フォト

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/

最近のトラックバック

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016/07/26

キリンに会いに ~千葉市動物公園~②

Cimg1510_2鳥類・水系ゾーンへ。アシカは気持ちよさそうに水中をスイスイ。飼育員さんがドアを開け様子を見に出たら、エサがもらえる?と思って2匹ともそちらへ寄っていく。すぐに飼育員さんがドアを閉め姿を消すと名残惜しそうにドアを見つめそっちに気がいってしまっった様子。ちょっと泳いではドア方向に寄っていくを繰り返していた。ペンギンも暑いので水の中かと思われたたがなぜか一匹たりとも水中にはおらず、陸に上がってほどんど動かない。どうしたんだろうか?眠っている様子でもなく、なんとも不思議な光景だった!

Cimg1511

この動物公園でレッサーパンダに続いて有名な「ハシビロコウ」。この鳥こそめったに動きを見せないということで有名になった鳥だ。確かに動かないのが基本だが、私が見た限りでは時々首を動かしていてなんだかペンギンと対照的な光景だった。

本来はエサの魚を捕らえるのにその場近くを来るまでジッと待つ習性が動かない鳥として有名になったもの。でもこの檻には魚がいるような小川とかは設置されていない。それでもジッとしている姿がなんだか気の毒に見えた。動物園だから決まった時間にエサを与えるから仕方がないのだが・・・。                                  

 

続きを読む "キリンに会いに ~千葉市動物公園~②" »

キリンに会いに ~千葉市動物公園~

 

Cimg1563

先週の平日、千葉市動物公園に行ってきた!目的は先日記事にした「動物翻訳家」のキリンの章に書かれていたそのキリン夫婦の第一子、龍王に会いに行くためだ。
千葉市動物公園はかつて一世を風靡したレッサーパンダの風太君がいる動物園。キリンに会うのは最後にとっておいて、まずは入り口からはじめにあるレッサーパンダのエリアへ。この写真は源太君という子。この日は暑くてすでに暑さで参っている様子。でも、カメラ目線に合わせてくれた。風太君も健在だったが、寝床に入っておやすみ中。お顔が見れなかった、残念。
小動物とふれあえる子ども動物園は飛ばしてその次の動物科学館に入ってみた。館の奥に密林?を再現したようなエリアがあり4階建ての吹き抜けになっていて熱帯の鳥が放たれていて、檻越しではなく観察できる場所があった。いきなり出迎えてくれたのはきれいなカンムリバトさん。
Cimg1496 
天井近くには黄色い大きな嘴のオオハシ君が見えた。鳥の声が結構したけどほかの鳥たちも見つからず・・。あと、この森にナマケモノがいると書かれていたが葉がゆさりともせずけっこう探したが見つからず残念。
この他に夜行性の小動物ゾーン。通路はもちろんちょっと薄暗い。主に小さい猿系が多く、マーモセット類は本当に小さくて子猫位でかわいらしい。平日だし、館の中ということもあるせいか見物客は誰もいない。ひと恋しいのか、私が前に立ったらガラス越しの枝に数匹寄ってきてこっちを見ている種もあった。檻は狭くてこんなところに毎日いること自体気の毒に感じた。動物園自体がそもそも人間の都合でできたものでもあるし、すべての生き物にエンリッチメントを求めるには費用的にも無理がある。私が動物だったら?そんなことを深く思ってしまった、このゾーンでは。(フラッシュ禁止で薄暗いのでここでの撮影はビデオに撮った)
外に出るとまたムッとした暑さが戻る。

Cimg1498

大型から中型のモンキーゾーン。まずはゴリラ。想像はしていたが、大きなオスと思われる一匹は祠のような日陰に入ってボーっとしているだけ。お隣のチンパンジーでは3匹が動き回っていたが、日陰を探してるみたい。
 

Cimg1500

オラウータンは2匹がじゃれあっていて元気。体の大きさがかなり違ったので親子が遊んでいるのかと思ったら、前の看板からオスとメスらしい。毛足が長くて他の猿より毛むくじゃらで暑い夏は過ごしにくいんじゃないかと勝手に想像してしまうが、熱帯雨林とかに住む種なのか?抱き合うようにするようにふざけているのだ。なんともほほえましい2匹だった。

Cimg1503

中型の猿たちも意外と元気。仲間を追っかけまわしたりと動きがかなり活発だった。コミュニケーションはやはり毛づくろいですねhappy01

Cimg1505

マンドリル

Cimg1509

くろざる

ニホンザルがたくさん放たれた猿山のある展示施設では元気に走り回るのは種に子ザルたち。大人と思われる猿たちは日陰に入ってまったり、あるいは毛づくろい。子ザルたちは小さな池にザブーン。短い棒切れをおもちゃに取ったり取られたり・・・。猿山の端から端までを走り回っている。その姿はかわいらしく飽きない。

そろそろお昼時。

すぐそばにあった休憩所で軽く食事をとる。その脇の広場には定期的に水が噴き出す噴水があり小さなお子さんたちが水着を着てキャーキャー言う声が響く。汗びっしょりの私も入れるものなら入りたい~~。涼しげで羨ましく思った。
さあ、続きを見学するぞ!久しぶりのこの動物園ではいつもよりもじっくり見ようと思っているから。
続きは次の記事で・・・

 

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ