フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 夏の終わりに尾瀬歩き② | トップページ | 夏の終わりに尾瀬歩き④ »

2019/09/06

夏の終わりに尾瀬歩き③

今回も家族三人で出かけた!(次男は昨年、都内のIT関連会社に就職、半年後、引っ越しひとり生活はじめて謳歌?!している様子)未だに家にいる長男はアウトドア好きで親と一緒でも平気。今回も参加。しかし、親のペースでは欲求不満となるようで時々サッサと先に行ってしまう…私は夫のペースに付き添い後に続く。

Img_20190831_071132

山ノ鼻から牛首分岐まで。平らな木道は余計に長く感じる。

Img_20190831_071949

遥か前方に見える山は東北最高峰「燧ケ岳」(尾瀬は4県にまたがり、燧ケ岳は福島県内になる)。頭にも麓にも見事な雲海が🌫️

Img_20190831_072534

この辺りは尾瀬ヶ原。池塘があちこちにというか殆どが湿地帯だ。天気は曇からドンドン良くなり陽が指すようになり、池塘に周りの景色も映り込みステキだ。


Img_20190831_072758_20190906165301

時折、川も横切る。やはり、前日の雨のせいか水量があり流れも早い気がする。

長男は何処まで行ったと思ったが、分岐の休憩所で待っていた。今回は三条の滝を見たいと考えていた。ザックリとした計画だった。尾瀬全体の各間の距離と要する時間の載った地図を現地で手に入れたのでどれくらい時間がかかるかを計算したら意外と時間が必要な事が判明。ここから3時間が必要とわかり、単純に鳩待峠まで戻るとしても8時間は必要な計算。夕方になってしまうな〜と。尾瀬は想像以上に広くて、奥まで行くには尾瀬で一泊しないとちょっと無理だと今さら知った次第。仕方なく、東電小屋経由で見晴、竜宮、牛首分岐、山ノ鼻に戻り昼食し、鳩待峠へ戻る事にした。

牛首分岐から左の道に入りまずは東電小屋を目指す。

Img_20190831_081254

この橋の手前ですれ違った男性が、この橋の先でクマが歩いていたと教えてくれた。何か音をさせるかしばらく様子を見て注意してくださいねとの事。

淡々と落ち着いて話されていた男性に比べ、我が家族は……😱😱😱🥶……どうする?引き返す??今さら引き返すのはしゃくに触る!!そうだ、私は熊よけのスズ(正しくはカウベルに近い物)を持っていた。いつもは「それ、うるさいから外してくれ!」と言われる事が多くしばらく日の目を見る事がなかった熊よけグッズ!「これ鳴らすからゆっくり進んでみない?」と言うことでゆくことに。と言っても私はおっかなびっくりでその鈴をいつも以上に鳴らすため、手に持ち派手に鳴らし続けた。いつもならうるさいっと文句を言う二人は全く無口だった。

アザミが固まって咲いていた

Img_20190831_081519_20190906174001

Mvimg_20190831_083330

ヨッピ吊橋

この橋、それ程長くもないけど歩くと結構揺れた。

もう少しで東電小屋だ!でも、ここらではあまり人とすれ違うことがなく写真など撮っている間に家族とも離れてしまい凄く不安になる。より一層🔔を鳴り響かせ、時折後ろにクマが居ないかを確かめて早足で家族を追った。

Img_20190831_090941



Img_20190831_090911

東電小屋着  9:00近くに着いてトイレ休憩

« 夏の終わりに尾瀬歩き② | トップページ | 夏の終わりに尾瀬歩き④ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の終わりに尾瀬歩き② | トップページ | 夏の終わりに尾瀬歩き④ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31