フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019/02/12

「ボヘミアン・ラプソディ」胸アツ応援上映を観る

昨日2月11日(月)の夜、「ボヘミアン・ラプソディの応援上映」を楽しんできた!
今回は私から夫を誘って出かけた。予てからこの上映を体験したいと願っていてネットで調べたら現在千葉県内での応援上映は2か所で行われていて我が家から近い映画館は2月14日までということで急遽出かけることとなった!
この日は一昨日の積雪に続いて平成最後?の寒波の影響で千葉は朝から雪模様。すでに2~3センチは積もっていてまだ積もりそう。車で向かうも電車を利用して出かけるにしてもちょっと無理かな?と半分あきらめていた。ところが昼前に止んだ雪は気温が上がったのかみるみるうちに解けていってくれて(ありがたい~)夕方までにアスファルト道路上の雪はどこも完全にとけた!これでスリップの心配も無くなり安心して車で映画館に向かった。
向かうは初めて利用する<T・ジョイ蘇我>(千葉市中央区)という施設。
小一時間ほどで到着。チケットを「夫婦50割引」で購入。映画が終わるのが午後9時ごろになるため始まる前に近くのハンバーガーショップで夕飯をすます。

P2120056

開場してすぐ入ると入口で「WE ARE THE CHAMPIONS」のステッカーをいただいた。一番乗りだった。もしかして?貸し切り?なんてよぎったが上映まじかになるとポツポツと人が入ってきた。それでも定員の20分の1も入ったかな?いくら話題の映画でもすでに上映されてから3か月も過ぎているし(これほど長い上映は異例)まあしょうがないかと納得。

長~い次期の映画予告やCMを経てやっと場内が暗くなる。メンバーのブライアン・メイのギターが奏でる20世紀FOXのファンファーレが流れて後、「SOMEBODY TO LOVE」のイントロが始まる。ネットで調べて知っていたとおり字幕とは別に曲名が標示され続いて歌詞が英語で表記される。カラオケと同じ今歌っている箇所も色で示してくれる。キタ~って感じで早速一緒に歌ってみた。大音響の中では自分の声もあまり聞こえないほど。だから恥ずかしさも感じない!でも想いと裏腹でネイティブじゃないから歌詞を読むのに必死でメロディに追いつかない。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。やっとこさサビで繰り返される歌詞を歌えるくらい。こりゃ、歌詞を覚えるほど歌っていないと無理だな~と┐(´д`)┌

無理とは知りながらその後も歌詞が標示されるたびに歌うことを挑戦し続けてみたが・・・

会場内は人が少ないからか他の人たちも歌っているのと思うほど歌声はあまり聞こえなかった。唯一、ブライアンが提案するあの「ドン・ドン・パッ」のリズムをとるときの足拍子・手拍子は聞こえてきた。

そしてラストの20分間の《ライブ・エイド》のパフォーマンス。待ってました!これで私も観客の一員になって盛り上がるぞ~。

「ボヘミアン・ラプソディ」、「レディオ・ガ・ガ」 続いてフレディお決まりの「AH-OH」のコール&レスポンスでも場内の声がやや聞こえた。そして、「ハンマー・トゥ・フォール」そしてラストは「伝説のチャンピオン」 これは歌いやすい歌詞だから思い切り声を出してみた。

エンドロールが流れる中、フレディ本人の写真とともに好きな曲の一つで乗りの良い「ドント・ストップ・ミー・ナウ」そして短調で涙がすぐ流れてきてしまうこれも大好きな「ショウ・マスト・ゴーオン」 これで映画館で見る「ボヘミアン・ラプソディ」は最後になるなと思いこれも大きな声を出してみた。

帰りの車の中で夫が「もっと客が入っていればな~」。確かに周りの声が聞こえてきたらもっと盛り上がれた感はある。でも、私も数回見た映画だが歌いたくても声は出せず心の中で一緒に歌うだけと比べたら声を思い切り出して歌い、見れたことは凄く気分がよい。

一つ後悔は英語の歌詞で譜面通りに歌えなかったこと。歌詞を見ながらならなんとか歌えるんじゃないか?というのは全く甘かったな~ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

とにかくなかなか無い「応援上映」を体験できたことはよかった~♪(o ̄∇ ̄)/happy♡

続きを読む "「ボヘミアン・ラプソディ」胸アツ応援上映を観る" »

2019/02/07

恵方巻 今年も作成

2月3日 節分の日 ここ10年ほど「恵方巻」を毎年手作りしている。
もともとは関西の方で行われていた風習だそうだが全国展開しているコンビニが全国を巻き込むようになったようだ。お正月を過ぎると全国のスーパーマーケットやコンビニで「恵方巻の予約」のポスターが張られる。年々エスカレートして豪華な恵方巻も売られるようになってきているようだがそれと同時にお値段も上昇。
私はその値段がおしくて手作りしようと決めているのだ。本来は7種の具を入れるそうだが、家族の好き嫌いを考慮して今年は5種類。(干ぴょう、キュウリ、おぼろ、卵焼き、そしてチャーシュウ)

P2030050

料理が得意でない私なので具がはじに寄ってしまっている(;´д`)

ごはんの色が黄ばんでいるのはお米を普段から五分づきにしているため。

夫はきちんとした風習に従わず切ってほしいとのことで前列を食べた。
私と長男で今年の恵方の「東北東」(恵方コンパスのアプリを使用)を向いて無口で1本を食べ終えた。

国から恵方巻の多量廃棄を指摘されている業界は今年は減ったのだろうか?

恵方巻に限らずフードロスは日本いや世界中でも問題とされている。私たち一人一人も賞味期限にこだわらず五感を使ってロスを減らしたいものだ。業界には製造量をよく検討したり、期限切れ間近になった食品を大幅値下げなどして売れ残りや廃棄を減らしていただきたい!小さなことからコツコツと・・・・これって大事なことだと思う。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31