« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016/10/21

楽天オープンテニス2016 観戦②

この日は久々の快晴。しかも湿度は低く吹く風が心地よい。試合と試合の合間に私は大会グッズを手に入れようとショップに向かった。キャップとタオルをゲット。そのあと、家族からのリクエストでホットコーヒーを買いに。コロシアムの周りは長く反対側のフードコートまで歩く歩く。買い終えて席に戻るのが一苦労。自分の席に近いゲートに入っても試合の途中は歩けないし、この会場(どこでも同じか知らないが・・・)では、選手のチェンジコートの時しか移動できない。その上、セットの最初は1ゲーム終わるとチェンジだがその時は移動禁止という。間が悪くその時に遭遇。結局、3ゲームまでは入り口入ったところで立ち見。コーヒーもほとんどぬるくなってしまった。
第3試合
キリオス(オーストラリア)対ミュラー(ルクセンブルグ)
キリオス選手は昨年出ていたし、悪童?で有名。21歳と若いのだが実力はありこの時ベスト20には入っていたはず。前日、WOWOWでTV観戦していた時、キリオスは試合前の選手同士でするウォーミングアップの時、大あくびを繰り返していた!「おいおい!やる気あるの?」と突っ込みたくなる。それを見た解説者がある試合前のエピソードをばらしていた。なんでも試合20分前位にキリオスのコーチ陣が彼を探していて皆に聞きまわっていたという。結局見つかるのだが、彼は彼女とのんびり会場内にあるスタバでコーヒーを飲んでいたという。そのため試合には間に合うがウォーミングアップなしで試合に臨んだという。本当におきて破りの自由人。それにしても彼のスタッフたちもやりにくさに頭を抱えているだろう。とにかくそれがキリオスなのだ。長身で首がひょこっと前に出ている猫背。色は浅黒く21歳と思えぬ老けた風貌。

Cimg1511

そして試合は?
彼はパワーテニス。サーブが速い。繰り出すサーブやショットは腕というより肩から打ち出す感じ。その音はやはりすごい!そして、普通、セカンドサーブの時は確実性も含めてコース、変化球とかで速さが遅くなるのだ

Cimg1510

が、彼はファーストと変わらない。ダブルファーストなのだ。ファースト、セカンドと間をあけずにどんどん打ち込んでくる。かといって小技もドロップショットなどもこなす。また抜きショットを観客に見せてみたいのかなんでもない時にチャレンジしたりと、試合中でも余

Cimg1514

裕なのか?真剣勝負しているの?と言いたくなるがそれも彼なのだと思えば納得してしまう。
ミュラー選手もはじめはがんばって善戦していたけど次第に?そんなキリオスのペースに乗せられてしまったかストレートで負けてしまった。
結果:6-4 6-2 キリオスWIN
 
第4試合 モンフィス(フランス)対カルロビッチ(クロアチア)

Cimg1519

Cimg1520

モンフィスは今年は調子が良くてベスト8あたりだったと思う。フットワークが素晴らしくてあんなボールも打ち返すの?と思うほどよく拾う。リオオリンピックでは錦織選手と戦い接戦の末に負けたのはまだ記憶に新しい。今大会では錦織やワウリンカ、デル・ポトロ(リオ銀メダリスト)が相次いでケガで出られなくなり今回の優勝候補と目されていた!
一方のカルロビッチはプロテニスプレイヤーでは一番長身(216センチ)の選手。やはりビッグサーバーで最高記録が251キロというから恐ろしい。サービスエースの数も世界最高。確か1万回は超えてるはず。アナウンスされるとみな一同にウォ~と声が上がった。本人は日本語がわからないから誰かが翻訳してないことを祈るが、試合試合の間に登場するMCの一人松岡修三さんが言うにはアンフォーストエラーも相当多いと言っていた。(いっていいの?そんなこと) 年齢にもびっくりΣ(゚д゚;)37歳だという。シングルスって相当体力がないとできないと思うがまだ現役でやっていることにも驚かされる。
 
試合だが、これが接戦に次ぐ接戦。カルロビッチは確かにサーブは速いがかつてのような速さは出ていなかったし、ファーストの入りもいまいち。試合運びはちょっと単調な攻めでサーブ&ボレーで打つと前に出てくる回数が多く、その割にミスも多かった。モンフィスもさすがに俊敏な動きで拾いまくるが相手のサーブが鋭く決まると拾えない。
この試合、4時も過ぎると日が傾きはじめ気温も下がってきた。心地よい風が冷たい風に変わり寒くなってきた。一応、上着とストールはあったので着込んだが足が寒い。そうだ!と思いついて買ったばかりのタオルを膝にかけたら暖かく難をしのげた。ラッキー!!
Cimg1526
第1セット、第2セットとタイブレークとなりどちらもモンフィスがものにした!
結果:7-6、7-6 モンフィス勝利。
 
明日の準決勝はゴファン対チリッチ、キリオス対モンフィス。明日はTVで見たいと思うが仕事で見られず・・・。残念。

 

Cimg1528この後は男子のダブルス準決勝。しかし、おおくの人が席を立っていく。草テニスの大会はシングルスってあまりやらずほとんどがダブルスだ。TV中継ではあまりダブルスを流さないし、どんなものか見てみようと私たちは残った。いつの間にか、会場にライトが照らされていた!

素人とは大違い!ダブルスはボレーが得点確率を高くするが、その速さと言ったらものすごい。そのため展開は早い。それからスコアは40-40になりやすく 次の1得点で勝敗が決まるのでジュースのハラハラ感がなくちょっとつまらないかな~と感じた。

第2セットの途中で7時近くになったので帰ることにした。帰りは予定通り、東京駅行きのバスで・・・。帰路につく会社員で結構混んだ。お腹もすいてきたので途中で夕飯を食べていこう!そんなことを思いながらすっかり暗くなった東京の夜景を眺めていた。

※楽天オープンの最終結果

ニック・キリオスが優勝。

ところが次の週の上海オープンでやる気のない試合をして観客にも暴言を吐いたということで罰金と出場停止命令が出されてしまったキリオス。本人は深く反省をしているとのこと。少し大人になってまた来年心新たにがんばってほしい!ちなみにそんなキリオスだがわが夫はほかに類のない選手だから気になるとファンになっている。そんなファンも多いかもしれない。

 

 

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/10/20

楽天オープンテニス2016 観戦

上海オープンも終了、ランク2位のマレーが優勝して、今更だがその前の週に行われた楽天オープンの観戦の様子で遅いのだがお許しください人( ̄ω ̄;) スマヌ

Cimg1493_210月7日(金)に楽天オープンテニス2016の準々決勝を観戦してきた!去年は外人選手の試合しか見られず今年こそは「錦織圭」選手の試合を目の前で見たいと思って楽しみにしていたのだが・・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。2回戦の試合中にケガをして棄権したためこの日も外人選手ばかりの試合観戦となってしまった!

Cimg1496

会場の有明コロシアムへは今年は東京駅からの路線バスを使用して(時間短縮&運賃安)と計画。会場では大した食べ物が売っていない上に高いので、東京駅グランスタでおいしそうなお弁当を購入し勇んでバス停に向かうと看板を持った人が立っていて午前中は臨時運休という?実はこの日、リオオリンピック&パラリンピックのメダリストのパレードが行われる日だったのだ!大誤算。仕方なく去年と同じ、新橋からゆりかもめのモノレールで向かう。早めにつく予定のはずが、開始11時ぎりぎりとなってしまった。
席はS席。テニスコートの角上。すでに1試合目の選手が入場していた。
 

Cimg1502

Cimg1497

Cimg1507_2

第1試合 ゴファン(ベルギー)対ソーザ(ポルトガル)
ゴファンは錦織と同じようなストロークを得意とする若手(錦織より一つ年下)今回が初めての参加。、ソーザは昨年も参加していてチョッとイケメンのサーブが速めの選手。第1試合はゴファンのミスが目立ちソーザの一方的な勝利。しかし、2セット目からエンジンがかかってきたゴファンが本来の力を発揮。互角の試合展開になりタイブレークにもつれた。ここでゴファンが勝ち取りセットカウント1対1。最終セットはどんどん調子を上げたゴファンが自分の形でどんどんゲームをこなしアッという間に終わってしまった。ゴファンの勝利となった!
 結果:1-6、7-6、6-2。
 
第2試合はチリッチ(クロアチア)対モナコ(アルゼンチン)

Cimg1507_4

Cimg1508_2

チリッチは2年前グランドスラムのUSオープンの決勝戦で錦織を破った選手。長身から繰り出す高速サーブが得意。一方、モナコ選手は名前は聞いているがどんな選手かあまり知らない。
モナコ選手は第1セット、ランクでは格上のチリッチに対して善戦した。チッリチも本調子ではなさそうでストロークでは返球が結構浅く帰ってくることが多く攻め込まれたと思う。5対5のキープ合戦。しかし、ここぞというときに本領を発揮するのがやはりランキング上位の実力だ。最後にブレイクして第1セットを7-5でチリッチが制した。第2セットは気落ちしたのかモナコの元気がなくなる。チリッチも次第に深い返しをするようになり早いサーブも入ってあっという間のゲームオーバー。第2セットは6-1でチリッチの勝利となる。
結果:7-5、6-1 
 
昨年もそうだったが、試合が終わると勝利選手が3個のボールにサインをし観客にラケットで打ってプレゼントするのだが、この日の第2試合後はそのボールをゲットした人がコート上に呼ばれるスペシャルイベント。コート上に置かれたテーブルにある三つの箱の一つには来年2月にドバイで行われるドバイテニス選手権の準決勝のチケット&高級ホテル宿泊代、往復✈航空券がペアで貰えるという!!
 
といっても、昨年もそうだったように飛ばされたボールは我が家が座っているS席とかまでは飛んでこないのだ。いつももう少し値の高いチケットを購入した人あたりに飛んでいく。今年も同じだろう。(S席より下へ行く階段はあるが綱が張られているうえ必ず大会スタッフが立っているからいけない!)ちょっと白けた気持ちで一応お客さんの皆は立ち上がり選手にアピールしてボールを呼ぶのだが・・・・。まあ、お決まりの結末でした(苦笑(´,_ゝ`)プッ)
 
長くなったのでこの続きはパート2として記事にしますtennis
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/10/03

金木犀の香り 

 10月に入った。今朝もウォーキングに出かける。この数日、外に出ると鼻をくすぐる甘い香りが漂っている。近所のあちこちのお庭に植えられている金木犀の花が咲きだし、その香りを放っている。それは日増しに強くなってきた。今日あたり満開?かな。
秋の彼岸が過ぎたころはつぼみはかたそうで、まだ青かった(正確には緑色)。それがあっという間に黄色になり、その色を日ごとに濃くして今はオレンジ色。
 8月、9月と天気が不順で雨が多かった天候だったが、そんなことはなんのその!体内時計を持っているかの如く例年と同じようにこの季節、咲きだした。いつものことながら、植物の力や自然にあらためて感心させられる。
 いよいよ秋も本番に入ってきたのだ。そういえば、夜が明けるのも遅くなったが、特に日の暮れるのもずいぶんと早くなったなぁ。そう思うと、なぜだか一抹のさみしさを感じてしまうのは私だけだろうか?
 長男とテニスをした。(夫は日曜出勤でやれず)。終わって駐車場に向かう途中、金木犀の香りがした。探すと、すぐ脇のお宅の入り口付近に咲いていた!
「いい香りがするでしょ?金木犀って木の花の香だよ!」といった私に、答えた息子は
「トイレの消臭剤の匂いみたいだ!」って。思わず 「およよ~」ずっこけた┐(´д`)┌ヤレヤレ

Kinnmokusei2

(若いとは言え、少しでも自然や植物に関心を寄せられる人になってほしいのだが・・・(u_u。)  )

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »