フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019/12/27

あしかがフラワーパークのイルミネーション

バスツアーが続くが12/17(火)にあしかがフラワーパークのイルミネーションがメインのツアーに参加した。暗やみが必要なツアーだから集合時間も10時半とゆっくりで助かる。今回は友達と一緒。

※断っておく。いつもバスツアーばかりに参加するわけでは無い。たまたま、久しぶりに参加するバスツアーが重なっただけです

しかし、当日は朝から雨☔。ムーミンバレーパークに行った時の友達で私達一緒だと雨だね〜と苦笑い🤷

バスは東関道酒々井インターから入り市川から外環道に入り続いて関越道。埼玉・上里SAのETC出口をでてすぐの「上里カンターレ」という施設に寄る。

ここで昼食。イタリアンビュッフェ。

Img_20191217_144729Img_20191217_132158

Img_20191217_140940

お腹いっぱいになったら、隣りのお菓子販売店へ。お菓子工場直結なので正規のお菓子はあるが半端な詰め合わせがありこれがかなり安い。家のお土産に抹茶のバウムクーヘン(端を切ったもの)を購入した。

バスは次に「佐野厄除け大師」へ。

Img_20191217_155833


Img_20191217_155903Img_20191217_160056Img_20191217_160117

有名な厄除け大師だが、境内はそれほど広くなかったのが意外だった!

すでにお正月準備が始まっていた。

大師前の物産館では可愛いのでご当地ゆるキャラの「さのまる」のキーホルダーを買った。今はいつものバッグにぶら下げている。

この時点で午後4時半近く。いよいよあしかがフラワーパークへ向かうと思ったら大豆のお菓子を作る(大豆ダグワースで有名)店舗へ。私は最近ハガキでお菓子を注文したばかりなので一切購入せずながす。そうこうすると既に日が暮れ外は暗くなっていた。

そして今度こそ本命のあしかがフラワーパークへ。

駐車場につく前にイルミネーションが見えると皆、一斉に声が上がる。「わーー!!」

入り口で解散。70分の自由行動。ワクワクしてきた!

Img_20191217_174558

Img_20191217_174744

Img_20191217_174812

Img_20191217_175101Img_20191217_175405Img_20191217_181146Img_20191217_183544Img_20191217_180457Img_20191217_181032Img_20191217_181331

Img_20191217_183932Img_20191217_183736Img_20191217_181413Img_20191217_181032_20191227161201Img_20191217_174606

最後の写真、日本TVの夕方のニュース番組「エブリ」で生中継してました!(中央のカメラマン)

寒かったけどとても広くて見応えあり。音楽に合わせて色が変わったり形が変わっだりと飽きさせません。また、里山の一年を通してのイルミも物語になっていてこれも良かった!園内の所々にある池が逆さイルミを映し出しこれもとても美しさを添えていました。色んな工夫があり感激した夜となった。バスはここを19時に出発。平日で混むこと無くなんと21時には八街に戻って来れた。

そうそう、朝のうちに本降りだった雨はバスが北上するに連れあがり晴れ☀はしなかったが傘をさしての見学が無く助かった。

先日とは大違い、満足のバスツアーだった🙆🙆🙆👌


大嘗宮を観た後

本来ならこの後に「迎賓館見学」のはずが見学が4時までなので時間が無くなり中止になった事。車窓からの見学だけ。


Img_20191206_155809_20191227131001

Img_20191206_155811_20191227131001

Img_20191206_155837_20191227131101

残念。でも朗報はかつては予約制の見学だったが現在は予約なしでも見学できるそうだ(迎賓館使用中は不可)いつか訪問するぞ〜〜

このあとは新国立競技場へ。こちらも車窓から。

Img_20191206_160345

Img_20191206_160350_20191227130901

明治神宮イチョウ並木道も車窓から。この後、帰路に着いた!

ちょっと不満の残るバスツアーとなった。しょうがないか?本人は無料バスツアーだしな〜〜

皇居の見える喫茶店にて

大嘗宮を観た後、集合時間迄だいぶ時間があるので以前に皇居を見た後寄ったことのある喫茶店でお茶を飲んで行こうと言う事になった。

Img_20191206_140349

Img_20191206_142148

その場所がお堀沿いだったことしか覚えておらずバスに戻る方向のお堀脇を歩く。そして有りました!

Img_20191206_143445

東京駅に向かう通りのひとつ手前の噴水のある公園の奥手に★

ここはお隣にあるパレスホテルの経営するカフェでした。

Img_20191206_143417

Img_20191206_144157

コーヒーにチーズケーキ🍰を頂く。

小一時間ゆっくりとしてそろそろバスを目指す。

東京駅丸の内口から皇居方面へのイチョウの並木道が見事な紅葉でステキ♥♥♥

Img_20191206_145716

そこを渡りバスのある楠木正成像のある公園へ。

Img_20191206_150959Img_20191206_150147

バス中はすでに多くの人が戻っていた。

2019/12/22

大嘗宮を見に

とある通販会社から本人のみ無料のバスツアーの誘いのDMが届いた!メインは期間限定の大嘗宮参観と迎賓館見学だ。夫に声をかけ参加することにした。

12/6(金)その日のツアーの行程は

高級ムートンの工場→横浜中華街での昼食→大嘗宮参観→迎賓館見学〜新国立競技場〜神宮外苑並木道(車窓からの見学)

大嘗宮参観は期間限定の為、増してやこの後取り壊されることになったいるためか参観者がたくさん詰めかけ大行列になっているという。そのため、添乗員さんがここでさく時間は3時間と決め、皇居の手荷物、身体検査のそばにある待ち合わせ場所で一旦解散。3時間後にバスに戻るよう支持された。

そもそも、大嘗祭とは何かを調べて見た。

日本の天皇が皇位継承に際して行う宮中祭祀で皇室行事で、即位したあとに新穀物を神々に供え、新天皇自身も食し、国家、国民の安寧と五穀豊穣を天照大神に感謝し、祈念する意義を持つとの事。

Img_20191206_131859

Img_20191206_132244Img_20191206_134334

皇居の入り口まではまばらだった人並みだが、大嘗宮が見えて来るあたりからノロノロの進みとなる。警察官の数も増え、カメラのシャッターは一度だけで立ち止まらないようマイクを通して何度も告げられた。

より良い写真を撮ろうと張られたロープの最前列に潜りむのも一苦労。

Img_20191206_134623_20191227113301

Img_20191206_134923

どんな作りなのかゆっくり細部を見るには遠く雰囲気を味わうことも無く流れに乗るしかなかった。

Img_20191206_134959

Img_20191206_135106Img_20191206_135215比較的裏側の方が出口が二股にわかれているせいか人がバラけて建物だけを撮れた。

この儀式に掛かるお金は17億と噂され国費から賄われる事も物議をかもしているが、建物だけで数億程度だろうが、それにしても意外にも簡素な造りの印象を受けた。

今回の参観はじっくりとは見られなくただ写真を必死に撮っただけとなり残念でもある。時刻はまだ2時前。なんと添乗員さんの設定時間はずいぶんと余ってしまうこととなる。

Img_20191206_135258

Img_20191206_135320Img_20191206_140117Img_20191206_140129Img_20191206_140232出口迄の皇居内の様子を撮ってみた。

ここの門は「平川門」主に大奥に近いため大奥の女中たちの通用門とあった。

私達が入った門は「坂下門」宮内庁の出入口、宮殿口でもあった。

ちなみに皇居には九つの門があるそうだ。



紅葉の高尾山縦走③

「一丁平」から「もみじ平」間は名の通りもみじ道と言われてもみじの紅葉が見事だった。

Img_20191129_144421

Img_20191129_144814

Img_20191129_151153

Img_20191129_151229

Img_20191129_150115

Img_20191129_145801

そんな中、ひそかに咲いていたアザミ

この間は見応えがあると同時に階段の連続、オンパレードで結構足に来た🥵ここが本日一番キツかった〜〜。

景信山の途中で拾った木の枝が本日はだいぶ助けてくれた!実はこの日登山用のポールを持参しなかったのだ。それほど必要ないだろうと甘く見てしまった!

そのおやくめを果たし、ここらでサヨナラだ。今日、半日ありがとうm(_ _)m🙇

Img_20191129_144542

さあ、いよいよ高尾山頂上だ!

Img_20191129_152637

ここで記念写真を撮るカップルやグループが列を成して並んでいた!私は自撮りをするつもりも無いので脇から撮らしてもらう。自分の影が写っていた、気づかずに。高尾山からも富士は見えるはずだが完全に雲に隠れていたので撮らなかった。噂通り、ここは外国人が多く混雑していた。時刻は午後3時半を回っていて夕方の雰囲気。高尾山へは数回来た経験から辺りを知っているのであえて周りを見ず、ひたすら降りる。最後はロープウェーで下山するつもり。しかし、ここでも渋滞が…待つ人並みが凄い!ロープウェー駅の前に有名な「天狗焼き」(たい焼きみたいな物)がありそれも食べたいと思ったがそちらも並んでいる。それを待ったらロープウェーに乗るのも益々おそくなる。諦めて歩いて下山しようとも考えたが、歩くよりはロープウェーの方が早そうなのでその行列に並んだ。乗れるまでに30程掛かった。乗ってしまえば下の駅までは5〜6分で着くのだ。駅の出口で黒豆の入った「天狗の黒豆まんじゅう」をお土産に購入した。

京王線の「高尾山口駅」はそこから歩いて5分程。でも、もうひとつ寄りたい所があるのだ。それは数年前に高尾山へ来た時に「駅前に高尾山温泉、20○○年にオープン予定」というかんばんを目にしていた。今回は登山中の汗を流して帰ろうと思っていたのだ!景信山迄の道中でかいた大汗はとっくにひいてしまっていたが…あと、ここに寄ると帰宅時間がかなり遅くなるなーという後ろめたさもあって悩んだが、今度いつ来るかわからないし…決めた、やっぱり入って行こう!と。

Img_20191129_152753

Img_20191129_154859_20191222175301Img_20191129_163244

上の写真3枚は高尾山口駅近くの公園にて

時刻は17時近く。駅員に聞いてすぐわかった。登山側と反対の駅口に有った。

高尾山温泉 極楽湯という。中は混み合っていた。狭いが色々なお風呂が有った。全てを味わって温泉を出たら、18時近くになっていた。遅くなり家族には申し訳ない。新宿でデバ地下のちょっと高めのお弁当を買って家路に着いた。


2019/12/15

紅葉の高尾山縦走②


この日の行程は

景信山〜小仏峠〜城山〜一丁平〜もみじ台〜高尾山

Img_20191129_135606

小仏峠に有ったタヌキの置物

子仏って高速の中央自動車道の子仏トンネルのある場所だ。いつの間にやらそのトンネルの上を歩いてきたのだ。

Img_20191129_140207

遠くにかすかに相模湖の一部が見える。

多少のアップダウンはあったが、景信山を登る時ほどの傾斜は無く助かる。

Img_20191129_142049_20191215153501

城山(670㍍)到着   景信山から1時間少々、14:30頃。

城山にも茶屋があって夏場は大盛りのかき氷が有名らしいのだが、ここでこそ(景信山ではありつけなかった)昼食の足しを食べたいと思ったがここの茶店も営業していなかった。被害もそうだが、ここのトイレがポンプの故障で使用できないのもあるかも?!

仕方なく、写真に収めただけで通り過ぎた。

Img_20191129_142116Img_20191129_142434

この先はちょっとの間、ほぼ平ら

Img_20191129_142508

関東ふれあいの道が通る道だからか?!

歩いて15〜20分位で「一丁平」に到着。木で出来た展望台からも富士山🗻は見えた。

Img_20191129_143846

Img_20191129_144316



2019/12/09

紅葉の高尾山縦走

紅葉の季節に高尾山登山してみたいと思っていた。噂ではここ最近の紅葉の時期は日本人のみならず外国人がおしかけて来て大賑わいらしい。ザワザワとした中での山登りは避けたいので今回は奥高尾方面から登り小仏峠を抜け高尾山に向かう縦走を試みたいと考えた。長男を誘い混雑を避け平日に実行したいと思っていたがいざ出かけようという日に雨☔が降る事が多く3度も延期。4度目の機会には長男が仕事を休めないとなり紅葉の時期の登山はもう伸ばせないと思い私ひとりで決行することにした!ひとりでの登山ははじめてである。

※夫はここ最近、長距離を歩くと膝から腰にかけて痛みやシビレが出るので当分登山はしないという

11/29(金)晴れ☀  我が家を7時に出発     今回は公共交通機関を利用して、まず東京駅へ。そこから、中央快速線で高尾へ向かう。はじめて乗る線で高尾行しか行かないと思い込んで何本かやり過ごした電車があり時間を30分程ロスしてしまった!高尾駅に10:30頃に到着。そこから子仏行のバスに乗るのだが、なんとここでも40分以上も待ちロスをした🤷

高尾駅発11:12発(1時間に1本)に乗り小仏、終点で降りる。駅からの道は狹くくねくねしていて対向車が来れば互いに慎重にの運転者泣かせの道だった!

Img_20191129_110408高尾駅から見た山🏔

Img_20191129_112406小仏へ向かうバス内

20分程で終点に到着。

Img_20191129_113419

まずは景信山を目指す。登山口までしばらく舗装道路の坂道を歩く。他に登山客もなくこの道でいいのか不安をいだきながら…あった〜ー案内板!

Img_20191129_114733←影で見にくい🤷

右に行くようだ!いきなり急登でみちが細い😰しかもロスタイムが多かったので登り開始時刻は11:47。なんと既に昼時刻に近い。日没は早くなっているから急がねばいけないな🏃


Img_20191129_115020この日は晴れても寒いと予報で行っていたので着込んでいて登り始めて10分位で汗が吹き出る程。上のダウンを脱ぎタオルを首に巻き、ぬぐってもぬぐっても次から溢れる汗を吹きながら歩いた。事前の情報では景信山山頂へは1時間で着くが結構キツい登りがあると合った。私の汗が物語るのでそれは確かなことだった!

この時間に登る者は少ないと思われるが下ってくる人はポツポツ居た。朝早めに高尾山側から縦走してきた人たちかな?

Img_20191129_122502途中、休憩を取りながら汗を拭う。看板の表示が先日来の相次ぐ台風や豪雨の被害を表していた!

50分位で景信山に登頂!

Img_20191129_132427

ここでランチを摂ろう!やはり事前情報で茶屋の天ぷら蕎麦が登山客には有名とありそれを是非食べたいと考えていたが、なんと茶屋は営業していないのだ。アチャ〜🙅茶屋も台風の風の被害を受けていたようなのだ。持参した食料はおかず程度のベーコンと白菜のざく切り、お湯で溶かすコーンスープ、みかん1個、あとお菓子しかない。仕方なくそれを用意することに。

お湯を沸かす間に汗を吸ったインナーを脱ごうと思ったが、ここの休憩所には結構な数のテーブルがありそこそこ休憩をしたり食事を摂る人たちもいて物陰を捜すのに苦労したが何とか見つけ脱げた。体がスッと気持ち良くなった。

Img_20191129_125622

Img_20191129_125305Img_20191129_130513

最後に定番のコーヒーを淹れた。

Img_20191129_125852遠くに見えるのは東京の中心方面。

Img_20191129_132439営業せれていない茶屋

Img_20191129_130258

ここはキレイに紅葉🍁している木があった

Img_20191129_132053

Img_20191129_132246

Img_20191129_132319

富士山が見えたが、携帯画面が暗くて画面に富士山がきちんと入っているのかわからない状態で撮った一枚。

Img_20191129_133629

愛犬を連れての登山者がいたが、どこかで猫の何声が聞こえそんなはずは無いと思い、そちらを見るとなんと正真正銘の猫🐱がいた!飼い主はいないみたい。のら猫なのか?でも汚れてもいない。ウロウロしている。茶屋の主が飼っていたのか?犬小屋は有ったが犬は居なかったし…猫だけ置いていくって動物好きならあり得ないと思う。いずれにしてもここらで生活しているのかな?山の頂上だから夜や朝はかなり寒くなると思う。猫好きだけにすごく心配だが。ここでは考えていたより長居してしまい、時刻は13:25。小仏峠に急がねば!   ー続く

2019/12/06

大嘗宮参観

Img_20191206_134623

先ほど、参観してきました!12/8までの参観なので大混雑。立ち止まれないのでゆっくり見られず…とにかくシャッターを押すだけで必死。詳しくは後日、書きます!


« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31