フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年7月

2019/07/29

ライブラリーカフェ

先週の金曜日(7/26)、八街市の図書館でライブラリーカフェが開催され、参加してみた。

15643200968008221923555189639068

生の音楽を聞きながらコーヒーを飲みつつ本を読むことが図書館内で出来るなんて…

なんと贅沢な時間なんだろう?!

演奏者は八街市在住の宮内優里さん。作曲家&音楽家。全く存じなかった。スマホで検索してみてどんなジャンルの🎵かを調べてみた。

既に6枚のアルバムも出しているとか…名前から女性をイメージしたが男性だった。曲を聴いてみた。とても心地よく聞きやすい響きの音。シンセサイザー🎹を駆使しての多重録音に楽器(エレキギター🎸やパーカッション?)を合わせてのインスメンタルの曲で確かに読書のBGMには最適で邪魔にならないだろうな〜と感じた!

当日、開演より10分位前に入った。場所は自由に閲覧する時のソファ、机に椅子のあるところ。宮内さん自身が準備されていた。数名の方がすでに座って待っていた。図書館員に写真撮影が可能かを尋ねるとOK。ただし、他の方がなるべく写らないようにとのこと。早速、パチリ!

Mvimg_20190726_171022_20190729155001


Mvimg_20190726_170449_20190729155001

後ろに臨時のカフェ店

Img_20190726_170837_20190729155101

アイスティーを注文し、席に着いた。誘った友人も後からやってきた。いよいよ、開演時間。図書館関係の方がこのカフェと宮内さんを紹介、宮内さん自身も簡単に挨拶されて「演奏中でも自由に移動されて結構です。読書を楽しんでください」とのこと。いよいよ始まった!

スマホで聞いたとおりの心地よい音楽が演奏され少しの間、それを見ていた。その後、旅の本を眺め、図書館から借りているムーミン童話全集3巻「ムーミンパパの思い出」の続きを読み始めた。気がつくと、いつの間にか参加者が増えていた。意外と男性が多かった。快い音楽のせいでスゴく読みがはかどった。

時折、カフェ店のコーヒー豆を引く音がゴーと鳴るがこれもご愛嬌かな?

誘った友人は昨日、旅から帰って来ていてその話も聞きたかったが、小声でもやはり図書館内ではマズい。あまり話もできずに次回に持ち越しだ!

彼女は都合で先に帰ったが私は丸々閉館、閉演の19時まで聞きながらの読書をした。もっと続けて欲しいという感が強かった。

微笑ましい光景有り。私の斜め前にいた男性、最後の30分位か余りの心地よさに机に顔を付けて寝入っていた😪

アンケート用紙があり、既に4回目を迎えた事を知った。そして、ライブラリーカフェってここだけでなく他の図書館でも行われている事も初めて知った!

次回も参加できたらな〰家では中々長くは読書できないし(主婦は結構忙しい)気持ちの良い雰囲気の中での読書は集中できてとても頭に入って来るし……

宮内優里さんの音楽も手に入れようかな?

宮内優里さんの音楽にご興味のある方は

「宮内優里」で検索してみてね🐭!!!


2019/07/16

ムーミンの世界

先月、今年3月にオーブンしたばかりの「ムーミンバレーパーク」に行ったのをきっかけにムーミンの事を知りたいと思い図書館から数冊のムーミン童話全集を借りてきた。

Img_20190709_095722

先ずはこれ!

ムーミンって、いやムーミン谷に住む仲間はほとんど[冬眠する]んです!始めて知りました。

ヘムレンさんの楽しみは?

ニョロニョロの島って?

飛行オニは何者?

ムーミン屋敷に現れた小さい小さい生き物(ムーミンバレーパークのムーミン屋敷でもこの子たちの話題がでました)はなぜやって来たのか?

へ〜そうだったんだ!って納得するばかり。

これは全集の2巻目だったので1巻から読めばよかったかな?お話は登場人?物が少しづつ増えていくのですでに知っているキャラクターともどうやって出会ったのかとか知っていた方がお話に深みが出てくると思うので…その点はちょっと迂闊だったなと反省。

続く

2019/07/12

母の会 佐原から酒々井プレミアムアウトレットへ

佐原を後に今朝ほど訪れた香取神宮の前を通り、東関道上りへ入る。こんな雨天なので渋滞も無く3〜40分程で酒々井のインターチェンジを降りる。アウトレットは降りてすぐのところにあるのだが、こちらは雨天にかかわらず、むしろ雨天だからこそかも?混んでいて駐車場に入るのに少々待たされた。

アウトレット大好き!な友人はここは何回か訪れていて彼女に案内される形で歩く。私と言えば、八街の隣り町だから近いのだがアウトレットに興味は薄く、今回で3回目。それも見てあるくのではなく、友人に誘われてお茶を飲みに来ただけ…ショッピングは全くしたことがない。まあ、今回は品物を眺めるだけでも目の保養にしよう!

ブランドの靴店、雑貨店(これは見ても楽しい)、スポーツブランド店等々をジャストルッキング。そしてお茶しようとなるが、イザとなるとその場所が見つからない。私は以前お茶しに来たくせに…アウトレットって同じ様な造りでわかりにくい。落ち着かないが、フードコートにした。

そこでまたまたおしゃべり。何を話したかは忘れた。気が付くとすでに4時半過ぎ。次回の開催日を決定して本日はここまで。

帰路は私の生活圏なので高速道路を使わずに千葉に向かった。千葉着、17時半頃。ドライバーの私は皆を無事に送り届けてホッとした。みんな、今日はお疲れ様でした〰



2019/07/10

母の会、佐原ドライブ③

予約したレストランはイタリアン。「リストランテ・カーザ・アルベラータ」(一度では覚えられない😵)幸いなことに記念館から2、3分のところにあった。ちょっとした日本庭園を眺められる店なのだが、予約時に最後の席で入口の一番手前。当然、お庭は見えないが仕方がない⤵(><;)P7070011

こちらは庭側の予約席。客はまだ見えていない

ランチ ¥3800コース

お腹がすいて待ちきれないほど。まずは前菜盛り合わせ

P7070012

冷たいコーンスープ 手前←はヒラメ?おいしかった。写真にはないがちょっと温かいフォッカチャ(パン)も出されている。

P7070013 

パスタ 「海老とジャガイモとインゲンのジェノベーゼ・リングイネ」

Img_20190707_122134

パスタ2皿目

当店のスペシャリステ

「ジャガイモの自家製ニョッキ」

これも柔らかくて味付けが最高。美味かった!フォッカチャのおかわりも出た。ニョッキのスープに付けて食べたらこれまた美味しかった〜🙆

メイン料理

Img_20190707_123425

私は鶏肉を選んだ

「香取市産  水郷鶏もも肉のオーブン焼き」

デザート盛り合わせ

Img_20190707_130157

ヨーグルトアイス、パンナコッタ、ティラミス

アールグレイ風味のパンナコッタはスゴく美味しい〜〜♥

食後の飲み物は選べたがなぜか皆、カフェマキアート、デミタスカップでかなり苦い

私のマキアートの図柄は?

Img_20190707_131333カップの図柄も気になり

Img_20190707_131342

この店は地産地消を目指していて料理が来るたび、香取産とか地元でとれた食材の説明が多くあった!いい事だなぁ〜、地元愛♥

こちらでは互いの子供たちの近況に始まり、現在の容姿を携帯で見せ合い大盛り上がり!我が家はガラケー時代に撮ったボケボケの次男の写真しかなく長男の写真は次回の宿題となった。大人になると全く撮らなくなるなー、ホント!

それにしても女の子たちはキレイになるし化粧はするしでずい分変わってしまうな〜言われれば、なんとなく面影はあるけど…

おおおしゃべりして、最後にお土産を買いに。佐原・柏屋へ。外は相変わらず風が強くて透明ビニール傘のGさんは吹き上げられて傘がメチャメチャに

そして購入した一口最中はコレ↓

Img_20190709_111918

我が家では夫は苦手だから自分への土産となる。

本来なら小野川沿いの江戸、明治の頃の現存する家の街並みをそぞろ歩きしたいところだが、この天気では無理。佐原をあとにして東関道沿いにある酒々井プレミアムアウトレットへ向かった。


2019/07/09

母の会、佐原ドライブへ②

佐原の街中へ向かう。香取神宮からは車で10分程。先ずは駐車場の確保だ。左右に目を凝らす…なんとラッキーなことに小野川にかかる忠敬橋を渡ってすぐ左の砂利道の駐車場が目に入った。立地が良いのにまだまだ空いていた。これは雨のおかげ、不幸中の幸いかな?車から降りると風が益々強くなったいた。傘をシッカリ持たないと。

ここからは旧忠敬宅や伊能忠敬記念館が近い。楽しみにしていた舟下りだったが、この天候では受付所もしまっており、とても残念だ.·´¯`(>▂<)´¯`·.仕方なく、まずは忠敬宅を見学。米や酒も売っていた商家で彼の代で10倍も大きくする程の商才を発揮したという。その目の前の桶橋(日本の音百選にえらばれた通称ジャージャー橋)を渡った反対側にその記念館がある。伊能忠敬をよく知ろうと入って観た。

P7070009
旧忠敬宅前から望む小野川沿いの街並み
P7070007
桶橋、通称ジャージャー橋

この橋を渡ってまっすぐ行けば伊能忠敬記念館

 

 

前半は婿養子として入った商家で商才を発揮し大きく栄えさせた半生、後半は49歳で隠居してから色々なことに興味を持ち江戸へ出て勉学に励み(数学、医学、暦学、天文学等)天文方の高橋至時の弟子となり55歳から10回にも及ぶ測量の旅に出て73歳で亡くなり、その3年後に彼の弟子たちにより日本全図が完成した。

その地図は本当に細かくて精巧に描かれていて信じられない程。コンピュータも何も無いあの時代によくぞこのような精密な地図を描けたものだとあらためて伊能忠敬の偉さを知らされた思いだ。まもなく隠居生活も近い私は僅かでもいいので彼にあやかりたい!何かに興味を持ち人の役には立てないけれども自分を少しでも高めていきたいと思った。刺激を頂いた良い見学だった。そうこうしているうちに、ランチの予約時間が迫り、記念館を出た。

続きは③へ

しばらくお待ちください⟵(๑¯◡¯๑)

母の会、佐原ドライブへ

母の会とは子供たちが小さかった頃住んでいた公団の公園で知り合い、仲良くなつた母親たちの集まりの事を呼んでいる。

ひとりまたひとりと家を購入したり、ご主人の転勤に伴い引っ越していく中、たまには会いましょうという会がなんとおよそ25年も続いているなんて誰も想像しなかったことだ。あらためてビックリ(⑉⊙ȏ⊙)

現在は年3回。今回は私が幹事で企画に悩んだが車で佐原へ行くことに決定。参加者は4/6名。神戸から千葉に戻ってきたGさんが初参加となり積もる話も沢山ありそう!

7/7、午前8:30に千葉を出発。東関道を下り香取・佐原インターで降りるとまもなく「香取神宮」へ。時刻は9:30くらい。この日は予報どおりの雨、☔、☂。オマケに寒いし、風が強くて観光には最悪( ≧Д≦)

日曜日なのだが参道歩くも誰も居ない!

Img_20190707_100621

玉砂利を踏みしめちょっと長い参道を歩いて、やっと重厚感のある拝殿に着いた。屋根は茅葺き(正しくは檜皮葺ひわだぶき)で短くきれいに整えられている。前面の屋根下の装飾は彩りよく美しい。この写真だとわかりにくいが…(スマホなら写真をタッチして横向きで見ると少しはアップします)

※この神宮は初代・神武天皇の代に創建。今の拝殿・本殿は1700年、徳川綱吉によって造営され、S52年に国の重要文化財に指定された。

Img_20190707_095327

他の観光客にシャッターをお願いした一枚がこれ↓

P7070004

拝殿で今日の無事の帰宅(私がドライバーの為)を祈り終え、駐車場へ向かおうとしたところ、何処から湧いてきたのかと思う程、人が現れ始めた!私達が一歩早い時刻に来たと言うことか……

帰りの参道を見回すとモミジやイチョウの木が多くあるのに気付き、紅葉の時期に訪れればまた綺麗だろうなぁと思った。

駐車場へ着くまでにズボンの腿あたりがかなり濡れて気持ちが悪い。一人は靴も濡れて中まで浸透しているとボヤいていた。まだ、観光は始まったばかりなのに〜天気の神様が恨めしい( ̄ヘ ̄;)

佐原ドライブ②に続く(人 •͈ᴗ•͈)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年9月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31