« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017/05/16

癒しのドラマ「ツバキ文具店」

このドラマに癒されてます。
GW中だったと思うが、ある夜、眠気を過ぎてしまい逆に寝られなくなった。時間つぶしにTVをつけたらこのドラマをやっていた。先週あたりの再放送だったようだ。
「ツバキ文具店」~鎌倉代書屋物語~というタイトル。舞台はもちろん鎌倉。そもそも代書屋って?他人に変わって手紙を書く職業らしいのだが、原稿をそのまま書くのではなく、その人の立場になりきって文章から考えて書くという設定に驚く。実際にはそんなに簡単ではないはず、あり得ないと思いつつ、ついつい見入ってしまった。そして心の反発とは違い、なんだか爽やかな心持ちになった!素敵なドラマだ。来週から見てみようと思う私が居た。
NHK総合、金曜日の午後10時からのドラマ10 「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」。主演は多部未華子さん。朝ドラ「つばさ」のヒロインだったのを覚えている。すっかりきれいになってというかもっとかわいくなったなぁと感ずる。さらに演技も良い。舞台となる鎌倉に加え、周りの共演者たちも素敵。過剰な演出もなく、紗のかかったような画面も落ち着きを与え、物語の雰囲気をさらに盛り上げていると思う。さらに主題歌は私の好きな綾香さん。「コトノハ」という。これまた印象深いメロディーだ。覚えるぞ~~note
全8回であと3回で終わってしまうのは残念。どこかで見逃し放送を見てみよう。さらに原作者が小川糸さんと分かり、この方の名は聞いたことがあっても本を読んだことがないので読んでみようとやりたいことが広がっていく。
ちなみにこのドラマの情報はこちらをクリックしてみてくださいね~。まだ見たことない方にも視聴をお勧めいたします。
きっと癒されると思います。心がほっこりします、きっと!(・∀・)イイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/15

何よりの母の日のプレゼント

先週末のことだ!新聞屋さんが更新の手続きに来た。猫の脱出を避け玄関ドアを10センチほど開けて相手とのやり取りをしていた時だ。猫が飛び出していった。しまった~~wobblydown
いつもなら気を付けてドアから出て玄関の外で対応するのに、この時に限ってドア越しでしてしまった自分が嫌になる。家族にも「また出しちゃったの?」と呆れられるだろう。
脱出したのは常習犯の茶トラ「チャロ」。数か月に一回は逃げ出す賢い奴。と言っても数時間もすれば必ずリビング前のサッシ前に帰ってくる。まあ、しょうがないとその時はあきらめた。
夕方の6時ころ、その他の猫の2~3匹が庭を見ているのに気が付きその方向を見ると脱出したチャロが座っている。帰ってきたのかとサッシを開けてやると、「まだ帰りませんよ~」とばかりに踵を返して庭から出て行ってしまった!「あの野郎(ニャロ~)(`ε´)」。
それ以降、夜になっても夜中になっても戻ってこない。いつもなら数時間で戻るのに。不安がよぎる。その夜は心配で雨戸を閉めずずっとサッシ前のソファーで待っていたが・・・。寝不足となる。
翌日は午後からパートで出勤。その日は朝から雨が降り出していた。雨で慌てて戻るかと思えばそれでも一向に姿を現さず・・・。本当にどうしたんだろう?一晩過ぎて帰ってこないことは一度もなかった猫だ。生きているのか?何かの理由で帰りたくとも帰れないのか?野良猫に追いかけられてとんでもない遠いところまで逃げてしまい帰り道がわからなくなったのか?死んじゃった?どうしても悪いことばかりが頭をよぎる。午後は長男に見張りを頼んで仕事に向かった。朝から仕事に出ている夫からも「戻ったか?」と心配のメールが届いていた。
仕事先でもチャロのことが頭を離れず、私が帰るまでに戻っているのでは?という期待を胸に働いた。上がり際、ロッカールームで「帰ったよ~」というメールが届いているのでは?とスマフォを開くも音沙汰なし(u_u。)
日中は大雨になっていてどこかでずぶぬれか?それとも雨宿りをしているのか?どこかに閉じ込められているのかも?と頭の中は様々な状態を駆け抜ける。
しかしこの日も帰ってこず・・・・。
翌朝、近所を探し歩いてみたが野良猫1匹さえ見当たらない。夫も同じように探して歩いた。遅く起きてきた長男もやはり同じ行動を起こしていた。
いなくなって3日も経つ。「死んじゃったかな?」そんな思いばかりがよぎる。長男に張り紙出すよう言われ、それもそうだと思い立ち、急きょ、ワードで作成にかかる。

Charo

夫が2階から降りてきたとき、印刷したこの用紙を見て、「バカチャロ~!」と言って、またチャロの捜索に外へ出て行った。

私はこのチラシをどこに張ろうかと考えて、家の前、地区内の電柱、あとスーパーにもお願いしようか?などと思いを巡らしていた。

夫が出てから1時間くらいたったころだろうか?その夫が猫を抱えてサッシの前に現れた!!なんとcat「チャロ」だ!えっほんと???夢じゃないよね~?よかった~~生きていてくれた~down、涙が出そうになった(ノ_-。)。

「よく見つけられたね~、本当にありがとう。お父さんに感謝、感謝です♪(o ̄∇ ̄)/」

夫に言わせると、私の作ったチラシを見たら、がぜん「絶対、チャロを探し出してやる!」と言う思いに火が付いたと言った。

地区内を2周して回ったそうだ!そしたらその思いが通じたようにチャロに遭遇。逃げない範囲に近づいて「チャロ」の名を呼び続けたと言った。しばらく呼んでいるうちに夫を思い出したらしく自分から近づいて来て捕まえた。

汚れて帰ったチャロを見て、「洗わないといけないね~。」と言ったら、長男がシャンプーを買って出た。やっぱり家族全員が心配してくれていたんだ。そのことにもあらためて感動だ。

くしくもこの日は「母の日」。私は何もいらないからと言っていたが、「チャロ」の無事帰還が最良のプレゼントとなった。またペットに対する家族の思いも私にはプレゼントでもあった。

夫にはこの日、好きな唐揚げを作り、お祝いとしてチーズケーキまで作り、夕飯は皆で祝った。

その夜、「お母さん、いい加減、学習してね~」と皆にくぎを刺された。「ごもっともでございますι(´Д`υ)アセアセ 深く反省し、二度とこんなことが起きないように気を付けますヾ(_ _*)ハンセイ・・・」

とにかく、猫でも我が家の家族の一員。家内安全。この日から熟睡できることの幸せをかみしめた♡

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/05/14

下町ぶらり旅 ②

日暮里から上野に向かう電車内であることに気づいた!あっsign02デジタルカメラがないbearingどこに忘れたんだろう?最後に写真を撮ったのは慶喜の墓だった。そうだ、谷中霊園の公衆トイレ内だ!バッグとは別に手に提げていたから、ついトイレットペーパーの補充ボックスの上に置いたのを思い出した。バッグとは別の場所だったからすっかり忘れてしまったのだ。すぐに引き返せばよいのだが、夫が一緒だったし「また忘れたのか?」とあきれられるだろうという思いと夫が腹が減っているときは機嫌を悪くする恐れがあると知っているので言い出しかねてしまった。上野について昼食をとる場所を決め待つ間に白状。食事をし終わったらコーヒーショップで待っていてもらい私一人で探しに戻ることにした。
実は以前、福島の旅でも鶴ヶ城内のとある休憩所にビデオカメラを忘れたことがあったのだが、その時は気が付いて戻ると置いた場所にそのままビデオがあり、なんな気を得たことがあった。今回も大丈夫、きっと見つかると高を括っていた。入ったトイレを開けてみたところあるべきものがない~~ショック!!(゚ロ゚屮)屮 もう一度とまた戻って見直しをしたりしたほどだ。霊園内に交番を見た気がした。その交番を探し見つけ、今度こそ届いているかも?と期待した。ところが届いていないという。そこは派出所で奥様が対応してくれ、反対方向に交番があるからそちらに尋ねてみてくださいと言われ、そっちに届いているかも?とわずかな期待を胸に探しあてるとそこには警官が2名いたのだが今現在届け出はないとのこと。そこで遺失物届を書いてけっこう詳細を聞かれた後、今回の谷中はついてないことだらけでがっくりして夫の元に戻った。やはり田舎と都会の違いかな?世知辛い都会を感じた<という訳で写真は載せられないという訳です>
夫はコーヒーは飲まず不忍池公園で時間をつぶしたと言っていた。唯一昼食に入ったそば店の10割蕎麦とミニ天丼のセットがおいしかったことが救いだったなぁgood
カメラのことはとりあえずあきらめ、考えないようにして
午後は浅草に向かう。本来なら歩いていくつもりだったが、私が時間をロスしたし夫もちょっと靴ずれを起こし痛みがあるということで地下鉄で浅草へ。
地下鉄を出ると人、人、人・・・・・・・(lll゚Д゚) おのぼりさんってすぐわかったみたいで人力車のお兄さんに「雷門」はこっちですよ~と教えてくれた。ありがとさん(/ ^^)/アリガトネ
※これ以降の写真は携帯で撮ったもの。容量が大きすぎてブログではUPできずにサイズを小さくするのを長男に聞いてやっとこさっとこ載せました

20170507_144529_2

有名な雷門の提灯。これはナショナル電器の松下幸之助さんが送ったそうだ。この後の仲見世通りも隙間がないほどの人波でうっかりすると家族を見失いそうになる。

20170507_145326

浅草寺の山門。さすがに立派だ。

20170507_145636

お手水も凝っている。手を清め、いざ参拝と思ったらその行列の長さにうんざり。神仏の違いはあるが午前中に根津神社でお参りをすましたのでここではパスすることに。

予定では浅草の裏通りでもブラブラするつもりが夫の靴ずれもそうだが腰まで痛くなりだしたというので今日はここまでとすることに。

最後に休憩を兼ねて近くの喫茶店に入り、ケーキセットを頼んでゆっくりした。私の忘れもの騒動で待たせた分のお詫びとして私のおごりとした。

それにしても私の持論、「GWに出かけるもんじゃない!」はまんざら外れてはいないなぁと感ずる。谷中では猫にも出会えず、お目当てのコロッケ、たい焼き、十円饅頭も食べられなかったしおまけにカメラをなくす。夫は靴ずれさらに腰痛まで起こってしまいさんざんな一日だった。少なくとも我が家に関しては!来年は静かに過ごそうか?┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/05/13

久々の東京散歩 下町ぶらり旅

GWの最終日、東京の下町を散歩した。GWには出かけるもんじゃないという持論を持つ(かつての記事で書いている)がGW中もパートの仕事が入っていたから唯一の休みを利用して一日くらいは楽しみたいという思いから出かけてみた!行き先はかつて行った「谷中・根岸そして浅草」へ。
※今回の記事はある事情から写真はアップできませんのでお許しを(*_ _)人ゴメンナサイ
東京駅から山手線で日暮里を目指し下車。谷中銀座へ向かう。その途中に昔ながらの「谷中せんべい」がある。懐かしいガラスの瓶に種類別にせんべいが並ぶ。さすがに中のせんべいは1枚づつパックされているが・・・。その1枚を選びあと5枚はお土産に詰めてもらう。そのせんべいをほおばり間もなく谷中ぎんざに続く「夕焼けだんだん」。
時刻は10時を回った頃。夕焼けだんだんを降りて狭い谷中銀座商店街に入って行くが、時間がはやいせいかまだシャッターが下りている店も多くひとの数も少ない。ここでも楽しみなテイクアウトで食べ歩きしようと思っていた揚げ物屋があるのだが「販売は11:55より」という張り紙があり残念(u_u。)。猫でも有名なこの辺りだが猫の姿も見当たらず・・・cateyesign02
商店街を抜け、よみせ通りに突き当ったら左へ。たしかこの通りに1個¥10の十円饅頭屋があったと思うのだが・・・?見当たらずこれまた残念。<後で調べたらその店の手前で曲がってしまったようだ>
岡倉天心公園はなかなか趣のある木々の深いこんもりとしたところ。ベンチもたくさんあって夏場の日よけの休憩所には最適な感じ。そして初音の森(防災公園)の芝生前では地震体験のできる車があり子供たちが乗り込んで体験している姿を見た。震度6強が最大の揺れだったがその揺れの大きさを横から見ると、あらためてすごい恐怖を感じる揺れだと認識できた。谷中のお寺街(たくさんのお寺がひしめきあっている地帯)を通り、三崎坂の通りに突き当ったら谷中小学校を左に曲がり根津に向かう。以前立ち寄った喫茶店(猫カフェのはしりか?2匹の猫が店にいた)はあるかしらと?探すがほかの店に変わっていた!これまた本当に残念でさみしい~~。後はゆるい坂を下りていくと「根津神社」に出るのだが、その前にパリパリの皮の「根津のたい焼き」を賞味しようと向かうがどうも怪しい?行列が見当たらないのだ。なんと「お休み」だった。今日はゆくゆくついていない日だとがっかりε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
「根津神社」へ。以前は本殿に幕がかかり修復中だったが今回はきれいな社殿がお出迎え。なかなか立派な社殿で、結構お参りする方多くてちょっと並んだ。お参りを済ませてUターン。三浦坂を上がって谷中霊園を通り日暮里駅に帰る。谷中墓地は広くて有名な方の墓が数多くある。一番有名な「15代将軍・徳川慶喜」の墓を見学してみた。本当に広い敷地で奥様と子供の墓もある。周りをフェンスで囲まれ柵越しにしか見られない。渋沢栄一や横山大観もあるらしいがお腹も減ってきてそこはパス。一旦、上野に戻ってそこで昼食を摂ることにした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »