« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014/01/31

房総ロングハイキング 一日目

初歩きに続いて1月末のウィークエンドに房総のハイキングに参加してきた。

主催はふわくサークルでなく「千葉県勤労者山岳連盟」。参加者は県内のさまざまなハイキングサークルの人たちだ。今年は30周年となる記念の年に当たるという。ふわくサークルからは7名の参加。総勢55名の大所帯でのまさにロング列のハイキングとなりそうだ。ハイキング当日の出発時間6時が早いせいか、前日の夕方に宿に泊まる1泊2日の企画。

1日目の集合時間が17:30。早めに出たら集合場所の七里川温泉・沖津屋に1時間前についてしまった。時間をどうつぶそうか?と思案していたら、我が家の車の隣に止めた車から降りてきたのは12月のハイキングで同じ班にいた方!話を聞くと、集合前に温泉に入ろうと早めにやってきたという。この企画に何度も参加されているみたいで手馴れている。私たちも同じようにお風呂に入ることにした。

ここの温泉施設は以前に友人から聞いたことがあった。囲炉裏がいくつか設けられていて食材を持ち込みできるし、温泉は硫黄温泉のかけ流し。ひなびた感じがいいよと聞いていた。早めに受付に行くともう多くの参加者が入っていて、すでに囲炉裏を囲み好きなものを焼いている方も多く煙が上がっていた。部屋へ荷物を置いてすぐにお風呂へ。

それほど大きくないが、内風呂に入ると硫黄の香りが立ち込めていた。ちょっと熱めだが、すこしとろみを感じ顔のマっサージを念入りにしてみた。体を洗った後、露天風呂に。こちらは幾分風呂温度が低く長く入っていられそう・・・。囲いがしてあって周りの景色はあまり見られない。紅葉の時期は鮮やかそうな山々が見られそうだが・・・。

029

17:30より大広間に集合。各サークルごとに別れて座る。明日のハイキングコースの説明のあと、30周年記念の講演があった。ふわくSで有名な花博士Nさんの花だより。今まで撮られた花の写真を回してくださり、明日のコースで見られそうな花なども教えてくださった。このロングハイキングも30回目を迎えるそうで、第1回からの30年史を他のサークルの代表の方が、簡単に説明してくださった。30回も行えばいろいろな事件や困難が起こりそれらのエピソードを交えて面白おかしく話してくださり楽しかった。その中のエピソードに

覚えていますか?10年ほど前に房総の山で遭難事件があったことを!こちらでなくある団体が道標がない山の中で道に迷い一晩ビバーク。その後見つかり、全員無事に下山したニュースを。千葉県は慌てて、山岳連盟、地元自治体、東大演習林に呼びかけ道標を設置したそうだが、道標の管理については1回もたれたきりだそうで、設置した道標も朽ちかけているものが多くなったとのこと。これは早急に再設置してほしいものだ。

030

そのあと、夕食となる。仕出し弁当(持ち込み可)に暖かい味噌汁が配られ、ビールで乾杯。しばし、各テーブルで歓談した。宴もたけなわ、ビンゴゲームが始まり、大の大人が大盛り上がり!私は中間ぐらいでビンゴをだしスポーツタオルをゲット。夫は運に見放されたshock

20時ごろお開き。明日の出発は早いから皆早く寝るのかと思いきや、のんべーの男性陣は囲炉裏を囲みつまみを焼きながらまた飲み始めている。私たちはまとめ役でもある花博士Nさんに誘われお付き合いとなる。メンバーは歴代の委員長やサークルの会長などそうそうたるメンバー。話の種はやはり山関係。82歳のK氏はまだバリバリ。スキーを楽しんだり、奥多摩の冬登山もされたばかりだとか。30年史を話してくださったK氏は60代後半とみられるが50代になってからマラソンを始め、最近ではトレイルラン(山の中を走る競技)にはまり出し取り組んでいるそうだ。花博士は時折市内のスポーツ施設を訪れベンチプレスにいそしんでいるという。そう言われてみれば、Nさんの胸筋は服の上からだが盛り上がっていそうだし・・・。皆さん、それぞれに行動派。楽しみながら体を鍛えているのだな~と。最後は山びるの話で盛り上がった。東大演習林に通ってくる教授の中に「ヒル」を研究されている方がおり、刺されたヒルをとっておき何度か差し上げたこともあるという話など・・・・。10時半には二次会も解散となった。部屋に戻ると、ほかの方は就寝されていて、歯磨きもそこそこにすぐ蒲団に入った。

2014/01/30

初歩き 布良洞窟と漁村めぐり

年明けにハイキングサークル 「ふわく」の初歩きに夫婦で参加した。

1月5日(日)、集合場所は館山・布良(めら と読む)という漁港ちかくの安房自然村。午前9時半に集合ということで八街を7時前に出発した。車で東金有料道路~館山道を経由して館山に向かった。道路はがらすきで(朝が早いせい?)館山道終点が8時半位で早すぎ。そこからナビで検索し、安房自然村には9時前に着いてしまった。

車を出て自然村内をブラブラし入り口付近に下りていくとどうやらそこが集合場所のようで人が集まっていた。本日の参加者は総勢53名とのこと!これほどの参加者があるのは珍しいらしい。あらかじめ決められている班割で点呼。例により班単位(私たちの班は7名)で固まって行動する指示が出た。

003_29時半に自然村を出発。自然村奥に進むと幅の狭い傾斜の強い階段があり登っていく。ゆっくり登って10時に近代的造りの能仁寺に着く。この日、快晴で空も真っ青007。皆、今日の無事?!(大げさ)を祈っていく。そこから10分程でハングライダー発走所に着いた。なるほど、すぐ下は崖になっていた。この日は波も穏やかで写真ではわかりにくいが、大島もすぐそばに見えた。

008_2

010

この後、洞窟探検場所になるためヘッドランプの着用。ちょっとワクワクしてきた。洞窟と聞いて自然の物かと思ったら、人工的に掘られたものだった。戦争開始を発信した無線所や首都防衛の司令所があった洞窟だという。途中壁画があり何だろう?後日調べたら、岩崎巴人という日本画家が鎮魂のために描いたと言う。(←写真奥)

011

途中、住み着くコウモリの群生を見る。想像よりもとっても小さくて可愛いheart04突然の人間たちの訪問にびっくりして飛び回るコウモリの一匹が私の腕にとまった時はちょっとびっくりannoyやや奥の洞窟は空気の動きがないのかすごく暖かかったのにも感心した。洞窟の先は予定では進むつもりが道が荒れていて行かないことになる。

引き返して、先ほどのハングライダー基地に戻り早めの昼食となった。班に別れて思い思いにくつろいだ。あらためて班の皆さんと話をする。そのあと、東日本大震災の支援として取り組んでいる産地の食品販売があり私は三陸おさしみわかめを購入した。ストレッチに詳しい方からいくつかの方法も教わったりした。

014

昼食後、海辺を目指し下りて行った。上から見ると波打ち際もきれいに見えた。この海岸はかつて人気だったドラマ「ビーチボーイズ」の撮影地だったそうだ。

016

布良の漁村を歩く。はばのりを干している方がいて誰かが求めたか?一斉にそこで買いあさる女性たち。そこで時間を取られた。すぐ下の海は洗濯板状の岩が続き水もすんでいてきれいだった。

018

019

砂浜を目指して歩く。ここで小休憩。すごくきれいな所だった。そこから少し上に上がった所にモニュメントがある。

青木繁という画家の「海の幸」という絵をご存じだろうか?その絵はこの地で描かれたという。その記念塔がこの写真。

023 この後、この作品が描かれた民家・小谷家を訪問した。なんでもこの民家を修復して「海の幸・青木繁記念館」をたてようととNPOが立ち上がり今年中に開館できるという。

024 最後の写真の奥にある家がそうだ。実際にはまだ住まわれているそうで、小谷家の子孫の方が出てきてくださって一部、中を見せてくれたり説明をしてくださった。

この後は出発地点の自然村に行き、Aチームは自然村内の「薬師の湯」という温泉に入り、Bチームは館山市街に出て海鮮丼を頂くためにここで解散となる。

私たちは温泉を選んだ。古びた感じの古い温泉。かつては洞窟をくぐった先がお風呂となっていたそうだが・・・残念。お風呂は茶色がかったお湯だった。広くはないがゆったりと入れたし、露天風呂もあった。

初歩き。山あり、洞窟あり、海あり、温泉付きで変化に富んで楽しいものとなったheart02

2014/01/01

2014年 今年もよろしくお願い致します

2014年を迎えました。全国的に天気も穏やかで何よりです。(日本海側や北海道の皆さんは吹雪に見舞われ大変でしたshock

我が家では昨年、義父が他界しまだ喪に服しておりますので新年の挨拶は控えさせていただきます。

2014年 果たしてどんな年になるのでしょう?不安ばかりが募ります(u_u。)

安倍政権が成立し、アベノミクス効果で株価は上昇するも景気が回復したのを感ずるのは大企業だけでしょう!中小企業、一般庶民にはいまだに実感がありません。変に自信をつけた安倍さんは、先月には「秘密保護法」を無理矢理に採決してしてしまった。福島の原発だって収拾できていないのに「コントロールされている」と発言してみたり、原発の再稼働、輸出などを率先し、民意を全く無視。挙句の果てに周囲が制するのもきかず靖国参拝まで押し通してしまう傲慢さ( ゚皿゚)キーッ!!

今年以降、噂されている「憲法改正」の法案をあげるでしょう。私は安倍さんが首相になったときからの心配、「軍国主義」化が現実のものとなるのでは?という恐ろしさをせつに感じています!!(゚ロ゚屮)屮。また、国民に直接響いてくるのが税金「消費税」の値上がりです。国家予算が窮しているのだから仕方がないのかもしれませんが、大きな負担を日々感じるようになるでしょうね(ノ_-。)

嫌な面はさておき、私たちは世の中に惑わされずに個人的に楽しい?充実する目標を立てて過ごすしかありませんね。

Dsc02072

私個人では、山登り、書道の昇段、テニスの再開かな?欲張りかもしれないけど(;;;´Д`)ゝ(写真は秋の昇段試験に出した作品の一部です。先日の結果で六段に上がりました。今後はさらに上をめざし、最終的には師範を目標にしています)

そしてブログをはじめて10周年を迎えます。続けるにあたっては夢中になった時期、悩み迷った時期、倦怠期と紆余曲折がありましたが、たまにしかあげない記事にコメントを書いてくださる方がいると萎えていた意欲が再度湧いたものです。そう、ここまで続いたのも読んでくださる皆さんがいたお蔭なのです。
あらためてに皆さんに感謝いたします。ありがとうございます o(_ _)oペコッ o(_ _)oペコッ

もちろんブログはさらに続けていきます。合い変わらず長い文章記事でだるいかも知れませんが(;;;´Д`)ゝ、どうぞ今年もよろしくお願い致します\(^o^)/

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »