フォト

最近のトラックバック

ひなたぼっこ掲示板

  • ひなたぼっこ掲示板
    記事のコメント以外に何かメッセージなどありましたらこちらへどうぞ!お待ちしております(^^)/
無料ブログはココログ

« クィーン+アダム・ランバート「ラプソディーツァー」日本公演コンサートへ② | トップページ | 「FIRE FIGHT AUSTRALIA」Tシャツ »

2020/02/17

クィーン シンフォニック

※またまたココログの不具合が起こってます。スマホで読む方は途中の小さい字は二本指で字を広げてお読みください!お手数おかけします🙏PC版でご覧の方は字が急に大きくなっていると思いますが気にせず読んで頂きたいと願います🙇


クィーンの日本公演コンサートの一週間後、今度は有楽町にある国際フォーラムのホールでのクィーンの楽曲をオーケストラにアレンジしてのコンサート「クィーン シンフォニック」を観に&体感してきた!

Img_20200202_130307

そもそも、本物のQUEENのコンサートチケットが当たらない事もあり(この時点ではまだ当たっていなかった!)ネットで「凄く良かった〜!」と評判のオーケストラアレンジのクィーン曲だけでも聴いてみたいと思い始めた。ロック好きの夫は興味が無いだろうと私一人で行くつもりで話をしたらなんと夫も行くと言う答えに驚いた!

早速、ネットでチケット購入出来た。さすがに小出しの予約販売では無く席が空いていれば買えるので助かった!

日時は2/2(日)13:00〜

                               国際フォーラムにて

私の提案で本物のQUEENのコンサートの日(1/26)に購入したジッパーパーカーを着て行こうと!夫は今さらこの年でペアルックは恥ずかしいと言ったが、今は冬。上にジャケットやコートを着られるし、要は会場でQUEENファンの中で見せる訳で共有感を与えたいだけなのだからと説得し了承。

こんな時に着なけりゃ!!クィーンを知らない人やクィーンに興味がない人前で着ていても誰も気付かない訳だし…🤷🙆

当日は13:00開演だがその前にクィーンを語るトークショーもあると知ったので早めに入る。

12:20〜この日はクィーン研究家:石角隆行氏進行で「クィーンは何を歌っているのか?」の著書、朝日順子氏が語るトークショーを聞いた。主にボヘミアン・ラプソディの歌詞に込められた意味を掘り下げていた。参考になったが、それよりも印象に残ったのが朝日氏話す英語。すごくきれいな発音にシビレた!また、進行をする石角氏が先週のQUEENのコンサートを見に行った話で「うんうん、あったあった」と頷ける話題で盛り上げ、「なるほど〜!」と思わせる裏情報をしてくれたのが楽しかった!

さて、いよいよオープニング。始めにオーケストラによるクィーンの曲がメドレーで演奏される。

確かはじめはフラッシュのテーマだったかな?!オーケストラは東京フィルハーモニー管弦楽団。指揮はリチャード・シドウェル。元トランペット奏者で現在はビッグ・バンドやオーケストラ編曲を手掛けるオーケストレーションに携わっていると言う。

私はこのコンサートは単純にQUEENの曲をオーケストラで演奏するだけと思ったいた。ネットであらためて調べるとオーケストラにミュージカルシンガーとバンドも加わるエンターテイメントショーだと知った。

メドレーの後にシンガー達が登場。男2名、女2名。「輝ける7つの海」(Seven Seas of Rhye)の曲で!

彼らは英国でのミュージカル「WE WILL ROCK YOU」に出たシンガー達と言う。ミュージカルで鍛えた声量で聴き応えはかなりなもの。次々とクィーンの名曲を歌いこなして行く。女性ボーカルだけの曲も結構あり女性の声のクィーン曲は新鮮で良かった。

Img_20200202_131559_20200218163801

更に良かったのは、クィーン+アダム・ランバートのコンサートでは聴けなかった曲が結構聞けたことかな✌️

プレイ ザ ゲーム、ファット ボトムド ガール、ワン ビジョン等

途中、休憩時間が有りロビーに出てみた。ちょっとした臨時カフェもあったが私は書籍売場へ。開演前に聞いたトークショーのお二人の本販売が有ると聞いたので…朝日氏の「クィーンは何を歌っているのか?」と言う本が話題になったそうだが私はクィーンの全曲ガイドを書いた石角氏の本が欲しくなった。曲の裏話を知ればまた新たな気持ちで彼らの曲を聴けるのでは?と思ったのだ。

Img_20200218_173458

これが結構面白くて買って良かった〜それにしても全曲を調べ直してよく書いたなーくと感心至極。著者本人曰く、相当たいへんだったらしい。でもそれだけの価値は有る一冊だ!

Img_20200202_131656_20200218180102

第ニ部。またメドレーで始まり、次は私の好きな「イニュエンドウ」。フルバージョンで!クィーンのコンサートでは頭の部分を流しただけだったけど、今回はオーケストラバージョン部分全てを聴けて感激。おまけに途中(ここの部分も好き)スパニッシュギターのメロディ🎶もバンドのギターマンが弾いてくれた😭嬉しすぎ〜〜

ア カインド オブ マジックも良か〜😘

二部の後半はシンガーが私達を煽り100%近くの人がスタンディング。しかも左右にある大きなモニターに歌詞を表示してくれた大合唱だ。曲もショー・マスト・ゴー・オン、ドント・ストップ・ミー・ナウ、地獄へ道連れ、愛こそ全てに等等……そして最後はボヘミアン・ラプソディだ。大盛り上がりで終了?いやいや、コレで終わるわけない、アンコールはご本家と一緒、ウイ・ウイル・ロック・ユー&ウイ・アー・ザ・チャンピオンで決まり👍✌️👌

いやー、クィーンの曲はオーケストラでもいいもんだなァと思い知らされた!

2週に渡るクィーンづくしだったが、まだまだ飽きないな〜、いい曲は永遠にいいのだ、コレでいいのだ〜って、バカボンのパパの様に成っている私であります!🤭🤗





« クィーン+アダム・ランバート「ラプソディーツァー」日本公演コンサートへ② | トップページ | 「FIRE FIGHT AUSTRALIA」Tシャツ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クィーン+アダム・ランバート「ラプソディーツァー」日本公演コンサートへ② | トップページ | 「FIRE FIGHT AUSTRALIA」Tシャツ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31