フォト

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/

最近のトラックバック

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017/04/29

春の風に誘われて

今年もGWに突入だ!4月も終わり。今年はちょっと遅めの桜の開花だったが、それでもその後は、アッという間に春の陽気が植物の成長を一息に促したように感ずる。
その春の息吹を愛でようと中旬、下旬とそれを感じに出かけてみた。
泉自然公園

Cimg1478

カタクリの群生 なんとも言えない薄紫の花。

Cimg1477

何スミレかな?花びらが丸くて愛らしい。

Cimg1481_2

ニリンソウ 一輪に見えるがよく見るとすぐ脇につぼみが見えます!

ここは日本さくら百選に選ばれている地だが、訪れたこの日はまだ満開ではなく、やや迫力に欠け残念だ_| ̄|○

Cimg1484

Cimg1485

 

Cimg1486

花曇りの木の下にシートを広げお弁当(と言っても途中で購入した物)を食べ、寝転がって空を眺めてみたりしたものの、まだポカポカ陽気でなく寒くなって帰ることに。公園をグルーっと外回りに歩いて水鳥などを鑑賞して駐車場に戻った。※途中に出会った人懐こいガチョウを触ろうとしたら食いつかれそうになりヒヤリ(苦笑)

千葉市富田都市農業交流センター(愛称決定:富田さとにわ耕園)

Cimg1488 

臨時駐車場のすぐ近くにあった1本の桜の木。だいぶ葉桜になって見栄えがしないが「ぎょいこう」という種類の珍しい黄色い桜の花があった。

この時期のこの場のお目当ては「芝桜」だ。規模としてはそれほど広くはないがこの地域の方たちが努力をされて始まりそれが口コミで広まりそこそこの観光客が来場するようになった。この日は日曜日、家族づれや夫婦で訪れている姿を多く見かけた。

Cimg1491

Cimg1493

Cimg1494

Cimg1495

Cimg1490

一部ネモフィラも植えられていた。

最後にこちらでも水場を回って散策した。

Cimg1497

Cimg1501

Cimg1500

ウワミズザクラ

 

Cimg1502

Cimg1499

Cimg1506

Cimg1505

わっ!久しぶりに見た「おたまじゃくし」だ。わんさかいる。

まさに春。命の躍動、生命力を感じた小さな旅となった。

欲を言えば土地の高低をつければもっと見栄えのする芝桜広場となると思うのだが・・・。

でも、まだまだ千葉市にも自然の姿が残る素敵な場所があるんだな~とうれしく思った。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/04/02

伊豆大島・三原山③

Cimg1516

お鉢巡りをしていて右手に見える円錐型の島が気になった。まるで富士山の形を彷彿とさせる。これは宿題となった。

Cimg1520

途中に展望台があったがそれを過ぎるあたりから舗装道路は無くなり火山独特のゴロゴロとした道で、またアップダウンもありこれこそ登山という感覚になった。

Cimg1524

Cimg1525_2

活火山をまさに感じる風景が続く

Cimg1527

Cimg1528

 

Cimg1531

Cimg1533

Cimg1535_2

遠目に「荒野のガンマン」 近めに「疲れたおっさん」

Cimg1536

Cimg1538

上は1986年の爆発の火口だそうだ!

Cimg1540

ほぼ1周したのだが、来たルートを下山するのはつまらないので裏砂漠ルートへ降りていくことにした。途中からはテキサスルートもあったが、サボテンはないがまさに今にも馬に乗ったカーボーイが現れるような風景が続く。

Cimg1541

Cimg1542

このルートが意外と長くて行けども行けども目当ての温泉ホテルらしきものが見えない。不安になる・・・。それでも何とか案内の看板を見つけほっとする。予定ではその温泉ホテルで日帰り温泉に浸かって帰るはずだったが・・・。そこに到着した時刻が2時過ぎ。そこから港へ向かうバスが2:37発予定。一日1本しかない高速ジェット船の館山行きは3:10発。これに乗り遅れるわけにはいかず、大島での温泉はあきらめざるを得なかった、(;´д`)トホホ。

バスを待つ間、私はホテルの売店に向かいお土産を物色。職場には「明日葉ゴーフル」自分へは「非加熱製 生ツバキオイル」を購入。

今回は日帰りで慌ただしい旅だったが次回訪れるときはレンタカーでも借りて大島中を観光してみたい。晴れたら伊豆の他の島や富士山も見えると言うから好天気の時に絶対くるぞ~!

そうそう、宿題にした気になるあの島は伊豆七島の一つ、「利島」でした。

それからやはり温泉をあきらめきれず、館山に戻ってから以前「鋸山登山」の帰りに寄った<海べの湯>に入って自宅へ向かった。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

伊豆大島・三原山②

何とか間に合ってバスに乗り込んだ。路線バスとはいえ車内は観光バス座席。終点までなので一番後ろに陣取った。道中、椿林も見られたが今一つ花がない。車内に流れる観光案内では「桜は一斉に花が咲きますが、椿は順に咲いていく性質でその分長く楽しめます」と言っていた。椿まつりを開催している公園や植物園を訪れればもう少し花を愛でることはできるかもしれないが自然の中の椿では仕方がないのか?期待していただけにこの点は残念に思った。およそ30分で三原山頂口に到着。

 

 

Cimg1502_2

Cimg1503_2

11:15登山開始。
登る前から山の全容が見渡せるというのは初めてのこと!なんだか山頂はずいぶん遠くに感じた。

 

 

Cimg1505

 

すぐに馬が現れた。馬に乗って登山もできるようだ。ポニーよりは大きくて普通の馬よりは小さい。係りの人に尋ねると「与那国馬」だと言う。日本の在来種。おとなしくて順に触れて癒された。

 

 

Cimg1506

 

山頂までは遊歩道として舗装されていて一般の観光客も行きやすくなっている。しかしはじめこそほぼ平らでウォーキング感覚で歩け曇っているため寒いくらいだったが、次第に登り坂がきつくなり出し熱くなって上着を脱ぐほどに。

 

12:00頃、お鉢の淵に到着。

 

 

Cimg1511

 

三原神社の鳥居。

 

 

Cimg1512

 

 

Cimg1513

 

この神社は1986年の噴火の際(島民全員が島外に避難した)奇跡的に被害を受けなかった神社だそうでその強運にあやかろうとお参り。

 

そろそろどこかで昼食を摂ろうと探す。映画でも取り上げられたことのある「ゴジラ岩」発見!!

Cimg1515

 

Cimg1517

ここにきて体がまた冷えてきた。穴から暖かい空気が出ている箇所(この呼び名の看板があったがその名を忘れたbearing)のそばでお昼をとることにした。最後にいれたてのコーヒーを飲むとちょっと救われた。さあ急ぎ旅、左回りにお鉢巡りを開始した。
後編は次の記事で(* ̄0 ̄)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »