいシッポナを救った時は母親代わりをしておっぱいも吸わせていた。いまだに親子の様に接してなめてあげたりする。寒がりで夜は私の布団にもぐりこんでくる。

2013/11/06

会津・磐梯の旅 3日目

昨日の芦ノ牧温泉の宿へのチェックインは6時半入りだった。食事は午後7時からとのことで入浴は食後となってしまった。食堂に向かう際、宿の壁に張られた1枚のポスターに釘づけ。それは猫が帽子をかぶった写真、そうTVで一時取り上げられていた猫駅長の写真だった。猫好きの夫婦はそのポスターを凝視した。この猫の名は「バス」。そうだ、確か会津鉄道沿線のある駅の駅長に就任したと報じられていたのを思い出した。その駅は「芦ノ牧温泉駅」と書かれていた。そこで急きょ、明日の予定にその猫駅長「バス」に会いに行こうと即、決まった!

芦の牧温泉駅109

天気予報では昼過ぎから雨と言う。早朝は曇りだったが、昨日同様日が昇るに連れ青空になる。これまた幸いだ。朝一はバス駅長(鉄道なのにバスとはなぜに?)に会いに行く。駅は宿から3キロ程の近距離にあった。

駅には客が全くいなかった。切符売り場の窓口に中年の女の方がいらして(後で調べたらこの女性が正式の駅長だった)その人に猫駅長の居場所を尋ねたら、今は事務所内に寝ているとのこと。残念~!その事務所内を覗くと猫のドーム型ベッドが見えた。あの中か~起きて出てきてくれないかな~と半分あきらめの気持ちでベッドを見つめていたら、気持ちが届いたのか起き上がって寝床から出てきた。駅帽を頭にかぶせられていた。やった~!しかもその事務所(出入り口の上下があいていて猫が出入りできるようにされている)を出て待合室に歩いてきた。ラーッキー~

近づいて来たので触ろうとしたら、注意された!「お障りも写真撮影も禁止ですのでごめんなさい」ですって  始めは触ろうが撮影しようが自由にしていたところ猫の目を痛めてしまったとのこと。猫のストレスも考えて触ることも禁じたようだ。撮影もできないとはこれまた残念。まあ、仕方がない。猫の気持ちを考えたら納得できた。そうしている時に本当のバスが一台停まった。団体さんがどっと降りてきて、「きゃ~、かわいい!」と猫の後を皆で追っかけている。一人行動が好きな猫にとってそれだけでも相当ストレスを感じているだろうとバスEkityou_basuに同情した。添乗員や女性駅長が禁止項目を唱えていたにも関わらず、結構写真を撮る人がいた。思わず「写真撮影禁止だそうですよ!」と声をかけたら、「フラッシュたいてないからいいだろう!」って答えが帰ってきた。人間って勝手なもんだ。

因みにこの猫は14歳のメスだそうでかなり高齢。余生をのんびり過ごさせて欲しいものだと感じた。自分たちもその猫を見に来たくせに・・・。団体さんの行動を見て客観的になれた。名前の由来はジブリ映画「となりのトトロ」に出てくる猫バスからだそうだ。(写真はウィキペディアからお借りしました)

塔のへつり

112

ここも会津鉄道上の駅がある。私は2時間サスペンスドラマで2回ほど「塔のへつり」が舞台になったのを覚えている。それで知った観光地だ。「へつり」とはこの地方の方言で危険な崖という意味だそうだ。

その崖は長年の歳月による侵食風化の作用によって形成された柱状の断崖だ。

114115階段を降りると川の向こう岸に切り立った奇岩がいくつか並んでいた。その場にいくには吊り橋を渡るのだが、広く丈夫そうな造りなのに人が歩くだけでかなり揺れた。

紅葉の時期なら崖の白さとのコントラストが素敵そうなところだ。紅葉にはまだ早い。その時、雨がポツポツ・・・。やはり予報どおり。傘もないので早めに車に引き上げた。

大内宿

120塔のへつりから車で20分程で大内宿へ。さっきの雨はどこへやら青空が出てきて気温も上がってきた。ここへは私のみ、数年前に日帰りバスツァーできたことがある。一時、この地はメディアに紹介されてブームになった観光地だ。その時は大渋滞になってなかなか着かなかったのを思い出した。今回は夫の希望で取り入れた場所だ。

ブームは一時ほどは落ち着いたようでぼちぼちの観光客数だ。ブラブラと各店を覗きながら歩く。道の両脇に流れる水路の水の音が心地よい。その水に飲料ジュースを浸し販売する店も何軒かあった。暑くなり喉が渇き、私も一本頂いた。

122一番奥まで歩いて神社の階段を上がり切って振り返る場所がここでの撮影ベストポイントだ。以前もここで撮ったのを覚えている。後ろの山並み、青い空、白い雲とマッチして確かに素敵な眺めだ。ここも紅葉の時期に来たらもっと素晴らしい写真が撮れただろうな~。今回の旅行はわざと好シーズンを避けての日程だから仕方がないのだ。

Uターンしての帰り際に里山風のふきみそなどを土産に購入して戻った。ここの名物、長ネギ一本を箸代わりにして食すそば(温かいもの)があるのだが、昼は喜多方でラーメンを食べるつもりなので我慢した。

喜多方

大内宿のある下郷町から会津若松を通り越してその北にある喜多方へ向かう。ちょっと距離があり車の移動では40~50分かかったかもしれない。喜多方はラーメンでは有名だが蔵の町でもある。しかし、帰りの都内の渋滞を避けるためゆっくり時間を費やせないため、ここではラーメンを食べることだけを目的にした。

125食堂はせ川

どこが良いのかうまいのかはわからないので、ガイドブックの最初に名が載った店にした。ここでもカーナビが大活躍。チャンと店の前に連れて行ってくれた。

店構えは何の気取りもない造り。タクシーが2台位止まっていたのを見て安心。運転手が通う店はうまい店というのは決まりだから。平日で待つこともなく入れた。と言っても、店内はほぼ満席に近かった。(座敷席・テーブル席・カウンター席有り) 基本の醤油ラーメンを注文。有名店でも値段も気張ることなくリーズナブルの¥600でありがたい。

10分程でやってきたのはこのラーメン。

124スープがあっさりでホントおいしかった。鶏と魚介の旨みをきかせた味。このあっさりは喜多方ならではスープらしい。

ここは湿度・温度を管理、熟成させた多可水麺が自慢らしい。でも。正直、スープが絡みにくくて麺自体に味がついていない感じがしたのが残念。チャーシューも柔らかくておいしいのに・・・。

他の店で食べていないので比べようがない。他の店でも食べてみたいが時間もないし、一杯でお腹一杯となり無理。

機会が有れば他の店でも食べてみたい。あっさりスープは大好きだから!!!

午後1時半。喜多方を後に帰路に着いた。はやく猫たちに会いたい。我が家ではそんな気持ちをこういっている。「ネコがきれた~~」って。( ´艸`)プププ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31