« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018/01/14

2018恒例正月登山②〜金時山〜

P1020016

記念撮影した後、昼食場所を探す。この写真の左下に岩場がありそこにする。その目の前は芦ノ湖が見える。

P1020017

今日の昼食は前回誓ったように「山ごはん」を用意。前夜(実は深夜となってしまった)に下ごしらえをし用意したメニュウは<チーズリゾット>。いつもの登山昼食よりすご〜く楽しみにしていたのだが大きな問題が起こってしまったΣ( ゜Д゜)ハッ!おかずにするポークウインナーは炒めるだけで問題なく美味しかったのだが、メインのリゾットが・・・・(;;;´Д`)。実は最後に加えるチーズは冷凍庫で保存していた賞味期限が切れていたもの(2016年末)見た目はカビもないし匂いも変ではない、冷凍庫だから大丈夫だろうとケチったら、なんと食べると古臭〜〜い匂いがして全く美味しくなかった!家族に期限切れを打ち明けると「冗談じゃない!殺す気か?」と言われてしまった。ごもっともです、本当に本当にごめんなさい(*_ _)人。

*そのため、出来上がった<チーズリゾット>の写真は撮らなかった(今思うとある意味、大チョンボ記念coldsweats01に証拠写真を撮っておけばよかったかな?)

楽しみな山で作る初の山ごはんがとてもつもない印象の悪いものとなってしまった。昼食はそのごはんをアテにして他の食べ物を少し控えていたので皆満腹には至らず。都合の良いことに山頂に茶屋がある。急遽、そこで食べることに!

偶然にも一月くらい前に夕方の民放ニュースの中で「金時山の名物メニュー」を紹介していた。予定していた山の情報だったから記憶にあった。それは「金太郎茶屋の<まさカリーうどん>」

P1020021

食べてる途中から撮ったのでお許しを!ネーミングも金太郎にちなんで洒落てるのが面白い。カレーが本格的な香りでとても美味しかったし、山頂で冷えかかった体を温めてくれた。サービスで金太郎アメもいただいた(左のティッシュの上にある)そうそう、ここの旦那さんがうどんができる間に周りの山の位置をいろいろ教えてくれた。その中にBSで紹介されていつか登ってみたい「仙丈ケ岳」もあり感激。ついでに「箱根駅伝往路」の中継を伝えるラジオかTVの音がしていたのでその時点の一位を訪ねたら、青学ではなかったので意外だった。往路のゴールは箱根のはず。時間的にはまだ到着は無理だがゴール地点が見えるかと聞いたらここからは見えないそうでちょっと残念。頂上ではいつになくゆっくりしてしまった。今回のルートは1周する。茶屋の人に確認して昼食時の場の脇の道を降り始めた。時刻は11時半頃。

まず目指すは「長尾山」。登ってきたルートより割と優しい道に感じたが石がゴロゴロしているのは変わりない。こちらのルートは人が少ない。すれ違う人は少ないし降りてくる人も全くない。予定では上りとさほど時間がかからないと思っていたが、下りが苦手な夫が時間を要してきた。富士登山の再来か?このところ早朝ウォーキングをサボっているからかな?とにかく夫のペースに合わせるしかない。

その後、このルートは下りるだけでなく上りもありと数回アップダウンを繰り返した。

P1020024

1時間半くらいかかって乙女峠に到着。ここは山頂よりも裾野が広く見えた。

P1020025

ここから左に折れて朝通ってきたR138号を目指す。ここからもすごく遠く感じた。夫のスローペースを除いても行けども行けども道路は見えず・・・つづれ織りの左右のカーブが続いた後、杉か檜林の植林地帯を抜ける。ここは道がはっきりせず見えるのは国道が目にはいってきた。といえども、なかなか国道にはたどり着けずいらいら。ここらで先を急ぐ私と息子と夫と距離が開いてしまった。国道に出たところで待つが心配になり息子を迎えに行かせる。10分ほどで2人が下りてきた。夫は疲れてとっても不機嫌な顔。ここから道路沿いを歩いて駐車場に向かうのだが、私が車を取りに行き途中で彼らを拾い、今日の登山は終了。帰路に向かう。

予定を大幅に遅れてしまい、恐れていたことが。東名道の御殿場インターに入ろうとする車の渋滞が始まっていたのだ。さらにナビに寄ると、上りで事故渋滞も発生している。私の計画が甘かった!帰省のUターンラッシュは2日から始まることを。御殿場インターに入る上りの車の列は遅々として進まず。急遽、御殿場の先のインターチェンジの松田大井を目指すことに。そこのインターからはスムーズに入れた。とはいえ、やはり高速道内は断続的な渋滞があり、都内に入るまでにすっかり日が暮れてしまった。空には今夜のスーパームーンが出ていた。今回の登山は良いことも悪いこともありの記憶に残るものとなったなぁc(>ω<)ゞ

でも、山頂での富士山や周りの山々の絶景が見えたこと!スーパームーンが見れたこと!で良しとしよう。残念な山ごはん、夫のスローペース、帰りの渋滞は多めに見ることに。我が家への到着時刻。午後7時過ぎ。あ〜〜つ ・か・れ・たbombbomb

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018/01/09

2018 恒例正月登山~金時山~

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしく~~
さて、今年は元旦からお仕事。まだスーパーマーケットのパート社員として勤めており、サービス業は普通の方たちとは同じようには休めません。出勤となり2年前と同じように、初詣は午後から、元日の朝食となるはずの「お雑煮」も夜の食事となる羽目となった(ノ_-。)
そして翌日の2日が休みだったので、恒例となった正月登山に出掛けた。今年は♪ま~さかりか~ついだ金太郎♪で有名な「金時山」へ。
漠然としか知らなかった金時山の場所。箱根町の仙石原にあることに( ゚Д゚)!
例によって早朝(AM5時前)に出発。外は暗いが晴れていてよく見えたのがまあるい月。その日の夜の月はスーパームーンと気象予報士が言っていたからちょい・スーパームーンかな?確かに大きく見えた。東関道佐倉インターから入って京葉道路・首都高と順調に進む。2か月前にここを通って中央道に入ったが、今回は東名道へ。期間が短ったからどっちの道への行き方がこれで頭に入ったぞ~~good
夜が明けはじめ東名道に入る前位から車の数が増えだした。とはいっても渋滞にはならず。御殿場インターで下りるのだが東京からすごく遠く感じた。降りてR138号線を15分程走り登山口のある駐車場へ。空きがあり停められてホッ。登山靴に履き替えトイレをすまし登山開始。すぐ脇には公時神社があった。

P1020007

 

P1020008

午前8時過ぎ開始。はじめは比較的なだらかな登りだ。石が多く少々登りづらい。
40分くらい登ると大きな岩が正面に!

P1020010

「金時宿り石」と呼ばれる巨岩。大きさわかるように夫と撮ってみたbomb

この山はガイドブックに寄ると「初級」とあるが、登ってみるとこの後、結構大変。岩や石は多い上、階段状になる木の根っこの段差が半端でない場所が多く思わず「よいしょっ!」と掛け声を上げながら捕まる場所(岩や枝等)を頼りに一段づつ登るのだ。

P1020012

途中なだらかで右側が開けた場所に出た。向こうに噴煙を上げているのは箱根なので「大涌谷」と思われる。2~3年前には立ち入り禁止だった場所が以前のように観光できるようになってよかったな~(/ ^^)/

上りはまだ続く。

P1020014

P1020013

頂上に近いコースは岩場に続く岩場で難儀だ。それでもがんばって登ると山頂にある茶屋の屋根が見えてすごくうれしかった。本日は快晴。頂上に着くと目の前に「霊峰・富士山」が大きくくっきり。雲一つなく出迎えてくれたキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

P1020015

P1020016

続きは②へ

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »