フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014/11/14

本澤温泉 続き

二日目

本澤温泉の山小屋の内風呂は野天風呂「雲上の湯」とは泉質が違っていて透明だった。内湯とは言え山小屋の内風呂。環境への配慮だと思うが、シャワーも石鹸もなし。入るとちょっと熱めだった。

その内風呂へは前夜、食事前に入ったが、早起きして朝風呂にも入りたいと思った。しかし強者がいらした!!!(゚ロ゚屮)屮 起きて入浴への準備をしているときに部屋の奥の方でのおしゃべりが聞こえた。「三時半に起きてお風呂入ってきたよ~!」って。それって朝風呂なのかな?(苦笑) 夕べからの噂で暗いうちの朝風呂では灯りが付かないからヘッドランプを持っていかないとだめだよと。想像してしまった!何人かが真夜中、頭にヘッドランプを装着してお風呂に入っている姿を!( ´艸`)プププ

お隣さんは入らないと言うので5時過ぎ一人で風呂へ向かう。トタン屋根に当たる雨の音が・・・。やはり今日は雨か・・・。外はまだ薄暗い。灯りの無いのを想像してヘッドランプも持ってきたが、脱衣室の電気が付いていた。ラッキー!ところが誰か先客があるかと思ったら誰もいない。なんと私が出るまでの間誰一人として来ず。風呂場の窓をそっと開けてみた。雨は本降りだった。

018早めの6時の朝食を終え、7時に山小屋前に集合。雨でもキチンと準備運動はして、山小屋の前で集合写真を撮ってから出発。私にとっては雨の中の山歩きははじめてだが、幸い弱い雨に変わっていた。本日のルートは昨日のルートを少し戻って左に折れ、しらびそ小屋前経由で前日バスを降りた「ひめこ湯」の山小屋?まで下りていく。

023

この日のルートは岩や倒木に生えた苔が美しい。山全体に水分が多いのか、自然にしみだして川のように流れている箇所や途中、湿地帯と思わしき場所もあった。

この日のペースはまたもや相当にスローペースだ。やっとしらびそ小屋に着いた。この小屋の脇には「みどり池」がありちょっと靄がかかって幻想的だった。

そこからまた長かった。その道中、前後の方の山の話のおしゃべりを聞いていて(聞こえてくるのを聞いていたのだが・・・)面白かった。皆さん、登山歴は長いので、あらゆる山を登っていていろんなハプニングを経験していた。最後は、歌の好きな方かな?「やっぱり演歌よね~」と言う感じで好きな歌を歌いだすと周りの方も歌いだす。私は演歌に詳しくないので知らない歌もあるが・・・。

そうこうしている間に目的地「ひめこ湯」に到着した。予定時間よりはるかに遅れ午後1時近く。ここでは昼食をとる。朝が早かったのでお腹も相当にすいている。その前に入浴を済ませることに。ここのお風呂は非常にあつ~~いヾ(.;.;゚Д゚)ノ 浸かるまではそろりそり・・・。入ってからも静かにしていないと・・・。それでも、しばらく我慢してると慣れてくる。そのうち、足の指先がジンジンとしてくる。なぜかその感覚が心地よく感じてくるから不思議だった。

昼食はここの食堂であたたかいお蕎麦を頂いた。ふわくの皆さんは相当にアルコール好き。風呂上りだからジョッキを手にしている方が多かった。雨はまた本降りになっていた。午後2時、バスに乗り込みいよいよ帰路へ。皆さん、お疲れで休みたいところだが、リーダーらの企画で帰りの車内では一人一人が「ふわくと私」と題してのコメントを言わなければならない。私はあらかじめ文章に起こして来たのだが、いざマイクを持つとあれもこれもとちょっと長くなってしまった。最後にこれだけは言いたいとこのブログの存在も伝えた。皆さんのコメントでは特に役員を何年も続けておられる方の苦労を知り、30年も続けられるのも役員さんがいるからこそだと思い知らされた!!本当にご苦労様と心より申し上げたい。

014

←前日の夕食時の様子

015

それ以降も、バスでのレクレーションは続く。リーダーのHさんは日本レクレーション協会に属されていてその道のプロ。お得意のハーモニカでのレパートリーは相当な数だし、演奏も素晴らしい。そのお顔をくしゃくしゃにされて熱演。Hさんのハモニカ伴奏で童謡・唱歌・演歌を含む歌謡曲と疲れも忘れ皆で大合唱が続く。そして、Hさんはお話も上手で皆を笑わせ飽きさせない。貴重な方だと感心した。首都高での渋滞も気にならず千葉へ午後8時前に到着。無事に着いたことに感謝したい。

今回のふわくの山行、山の頂上を目指すわけではなかったが、貴重な野天風呂をはじめ、山小屋での温泉三昧(合わせて4回も入った!)に落葉松の紅葉樹林帯の黄金色、その他の紅葉・仲間の山話(バスの中での皆の話等とても楽しい時を過ごせた。そして、この企画をなさったリーダーの方々へもお疲れ様と感謝の気持ちを伝えたい。

30年も続いている我がサークル。若い時分に高い山を登られていて現在は年齢相当の無理をしない山歩きにシフトを変えて続けている。それはそれでまた違った山歩きの楽しみ方だと思っている。どうか、ふわくがいつまでも続くように願ってやまない。

温泉三昧の山行、新しい思い出がまた増えた。ありがとうございましたm(- -)m

2014/11/04

本澤温泉 ~ふわくHC30周年記念山行~

私の所属しているハイキングサークルが10月に30周年記念山行を計画、私も久しぶりに参加した。

10月21、22日、26名がバスで北八ヶ岳にある本澤温泉(長野県・南牧村)にむかった。 あいにくの雨の中、午前7時に千葉を出発。八ヶ岳なのだから首都高を抜けた後「中央道」に入ると思ったら、「関越道」を経由して「上信越道」へ。このころから薄日が差したりしてきた。佐久インターを降りるころには雨は上がった。予報は外れてくれラッキー。JR小海線沿いを走り「松原湖」駅先の登り道に入った。紅葉する木々が多くなりワ~と声が上がる。。まもなく道は細くなりクネクネ。大型バスは入れないそうだ。対向車が来たらどうするの?なんて心配しているうちにバスでの最終地点に到着。ここからは一層狭い道のため、手配した乗り合いバス(ワゴン車)、タクシー一台で本澤温泉登山口へ。

005午後1時過ぎ、登山口を出発。雨でないのでレインスーツを着る必要がなく助かる。そこからは割とゆるやかな坂道が続く。落葉松の黄色、カエデなどが色づいていた。隊列はけっこうゆっくりゆっくり。

006

012

013

緩やかな登りだが、まだ着かないと?思うほど。距離を長く感じた。暗くなる前につかないと・・・・・。4時半過ぎにやっと、「本澤温泉」に到着。ここの山小屋は八ヶ岳では珍しい「かけ流し」の温泉を備えているという。さらに、日本では一番高い場所にある露天、いや表示では「野天風呂」と書いてあった「雲上の湯」が名物だとか!平日でほとんど貸切状態だったため、混浴の野天風呂は先に女性陣が入って、出てから男性陣が入るということになり抵抗なく女たちだけで入りに行くことに!部屋に荷物を置くのもそこそこに出向くが、その「雲上の湯」へは歩いて10分、いや登って10分もかかる場所で行くまでちょっと息が切れた。慌てていたのでカメラも携帯も持たず・・残念。でも、カメラを持ってきた人が風呂に浸かっている私たちを撮ってくれた。後日、その写真をもらえるのかしら?だって、このような自然の中のお風呂に入ったのは人生で初めてだから記念として欲しいのだ。

P1150717←副会長のNさんがネットを通して送ってくださった写真

「雲上の湯」(野天風呂)

脱衣所も何もなし。本当に野性的。地獄谷温泉の猿になった気分(苦笑) 周りを見れば脇には川があり、カラマツ林の黄金色が連なり景色も良かった!そんな時、先に上がった方が戻ってきて「男性陣が今か今かとそこまで来て待ってるよ~!」と知らせてきて慌てて出る。ここの風呂温度、ちょっと低めでしっかりあったまらないと湯から上がったら寒い。でも、かけ流しの内湯があるからそちらでもう一度入ってしっかり温まろう!

夕飯はちょっと早めの午後6時から。乾杯して、山小屋での贅沢ではない(半笑)?!食事をする。周りの女性陣はほとんどビールを飲んでいて私はお酒は苦手。特にビールは嫌いなので、ワインを頂くが普段飲んでいないのでたくさんは飲めず、始めからご飯を頂いていると「アルコール飲みながら、ごはん食べてるの?」なんて前の方にあきれられてしまった!グラスのワインもわずかしか飲まずじまい。顔がほってってきてこれ以上はと止めたのだ。

宿の片付けの関係で食堂ではひとまずお開き。談話室で飲み足りない方は飲むことに!山の夜は冷える。だるまストーブがつけられていて暖かいがそこはけっこう狭かった。そこで入って間もない私が紹介されてコメントを言う羽目に。また、会員ではなく参加された方の紹介もあった。一番驚いたことは、86歳の女性が参加されていたこと!この方、以前このサークルに入っていらしたこともあるが、それ以前若い頃から登山をされていた元祖「山ガール」の方。発言にはさすが威厳を感じる。面白い?いや怖いエピソードに「幽霊が出るという避難小屋」で本当にそんな体験をなさった事、谷川岳で遭難した友を昔は許可を取って、その山で荼毘に付す(ガソリンを掛けて火葬する)儀式をしたこと等。最後にその時に歌う歌「いつかある日」を皆で歌うが、私は全く知らなかった。

解散後、部屋に戻って歯磨きや荷物の整理などしていると、「星がきれいだよ~」と声がかかり観に戸外に出る。寒かった~。雲が流れていて満点の星ではないが雲が切れた時キラキラとよく見えた!星座に詳しくないが「カシオペア」(wの形)らしいのはわかった。

山小屋の消灯は早い。午後九時に消灯。布団に入りお隣の方としばらくお話をしていた。でもやはり疲れが出たのか、話を終えた後すぐに眠ったようだ。

続く・・・★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2014/11/02

久々の落語 柳家権太楼

地元の銀行で「ひまわり寄席」と題して観覧者を募るチラシを見た。すぐその場で申し込みをした。先日、その抽選に当選、無料招待状が届いた。うれし~。出演者は「柳家権太楼」とある。名は良く聞くし、TVでも拝見したことがある落語家だ。

地元の夏祭りで聞いた「柳家三三(さんざ)」さんの落語を聞いてファンになり、県立「房総の村」の施設で開かれる「房総座」に毎回出演する三三さんの落語を聞きに行ったものだが、最近は落語に関わることを忘れていた。久々の落語会で楽しみにその日を待った。

柳家権太楼」さんは調べるとやはりそれなりにすごい落語家さんだった。会場は市原市民会館の小ホール。定員500名近くの席がありほとんど満席だ。開演午後6時半。銀行のお偉い方が挨拶をなさってこの会が今回で4回目の開催になると言っていた。私は今まで気づかなかった。すごく惜しまれる。

始めは六番弟子と本人が言っていた二つ目の「柳家さん光」さん。張りのある声で与太郎の滑稽話。有名な「牛ほめ」。前列にいた小学生に特に受けていた。周り中に聞こえる笑い声でその声でこちらも笑ってしまうほど。

そして、出囃子の「金毘羅」にのって権太楼師匠の登場でひときわ多くの拍手が送られた。まくらがけっこう長かった!タバコをやめる時のエピソードを面白おかしく話し、最後に「ASKAの気持ちがよくわかるっ!」って。それからこの時期には紅白歌合戦の司会や出演者が決まる頃だが、最近は紅白は見ない!わけのわからないグループが出てくるから裏番組の演歌番組を見ると始まって、小林幸子さんがお気に入りか演歌を歌い出したのは良いけれど一番で終わるかと思えばなんと3番まで歌い通してしまった!きっと独演会だからけっこう自由にやってるのかな?なんて。この時の演目は酒好きの主人公が友を待つ間に待てなくて飲み始め、ちょこっとだけと思いながら全部飲んでしまう話がメイン。私のしろうと知識では演目がわからなかったが、主人公の心情や酔っぱらっていく過程などやはり話がうまい。早口と思えば実に絶妙な間合いをとったりでぐいぐいひきつけられてしまう。

この後、寄席でいう色物としてマジックの方が出た。失礼ながらお名前は忘れた。マギー司朗ばりのおとぼけマジックで結構楽しかった。

最後に再度、権太楼師匠登場!人情話の「井戸の茶碗 」を演じた。長めの話だが、師匠の見せ所で面白、おかしく。最後はほろっとさせるオチで幕となる。時刻は8時半。2時間の楽しい時は短く感じた。

久々の落語。また、寄席に行ってみたくなった。柳家三三sさんの話も聞いてみたくなったな~。そんな秋の夜となった。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31