« 五月の軽井沢① | トップページ | 五月の軽井沢③ »

2014/05/31

五月の軽井沢②

夜になるとちょっと肌寒い軽井沢。昨夜、部屋に暖房が入っていた。夜中に暑くて何度か目が覚めた。おかげで、朝も早くから起きてしまった!外は快晴。朝食の時間までだいぶあるので散歩を兼ねウォーキングに出かけてみた!

086
写真は寮の入口付近。少々冷たい空気が気持ち良い!迷うといけないので昨日歩いてきた道をメインに散歩した。

090
横断歩道橋の上からは丸いお山が見えた。
歩道橋の下は長野新幹線、しなの鉄道の線と国道。

渡って、国道伝いを歩いてみた。

099_2

100_2まるでチューリップ園のようなお庭の個人宅。花の色が統一されていて素敵だった。

103


早朝のゴルフ場。静かで鳥の声しか聞こえてこない。

1時間弱の散歩で帰る。

朝食を終え、清算をして足早に寮を出た。また、重い荷物を持って軽井沢駅を目指す。

本日は私が選び楽しみにしている星野温泉エリア。軽井沢駅南口より無料シャトルバスが出ていてその一番バスに乗るのだ。

駅のコインロッカーに大荷物を預け身軽になって出発。星野温泉エリアは中軽井沢駅の北上辺りにある。20分少々で着いた。

今回の旅で一番に楽しみにしていた「ピッキオ」(イタリア語でキツツキの意)に向かう。ここは野鳥の森内にあり、本日はインタープリターと回る「バードウォッチング」を体験するのだ。受付を済まし、双眼鏡をレンタルした。受付を澄ました人たちが待っていると今日の担当、ニックネーム「隊長」さんが双眼鏡のうまい使い方など説明、レクチャーした。

鳥を探すとき、まずは目視で探し確認。その顔の角度の前に双眼鏡を持っていくとほとんど視界中央に目当ての鳥が入っているはずとのこと。なるほど~と納得した。

110いよいよ、野鳥の森へ。最初に現れたのは大きな鳥「アオサギ」数羽。距離はかなりあったが大きいし、木のてっぺん辺りを飛び回っていてすぐ見つけられた。その後、沢沿いを歩くと、いきなり、憧れの「オオルリ」が。良い声で鳴いている。隊長はさすがにすぐ見つけ、皆に場所を示す。ところが、目視で確認後、双眼鏡をいざ当ててみても「いない!!」理解したはずが、私の双眼鏡には入って来ない!焦って双眼鏡の方向を変えればさらにどこを見ているかわからなくなる。チャンと見えて声をあげる人もいるのに・・・。でも、隊長がすごい倍率の望遠鏡を三脚でセットして目当ての鳥を捉えていて、見えない人はそれを覗けば見える。その望遠鏡の威力はすごい!超ハイビジョンか4Kテレビを見ているように大きくきれいに「オオルリ」を捉えていて感激。「オオルリ」ってきれいな青でとてもかわいい顔をしている。

その後、ちょっとした山登りのように山中に入っていくと、次々と鳥たちが現れる。見つけるのはほとんど「隊長」。さすがだ。「シジュウカラ」「サンショウクイ」「ゴジュウカラ」「キビタキ」「キセキレイ」「コマドリ」・・・。だんだん慣れてきて、後半は双眼鏡で捉えることもかなりできてきた。

「隊長」は鳥のことはもちろん、植物にも詳しい。珍しい野草の花等の名も教えてくれた。

それから、この森には「ムササビ」も生息しており、夕方の「ムササビツアー」もあるくらい。所々に掛けてある巣箱にそのムササビが入っているところがあるという。その巣箱には小型カメラが付けられていて、隊長の持ってきた小型パソコンに線を繋ぐと「あら~、可愛い!ムササビ君がお昼寝中。」さすが、ハイテク時代だな~。昔だったら見ることができなかっただろうに。そんなシーンにも感激した。

熊(このあたりの熊はツキノワ熊)が餌を撮るために木に登った爪痕がくっきり残った木なども見せてくれた。

人工的に作った小さな沼(水たまりの大きいものくらい)でたくさんのオタマジャクシを見たり、変わった巣を作る鳥の巣を見つけたり、キセキレイが水浴びしてたり、ととても楽しい時間を過ごした。2時間の予定がずいぶんと超過してしまった位。でも、とっても充実してた。日頃より野鳥に興味を持っていたが、この体験をきっかけに「バードウォッチング」を個人的にもしてみたくなった。小鳥ってほんとうにしぐさや顔が可愛いって強く感じたから。

続く

« 五月の軽井沢① | トップページ | 五月の軽井沢③ »

コメント

全ては健康のために始めたウォーキングから始まりました。ウォーキング中に見かけた草花の名を調べてわかったときのすっきり感。たまりません。木の名はいまだに難しいです。特徴のある花が咲けば覚えやすいでしょうが、花がなければほとんどわかりません。鳥もウォーキング中に聞こえてきて姿は探すまではしませんでしたが、この鳴き声は何の鳥だろうか?鳴き声でわかったらいいな~という漠然とした思いはありました。そこへバードウォッチングを体験したことで火がついてまずは姿を見つけ、見つめることも楽しいと感じ始めたのです。最終的にはやはり鳴き声で鳥を判断できるとよいな~とは思いますが、これは結構時間かかりそうです。特徴のある鳴き声ならわかりやすいのですが、似たようなものだと混同して来てわからなくなってしまいますから・・・。

素晴らしい体験ですね。
緑に囲まれた軽井沢なら当然のことかしら?
タムさんは山の木や花に詳しいと思っていたら、
鳥の名前も細かく記されて、どんどん興味を広げて
いますね。
バードウォッチングの仕方が少しわかりました。

この野鳥の森でもすごい望遠を持ったカメラ愛好者さんたちをお見かけしました。そんな方がカメラをセッティングしているところで隊長が話しかけて情報を得ていましたよ。鳥があの辺にいるとか・・・。

私も望遠レンズの付いた一眼レフが欲しくなりました。

鳴いてる鳥を木々の中から見つけるって指南の技ですね。私がいった時期はちょうど若葉が芽吹き始めた頃なので葉で覆われていないから見つけやすい時期でもあったし、専門家が方向を示してくれたので割と見つかったのだと思います。

写真の被写体は花から始まりますし、自然の中ではそこから木や鳥、蝶などと広がっていくからそれぞれに詳しくなっていくのかもしれませんね~。

カメラもそうですが、今はそれ以上に倍率の高い「双眼鏡」が欲しいところです。

軽井沢では、バードウオッチングを
されたのですね。
結構色々な鳥を見て観察することが
出来てよかったですね。
わたしが時々自分のブログに鳥を
載せているのは、双眼鏡は使って
いなくて、デジタル一眼レフカメラに
250㎜の望遠レンズを装着して撮って
います。
やはりわたしも鳥の鳴き声は聞こえても
中々姿を捉えることが出来ないことが
多いです。
わたしが時々デジカメ友達の人に連れて
行ってもらい、「あ、そこに○○という鳥が
いるよ」と教えてもらいますが、目で
見つけることも中々出来ないこともありますし、
カメラでは尚捉えられないことが多いです。
慣れが必要なのかもしれません。
そうですね、そのデジカメ友達も鳥にも詳しい
ですが植物にも詳しいです。
鳥を見ろうと思うと、植物にも詳しく
なってくるとその友達は言っていました。
今はタムさんはウォーキング中に
バードウォッチングされているのですね。
ウォーキングがますます楽しくなりますね。

▽おばさんへ
またいらしてくださってコメントまで入れてくださりありがとうございます。

この旅のメイン、「バードウォッチング」はすごく良い体験になりました。おかげで、その後の早朝ウォーキング中、バードウォッチングもするようになりました。小さな双眼鏡なんで、よく見えないのが今は不満です。

バードウォッチング<<<
実際には経験がありませんが
昔 紅白歌合戦の時、活躍していましたね
軽井沢で自然とふれあい楽しい時間を
持つことが出来良かったわね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五月の軽井沢②:

« 五月の軽井沢① | トップページ | 五月の軽井沢③ »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ