フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 「幸町母の会」 の事、もう一度! | トップページ | 母の会 大多喜ドライブ② »

2014/07/28

母の会 大多喜ドライブ

Tibakenn_tizu今回の「幸町母の会」の幹事は私。いつもの食事会&カラオケのパターンを脱しようと模索した。日帰りバスツァーや電車で遠出しようか?とか。結局、仕事をしている友人もいるし移動時間もそれほどかけられないし・・・と言うことで、去年に引き続き千葉県内をドライブしようと決めた。今度はどこへ行こう?で悩んだが、お城があり、城下町らしい雰囲気も少々残っている「大多喜」メインのドライブに決定した。

*地図が小さいので画面をクリックしてくださいね!

002←「大多喜駅」前

まずは約束の8時半、千葉駅に車で迎えに行く。この日は一名、都合が悪くなったHさんは欠席。私を含め3名参加。ルートはまず東金街道で東金をめざし、そこから去年開通した「圏央道」に入り「市原鶴舞」インターで降りる。その後、通称「大多喜街道」でほぼ一本道。10時過ぎに到着。いすみ鉄道大多喜駅そばの駐車場に車を止めて、ここからは町歩き。大多喜駅前の「観光センター」に寄って散策マップを頂く。入口付近には「大河ドラマの舞台に『本多忠勝・忠朝』の城下、大多喜に誘致しよう!」と署名を募っていて同じ千葉県人だしと皆で署名した。大多喜城は徳川家康の家臣、「本多忠勝」がかつて城主だったそうだ。この日は天気が心配だったが、曇り。それが幸いして暑さも和らぎ日傘もいらないくらいで大助かり。

004最初に「房総鉄道記念館」へ。ここは個人の方が集めた鉄道関連品がたくさんある。特に鉄道ファンではないが鉄道ジオラマが総長1キロはあるとガイドブックで読んで、見たいと思った場所だ。

003005電車はかなり精巧に作られている。奥の撮影禁止区域の列車は中まで細部に作られていて引き込まれてしまう。壁に貼られた駅の看板は見覚えがある。自分の生まれたところの看板を見つけるとなんだかうれしかった。(主に千葉県内の駅の看板)

007「渡辺家住宅」<県指定重要文化財>
この住宅は江戸末期の代表的な商家・町屋だそうだ。外観だけの見学のみ。中を見られず残念だ。

この家がある通りは「城下町通り」と呼ばれ、確かにこんなふうな町屋が立ち並び、その雰囲気を伝えていた。

009011_2010

583_2585_2商い資料館

かつて大多喜は宿場町でもあったらしい。昔の宿帳を見たが皆筆慣れしていてどの人も字が上手。なぜか和歌山から来た人が多かった。職業欄のようなところには米?なんとかと書いてあった。大多喜とはどんなつながりがあったのだろうか?2階には宿屋の台所で使われていた調理道具、武士の刀、其の束、女性の簪、郷土玩具など展示されていた。

そうそう、町中にはこの旗があちこちに立てられていた。大河ドラマの舞台を大多喜町に誘致しようというもの。町全体に力が入っている。

586

« 「幸町母の会」 の事、もう一度! | トップページ | 母の会 大多喜ドライブ② »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

▽トムジェリさんへ
台風11号の影響はまだないですか?明日、四国中国を抜けていきそうな進路ですね。大事に至らないよう祈っております。
コメントに対する返答としては、
私こそ、広島を訪れたことがありません。以前から、原爆地を訪れたいとは思いながら・・・。
8/7の記事に書いたように来年は絶対に広島を訪れてみたいと思ってます。平和公園、原爆資料館。その他に尾道にも行ってみたいですね~。
千葉は飛び出て素晴らしいというところは少ないですが、行ってみたら結構良いところもあるじゃない?っていう感じのところかな?

千葉県に訪れたことがないので、
タムさんの記事を楽しく読ませてもらいましたよ。
千葉県の地図をクリックして見てビックリ!
沢山の市や郡に分かれているのですね〜
広島県も、昔は沢山の市町村に分かれており、
小学校時代に白地図に全部名前を埋めることが
いつも不可能だったことを思い出しました(苦笑)
平成になり大合併が行われ、現在は記憶できる数に
なっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母の会 大多喜ドライブ:

« 「幸町母の会」 の事、もう一度! | トップページ | 母の会 大多喜ドライブ② »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31