« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016/12/27

善光寺と野猿公苑③

Cimg1527

長野駅に戻ると天気はすっかり良くなっていて道も濡れていない。結局、購入した傘も役に立たずじまいだ。あまり遅くならないうちに帰宅したいので4時半近く発の新幹線の指定をとってから善光寺に向かう。はじめ駅からも近いだろうと思い込んで歩いて向かうつもりが徒歩30分と聞いてビックリ。お土産を買う時間も考慮して(駅ビル内の土産物コーナーで購入予定)、約1時間余りで駅に戻る必要がある。バスもあるだろうが1分でも惜しくてお金はかかるがタクシーに乗り込む。
←JR長野駅善光寺口

Cimg1578

仁王門。迫力満点w(゚o゚)w

左右に仁王様が私たちに向けて目を見開いている。

Cimg1579

 
仁王門をくぐると仲見世が続く。帰りに立ち寄ろうと素通り。山門手前右側に六地蔵がお出迎え。死後に赴く(六道)で衆生を救ってくれる菩薩様たちだそうだ。六道とは、地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天の事だそうだ。影が長い~。師走は日が短い。急がねばdash

Cimg1580

大きな大きな山門。

Cimg1581

 

山門下から本堂を望む。

Cimg1583

平日の夕方のせいか人はまばら。

 

 

 

本堂の中も広く、ご利益のあるといわれる像がいくつかあった。

「びんずる尊者」さまは治してもらいたい箇所をなでると効き目があるという信仰。体中、ピカピカだ。写真撮影は禁止で残念。

「遠くとも一度は詣れ善光寺」と言われる古刹を訪れることができ感激だ。

この後、先ほどの仲見世をぶらぶらとする。長野といえば「おやき」。定番の中身、野沢菜の物をほおばる。小腹が減っていたのですごく美味しかった!老舗のお蕎麦やさん、和菓子屋さん、有名な七味唐辛子屋さん、商家や蔵をリノベーションしたカフェなど寄りたいところはたくさんあったが目をつむるしかない。雰囲気の良い石畳の続く参道をちょっと歩いているとバス停があり人が待っていた。何分があるかと時刻表を覗いていると探すこともなく目の前にバスが止まった。長野駅行きだ。それに乗り込む。10数分で到着。駅ビルでお土産を見て回って余裕で新幹線に乗れた。

善光寺、野猿公苑と慌ただしい日程での旅だったが私の中では充実した一日だった。善光寺に関してはもう一度ゆったりと訪れたいと思う。本堂の中のお戒壇巡りや釈迦堂の寝釈迦像も見てみたい。参道の店々をじっくり味わいたい。

帰りの電車内ではすぐ日も暮れて車窓からの景色は見られないから寝ようと思ったが、思った以上に興奮状態だったみたいで眠れず。カメラ内の撮った写真を見たり、ガイドブックで行った先を振り返ったりして今日を確かめていた。

温泉地だったからせめて足湯にでもつかりたかったな~

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

善光寺と野猿公苑②

Cimg1529

長野電鉄の特急は一両目の先頭部分が展望窓になっており、昔乗った小田急のロマンスカーみたい。
写真の右手前のはしごはなんのため?と思っていたら、発車時刻近くに運転手が現れ、その階段を上り天井の一部を開け、そこに入って中から天井を閉めた。なるほど、先頭部分だけ2階建てになっているのだと分かった。

 

 

Cimg1532

始発からしばらくは市街を走るためか?地下鉄だった。市街を出てやっと地上を走り出した。

住宅街を抜けるため踏切も多く、頻繁に警告音を鳴らすのが気になった。遮断機のない踏切がたくさんあるのだろう!

郊外に出るとさすが信州と思えるりんご畑を両側に見ることが多くなった。そうそう、車内では男性の車掌さんらしき人が片手にかごを持ち、お菓子や飲み物の販売まで行っていた。長電のミニチュア電車をはじめ長電関連のグッズも宣伝して回っていた。この時は鉄道オタクがいないらしく欲しがる人は見かけなかった。生き残りをかけての鉄道会社の苦心を垣間見た気がした。

Cimg1533

約50分くらいで終点の「湯田中」に到着。長野駅では雨。でも郊外に出たら晴れ。さらに終点駅近くからまた雨と天気が変わる。「湯田中」を降りると寒く、冷たいみぞれが降っていた。野猿公苑に行くためにはここからさらにバスで15分ほど乗らなければならない。駅前のバス案内所で次のバス時刻を聞くとあと40分ほど待つことに。この時点で11時半近く。駅前によさそうなカフェ&食堂の店があり少々速いが昼食を摂り時間をつぶすことにした。

Cimg1538

Cimg1536

 

 

その店の名は「GOEN」。ショーケースにはおいしそうなマフィンやケーキが並んでいたが今回は昼食メニューで!「親子丼セット」をいただく。丼ぶりもおいしかったが、付け合わせの煮物の味がよくしみていて美味しかった。「ごちそうさま~o(_ _)oペコッ」。

 

Cimg1540

外に出ると完全に雪になっていた。バスははじめ川沿いを走った。本来なら温泉街で温泉巡りもできるところなのだが涙を呑んでパス。

15分ほど乗って「上林温泉」で下車。そこから少々坂道を登って「野猿公苑入り口」に着く。

Cimg1543

Cimg1544

 

実はここで到着ではないのだ!!地獄谷温泉は秘湯に当たるため車も通れない細道をこの場から30分かけて歩くというのだ。しかもやや傾斜のある山道。はじめこそ整備された道だったが・・・・。おりしもこの雪の中を朝から観光客が歩くものだから山道はぐちゃぐちゃに。

Cimg1545

Cimg1546

新調したブーツ(一応、撥水加工品)がどたどたとなり(;´д`)トホホ・・・・・・・・。

こんな道を歩く30分は長く感じた。ここでハッと気づく。行き交う観光客は外国の人ばかり。日本語があまり聞こえてこないのだ!私自身もごく最近、DlifeTV「ボンダイビーチ動物病院・医師クリスのバカンス」という番組でそのクリスが紹介しているこの野猿公苑を見てハタと思いたって計画に取り入れたのだ。外人さんはお猿がお好き?

Cimg1551

ついにその野猿公苑にこんどこそ到着した。入場料は¥800と少々お高いbearing

 

Cimg1555

湯けむりでよくわからないが・・・。猿たちは見られていることは全く気にしない。もう慣れっこになっている。人間のすぐ脇を当たり前のようにすたすたと抜けていく。

Cimg1566

Cimg1567

Cimg1563

 

写真ではわからないが雪が舞っているし風も少々あり体が冷えてきて寒い。30分ほどで切り上げる。ショップで小さな猿のぬいぐるみを買って下山する。

Cimg1552

Cimg1573

Cimg1550

地獄谷温泉、有名な「後楽館旅館」。そこの露店風呂にも猿たちが・・・。

帰りはさっき降りた「上林温泉」のちょっと先にある美術館前から長野駅直行のバスがあると聞いてそれに乗ることに。私一人だけが乗車?と思いきや、発車間近に外国人の団体さんが押し寄せてきてバスはほぼ満杯状態に。1時間くらいで長野駅に到着した。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/12/24

善光寺と野猿公苑

先日、日帰りで長野に行ってきた。仕事についてからは簡単に連休は取れないので公休日を使って行ってみたい場所へ思い切って出かけた。
以前から世界でも珍しいと有名な「温泉に入る野生の猿がいる地獄谷野猿公苑」を訪れたいと切望していた私。日帰りでは無理かと思っていたが、新幹線(北陸)のおかげで意外と早く長野へ行けるのが分かった。そうとなれば、行きたい気持ちが大いに強くなってきた。
旅の計画は一気に盛り上がり即決定、実行に移すことに💛

Cimg1493

Cimg1495

北陸新幹線(ちょっと前は長野新幹線)で東京発7:52発の白鷹に乗車。天気も快晴で気分は上々(v^ー゜)ヤッタネ!!
 

Cimg1496

東京駅構内で買ったお弁当を開き、朝から贅沢な朝食をいただく。山形の「おもてなし弁当」。

Cimg1498

中身はこれ← どこから食べようか迷ってしまう
 

Cimg1509

群馬・高崎駅を過ぎると「妙義山」が見えてきた。いつかは登りたい山の一つだ。<待っててね、妙義山>

Cimg1519

 
軽井沢駅でけっこう観光客が下車した。まだ軽井沢には積雪はない。この時期は例年そうなのかな?
 
佐久付近から雲行きが怪しくなる。予報では雨になるとは知っていたが・・・
 

Cimg1526

長野駅に降りると小雨。時刻は9:30。さすがに寒い。トイレでタイツを履く。ここからはまず野猿公苑を目指すため長野電鉄に乗り、終点の「湯田中」へ。次の特急には30分以上の待ちがありその間に駅ビル内で折り畳み傘を探す。何とか見つけた。
さあ、長野電鉄の改札口を行こうへ(´∀`ヘ)へ)) 
続く・・・・
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »