フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 千葉の芝桜 | トップページ | 東京散歩 等々力渓谷 その先迷う »

2014/05/19

大山(おおやま)登山 <神奈川県>

GW初日、久々に山登りに出かけた。山は神奈川県のほぼ中央、伊勢原市にある丹沢山系の「大山」。実はこの山へは2月に行く計画を立てていたのに雪や雨の天候に嫌われ流れてしまっていた。三度目のチャンス、天候は暑い位で上々。千葉・八街を朝5時前に出た。GW初日なので多少の渋滞は予想していた。案の定、東名高速道路に入って横浜辺りから渋滞にはまる。30分ほどで抜けると後はスイスイ。厚木で有料道路に入るがそこで出口を行き過ぎるハプニングがあったが、ナビのおかげでなんとか修正。無事に大山下の駐車場に着いた。

午前8時頃、出発。この大山はかつて山岳信仰の山で江戸からの参拝「大山詣」が盛んだったとか。まずは土産物や名物の豆腐料理店が連なる参道を歩く。抜けると大山ケーブル駅に出る。夫の足の様子を考えて万一帰りが辛くなった時のために敢えてケーブルのある山を選んだ次第だ。上りは問題ないということで乗らずに歩く。参道もそうだが、途中に神社があるせいか、昔の人たちが積んでいったと思われる石段が結構ある。男坂・女坂がありもちろん女坂を選んだのだが、それでも階段登りは相当にしんどい。大山不動尊に着く。体温も上がり休憩を取って薄着になる。その後も相変わらずとぎれとぎれに石段が028続き、この山を甘く見ていたと感じた。20分ほどで「阿夫利神社下社」に着く。ケーブルカーの終点でもあり観光客も多く見られた。ここで登山の無事を祈って拝殿左側からいよいよ本格的な登山道が始まる。すでに階段登りでかなり疲労しているのに、またまたさらに急な階段が続くのを見て帰りたくなるほどだ。下社を一丁目として山頂までに二十八丁目までだと知って、その石柱を確認しながら辛いが「あといくつ」と数えながら励まして登っていく。登る人、下る人とだんだんと人の数も多くなってきた。

030

032

有名な「夫婦杉」や「天狗の鼻付き岩」を通り、休み休みなんとか下社から約2時間弱かけてやっと山頂に着いた。

035

標高1252m。(なぜか写真の石柱には1247mとなっている) 山頂には「阿夫利神社本社」があり、昼前だったこともあり昼食を取る登山者でいっぱい。我が家の昼食場を探すのにちょっと苦労した。頂上ではよく晴れていれば展望が抜群のはず(ガイドブックより)だが、本日は鮮明ではなく残念。とにかく、これでもう階段を登ることはないという思いと昼時と言うことでホッとして、空腹感が強く増した。いつもながら、外で食べるとなんでもないおにぎりもいっそうおいしく感じる。食後のコーヒーもお湯を沸かし入れ満喫した。約1時間ほどの休憩後、下山となる。計画では見晴台方面に下りて下社で上りの道と合流するルートを取るはずが、ナビの私がすっかり忘れてしまい、来た道を戻ってきてしまった。下社までは普通に下山。(写真は下社から見た伊勢原市内?)

042

041

ここから女坂ではなく男坂を選んだ。夫には「ケーブルで降りて下で待ってて!」と告げるも意地で「大丈夫。俺も歩いて降りる」と言う。しかし、これがまたまたネックとなってしまった。途中から、夫のペースが落ち始めた。ここも階段が相変わらず多く、男坂のためかなり急。しかも、古い時代からの石段でずれていたり、でこぼこしたりで足元がただでさえ危なっかしい。私がすぐ前を歩き夫のペースに合わせた。おかげで早く降りられるはずがすっかり時間を食ってしまった。

夫はこのところスクワットを毎晩するようにしていたが、まだまだ足の筋肉力が追い付いていないようだ。こりゃ、登山する度に下山が心配で、2、3000m級の山への挑戦はできにくいかも・・・と憂鬱に。なんとかかんとか駐車場までたどり着いた。午後3時位。

この後、お楽しみはお風呂。厚木市内のスーパー銭湯に立ち寄りしっかりと汗を流しさっぱりとして帰路に着いた。やはり東名高速道の横浜辺りで渋滞に入ったが、そのあと首都高速は順調で我が家には午後8時過ぎに着いた。

私たちにとって「大山」登山は階段に泣かされた山だった印象が強い。翌日から3日位、、前太ももとふくらはぎの痛みにも泣かされた。

*この記事UPは2014.5.19 午後4:00頃 記事UPの期日が変更できなかったため記載しました

« 千葉の芝桜 | トップページ | 東京散歩 等々力渓谷 その先迷う »

趣味」カテゴリの記事

コメント

▽トムジェリさんへ
同じ趣味を持ちたいと主人が私が始めようと思った登山を同時に始めました。その気持ちにはとっても嬉しく思います。
でも、帰りのことを心配しながら次の登山を計画するっていうのが結構範囲を狭めてしまいます。
私としては、ゆくゆくは3000m級の山にも挑戦したいのですが、富士山の時のように降りれないから馬をお願いできるという山はないでしょう!!
いつになったら、そんな山に登れるのかしら?って不満はどうしても否めないのが正直な気持ちなんです。
とりあえず、次回は木道をとことこアップダウンの少ない長距離を歩くだけという「尾瀬」に行くことにしました。

ご主人の体力に少々ご不満?な所があるようですが、
お二人で同じ景色を見て、同じお弁当を食べて・・
お幸せなことだな〜って思いましたよ(^^)
頂上からの眺めは素晴らしいですね。


全国的に山の標高が変化し、話題になりましたね。
標高測定する基準点が変化したためだと思われます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大山(おおやま)登山 <神奈川県>:

« 千葉の芝桜 | トップページ | 東京散歩 等々力渓谷 その先迷う »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31